06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.22 *Wed*

万城目学「鹿男あをによし」読みました!





【鹿男あをによし】万城目学 rating_46.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ-出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。



先月、奈良旅行に行く前に読んだ本です。奈良といえば鹿!
初・万城目作品〜balloon_91.gif (ずっとマンジョウメさんだと思ってました ・・・正しくはマキメさん。笑 )

何となく阿呆が取り柄の森見さん(褒めてます!)と、似た雰囲気だと思っていましたが…

読んでみたら、あらビックリ。青春爽やか系の小説だったんですね。
森見作品のようにねっとりと濃厚な描写はなく、さっぱりした小説でした〜balloon_71.gif

この作品、前に玉木宏さん主演でドラマ化されていましたねぇ。
今思えば、堀田イト役が多部未華子ちゃんとか、妙にハマっている気がします(笑)


heart_01.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ファンタジー  鹿がしゃべる!  蘊蓄が面白い


赴任先である奈良の女子校に馴染めず、悶々と毎日を過ごす28歳の先生。
失意の中、鹿に突然話しかけられる(しかもオッサンの声で)という設定が笑えます〜!

古代史を絡め、不可思議な騒動に巻き込まれていく展開は面白いし、
奈良という土地の持つ力も、我が物顔に歩いている鹿達も大好きなんですが…

うーーーん、物足りない。どこかこじんまりした印象が拭えないぜballoon_89.gif

登場人物が皆、真直ぐでとても好印象なのですが。
もしかしたら、個人的には少々「毒」がある方が好みなのかもしれません(笑)
とはいえ文章自体は読みやすいので、もう1冊くらい読んでみようかなぁ…と思いますballoon_75.gif


話は変わりますが。。。
ブログのアクセス数が 30万アクセスを突破しました〜〜!!
いつも遊びに来て下さる皆さんのおかげです。これからもヨロシクお願いしまっすballoon_28.gif


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
nanacoさん、こんばんは★

30万アクセスおめでとうございます。

万城目さん、よんだことないです。

爽やか系ですか?

「毒」たしかに普通な登場人物より型破りなほうが魅力的ですね。

by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/06/22(水) 20:09 [Edit
Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
nanaco☆さん、こんばんは!

この本は読んだことないのですが前にやってたドラマは観てました。

玉木宏、綾瀬はるか、多部未華子がいい感じで面白かったですね〜^^

万城目さん前にめざましテレビに出てて、最初は誰もが マンジョウメさんて言われると言ってたので大丈夫ですよ〜(笑)
by ロッキー #79D/WHSg
2011/06/22(水) 20:23 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



>30万アクセスおめでとうございます。



ありがとうございます!

ブログを始めて、もう少しで5年が経とうとしています。早いものですねぇ…(しみじみ)

これからも末長く仲良くして下さいね〜(*^v^*)



万城目さん、何となく森見さんと重ねていましたが、全然雰囲気が違いました!

無意識のうちに「阿呆さ」を期待していたのかもしれないです〜(笑)

思った以上に青春、青春していて、読みながらつい遠い目をしてしまいました。。。

とりあえずもう一冊、「鴨川ホルモー」あたりを読んでみようと思います☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/22(水) 22:00 [Edit
ロッキーさんへ
ロッキーさん、こんばんは〜♪



ロッキーさん、ドラマご覧になっていたんですね〜(≧∇≦)

私は最初のちょこっとしか観ていなかったんですが、なかなか良い雰囲気でしたね。

本を読みながら、多部未華子ちゃんとあまりにもイメージが重なるので笑っちゃいました!

私も、ドラマちゃんと最初から観てみたいなぁ〜☆



>最初は誰もが マンジョウメさんて言われると言ってたので



ハッ…やっぱりですか!

良かった、、、失礼な間違いをしていたのはワタシだけじゃなかったんですね(笑)

でもマンジョウメなんてまだ可愛いもんですッ!(開き直り)

私の友人はバンジョウモクさんって言ってましたから。つ、強そうだ…。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/22(水) 22:07 [Edit
Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
こんばんは!

30万アクセス突破、おめでとうございます☆

これからも、ブログUP、楽しみにしています(^▽^)
by 和音2009 #79D/WHSg
2011/06/22(水) 23:59 [Edit
◎祝30万◎
nanaco☆さん。おはようございます!



30万アクセス!! おめでとうございます!! …すげぇ〜(';') どうやっておられるのですか? 記事に工夫があるのでしょか(^−^) 素晴らしい! おめでとうございます。



万城目ワールドは未体験です。映画「プリンセス・トヨトミ」は観ようかなぁ、と迷っていました。原作、万城目さんですよね。本で読んでみようかな!(^^)!
by いりえ #79D/WHSg
2011/06/23(木) 08:14 [Edit
Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
30万アクセスおめでとうございます!

柊は300821人目でした(笑)



『鹿男あをによし』柊はドラマ⇒原作の順に読んだのだったかな…。結末を知っていたからかやはりちょっと物足りなく感じたのを覚えています。

万城目さんの作品は映像化されるものが多いですね。

森見さんは意外に?少ない。

何故だろー??とおもいます^^;
by 柊♪ #79D/WHSg
2011/06/23(木) 08:48 [Edit
Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
おはようございまーす♪



見た事あるタイトルだなー、と思ったら、ドラマ化されている作品なんですね。ドラマも見た事無いのですが、多分CMとかで見ていたのだと思います。特に「あをによし」というフレーズが印象に残っています。

私の中で「鹿」って、既に怖い存在でしかないです〜〜。奈良で鹿に追いかけられたので(^^;)

でも、古代史が絡んでいるっていうのは面白そう♪

私も読んでみようかな♪♪
by ☆ちこ #79D/WHSg
2011/06/23(木) 08:55 [Edit
和音2009さんへ
和音さん、おはようございます〜♪



>30万アクセス突破、おめでとうございます☆

>これからも、ブログUP、楽しみにしています(^▽^)



わ〜嬉しいです!ありがとうございます(*^v^*)

これからものんびりやっていきますので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします☆

もう少しでブログを始めてから5年になります。早いものですね〜^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/25(土) 05:28 [Edit
いりえさんへ
いりえさん、おはようございます〜♪



>30万アクセス!! おめでとうございます!!



ありがとうございます!嬉しいです〜(*^m^*)

最近はめっきり記事の更新頻度が少なくなってしまったんですが、

毎回遊びに来て下さるお友達の皆さんのおかげです。本当にありがたいです。。。



>映画「プリンセス・トヨトミ」は観ようかなぁ、と迷っていました。



私もこの映画、ちょっと気になっていました!綾瀬はるかさんが何気に好きなもので…

この映画といい、「鴨川ホルモー」「鹿男〜」といい、映像化が多い作家さんですね☆

きっとテンポの良い作品が多いんですねぇ(^^)

「プリンセス〜」の原作読まれたら、是非感想を教えて下さいね〜♪

いりえさんの感想で読もうかどうか決めようかなぁと思います(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/25(土) 05:43 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、おはようございます〜♪



>30万アクセスおめでとうございます!

>柊は300821人目でした(笑)



ありがとうございます〜(≧∇≦)

柊さんはじめ、いつも皆さんに遊びに来て頂いて本当に嬉しいです。

これからも細々と更新していきますので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします☆



柊さんは「鹿男〜」ドラマを最初にご覧になったんですねぇ^^

キャストが皆わりと好きな人だったから、私もきちんと観てれば良かったです〜…

でもどうも日本語を聞きとるのが苦手で。字幕が欲しいです( ̄〜 ̄*)

あっ、シカ語なら聞き取れたかもしれない!(笑)



森見作品は「夜は短し〜」とか映像化されたら面白そうですよね♪

あ、でもあの独特な文体を堪能できなくなっちゃいますかねぇ。。。

"黒髪の乙女"は、世の男子的には妄想の世界だけの方が良いのかもしれませんね(爆)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/25(土) 05:56 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、おはようございます〜♪



私も、当時ドラマ化されていた時はそれほど興味が湧かなかったんですが、

原作を読んでみると、キャスティグが妙に合っている気がして。気になってきました(笑)

森見登美彦さんと、何となく背景が似ている気がして同じ括りにしていたんですが、、、

うむむ……もしかしたら作風的には正反対かもしれません!^^;

ねとっとした陰湿さ(褒めてますよ〜笑)と、カラッとした爽やかさって感じでしょうか☆



>特に「あをによし」というフレーズが印象に残っています。



「あをによし」綺麗な言葉ですよねぇ(*^0^*)

この歳になって、ようやく日本語の美しさをちょっとばかり理解できるようになりました。

万葉集とか、機会があったらちゃんと勉強してみたいですね〜♪



>私の中で「鹿」って、既に怖い存在でしかないです〜〜。奈良で鹿に追いかけられたので(^^;)



むっふー(* ̄m ̄)

ヤツらは凶暴ですよね!そして妙な知恵があります…

いつも、シカせんべいを持っている観光客には突進していくのに、

せんべいを売ってるおばさんには近付かないのはどうしてだろう…?とちょっとした謎です。

シカとおばさんとの間で、何か取引があるのかもしれませんねぇ(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/25(土) 06:07 [Edit
Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



わぁ〜30万アクセス突破おめでとうございま〜す(^O^)/

これからも面白い本や映画をバンバン紹介してくださいね☆

これからも楽しみにしていますよん(*^^*)



そうそう、この作品ってドラマ化されてましたよね。

…って、チラッとしか観たこと無かったですけど…(^_^;)

そういえば、シカがしゃべってたような。。。

玉木さんといえば、今の髪型の玉木さん、超カッコイイですよね〜(#^.^#)

うちの姪っ子が玉木さんのファンで、映画の「のだめ〜」も観に行ってました。

まだ小学生なのに生意気な…(笑)



こぢんまりだけど、青春爽やか系の小説ですか〜。

う〜ん、読むか読まないか…迷うところですねぇ(><)
by miwa125 #79D/WHSg
2011/06/25(土) 17:28 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



>わぁ〜30万アクセス突破おめでとうございま〜す(^O^)/

>これからも面白い本や映画をバンバン紹介してくださいね☆

>これからも楽しみにしていますよん(*^^*)



わぁ、ありがとうございます〜☆

早いもので、もうブログを始めて5年が経ちます…ここまで続けられたのが奇跡!(笑)

これからものんびりと(?)更新していきますので、どうぞ末永くよろしくお願いします^^



>うちの姪っ子が玉木さんのファンで、映画の「のだめ〜」も観に行ってました。

>まだ小学生なのに生意気な…(笑)



おぉっ姪っ子ちゃんが玉木さんのファンとは!小学生で既に美青年好きなんですね(* ̄m ̄)フフ

でも確かに玉木さん、爽やかでカッコイイですね〜♪あの髪形も素敵ですわ。。。

私は松田翔太クンあたりも好きです。滲みでるような色気がたまらない〜〜(笑)



ハッ…!話がかなり変な方向へ行ってしまいました。

そうそう、鹿男の話でしたね。個人的には小さくまとまってる感はありました^^;

でも、古代史を絡めて巧くファンタジーにする展開はすごく面白いですし、

人の言葉を話す鹿も読んでいて笑えるので、miwaさんも機会があったら是非読んでみて下さい♪

同じ青春物でも、森見作品に比べるとかなり爽やかですよ〜(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/25(土) 19:49 [Edit
Re:万城目学「鹿男あをによし」読みました!(06/22)
こちらにもこんばんわー☆



お、出た、こじんまり作家(悪意はありません…)の万城目さん!

鹿男のドラマ見てましたよ〜玉木宏目当てで☆

ドラマのほうもスケール大きいのか小さいのかわからなかったです。まさにこじんまり☆

ちなみに玉木宏もさほどカッコよくなかったです。笑



30万アクセスおめでとうございます!!

nanacoちゃんのブログ、いつも楽しみにしてます♪

これからもよろしくお願いしますね♪

by まる811 #79D/WHSg
2011/06/26(日) 02:23 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こちらにもコメントありがとです〜(*^0^*)



いやぁ、本当にねぇ、、、申し訳ないんだけどこじんまり感がありますよね…(笑)

まるさんの感想をうかがって「プリンセス・トヨトミ」もこじんまりという話だったし、

じゃあ「鴨川ホルモー」はどうでしょうか!次はこっちに挑戦してみましょうか♪



>ドラマのほうもスケール大きいのか小さいのかわからなかったです。まさにこじんまり☆

>ちなみに玉木宏もさほどカッコよくなかったです。笑



なぬっ玉木さんもこじんまり!(とは言ってない。笑)

役柄によって随分印象が変わる俳優さんですよね〜^^悪役とかやって欲しいなぁ。

ちなみに「鴨川〜」の山田孝之さんが何気に好きです。「白夜行」で惚れました(笑)

来月始まる「勇者ヨシヒコと魔王の城」が気になります…これってドラクエ実写かな〜??



>30万アクセスおめでとうございます!!

>nanacoちゃんのブログ、いつも楽しみにしてます♪

>これからもよろしくお願いしますね♪



わ〜ありがとうございます(≧∇≦)

まるさんとは随分と長いお付き合いになりますねぇ…(しみじみ)

これからもずっと仲良くして下さいね〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/26(日) 06:26 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
22位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。