fc2ブログ

7月☆読書メーターまとめ(2)


7月分の読書メーター続きです。


楽園まで (TOKUMA NOVELS Edge)楽園まで (TOKUMA NOVELS Edge)
終始しんしんと降りしきる雪が目に浮かぶような・・・とても切なくて綺麗なお話。ウォーテンとヨハンの絆をもっと強く描いたほうが説得力があったのでは?とか、結局楽園とは?と疑問が残る部分もありましたが、個人的にはこの世界設定がとても好きですねぇ。ユキジが何を考えていたのか、もうちょっと知りたかったかな。続編希望!成長した双子の姿が見たいです。
読了日:07月20日 著者:張間 ミカ


新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)
絵がとにかく綺麗で美形キャラが多いのに、中身はずっしりと硬派ですね。平助が心に抱えた闇、沖田に対する何ともいえない劣等感の描き方が本当に巧い。戦闘シーンはどこかバガボンドを彷彿とさせて手に汗握ります。続きが楽しみなシリーズです!
読了日:07月20日 著者:山村 竜也


人形宮廷楽団 1 (花とゆめCOMICS)人形宮廷楽団 1 (花とゆめCOMICS)
好きですねぇ、この世界観!感染すると死に至り、人喰い人形になるという奇病。皆さんも仰るとおりどこか「バイオ・ハザード」を思い起こさせます。美しい絵だから余計に恐ろしく感じられるんでしょうか・・・笑いながら銃を撃ちまくる琥珀のキャラが好きです。笑
読了日:07月20日 著者:由貴 香織里


人間失格 1 (BUNCH COMICS)人間失格 1 (BUNCH COMICS)
いやぁ、凄い漫画でした。現代版「人間失格」。絵が美麗なだけに、その内容とのギャップに凄まじいものを感じます。第二の日記から第三の日記への落差がものすごい。読んでいると鬱々してきちゃいそうですが、あの最初の25歳の写真に至るまでの経過を知りたくてたまらない!それにしてもこの漫画に登場する女性達は、みんな痛々しいですねぇ・・・
読了日:07月20日 著者:古屋 兎丸,太宰 治


氷の家 (創元推理文庫)氷の家 (創元推理文庫)
良くも悪くも、とても女性作家らしい作品だなぁと思った。イギリスの田舎町に住む3人の美しい女達。その邸の氷室で胴体を何ものかに食い荒らされた腐乱死体が見つかる。トリック云々よりも、一筋縄ではいかない女達とクセのある警官達の微妙な駆け引きが面白い。これ、ドラマ化もされていたんですね!魅力的なマクロクリン刑事を、若かりし頃のダニエル・クレイグ(現ジェームズ・ボンド)が演じているというから驚き。
読了日:07月17日 著者:ミネット ウォルターズ


イルゲネス~黒耀の軌跡~(3) (BLADE COMICS)イルゲネス~黒耀の軌跡~(3) (BLADE COMICS)
相変わらずウットリしてしまうような絵ですねぇ。とにかく色気のあるキャラばかりで(クルダップは別?笑)まじまじと眺めちゃいます。だんだん小説版との繋がりが見えてきました。ジャニスとエスの幼い頃のエピソードが良かった。フォンの頭脳とニコラスの情報網をもってすれば、ハッキングもお手のもの?ジャニスとの対立が怖いですね。
読了日:07月13日 著者:桑原 水菜,石据 カチル


甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉 (講談社文庫)甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉 (講談社文庫)
映画「SHINOBI」って、この本が原作だったんだ!(…と気付くのが遅いですが。笑)とにかくスピード感のある文章でサクサク読めちゃいました。甲賀と伊賀。とても人間とは思えない忍者達のトーナメント方式の対決に、思わず手に汗握ってしまいます。自分が贔屓にしていたキャラが、バタバタとあっけなく死んでしまうのが切ないけど、ある意味とても潔い。薬師寺天膳はかなりのツワモノですな。
読了日:07月13日 著者:山田 風太郎


ふちなしのかがみふちなしのかがみ
「太陽の坐る場所」でも新境地と思ったけど、この作家さんは一体いくつの引き出しを持っているのかと空恐ろしくなります。子供の頃、肌が粟立つ感覚を覚えながらも夢中になったコックリさんや、トイレの花子さん。どこの学校にも必ずあるような怪談を、辻村流に切なさを交えたホラーに仕立てています。表題作「ふちなしのかがみ」は秀逸!夜中に鏡が見られなくなるかも。ラストに収録されている「八月の天変地異」が、この本全体の印象を柔らかくしていますね。温かくて、それでいて胸がキュッと締め付けられるような、とても辻村さんらしいお話。
読了日:07月13日 著者:辻村 深月


少年検閲官 (ミステリ・フロンティア)少年検閲官 (ミステリ・フロンティア)
書物が一切無くなってしまった世界。そんな中で発見される首なしの死体。ミステリを知らない村人達は「殺人」という概念さえ理解できない、そんな不思議な世界のお話。前半部分は冗長な文章でサクサク読み進められなかったものの、少年検閲官エノが登場してからは俄然面白くなります。いかんせん、エノが登場するまでが長い・・・笑 トリック的には納得だけれど、「そんな事で殺しちゃうの?!」という失望感がなきにしもあらず。
読了日:07月11日 著者:北山 猛邦


7月☆読書メーターまとめ(3)につづく…


関連記事

6 Comments

日向 永遠

Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/01)

このなかでは

ダントツ、辻村さんがきになる(確保しました〜)



次が北山猛邦さん・・・です。



猛烈な勢いでよんでますね〜。

自分は猛烈な勢いで積読本を増やしてます〜!!

これからもがんばります(何を?)

nanaco☆

日向 永遠さんへ

も〜〜日向さん、笑わせないで下さいよぅ!(笑)

猛烈な勢いで増やしてますか!プッと吹き出したけれど、nanacoも日向さんと同じ状況です^^;

読めもしないのに、どんどん積読本ばかりが増えていく日々……

今年の初めに「積読本専用本棚」(ミニサイズです。笑)を用意したんですが、

こちらも見事に埋まってしまいました。うぅ、100冊超えたらかなり危うい感じです。



辻村さん、確保されましたねっ?! その調子です!(笑)

この作品ちょうど今の暑い夏に読むのにピッタリだと思います♪

むしろ冬に読んだら凍死するぐらいの勢いです。

日向さんはどの短編がお好きかしら?レビュー首を長くして待っていますよ〜(*^0^*)



北山さんも今月末に「踊るジョーカー」の続編が出るみたいですね♪

こちらのシリーズは未読なので、「ギロチン城…」が読み終わったら挑戦してみたいです!

なんだかんだであの世界観って独特で、クセになりますよねぇ。

miwa125

Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/01)

こんにちは〜♪



キャ〜♪nanaco☆さんも「人形宮廷楽団」

読んでいましたか〜(^^)

実は…私も1、2巻GETして、今1巻目を少しずつ読んでいるところです(*^^)v

この漫画、本屋さんで初めて表紙を見た時から気になっていて、

この前、第2巻が発売になったから

思い切ってGETしちゃいました♪(笑)

人喰い人形になる奇病…思った以上に怖いですねぇ(>_<)

でも、面白いから、第3巻以降も読んじゃいそうです(^^ゞ

そうそう、第2巻の表紙のエレス、何となくシエルに似てません…???

picchuko

Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/01)

やっぱり張間ミカさんの「楽園まで」っていう本が気になりますね。

表紙もまるでいわさきちひろさんの絵に似て、とても柔らかくて好きです。^^



読了した日を見てみると、やはり休日が多いのでしょうか。

すごいなぁ〜、私が休みの日に家にいる時は、一日中ゴロゴロしています。^^;

nanaco☆

miwa125さんへ

ひゃー!! もうビックリしました〜(><)

miwaさんも「人形宮廷楽団」読まれてるんですねぇ♪

小説のみならず、マンガまでも好みが似ているとは!(笑)お仲間お仲間☆

nanacoもこの怪しい雰囲気の表紙に惹かれて購入したんですが、予想以上に面白いですよねぇ。

ルチルはどう見たって女にしか見えないし…^^;

ぶっとんだキャラの琥珀が一番好きですねぇ(笑)



nanacoはまだ2巻はGETしていないんですが、表紙のエレス、確かにシエルにそっくり〜(^m^ )

シエルもどこか中性的な雰囲気ですもんねぇ…

人を襲う人形繋がりでも、どこか「黒執事」と似ている気がします♪

早く続きをGETしなければっ!^^

nanaco☆

picchukoさんへ

「楽園まで」の表紙絵、ホントいわさきちひろさんの雰囲気に似ていますね〜♪

この淡い色合いとかぼかし方とか、、、なんだか眺めているだけで癒されます(*^^*)

こういう絵がサラリと描けるようになると嬉しいです☆



あっ!そう言われてみれば、休日に読了しているのが多いかもしれませんねぇ。

平日にちょっとずつ読んで、金曜とか土曜の夜に夜更かしして残りページをまとめ読み…

そんなパターンが多いような気がします(* ̄m ̄)

昼間からビールを飲みながらの読書も、一段と捗るんですけどねぇ(笑)