FC2ブログ
Welcome to my blog

ケイト・モートン「忘れられた花園」読みました〜♪

ななこ


 


【忘れられた花園(上)(下)】ケイト・モートン rating_50.gif crown_01.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1913年オーストラリアの港に着いたロンドンからの船。すべての乗客が去った後、小さなトランクとともにたったひとり取り残されていた少女。トランクの中には、お伽噺の本が一冊。名前すら語らぬ身元不明のこの少女をオーストラリア人夫婦が引き取り、ネルと名付けて育て上げる。そして21歳の誕生日に、彼女にその事実を告げた。ネルは、その日から過去の虜となった…。時は移り、2005年、オーストラリア、ブリスベンで年老いたネルを看取った孫娘、カサンドラは、ネルが自分にイギリス、コーンウォールにあるコテージを遺してくれたという思いも寄らぬ事実を知らされる。なぜそのコテージはカサンドラに遺されたのか?ネルとはいったい誰だったのか?茨の迷路の先に封印され忘れられた花園のあるコテージはカサンドラに何を語るのか?サンデー・タイムズ・ベストセラー第1位。Amazon.comベストブック。オーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞。



またまたすごい本に出会っちゃいました〜〜balloon_28.gif
「秘密の花園」「小公女」「レベッカ」あたりが好きな人なら、きっと気に入るかと。
(どーでも良い話ですが、こないだ観た「借りぐらしのアリエッティ」で翔君が「秘密の花園」読んでた…笑)

複雑に入り組んだ迷路のような花園。空想の世界を胸にその中を駆け回る赤毛の美しい少女。
むせかえるような濃い緑の匂い。波の音の聞こえる岸壁にそびえるお屋敷。
五感を刺激されるような描写がとても美しくて、脳内で映像化しながら読み進めましたballoon_123.gif

現在を軸にしたお話に、過去のエピソードを交互に織り交ぜながら明かされていく真実。
いや〜ホントに巧いなぁ…と感心しつつ、一気に読み切ってしまいました!


illust1923_thumb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 美しい謎  まるで秘密の花園!  3人の少女


まぁ若干難点があるといえば、男性陣がどれもこれもパッとしない事かなぁ…(笑)
でもそんなのはほんの瑣末な事なのです。だって、この本の主人公は少女達なのですから。

埠頭に一人置き去りにされた少女ネル。(ただし初登場時はおばあちゃん。笑)
亡くなった祖母にまつわる謎を解き明かそうとする孫娘カサンドラ。
双子の弟とともに、貧しく苦しい生活を強いられている少女イライザ。


3つの異なる時代のお話が、やがてひとつに収束されていく様は見事!!

個人的にはイライザのお話が一番好きだったかなー。自由奔放で、頑固で、妄想癖で(笑)
でも親友ローズのためには、自らを犠牲にする事も厭わないほどの情熱っぷり。

ところどころで挿入される、イライザのおとぎ話がまた面白く、
ローズとイライザの関係を考慮した上で読み直すと、なんとも言えない切なさに包まれますballoon_89.gif

正直、ミステリとしては??です…balloon_145.gif
ローズが子供が産めないと分かったあたりで、簡単に結末は予測できちゃいましたから。
だから謎解きとして読むと、案外あっけなく終わって肩すかしかもしれませぬ。

少女から大人の女性へと変貌を遂げる瞬間の瑞々しさ、甘やかな関係と小さな嫉妬の炎。
そんな危うさを孕んだ少女達の世界を堪能できる作品です。面白かった〜balloon_34.gif


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 14

There are no comments yet.
神風スズキ  
感謝&応援

Good morning.



長崎の日の出は



午前6時47分頃の予定です。



6時半頃から運動に出かけます。



今日も 9:00 a.m. ~ 12:00 p.m. まで



中学期末テスト対策なり。



さあ、ぐっとくる SUNDAY にしましょう ♪



応援をよろしくね。



Have a happy Sunday.

Thank you.

2011/11/13 (Sun) 06:22 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
素敵〜♪

こんばんは、nanaco☆ちゃん

まぁ、本当に素敵な本を見つけましたね!

nanaco☆ちゃんのレビューの中でも、あの「アイルランド幻想」に次ぐ感動が伝わってきます。^^

描写が美しい作品っていいですね〜。

なんか無謀にも私まで読みたくなってきました。(笑)

それにしても、nanaco☆ちゃんはこの本をどうやって見つけたの〜?

いつもいい本と出会うnanaco☆ちゃんに、そのコツを教えて戴きたいわ〜♪^^

2011/11/13 (Sun) 18:57 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:ケイト・モートン「忘れられた花園」読みました〜♪(11/13)

nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



わぁ〜ホントに凄そうな本ですねぇ(@_@)

nanaco☆さんの感想とあらすじをうかがっただけで

それがビシビシ伝わってくるような気がします〜(><)

めちゃめちゃ面白そう!!(*≧▽≦*)

私も、読んだらイライザが好きになるかも♪

だって「妄想癖」に共感できそうですもん!!(笑)

イライザのおとぎ話にも興味をそそられますねぇ☆

この本、私も是非読んでみますね♪

今度本屋さんに行ったとき、早速さがしてみまーす(^O^)/

nanaco師匠、またまたスゴイ本の紹介、

ありがとうございま〜す☆

2011/11/14 (Mon) 18:04 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
神風スズキさんへ

神風スズキさん、こんばんは〜♪



いつもご訪問&応援ありがとうございます(*^^*)

最近サボり気味でごめんなさい(笑)後ほどまたお伺いさせていただきますねっ☆

2011/11/14 (Mon) 21:56 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



おぉ、感動が伝わりましたか!嬉しいです〜(*^^*)

この作品、最近読んだ海外本の中でも特に面白くて、ワクワクしながら読み進めました☆

ついつい小さい頃に読んだ「秘密の花園」を思い出してしまって。。。

何だか覗いてはいけないような美しい世界が垣間見えるような、ドキドキ感がありました(*^^*)

picchukoさんも是非是非挑戦してみませんか??

全ての謎が明らかになった時の快感と、チクリとした切なさはクセになりますよぉ〜!!(笑)



>それにしても、nanaco☆ちゃんはこの本をどうやって見つけたの〜?

>いつもいい本と出会うnanaco☆ちゃんに、そのコツを教えて戴きたいわ〜♪^^



やっぱりブログや読書メーターのお友達から教えてもらう事が多いかもしれません( ^ ^ )/

自分の読まないタイプの本だとか、色々情報を貰えるので嬉しいです。

あとは…完璧に表紙買いでしょうか(笑)本屋さんで物色してビビッときた表紙は買います!

普段から色々な方面にアンテナを伸ばしておくと、ちょくちょく引っ掛かります〜(* ̄m ̄)

2011/11/14 (Mon) 22:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



うんうん、この本きっとmiwaさんもお好きな雰囲気だと思いますよ〜(≧∇≦)

美青年が出てこないのはちょっぴり切ないですが、その分魅力的な少女がたっぷり登場します!

どの少女に感情移入するかによって、受け取り方が全く違ってきそうなお話でした。

miwaさんとか私みたいに妄想癖のお嬢さんは、やっぱりイライザが好きだと思うなぁ(笑)



>イライザのおとぎ話にも興味をそそられますねぇ☆



ところどころに挿入される、このおとぎ話がまた面白いのですよ〜(*^0^*)

グリム童話ともアンデルセン童話ともまた違う、独特な世界に引き込まれてしまいました!

イライザの頭の中で作り上げた妄想を、お話にして親友の少女にプレゼントする…。

この二人の関係がどこか危うさを孕んでいて、思わずドキドキしながら読んでしまいます。



すごくすごくオススメの作品なので、miwaさんも是非挑戦してみて下さい〜ヽ(*^^*)ノ

本の装丁もどっしりと重厚な感じで素敵なんですよ☆

2011/11/14 (Mon) 22:29 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:ケイト・モートン「忘れられた花園」読みました〜♪(11/13)

こんばんは☆

お久しぶり〜っ。



なんか、すごく気になるストーリー(>_<)

あらすじを読んでると、

続きが知りたくなってきます〜。

ネルはいったい誰なの・・・??笑

それにしてもnanacoちゃん、

いろんなジャンルの本を読んでてスゴイわ(>_<)

私も見習わなきゃ〜。

2011/11/19 (Sat) 01:35 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:ケイト・モートン「忘れられた花園」読みました〜♪(11/13)

nanacoさん、こんにちは★この本、ほんとに面白そう!絶対、好みの本だ〜

でも積読や読みたい本がそれこそ山になっていて買っていいのか・・でも読みたい。葛藤が・・どうせ山なんだから数冊増えても・・「小公女」「秘密の花園」「レベッカ」大好きです。なので読みたい、読みたい・・でも水滸伝読んで、あれ読んで・・・最近、小松左京の追悼出版もでてるのでそっちも読んで・・・ぶつぶつぶつ・・・

2011/11/19 (Sat) 11:20 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:ケイト・モートン「忘れられた花園」読みました〜♪(11/13)

こんにちはー☆ご無沙汰しております〜。



またまた凄そうな本ですね!

うん、こういう内容nanacoちゃんの好みっぽい!

しかも、この表紙で低評価なんて有り得ないと思うほど、素敵な表紙ですね〜♪

うーん…。たとえ読まなくてもこの本欲しい!



翔くん、「秘密の花園」読んでましたか!よく見てますね〜!

あの映画わたしすごく好きでした。。。

2011/11/19 (Sat) 16:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

Yuriちゃん、こんばんは〜♪



>なんか、すごく気になるストーリー(>_<)



そうなのよ〜すっごい気になるストーリーでしょ??(笑)

時代や国が次々と入れ替わって、主人公もその都度代わるから最初は混乱するんだけど…

一見関係のないように見えたお話が繋がった時には、「おぉっ!」と思うんだよね(*^v^*)

こういう時、いつも作家さんって凄いなぁ。。。と思います。

最初からプロットをよく練っているのか、それとも次から次へとアイデアが浮かぶのか…



基本、こういうミステリーは大好きだよ〜( ^ ^ )/

むしろ私は実用書やノンフィクションが全く読めないタイプなので、

来年はこういうジャンルにも挑戦できたらなぁ…と思うのですが。どうなることやら…(笑)

Yuriちゃんを見習って洋書にも挑戦しなくちゃね☆

2011/11/19 (Sat) 17:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



>この本、ほんとに面白そう!絶対、好みの本だ〜



この本、きっと日向さんもお好きなタイプだと思いますよ〜ヽ(*^^*)ノ

「小公女」「秘密の花園」「レベッカ」の良い所が全て盛り込まれているような感じです。

読んでいるうちに、自分の子供時代を思い出したりしました。胸がキュンとします(笑)

どっしりと重厚な装丁もすごく素敵ですよね!



>葛藤が・・どうせ山なんだから数冊増えても・・



そうですよ〜^^まったくもってその通りだと思います(笑)

たかが2冊です!(されど2冊……コソッ。笑)そうやってどんどん増えていくのですけど…

それでも、この本は是非日向さんにオススメしたいです〜(*^0^*)

私も昨日ガッツリと買いこんできちゃいました。「楊家将」と「血涙」も買いましたよ☆

なかなか北方ワールドから抜け出せませぬ。。。

2011/11/19 (Sat) 17:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

まるさん、こんばんは〜♪プチお久ですねぇ(^^ゞ



>うん、こういう内容nanacoちゃんの好みっぽい!



ハッ…バレてましたか!(笑)

この本に出てくるのが美少年達でないのが、最初は大変残念でたまらなかったんですが、

でもこんなに魅力ある少女達のお話は初めてかもしれません。本当に素敵なんですよ〜(><)

何だか見ちゃいけない世界を、こっそりと覗いているような…そんな気持ちさえしてきます。

あ、この本の表紙も、覗き窓からそっと中を除いてるイメージなのかな〜??



>翔くん、「秘密の花園」読んでましたか!よく見てますね〜!

>あの映画わたしすごく好きでした。。。



へへへっ…見逃しませんでしたよ〜☆翔くん、可愛すぎます。。。

一部では酷評されている映画でしたけど、全然そんな事ない!!私もすごく好きでした(*^^*)

ちなみに「耳をすませば」で聖司くんが読んでたのは「霧のむこうのふしぎな町」。

この本も気になって昔読みましたが、かなりメルヘンチックな作品でした〜(笑)

ジブリに出てくる男の子は、案外乙女なカワイイ子が多いですねぇ…(* ̄m ̄)フフ

2011/11/19 (Sat) 17:53 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:ケイト・モートン「忘れられた花園」読みました〜♪(11/13)

こんばんは。お久しぶりです。



この本すっごく気になっていたんですよ〜!!

もう図書館に予約直行ですw(笑)

だって、「レベッカ」こそまだですが、「秘密の花園」も「小公女」も大好きなんです!!



でも難点が男性陣がぱっとしないというnanacoさんのお指摘には、まだ読んでいないにも関わらず笑えましたw

久しぶりに「秘密の花園」を読み直したときに、男の子のあまりの情けなさにびっくりしましたから〜^^;



とにかく、是非読んでみたいと思います♪

2011/11/28 (Mon) 19:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをる。さん、おはようございます〜♪プチお久ですねヽ(*^▽^*)ノ



>だって、「レベッカ」こそまだですが、「秘密の花園」も「小公女」も大好きなんです!!



それはもう、きっと「忘れられた花園」も楽しめるかと思いますよ〜^^

それぞれの作品の良い所ばかりを集めたようだなぁ…というのが第一印象でした(笑)

女の子的にワクワクするような要素がたっぷり詰まっている本です。

かをる。さんの感想をうかがうのを楽しみにしていますね☆



>男性陣がぱっとしない



いやぁ〜ホントにね……女性陣が強すぎるからなのか、男性陣は弱々しい印象です(* ̄〜 ̄)

もう今となってはどんな男性が出てきたか、ほとんど覚えていないという始末(笑)

そういえば「秘密の花園」も男の子はパッとしなかったでしたっけね〜^^;



この作家さん、他にも「リヴァトン館」という作品を書かれているようで、

こちらも館を舞台にしたゴシック風サスペンスらしいので、館好きには興味津々です!

近いうちに読んでみようと思います〜(*^^*)

2011/12/03 (Sat) 07:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「忘れられた花園」ケイト・モートンを読みました!
  • 【送料無料】忘れられた花園(上)価格:1,785円(税込、送料別) 【送料無料】忘れられた花園(下)価格:1,785円(税込、送料別) 著者 ケイト・モートン 東京創元社 評価 ★★★...
  • 2012.05.10 (Thu) 21:19 | 知的生活へのあこがれ
この記事へのトラックバック
  •  『忘れられた花園』 ケイト・モートン
  • 今回のブックレビューは、 ケイト・モートンの『忘れられた花園』という作品です。 ◆あらすじ◆ 1913年オーストラリアの港に着いたロンドンからの船。すべての乗客が去った後、小さなトランクとともにたったひとり取り残されていた少女。トランクの中には、お伽噺の本が一冊。名前すら語らぬ身元不明のこの少女をオーストラリア人夫婦が引き取り、ネルと名付けて育て上げる。そして21歳の誕生日に、彼女...
  • 2014.12.14 (Sun) 16:38 | 本を読みましょ