fc2ブログ

『エムブリヲ奇譚』山白朝子



エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)

山白 朝子 メディアファクトリー 2012-03-02
売り上げランキング : 290438
by ヨメレバ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
和泉蝋庵の旅に出ては必ず道に迷う奇妙な道中記。旅本作者と仲間たち湯煙の向こうに現れるのは極楽の温泉かこの世の地獄か。
【目次】
エムブリヲ奇譚/ラピスラズリ幻想/湯煙事変/〆/あるはずのない橋/顔無し峠/地獄/櫛を拾ってはならぬ/「さあ、行こう」と少年が言った


山白朝子さんの『エムブリヲ奇譚』を読みましたきもち
ご存じの方も多いかと思いますが、乙一さんの別名義でございます。

乙一名義では、グロな話、切ない話……とにかく色々なジャンルを書かれていますが、
山白名義では、どこか幻想的な和風ホラーを書かれているという印象が強いです。
個人的にはこっちのほうが好きかもなーかお

さて、山本タカトさんのイラストが何とも妖しく麗しく。この本にピッタリですきもち
(ちなみに文庫版は、『東京喰種』の石田スイさんが担当されていますヨ)

エムブリヲ奇譚 (角川文庫)     ←こちらは文庫版

今でいう旅のガイドブックを作る仕事をしている和泉蠟庵は、歩くと必ず道に迷う奇妙な体質。
一本道でも迷子になるし、とにかく方向音痴というよりは"迷い体質"なんでしょう(笑)
蠟庵は女のように髪が長く、端正な顔立ちをした青年らしい。

そして、その荷物持ちをするのが、耳彦という博打好きの(ろくでもない)男。
この作品は、2人が旅をする上で出会う様々な不気味なお話を集めたものです。

ライン


不思議な話、懐かしさと悲しさを感じる話、背筋が寒くなるほど禍々しい話…などなど、
様々なジャンルを網羅した9つの短編が収められていますきもち

どれもハズレがなく面白かったのですが、中でも特に印象に残っているものは、

昔落ちてしまったはずの掛け橋が、死者とともに姿を現す『あるはずのない橋』
ある山賊の一家に食用として捕まってしまう、かなりグロ系の『地獄』
自分の周りに落ちている髪の毛が怖くなってしまう『櫛を拾ってはならぬ』

瑠璃の玉(ラピスラズリ)により、何度でも人生をやり直す女性の話『ラピスラズリ幻想』や、
死者の世界と繋がる不思議な温泉『湯煙事変』もすごく好みだったな。

ギョッとするような話が多かった分、ラストの『「さあ、行こう」と少年が言った』では、
少年時代の和泉蠟庵の事が描かれていて、「この時から迷い癖があったのか・・・(笑)」と、
何だか微笑ましい気持ちになって、本を閉じることができましたかお

とにかく、とても!!自分好みで、お気に入りの一冊になりました。
続編の『私のサイクロプス』も購入済みなので、読むのが楽しみです~かお

個人的評価:ほしほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

6 Comments

苗坊

こんばんは。
山白さんの作品は怖いですがそれでももっと読みたいと思わせる作品ですよね~。
蠟庵先生と耳彦のコンビがとても良いです^^
私は「ラピスラズリ幻想」と「「さあ、行こう」と少年が言った」が好きです。
最後の作品なんてもうもどかしくてもどかしくて!!
「私のサイクロプス」も良いですよ~^^

  • 2016/07/16 (Sat) 21:29
  • REPLY

nanaco☆

苗坊さんへ

苗坊さん、こんばんは!

>山白さんの作品は怖いですがそれでももっと読みたいと思わせる作品ですよね~。

遅ればせながら、ようやくレビュー書きましたヽ(*'0'*)ツ
いや~本当に!特に『地獄』あたりなんかは、結末も薄々予測できちゃうし、恐ろしいんだけど、
続きが気になってどんどん読んでしまうという、不思議な吸引力がありますね。。。

>私は「ラピスラズリ幻想」と「「さあ、行こう」と少年が言った」が好きです。

どちらも良いお話でしたね~♪
私もラストのお話は、なんだかほっこり心が温まりました。
蠟庵先生、こんな大事な時に何で迷っちゃうの!?と、本当にもどかしい…(=v=)笑

>「私のサイクロプス」も良いですよ~^^

きゃ~~こちらもすごく楽しみです!!!
山本タカトさんのイラストが、すごくこの幻想的な雰囲気に合っていて好きです。
どんな山白ワールドが待っているのかなぁ^^

*苗坊さん、TBありがとうございました!

  • 2016/07/17 (Sun) 21:59
  • REPLY

こゆりす

乙一さん…
すごく気になっていた作家さんなのですが、
グロいという噂を聞いて怯んでいました。
作風もいろいろなんですね!

グロくなくて、ホラー色が強くないおすすめがもしあればぜひ教えていただきたいです♪
(名義はどれでも構いません^^)

  • 2016/07/21 (Thu) 23:51
  • REPLY

nanaco☆

こゆりすさんへ

こゆりすさん、おはようございます!

>乙一さん…
>すごく気になっていた作家さんなのですが、
>グロいという噂を聞いて怯んでいました。

そうなんですよ~
乙一さん、別名義も含めて色々な作品があるんですが、
これが同一人物の作品なの!?と思うほどに作風が違ったりするんですよねぇ(* ̄∇ ̄*)
ファンの間では、黒乙一だとか白乙一だとかで区別されているようです(笑)
素晴らしい作品も多いので、個人的には是非とも一度読んで頂きたい作家さんです♪

>グロくなくて、ホラー色が強くないおすすめがもしあればぜひ教えていただきたいです♪

何といってもオススメは『平面いぬ。』ですね!!
これは完全に白乙一で、切なく心に残る短編ばかりです。私も一番大好きな作品ヽ(*^^*)ノ
中でも『BLUE』という作品が、動き出すぬいぐるみのお話で、完璧に涙腺がやられました(笑)
こゆりすさんも是非読んでみてください!

  • 2016/07/24 (Sun) 06:35
  • REPLY

こゆりす

『平面いぬ。』ですね!
早速読みたいリストに入れました^^
図書館で探してみようかな~。
たくさん作品があってどれから手をつけて良いかわからなかったので、
おすすめありがとうございました!

  • 2016/07/24 (Sun) 12:44
  • REPLY

nanaco☆

こゆりすさんへ

こゆりすさん、こんばんは!

>『平面いぬ。』ですね!
>早速読みたいリストに入れました^^
>図書館で探してみようかな~。

おぉっ早速読みたいリスト入り、ありがとうございます!
この作品はグロい描写もなく、切なく優しい物語ばかりなので心からオススメいたします♪
こゆりすさんの感想、楽しみに待っていますね~*^^*

そして覚悟ができた暁には、是非『エムブリヲ奇譚』をどうぞ……(* ̄∇ ̄*)イヒヒ

  • 2016/07/24 (Sun) 20:25
  • REPLY

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  エムブリヲ奇譚 山白朝子
  • エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)著者:山白 朝子メディアファクトリー(2012-03-02)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 社寺参詣や湯治のため庶民は諸国を旅するようになった。旅人たちは各地 ...
  • 2016.07.16 (Sat) 21:27 | 苗坊の徒然日記