FC2ブログ
Welcome to my blog

北方謙三「楊家将」「血涙」読みました!

ななこ


 
 


【楊家将(上)(下)】【血涙(上)(下)】北方謙三 rating_50.gif crown_01.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
中国で、「三国志」を超える壮大な歴史ロマンとして人気の「楊家将」。日本では翻訳すら出ていなかったこの物語だが、舞台は10世紀末の中国である。宋に帰順した軍閥・楊家は、領土を北から脅かす遼と対峙するため、北辺の守りについていた。建国の苦悩のなか、伝説の英雄・楊業と息子たちの熱き闘いが始まる。衝撃の登場を果たし、第38回吉川英治文学賞に輝いた北方『楊家将』、待望の文庫化。(「楊家将」上巻より)



先日読み終わった「水滸伝」
本来なら、続編の「楊令伝」に進む所なのですが、お友達からある情報を頂きました。

「楊令伝」の前に「楊家将」と「血涙」を読んでおくと、ニヤリとできるとの事(笑)

そうか!私も「楊令伝」でニヤリとしたい!
…との事で、ちょっと寄り道しよ〜程度の気持ちでこの4冊を手にしたのでしたballoon_71.gif

これまた面白すぎなのです。

どうしてくれよう、北方さん!!今年のベスト本は北方さん一色じゃないか!!
でも仕方がない。自分の気持ちに正直になりましょう…この作品も王冠を付けちゃいます。
吉川英治文学賞を受賞していたのですね。それも納得の面白さでした〜balloon_28.gif


illust1923_thumb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ とにかく熱い  漢達の戦い  どうしようもなく切ない


舞台は10世紀末の中国。
宋に帰順した軍人・楊業と、7人の息子達の戦いを描いた作品です。

鷹揚に構えた楊業、この男の器はとんでもなく大きいです。本当に格好良い父親!
そしてそれぞれに個性的な7人の息子達もまた、魅力的flash_02.gifなのです〜balloon_75.gif

頼れるお兄ちゃんである延平を始め、どこか心に闇を持った四郎
茫洋とした雰囲気を持つ六郎や、どこまでも突っ走る直球勝負の七郎

7人もいると描き分けが難しそうなものですが、、、
まぁ「水滸伝」の108人の好漢達を描き分けた北方さんですもの、心配は無用でした(笑)


そして楊家軍と戦う事になる、遼の耶律休哥にも抗い難い魅力がありました。
「三国志」や「水滸伝」でもそうでしたが、北方さんの描く物語には勧善懲悪など存在しない。
どちらの側も、自分達の信念を貫いて戦っているんだもの。

だからこそ、ふたつの間で板挟みになる石幻果は並々ならぬ苦悩があっただろうな…
正直「血涙」の展開は、あまりにも辛すぎます。何故こんな事になったんだろうballoon_89.gif

悲しくてどこか割り切れない気持ちもあったのですが、
素晴らしく格好良い漢達の生き様を見る事ができて、大満足の4冊でした!!


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 4

There are no comments yet.
picchuko  
Re:北方謙三「楊家将」「血涙」読みました!(12/20)

やっぱり北方さんですか!!!^^

すごい方ですね〜、これほどまでnanaco☆さんを虜にさせるとは!

来年早々「楊令伝」に挑戦ですか?

いや、もう読み始めてるのかも・・・。^^

こんなに熱くカッコ良い男達を知ってしまったら、現実の男性がなよなよ〜って思っちゃうじゃないですか!

時々は、nanaco☆ちゃんも現実に戻ってきてくださいね。(笑)

2011/12/23 (Fri) 18:52 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:北方謙三「楊家将」「血涙」読みました!(12/20)

nanacoさん、こんばんは★楊家将、血涙、石幻果や耶律休哥、もう凄い男たちがいて感動しましたね。瓊峨姫や?太后をはじめとした女性陣も心に残ってます。最後の草原のシーンがまた良かったですね〜

2011/12/23 (Fri) 21:11 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



ふふふ……今年は北方イヤーですから(笑)

学生の頃、一度「三国志」を読んで挫折した事があったのですが、それが嘘のようです^^;

原典を知らなくても、ここまで楽しめるのだからやっぱり北方さんは凄いです!!

この作家さん、現代物も書かれているんですが……そちらはなかなか食指が動かず☆

きっと北方さんが書かれているのだから、面白いに違いないとは思うのですが。。。



>時々は、nanaco☆ちゃんも現実に戻ってきてくださいね。(笑)



picchukoさ〜ん、時々私を現実に呼び戻して下さいね(><)

熱い男達のお話を読んでから現実に戻ると、しょぼーんとしちゃいます(笑)

あぁちっちゃいなぁ…とか、器が小さいなぁ…とか、もっとどっしりと構えろよ!とか…。

私は一体男性に何を求めているんでしょう!?(爆)そんな人現実にはなかなかいないですね^^

2011/12/25 (Sun) 07:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



>楊家将、血涙、石幻果や耶律休哥、もう凄い男たちがいて感動しましたね。



本当に素晴らしい本でしたね!!

四郎と六郎の事を思うと、今でも胸が痛くなっちゃいます〜(T_T)

これで遼側の人間達がイヤな奴なら良いのですが、耶律休哥をはじめ素敵な人間ばかり。。。

ふたつの間で板挟みになる石幻果の事を考えると、もう切なくて切なくて……。

最後の草原のシーン、私もすごく好きです!全ては草原に還ってゆくのですねぇ。。。

思わず松尾芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」を思い出しちゃいました。



今年は「三国志」「水滸伝」「楊家将」「血涙」を読んできましたけど、

今思えばものすごい数の登場人物ですよね〜!!一体何人いるんだろう……(汗)

日向さん、一番好きな登場人物は誰ですか??皆格好良すぎて選ぶのが難しいですね(*^^*)

私はやっぱり林冲かなぁ…次点で周瑜、孔明、趙雲。

あぁでも楊業もカッコイイし、楊志や楊令も好きだし!やっぱ選べない〜〜(笑)

2011/12/25 (Sun) 07:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply