fc2ブログ

11月☆読書メーターまとめ(2)


11月読書メーターまとめ、続きです〜

君に届け 6 (マーガレットコミックス)君に届け 6 (マーガレットコミックス)
借り本。いい話だぁ・・・兄ちゃんの格好良さは言わずもがなだけど、ここはどっしりと構えてちづを受け止めてくれる龍に一票!それにちづと徹がくっついた所って何だか想像できなくて(笑)龍の恋が報われて欲しいなぁ。クリスマス会とかプレゼント交換とか、何だか懐かしい響きでそれだけでニマニマしちゃいました。風早君、その腹巻き、首に巻くのかい・・・?
読了日:11月23日 著者:椎名 軽穂


君に届け 5 (マーガレットコミックス)君に届け 5 (マーガレットコミックス)
借り本。くるみちゃん、何だかんだいってイイ子だったなぁ。あんな過去を見せられちゃったら、嫌いになれない!もうちょっと爽子とくるみちゃんのバトルが続きそうでドキドキしていたんですが、思いの外早く決着がついちゃいました。どこまでも一途で誠実な風早君のおかげですな(笑)お次はちづの話?龍の恋を応援したいので、こんな所で兄ちゃんが出てくるなんて!と思ったけど・・・うむ、カッコイイな、兄ちゃん。次巻は一波乱ありそうです。
読了日:11月23日 著者:椎名 軽穂


君に届け 4 (マーガレットコミックス)君に届け 4 (マーガレットコミックス)
借り本。くるみちゃんがどうも憎めないキャラになってきました。というかあまりに爽子が疑う事を知らないから、話がかみ合わなくて空回りしちゃってるところがかなり笑える!なんかこの二人、良い友達になれそうなんだけどな。爽子が嫉妬する所は見たくないけど、風早君が龍に嫉妬する所は見たいなぁ(笑)嫉妬してても爽やか君ですね・・・
読了日:11月23日 著者:椎名 軽穂


君に届け 3 (マーガレットコミックス)君に届け 3 (マーガレットコミックス)
借り本。お、爽子にライバル登場?くるみちゃん、可愛いけど腹黒い!全力で風早君にアピールしているけど、彼自身は爽子にしか目が行っていない所を見ると・・・実は風早君も爽子と同じくらい鈍感なのか?(笑)目が合っただけでドキドキ、下の名前を呼ぶだけでドキドキ(そして結局呼べない・・・)。昨今の少女漫画にはなかなか見られないピュアさですね!まるで関心がないようで、実はきちんと爽子達の友情を見守っている龍も良い。
読了日:11月23日 著者:椎名 軽穂


君に届け 2 (マーガレットコミックス (4094))君に届け 2 (マーガレットコミックス (4094))
借り本。終始涙腺緩みっぱなしです。良い漫画だぁ。悪意のある噂話に振り回されっぱなしの3人。爽子があまりにも口ベタなので誤解はきちんと解けるの!?と、もどかしい思いでした。・・・が、ちょっとずつ爽子も変わってきているのね。これも風早君効果?矢野ちん&ちづコンビはそのへんの男よりも男前な性格だわ!友情って良いなぁ、と思わせてくれた巻でした。
読了日:11月23日 著者:椎名 軽穂


君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))
会社のお友達からの借り本。昔は少女漫画大好きだったんですが、「○A○A」あたりからあまりの不健全さ&ドロドロ加減に嫌気が差し、しばらく離れていました(笑)「すごくイイから読んでみて!」と言われて、そこまで言うなら・・・と、有り難くお借りしたんですが。なるほど、これはイイ(笑)爽子も風早君もあまりにピュアすぎてニマニマしちゃう。陰気な性格と見た目で「貞子」と怖がられる爽子だけど、変にすれない所が可愛くて。風早君も「好青年」という言葉がピッタリですな。こんな爽やかな男の子いないよーー!!
読了日:11月23日 著者:椎名 軽穂


有頂天家族 (幻冬舎文庫)有頂天家族 (幻冬舎文庫)
もふもふ、ふさふさ。元気良く京都の街を飛び回る毛玉の正体は、狸の四兄弟。偉大な父から受け継いだものは阿呆の血!阿呆だからこそカワユイのです。狸鍋の危機が迫ると、狸の子達の団結力は驚くほど強いんだ!森見さんのテンポ良い語り口と、面白い言葉選びに思わず顔が緩んじゃう。金閣銀閣の「呉越同舟!呉越同舟!」が何故か頭から離れません。どうでも良い所で無駄に四字熟語を使ってしまいそうだ。
読了日:11月22日 著者:森見 登美彦


小畑健画集「blanc et noir」小畑健画集「blanc et noir」
これは間違いなく永久保存版ですね!小畑先生の恐ろしいまでの画力の高さに圧倒されっぱなしでした。「バクマン。」のような少年誌向きの絵も好きだけれど、やっぱり「DEATH NOTE」の頃のダークな絵柄が特に素晴らしいです。この画集は「DEATH NOTE」メインなので、ライト好きには垂涎物でしょう〜(笑)ところで、ジーン・ウルフ著「新しい太陽の書」シリーズ新装版の表紙絵は小畑先生。もうそれだけで欲しくてたまらない・・・。
読了日:11月21日 著者:小畑 健
壁の中の天使 (EDGE COMIX)

壁の中の天使 (EDGE COMIX)
こんな素敵な漫画が読めて、本当に幸せ。いつもながらびっけさんの描く温かくて、ちょっぴり切なくて、ロマンティック(恥ずかしいけど本当にこの言葉がピッタリなんだよ!笑)なお話に、またもや脳内が甘々モードに切り替わりました。壁から抜け出してきた二人の天使ユリウスとマリオンが、それぞれの恋を徐々に育んでいく様子が可愛くてキュンとします。いつも感情を表に出さないマリオンが、最後に二人の気持ちに気付いた時に顔を赤らめるシーンがとても好き!ほっこりと幸せな気持ちで読了しました。
読了日:11月20日 著者:びっけ



関連記事

4 Comments

picchuko

今月は、

甘〜い世界が多そうですね〜。

毎朝、通勤バスの一番後ろ、指定席ニマニマ笑ってるnanaco☆ちゃんを想像して、私もにやけてます。(笑)



「君に届け」、すごく純粋で素敵なお話のようですね〜。

少女漫画を手にしなくなって久しい私ですが、たまにはいいかな〜って思いましたよ。^^

日向 永遠

Re:11月☆読書メーターまとめ(2)(12/04)

ロマンティック・・・まだまだいけますよ〜^^

nanaco☆

picchukoさんへ

picchukoさん、こちらにもありがとうございます〜♪



ふふふ〜なんだか11月は甘々な本が多かった気がしますねぇ(≧∇≦)

でもさすがにバスの中で「君に届け」は読めません!もう常にニマニマしっぱなしで…

今、一番人に見られたくないものは、漫画を読んでいる時の自分の姿です!(笑)

冬の薄暗いバスの中、一番後ろの席でニマニマしていたらある意味ホラーですよね……ヒィィ



私もここ最近はずっとりぼんやマーガレット等の少女漫画は読んでいなかったんですが、

これは本当に読んで良かった!と思いました(*^^*)

どうやらこの漫画、現役の学生よりも20代、30代の女性に人気があるみたいですよ。

「こんな甘酸っぱい時期があったよな〜」と過去に思いを馳せるのが良いのでしょうか(笑)

nanaco☆

日向 永遠さんへ

日向さん、こちらにもありがとうございます〜♪



>ロマンティック・・・まだまだいけますよ〜^^

まだまだこの言葉いけますかね?

「ロマンティック」という言葉を使うと、自分がうら若き乙女になった気分です(笑)

レビューを書く時、言葉選びとか迷いません?

話し言葉と書き言葉は違うから、これはクサイかな〜とか死語かな〜とか……(><)

時々、後から読み返した時、ちょっと恥ずかしくなるようなレビューがあります。。。