05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.17 *Sat*

北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪





【水滸伝】北方謙三 rating_50.gif crown_01.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた―。世直しへの強い志を胸に、漢たちは圧倒的な官軍に挑んでいく。地位を捨て、愛する者を失い、そして自らの命を懸けて闘う。彼らの熱き生きざまを刻む壮大な物語が、いま幕を開ける。第九回司馬遼太郎賞を受賞した世紀の傑作、待望の文庫版刊行開始。(1巻あらすじ)



北方さんの「三国志」を読んで、ハマりにハマった今年の春。

すっかり北方さんに惚れ込んでしまった私は、迷わず「水滸伝」を手にしましたballoon_71.gif
全19巻、少しだけ躊躇してしまうような長さでしたが、1巻目からグイグイ引き込まれる。

なんだこれ……カッコイイ。

何と言っても108人の豪傑達が登場する訳ですから、面白くない訳がない!
人物紹介のページもハンパじゃない(笑)…正直、とても全員を覚えてはいられませんballoon_89.gif

「替天行道」という旗を掲げ、好漢達がそれぞれの志を胸に梁山泊に集う。
腐りきった世の中を変えるため、官軍に一矢報いるため、そしてまだ見ぬ仲間を求めて。


lp.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ とにかく面白い  カッコイイ  108人の豪傑  号泣必至


北方さんの人物描写は素晴らしいです。一人一人をちゃんと描き分けていますballoon_91.gif
こんなに丁寧に描いておいて、あっけなく(ある意味潔く)死なせてしまうのが勿体ない…

「三国志」を読んだ時にも思いましたが、散り際が本当に美しいなぁ、と感じる。
終わりがあるからこそ儚く美しい。これが「滅びの美学」というものなのでしょうか。。。
うん……でもね、贔屓にしてた登場人物が死ぬのは悲し過ぎますよ〜balloon_131.gif

まるで、Lv.99まで上げたキャラがラスボスにあっけなくやられてしまうようで(笑)

槍の名手である豹子頭・林冲 (若干Sっ気あり ・・・?15巻の「虫けら」発言参照。笑)
林冲の弟的存在で、真っ赤な具足を付けた遊撃隊で敵を威嚇する九紋龍・史進
単身敵地へ乗り込み、死域に入りながらも大切な人を救いだす体術の達人浪子・燕青
それに武松や弟分の李逵、双鞭・呼延灼や強弓の花栄等、魅力的すぎる人物がいっぱい。

↑全員が書き切れないのが悲しい。。。

いや〜私は林冲のファンですね、ホント。
林冲騎馬隊は神出鬼没、圧倒的な強さで…そして調練は容赦ない(笑)
でも本人はどこか人間的な脆さや優しさがあったりして。素敵な漢ですわ〜。

青面獣・楊志の息子である楊令が、哀しみを乗り越えて成長する姿にウルッときますballoon_59.gif
心のオアシス、王進先生のもとで大きくなった楊令は、続編「楊令伝」で登場するようです。
さて、散り散りなった梁山泊の同志達と再会するのを楽しみにしましょう〜〜balloon_28.gif





graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
全巻読破おめでとうございます!

凄いな〜。どれだけの時間をかけられたことでしょう。

「108人」というのを見て、「あ、幻想水滸伝(ゲームね)といっしょ」と思った私のバカを笑ってください。

(元ネタなんだからいっしょに決まってるー)

by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2011/12/17(土) 18:54 [Edit
Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
おはようございます、お久しぶりです〜。



おお!北方謙三版「水滸伝」を読まれたのですね!

気になりつつ、全十九巻に時間的経済的(笑)に躊躇していたのですが、

こんな熱いレビューを読むと気になってきてしまいます。(でもさらに後続として「楊令伝」があるのですか…長い!)



水滸伝は108匹の好漢がばらばらと容赦なく死んでいくのがすごい

切なくて読むのにいつも力んでしまいます。

え〜そこでその人お亡くなりに!?というのの連続ですよね…。



ところで私はつい先日同じく北方謙三の土方歳三の話を読みました。

そっちもすごい熱くて男のロマン!という感じのお話でしたよ。
by タシガミ #79D/WHSg
2011/12/18(日) 07:40 [Edit
Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
読破おめでとうございま〜す♪♪

全巻セット、圧巻ですね〜〜

私は、まずは三国志から(^^;)

三国志は一巻と前にnanaco☆さんから紹介して貰った「英雄・豪傑イラスト大辞典」だけ取り合えず購入してあるのですが・・・

水滸伝も「イラスト大辞典」的な物はありませんか?(笑)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2011/12/18(日) 14:11 [Edit
Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
こんにちはー☆ご無沙汰してます〜。



おっ!ここでも水滸伝が!(ついさっき日向さんの所にお邪魔してきたばかりでして…)

108人の豪傑なんてスゴすぎますね!

グインサーガでさえ豪傑と呼べるのは多分十数人くらいではないかというのに…!

「Lv.99まで上げたキャラが…」に吹き出しました。ものすごくわかる気がします。笑

nanacoちゃんの今年のベスト本発表が楽しみです☆

そして三国志、水滸伝…ときたら次は西遊記ですかねぇ〜。



そういえば零式1週目をようやくクリアしましたよ…

by まる811 #79D/WHSg
2011/12/18(日) 15:39 [Edit
Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)/



おぉ〜、『水滸伝』全19巻ついに読破ですね!!

おめでとう〜〜〜(*^O^*)/

nanaco師匠、ホントに天晴れです〜☆

…って、弟子の私が言うのもなんですが…(笑)

この作品、やっぱり王冠付きの5つ星でしたねぇ。

たぶんそうだろうな〜って予想してましたよ!!(*^_^*)

この作品も『三国志』の負けず劣らずめちゃくちゃ面白そうですねぇ(*≧▽≦*)

登場人物は名前すら聞いたことがないですけど、

梁山泊というワードは何となく聞いたことがあります。

そんな私でもこの作品って楽しめるかしらん???(^_^;)



『三国志』…第8巻まで読み終わりましたよ〜^^

でも、今年中に全13巻読破できるかは微妙になっちゃいました…(^_^;)

とりあえず、近々第7巻までの感想を書こうと思ってます。

あぁ、周喩…今は悲しみで胸がいっぱいです〜(T_T)

by miwa125 #79D/WHSg
2011/12/18(日) 18:20 [Edit
Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
nanacoさん、こんばんは★

水滸伝、ほんと面白かったですね。nanacoさん、三国志のときもそうでしたが、水滸伝の感想、毎回楽しみでした。こんなに登場人物が多いのに、皆にドラマがありますね。林冲かっこよかったです。影がありましたね。公孫勝とのやりとり、今にして思えばお互い認め合ってたんですね。今年のベストはこれかな〜。海外編は混沌としてますよ〜
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/12/18(日) 22:10 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
ぴょん吉さん、こんばんは〜♪



ちみちみと読み続けてきた水滸伝、やっとこさ読破することができました(*^▽^*)

全19巻、最初は「長いなぁ」と思ったけど、最後は読み終わるのが惜しいくらいでした!

確か読み始めたのが7月の終わり頃だったと思います。結構かかりましたね〜(笑)



>「108人」というのを見て、「あ、幻想水滸伝(ゲームね)といっしょ」と思った



ふふふ、同じくです!!水滸伝といえば幻想水滸伝ですよね〜(* ̄m ̄)

正直に言うと、予備知識はゲームと漫画のみです。(キッパリ)

そんな無知な私でものめり込んだくらいですもの、本当に北方さんは凄いと思います☆

このシリーズは是非是非オススメしたいので、ぴょん吉さんも機会がありましたら是非(*^^*)

来年は「楊令伝」を読み始めようと思います!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/19(月) 19:53 [Edit
タシガミさんへ
タシガミさん、こんばんは〜♪ご無沙汰しております(*^0^*)



>気になりつつ、全十九巻に時間的経済的(笑)に躊躇していたのですが



ですよねぇ……私も最初は躊躇しちゃいましたよ〜^^;

時間的、経済的、さらに本棚のスペース的にも余裕がないもので(笑)

でもでも、あの素晴らしい「三国志」を書いた北方さんなら面白くない訳がない!!

…と、期待度MAXで読み始めたのですが、その期待を軽く上回る面白さでした〜〜(><)



それにしても本当に容赦なくバッタバタと死んでいきますよね…(T_T)

どの人物にも感情移入して読んでいるので、尚更思い入れのある人物が死ぬのは辛いです。

それでも、「惜しい人を亡くしたなぁ…」と嘆くというよりも、

何だか凄い人生を見せてもらった!という満足感の方が大きかったりします〜(笑)



来年からは「楊令伝」を読み始めようと思います♪

こちらは全15巻、来年の8月に文庫で完結予定だそうです^^

タシガミさんも、是非ご一緒しませんか〜??

身悶えするくらい格好良い漢揃いなので、きっとタシガミさんの審美眼にもかなうかと…☆



>ところで私はつい先日同じく北方謙三の土方歳三の話を読みました。

>そっちもすごい熱くて男のロマン!という感じのお話でしたよ。



おぉぉ…!北方さん、土方歳三のお話も書かれているんですか!

さぞや素敵に描かれているに違いない。。。私も読んでみたいです(^^ゞ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/19(月) 20:27 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



このシリーズも「三国志」と同じでまとめてBOXになっているんですねぇヽ(*^^*)ノ

レビューを書く時に、さすがに19巻も画像載せられない…と思ってたので助かりました(笑)

もうめちゃめちゃ面白かったですよ〜☆読み終わってしまうのが惜しくて、悲しくて。

確か夏に読み始めたと思うのですが、何だか幸せな日々を過ごせたような気が(* ̄m ̄)



>「英雄・豪傑イラスト大辞典」だけ取り合えず購入してあるのですが・・・



おぉっ購入されたんですね!イラスト、どれも美麗ですよね〜〜(≧∇≦)

私はもうあの周喩が好きすぎて…何故あんなに美男子なんでしょう。。。

美周郎とあだ名されたのも納得の美貌ですよね。実物見たらガッカリかもしれませんが(笑)

「三国志」ちこさんのレビュー楽しみに待っていますね〜☆



そうそう、「水滸伝」のイラストブックみたいなのもないか探してみました。

見つけましたよ!「真説水滸伝 最強の豪傑は誰だ」というのがあるみたいです^^

これは全ページカラーとはいかないようですが、読んでみたいですねぇ(o^-^o)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/19(月) 20:42 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



>108人の豪傑なんてスゴすぎますね!

>グインサーガでさえ豪傑と呼べるのは多分十数人くらいではないかというのに…!



水滸伝、もうハマりにハマりましたよ〜〜(><)

ここまでのめり込んだのは、それこそグインサーガ以来かもしれません…(笑)

豪傑といえば、グインとかガンダルとかドードーあたりでしょうか。。。

あれ、イシュトって豪傑に入るのかなぁ??となると、カメロンとかスカールも??

いやいや、豪傑と呼ぶにはちょっと線が細すぎますかねぇ…(゚ペ)?



>そして三国志、水滸伝…ときたら次は西遊記ですかねぇ〜。



おぉ、そうか!それで中国三大奇書になるんですね!

西遊記、さすがにこれは北方さん書いていないみたいですね〜^^;

実は私あまりきちんとストーリー知らないんですが、何かファンタジー色が強いイメージです☆



>そういえば零式1週目をようやくクリアしましたよ…



一週目クリアですか!おめでとうございます〜(*^▽^*)

最近バタバタしてて、めっきりゲームする時間が少なくなりました。未だに6章です…。

でも、分厚いアルティマニアはしっかり購入しましたよ!(笑)

キャラ紹介のページとか、眺めてるだけで幸せです♪私もお正月休みにクリア目指しま〜す^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/19(月) 21:28 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



へへへ、これでmiwaさんの師匠としての面目を保てるぞ!(笑)

全19巻、少しも中だるみする事もなく面白さが持続するって凄い事ですよね〜(*^v^*)

9割の感動、1割の笑いって所でしょうか。いや、ホントに笑える部分があるんですよ…!

あんなに気難しそうなお顔(失礼)をした北方さんがこんなシーンを書くなんて、、、と(笑)



>登場人物は名前すら聞いたことがないですけど、

>梁山泊というワードは何となく聞いたことがあります。

>そんな私でもこの作品って楽しめるかしらん???(^_^;)



No problem!!(外人風に。笑)全然ヨユーです。

私も「三国志」以上に予備知識ナシで読み始めたんですよ〜^^;

知っているといえばゲームと漫画の情報のみでした。それでもこの面白さです。

ちなみに、北方水滸伝は原典にかなり手を加えているみたいです。というかほぼ別物??

なので、ストーリー云々よりも格好良い漢達の生き方を描いた作品と言う感じでしょうか(^^ゞ

絶対miwaさんも楽しめると思います!「三国志」の後は是非「水滸伝」に挑戦してみて下さい♪



>『三国志』…第8巻まで読み終わりましたよ〜^^



おぉ、ついに8巻まできましたか〜( ^ ^ )/

周喩が、、、というとちょうど赤壁の戦いの後あたりでしょうか??悲しいですよね…。

でもまだ孔明がいますから、あと5巻楽しんで下さいね♪

近々miwaさんのレビューを拝見できるのを楽しみにしていま〜すヽ(*^^*)ノ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/19(月) 21:45 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



水滸伝、素晴らしい作品でしたね!!

日向さんと一緒に読み進められて、色々と感想とかもお話できて嬉しかったです〜(*^m^*)

一人、また一人と死んでいく度に、何度涙した事でしょう……。皆格好良すぎですよね。

悲しいし苦しいけれど、散り際が美しかったりして、、、何だか矛盾しちゃいますね(笑)



>公孫勝とのやりとり、今にして思えばお互い認め合ってたんですね。



林冲と公孫勝は、今思えばとても良い関係だったんだなぁ…と思います(><)

右に出るものはないというぐらい圧倒的な強さの林冲の、唯一のライバルですよね。

強さの種類は違いましたけど、お互い認め合っていたんですよねぇ。。。(しみじみ)

燕青の救出作戦だとか、史進の妓楼騒動だとか、語り始めたら尽きないですわ〜〜(笑)

私も今年の国内編ベスト本1位はこれで決まりだと思います!

……というか「水滸伝」「三国志」「楊家将」「血涙」で上位を独占しそうな予感(^^ゞ



やっぱり長いシリーズ物は、仲間がいると心強いです♪

来年は「ローマ人の物語」ですね!早いとこ1、2巻GETしてきます〜(*^v^*)

それに「楊令伝」もあるし…来年の読書が今から楽しみです!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/19(月) 21:59 [Edit
Re:北方謙三「水滸伝」(全19巻)読破しました〜♪(12/17)
すっご〜い、nanaco☆ちゃん!!!@@

これだけの本を読破しちゃったのですか〜。

しかも、春には三国志を読破したばかり。

nanaco☆さんの2011年は北方謙三さんで染まりきってしまいましたね。^^

こんなにnanaco☆さんを魅了した豪傑達、どれほどカッコいいんでしょう!!!

滅びの美学ですか、、、。う〜、すご過ぎ!!!
by picchuko #79D/WHSg
2011/12/22(木) 22:52 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こちらにもコメント嬉しいです〜♪



>nanaco☆さんの2011年は北方謙三さんで染まりきってしまいましたね。^^



むふふっ(*^m^*)2011年は北方イヤーです(笑)

「三国志」に「水滸伝」。何だか凄いモノを読んでしまったなぁ…という印象です。

「水滸伝」は三国志以上に、ほとんど予備知識のなかったシリーズだったのですが、

それでもグイグイ読ませてくれる北方さんの圧倒的な筆力!ただただ舌を巻くばかりです〜^^



>こんなにnanaco☆さんを魅了した豪傑達、どれほどカッコいいんでしょう!!!



何故この場に自分がいないんだろう…とものすごく悔しくなっちゃいます。。。

だって、どの人物も強いだけじゃない、「英雄」や「豪傑」と呼ぶのに相応しい人ばかり!

武、知、美、勝負する所は人それぞれなんですが、皆本当にカッコイイんです〜(*^v^*)

来年は続編の「楊令伝」に挑戦しようかなぁと思ってます☆

picchukoさん、またテンションの高いレビューにお付き合い下さいね!(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/12/23(金) 15:31 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
23位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。