FC2ブログ
Welcome to my blog

「秋の牢獄」恒川光太郎

ななこ


秋の牢獄
著者:恒川光太郎
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になればすべてがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日を繰り返しているのか。この繰り返しの日々に終わりは訪れるのだろうか―。まるで童話のようなモチーフと、透明感あふれる文体。心地良さに導かれて読み進んでいくにつれて、思いもかけない物語の激流に巻き込まれる―。数千ページを費やした書物にも引けを取らない、物語る力の凄まじさ。圧倒的な多幸感と究極の絶望とを同時に描き出す、新鋭・恒川光太郎の珠玉の作品集。




「夜市」で、日本ホラー小説大賞を受賞した恒川さんの新作きもち

本作は「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の短編3話が収められています。
恒川作品は、いつも気付かないうちに異世界に迷い込んだかのような感覚を味わいますね。


ぼたん 秋の牢獄

ケン・グリムウッドの「リプレイ」を彷彿とさせます。 (物語中でも引用されていますが…) 
ある秋の一日を何度も繰り返すことになる女子大生の物語。
人を次々と消してゆく「北風伯爵」とは…?なんだか都市伝説になりそうなお話です。


ぼたん 神家没落

主人公は何の気なしに入った家の近くの林で、見慣れない民家を見つけることにたてもの
その家にはある秘密があったのでした。主人公がこの家に辿り着いたのは運命だったのか…。


ぼたん 幻は夜に成長する

ある不思議な能力をもった女の子の物語。
恩田陸さんの「劫尽童女」を思い出しました。人間の心の闇が一番恐ろしい。。。
スッキリ納得できる結末ではないところが、余計に空恐ろしさを増しますね~きもち


いずれもある日を境に場所や時間に閉じ込められてしまった者達の物語です。

もしかしたら、自分のすぐ身近なところに異世界への扉があるのかもしれない…。
読んでいるうちにそんな不思議な感覚に陥ってしまいます。

前作「夜市」「雷の季節の終わりに」同様、ホラーというよりもファンタジー色の強い作品。
これからの作品にも期待大ですね!!


秋の牢獄秋の牢獄
恒川 光太郎

角川書店 2007-11
売り上げランキング : 214742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
茨木 月季  
Re:*秋の牢獄*読了しました♪(12/03)

こんばんは!

新作が出ていたのですね!まったく気が付きませんでした。情報ありがとうございます。「夜市」幻想的で、なんとなく大好きな波津彬子先生の漫画と似た匂いがして、好きでした。図書館で検索してみたら予約が22も入ってました。しばらくかかりそうです。

2007/12/03 (Mon) 20:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

こんばんは^^

恒川さんの本は今までのところ毎年同じ時期に出ているんですね。ついこの間気が付きました。

3作ともなんとなく秋の匂いがする作品ですよね!

既に22も予約入ってましたか?!それぐらいたくさん予約が入っているとやっぱり自分のところにくるまで何ヶ月もかかるものなのでしょうね^^;



波津彬子さん、ちょっと調べてみましたがとても幻想的な絵を描く方なんですね♪

2007/12/04 (Tue) 19:52 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:茨木 月季さんへ(12/03)

nanaco☆さん♪こんばんは^^

波津彬子さんの大ファンです。お姉さんの個花郁悠紀子さんはリアルタイムでファンでした。波津先生の作品を知ったのは、萩尾先生の作品を購入する際間違えて購入してからでした。今はその間違いに感謝してます。そして今はイラスト集ですら定価で発売日に定価で買ってしまうほどにファンです。楽天では購入してなくても個人の漫画は全部集めています。アンソロジーは一つ持っていないのですが…。

2007/12/04 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

それは嬉しい間違いでしたね♪

萩尾さん…どこかで聞いたことあると思ったら「半神」うちにありました^^

小学生のときに読んだ覚えがあります。

波津彬子さんもこういう感じの絵なんですね(*^o^*)

2007/12/05 (Wed) 23:16 | EDIT | REPLY |   
月夜  
TBありがとうございます♪

私も「神家没落」が好きです♪

迷い込んでしまって、困り果てているところはどきどきしましたし、

その後の事件についてはゾクゾクしました!

本当にあんな家があったとしたら…

閉じ込められたくはないですね^^;

最後の最後の展開が恒川さんの潔さみたいなのを感じました★



私もホラーというよりは、ファンタジーなイメージです^^

すごく好きな雰囲気です♪

2008/10/11 (Sat) 20:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

この「秋の牢獄」というタイトルも素敵だし、本の装丁も味わいがあって良いですよね(〃▽〃)



月夜さんも「神家没落」がお好きでしたか〜♪^^

なんだか本当にありそうなお話で、読んでいて鳥肌が立った覚えがあります。。。

恒川さんの作品って、どこか懐かしさを感じるのに、

それでいて発想がとても新鮮なんですよね♪

この方の世界観って独特で、本当に大好きです(*^_^*)



月夜さんのレビューをうかがって、またこの作品再読したくなりました!!

早く新作が読みたいですね〜♪10月だし、そろそろ出る頃かしら…?!

2008/10/11 (Sat) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply