06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.29 *Sun*

4月☆読書メーターまとめ(1)


あぶないあぶない……もう6月になるところだった…!!
4月に読んだ本を読書メーターでまとめました〜balloon_34.gif

4月の読書メーター
読んだ本の数:18冊(小説11冊・漫画7冊)
読んだページ数:4403ページ



ファイアスターター (下) (新潮文庫)ファイアスターター (下) (新潮文庫)
うぁぁ〜〜面白かった!!キングの中でマイベストだった「シャイニング」を超える面白さでした(><)人の感情を「押し」て思いのままに操れる父親アンディと、物を発火させる超能力を持つ娘チャーリー。アンディが娘を助けるために、力を失ったふりをして組織側の人間を出し抜く所は何とも小気味良い。そして何といっても、幼いながらも賢さと美しさの片鱗を覗かせる少女チャーリーが魅力的。哀しいお話ですが、希望の見えるラストに安堵しました。いつものキングとは一味違う、優しさと温かさが感じられるSF作品で大満足。
読了日:04月28日 著者:スティーヴン・キング


ファイアスターター (上) (新潮文庫)ファイアスターター (上) (新潮文庫)
恩田陸さんの「劫尽童女」を読んだ時に、この本の存在を知りました。よ、読みたい。しかし絶版!・・・ますます読みたい(笑)そんな時、タイミング良く古本屋さんで見つけられました!どこかクーンツの「ウォッチャーズ」を思わせるような展開で、グイグイ引き込まれる。ある実験により特殊な能力を持ってしまった父親と、父親以上の力を受け継いでしまった幼い娘。二人にはどんな未来が待っているんだろう・・・。
読了日:04月27日 著者:スティーヴン・キング


テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)
そろそろネタ切れかと思いきや・・・このテンションとクオリティの高さを維持し続けるとは、ヤマザキマリさん何者!?ますますルシウスと平たい顔族との交流が深まってきました(笑)相変わらず異文化に触れた時のルシウスの驚愕の表情がツボすぎて毎回笑う。うんうん、ラーメンと餃子はセットよね!前巻のラムネといい、輪っかのおもちゃ(あれ何ていうの?階段からどんどん落としていくやつ)といい、子供の頃から親しんできた物が沢山登場するので嬉しくなります。
読了日:04月26日 著者:ヤマザキマリ


ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(10) (アフタヌーンKC)
やっと新刊出た!いつもながら恐ろしいまでの丁寧な描き込みで、こんな素敵な漫画を読める喜びを噛み締めながらページをめくりました。このシリーズは本来バトル漫画のはず。でもトルフィンが奴隷になってからは、ひたすら畑を耕し昔の威勢はどこへやらの抜け殻状態。それなのに何故こんなに面白いんだろう。トルフィンの目に少しずつ光が戻ってくるのを「もう少し!あとちょっと!」と、ひたすら全身に力を入れながら読みました(笑)今まで沢山の人間を殺し復讐に生きてきたトルフィンが、今後どんな道を歩んでいくのか楽しみです。
読了日:04月24日 著者:幸村 誠


鹿男あをによし (幻冬舎文庫)鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
来月奈良に行く事になり、ふと積んでいた中にこの本があったのを思い出して。何となく森見登美彦さんと似たようなイメージがあったのですが、読んでみると全然違う。森見さんはねっとりと濃厚な描写(褒めてます。笑)のオンパレードですが、万城目さんはカラッとした爽やかさを感じます。鹿が言葉(しかもオッサンの声)を話すという設定が可笑しくて、登場人物達も皆真直ぐで好感が持てるキャラばかり!前に東大寺に行った時、鹿せんべいを持ったおじさんに鹿が突進しているのに怖気づいて、せんべいを買わなかった。ごめんよ、次は絶対買おう。
読了日:04月23日 著者:万城目 学


エアーズ家の没落下 (創元推理文庫)エアーズ家の没落下 (創元推理文庫)
面白かった!「レベッカ」のようなゴシック・ロマンスかと思いきや、下巻では「シャイニング」や「ねじの回転」を思い起こさせるような、背筋が凍るような怖さ。ゾンビ物だって、スプラッタ系だって嬉々として読みます(笑)それなのに、知らぬ間に広がっていく壁のシミだとか、古い落書きだとか、伝声管からの物音が何故こんなに恐ろしく感じられるんだろう?解説を読んで、うぅむそういう解釈もあるのかと思わず唸ってしまった。どうしても深読みせずにはいられない作品ですね。気になる作家さんが、また一人増えました♪
読了日:04月20日 著者:サラ・ウォーターズ


エアーズ家の没落上 (創元推理文庫)エアーズ家の没落上 (創元推理文庫)
怖い、面白い、止められない!凋落の一途を辿るエアーズ家。歳老いても美しいエアーズ夫人。不器量だけれども心優しいキャロライン。端正な顔立ちをした青年だけれども戦争により傷を追ったロデリック。ある悲劇の夜を皮切りに、館で頻発する不気味な出来事。まるで「館」自身の悪意が感じられるかのような不幸な事件の数々に鳥肌が立ちます。何?何が起きてるの?「レベッカ」や「ずっとお城で暮らしてる」を彷彿とさせるような、じわじわと伝染していく静かな狂気。どんな結末が待っているのか、ドキドキしながら下巻へ・・・。
読了日:04月18日 著者:サラ・ウォーターズ


ZOO 2 (集英社文庫)ZOO 2 (集英社文庫)
再読。「ZOO1」に比べると若干インパクトは弱いのですが安定した面白さ。一番好きなのは「冷たい森の白い家」。(「SEVEN ROOMS」に続き、何でグロいのばかり気に入ってしまうんだろう・・・笑)想像すると恐ろしいけれど、不思議とブラックな童話を読んでいるような感じです。「神の言葉」は、物語がどのように展開していくのか全く読めず面白い。「乙一さんってどんな作品書くの?」と聞かれると答えるのは難しい。でもこの本を手に取ってみれば、余す所なく魅力が伝わるような気がします!
読了日:04月15日 著者:乙一


ZOO 1 (集英社文庫)ZOO 1 (集英社文庫)
読友さんに触発され、久々に再読。やっぱり面白い!乙一さんといえば切ない系の「白」とグロい系の「黒」という風に、極端に作風が分かれる。この作品は「白」と「黒」がバランス良く収録されているので、沢山の引き出しを見せてもらっているようなお得感があります。一番好きなのは「SEVEN ROOMS」。でも映像で観たくない作品NO1(笑)映画の「saw」を思い起こさせるようなグロさで、初めて読んだ時は衝撃でした。その後に「陽だまりの詩」のような切なくも心温まるSFが収録されているのだから、乙一さん、恐ろしい人だ・・・。
読了日:04月13日 著者:乙一





関連記事

COMMENT

Re:4月☆読書メーターまとめ(1)(05/29)
『エアーズ家の没落』面白そうですね。

サラ・ウォーターズの前作、未読で積んでいるので先ずはそちらを読まなくちゃ…^^;

創元推理文庫は文庫とはいえ値段が高めで購入に迷います。

古本屋さんで見つけられたら買おうかな!?
by 柊♪ #79D/WHSg
2011/05/30(月) 20:17 [Edit
ヴィンラント・サガ
おもしろそうやなぁ、買うか。
by es8-まつじん #79D/WHSg
2011/05/30(月) 22:14 [Edit
Re:4月☆読書メーターまとめ(1)(05/29)
nanacoさん、こんばんは!

ファイヤースターター、昔読んだんですよ。ノートの読書日記にのってました。面白かったのは書いてあるのですが内容がまったく思い出せません・・・^^

恩田さんの劫尽童女はインスパイアされて書かれたんですね!



あと気になるのはやっぱりエアーズ家の没落です。館ものでレベッカやずっとお城で〜を引き合いにだされたらもう読まねばと思います。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/05/30(月) 22:27 [Edit
Re:4月☆読書メーターまとめ(1)(05/29)
こんばんは、nanaco☆さん!

三国志を読み終えてなお、nanaco☆さんの読書量は半端じゃないですねぇ。

毎回、びっくりしてしまいます。



あら〜、東大寺ではシカせんべいを買わなかったんですか。

う〜、それは正解かもしれない。

すごい勢いですもんね、シカくん達!

ですが、実は東大寺のシカより宮島のシカの方が凶暴だったりして〜。^^;
by picchuko #79D/WHSg
2011/06/03(金) 19:34 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんにちは〜♪

お返事が遅れてごめんなさいっ(><)



「エアーズ家の没落」すごく好みの作品でした!

館モノという事で、なんとなく「レベッカ」を想像しながら読んでいたのですが、

読む前の「レベッカ」のイメージそのままの本でした。館、幽霊、怪奇現象みたいな(笑)

解説の解釈も面白くて(想像もしてなかった!)すぐに再読したくなりました。

これは是非映画化してもらいたいな〜なんて思います(*^v^*)



>創元推理文庫は文庫とはいえ値段が高めで購入に迷います。

>古本屋さんで見つけられたら買おうかな!?



創元推理は高いですよね〜^^;薄い本でも700円は当たり前ですもんねぇ…。

私もこの本、購入を迷っていた時にたまたま古本屋さんで見つけたんですよ☆

とても読みごたえのある本なので、是非柊さんにも読んで頂きたいです。

古本屋さんで見つけられると良いですね〜( ^ ^ )/

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/04(土) 15:05 [Edit
es8-まつじんさんへ
es8-まつじんさん、こんにちは〜♪

お返事が遅れてしまってごめんなさい(*_*)



「ヴィンランド・サガ」めっちゃ面白いです。もうこれは是非是非オススメしたいです!

「ONE PIECE」を一番好きな漫画と豪語している手前、大きな声では言えないですが……

もしかしたら、続きを最も楽しみにしている漫画かもしれません(笑)



作者さんの圧倒的な画力は言うまでもなく、ストーリーの運びが本当に巧いです☆

容赦の無い展開がまた手に汗握ります〜(><)

主人公がないがしろにされている感も、ちょっとウケます(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/04(土) 15:12 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんにちは〜♪

お返事が遅れちゃってごめんなさ〜い(><)



日向さんも「ファイアスターター」読まれていたんですね!

…でもあまり記憶に残っていませんか?(笑)

うぅむ、私も何年かしたら忘れるタイプのお話なのかもしれません(* ̄m ̄)フフ

この作品を読んだ時、初めて読んだような気がしなかったのは、

恩田さんの「劫尽童女」や宮部さんの「クロスファイア」が記憶にあったからなのかしら。



>あと気になるのはやっぱりエアーズ家の没落です。



この本、絶対絶対日向さんもお好きだと思います〜(*^0^*)

館好きにはたまらない設定ですよ!…しかも、何気に怖いです。というよりかなり怖いです。

ホラーとしてはわりと古典的な部類だとは思うんですが、

この作家さんの筆力なのか、中だるみせず最後まで一気に読ませてくれました^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/04(土) 15:19 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんにちは〜♪



ブログで感想を書くのをサボっているうちに、どんどん本が溜まっていきます…^^;

自分の覚書のためにも、読んだ本の感想は残しておきたいなぁと思うのですが。

時間がある時に、まとめてドドーッとUPしようかなぁと思っています(笑)



>ですが、実は東大寺のシカより宮島のシカの方が凶暴だったりして〜。^^;



宮島にもいるんですね!彼らはどこにでも出没しますね〜( ̄〜 ̄*)

北海道にも、ちょっと山の中に入れば結構あちこちで見かけるんですが、

奈良の鹿君達のように良い扱いは受けておりません(笑)

むしろ逃げ遅れたのは捕まえられて鹿カレーにされてしまう始末!(@_@)

同じ日本なのにね…私も奈良に行った時、北海道の鹿達を連れて南下すれば良かったです…。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/04(土) 15:28 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
22位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。