06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.11 *Sat*

5月☆読書メーターまとめ(3)


これで最後!

ユウキュウノカナタ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ユウキュウノカナタ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
表題作はどこか懐かしいかほりが。見惚れるほど美しくて、痛いほど切なくて、気が滅入りそうなくらいに仄暗い感じがもろ好みど真ん中でした!双子兄弟×幼馴染の設定は、自分の中ではかなりポイント高しです。あまりにも哀しいお話だけれど、カナタはこれで救われたのだと信じたい・・・。表題作と後半のお話とのギャップが凄いなー(笑)「人魚姫」をモチーフにしたお話も、甘さとほんのりとした切なさのバランスが最高♪
読了日:05月10日 著者:わたなべ あじあ


ザ・クレーター (手塚治虫文庫全集 BT 45)ザ・クレーター (手塚治虫文庫全集 BT 45)
久々の手塚治虫。うぉ〜怖い・・・そして面白い!!まるで悪夢を見ているかのようにおぞましい話もあれば、背後に何者かの気配を感じる時のような薄気味悪さを感じる話もあり。中でもインパクトが強かったのはマヤの生け贄に選ばれた少女の恐ろしい体験を描く「生けにえ」、もう一つの世界の自分に変われる不思議な館を描いた「八角形の館」、百年以上も月に取り残されながら生き永らえてしまった「クレーターの男」。他のどの短編も、恐怖と幻想に満ちていて面白かったです。あー・・・でも夢に出てきそう(笑)
読了日:05月08日 著者:手塚 治虫


鋼の錬金術師 (5) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (5) (ガンガンコミックス)
4巻の重たい雰囲気とは打って変わって、笑いが多い巻でホッと一安心!やっぱりウィンリィがいてくれるとその場が明るくなるなぁ。失う命もあれば、新しく誕生する命もある。幼い頃に人体練成に失敗してしまったエドとアルは、今回の生命の神秘を目の当たりにしてどんな気持ちだったんだろう。そしてエルリック兄弟の幼少編突入!二人の父親の話が今後の伏線になりそうな予感。
読了日:05月08日 著者:荒川 弘


剣嵐の大地 3 (氷と炎の歌 3)剣嵐の大地 3 (氷と炎の歌 3)
中盤までは遅々として進まなかったのですが、ラスト近くは驚きの連続!ここで終わらせるって・・・マーティンさん、鬼ですか?(笑)サンサへの仕打ちがあまりにも可哀想で、悔しくて。我儘なロバート君にいい加減イライラしていた所だったので、「サンサ、よくやった!」と思わず喝采したくなりました。でも予想外の恐ろしい展開に、全く先が読めなくなってしまった。ジョンは「私生児」から第一歩を踏み出し(この道が間違っていない事を信じたい・・・)、ティリオンは八方塞がりの状況。皆の行く末が気になって仕方ない。
読了日:05月05日 著者:ジョージ R.R.マーティン


The Art of George R. R. Martin's a Song of Ice & FireThe Art of George R. R. Martin's a Song of Ice & Fire
「氷と炎の歌」シリーズの画集!どの絵も素晴らしいのだけれど、やっぱりスターク家の所が好きだわ。深く降り積もった雪、凍てつくような空気感がよく伝わってくる絵ばかり。ネッドが剣を磨いている姿があまりにも格好良く、また「七王国の玉座」を読み返したくなりました!ターガリエン家のドラゴンの絵も凄い迫力。あれ、そういえばアメリカでのドラマはそろそろ始まった頃なのかな? 早く日本に来い〜!!予告編を観ると、キャストのイメージがピッタリなので期待大です。
読了日:05月04日 著者:


ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)
「童話物語」の向山さんの新刊!という事で、いてもたってもいられず迷わず購入&読破。はー・・・もう面白すぎです。この「ほたるの群れ」というタイトルの持つ温かみと、ファンタジーらしからぬ凄惨な描写のギャップ。最初こそ「童話物語」のような柔らかな作風ではないのに戸惑いましたが、何とも不可解な冒頭部分から一気に引き込まれる。極秘暗殺組織「会」や「駒」等まだまだ謎ばかりで、不穏なオープニングといった所でしょうか。主人公の永児は何か力を秘めていそう。理不尽に命を狙われる少女・喜多見とのこれからの関係も楽しみです。
読了日:05月04日 著者:向山 貴彦


鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (4) (ガンガンコミックス)
え、ヒューズ?こんな所で!2巻のニーナとアレキサンダーのお話もそうだったけど、結構この漫画過酷な展開なんですねー・・・。でも失うものもあれば、逆に得られるものも沢山あって。この漫画自体が「等価交換」の法則の上に成り立っているようですね。アルが自分の存在意義を見失ってしまうくだり、哀しいなぁ。兄と弟という誰よりも近い存在でも、いや近いからこそ言葉に出さなくちゃ伝わらない。ウィンリィが潤滑油の役割を果たしているようで、ますます3人が好きになりました!
読了日:05月04日 著者:荒川 弘


新選組刃義抄 アサギ(5) (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ(5) (ヤングガンガンコミックス)
総司、平助、一、近藤、ときたら今回の表紙は絶対土方さんだと思ってました(笑)相変わらずサラッと描かれた表紙からは想像もできないような細かく丁寧な描き込みに惚れぼれ。総司の髪型が変わってから、随分と目つきが変わりました。そして浅葱色の羽織。どんな決意や夢を胸に抱いていたんだろう。丁寧な心理描写なので、物語の展開は緩やかなのだけれど、今はそれが心地良いです。今後否応なく戦乱に巻き込まれていく事を考えると、この先を読むのが怖くて仕方がない・・・。
読了日:05月04日 著者:山村 竜也


ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)
えっと・・・何でアマ○ンの評価はこんなに低いの?(汗)私は普通に楽しめたのでちょっとビックリ^^;(でも読書メーターの皆さんの評価は概ねいつも通りのようなのでホッと一安心)さて、感想です。鼻血出しまくりのサンジ、一体どこまでいくんだ〜〜!カマバッカはどんな国だったのか・・・そろそろチョッパー達のリハビリの成果が表れて欲しいものです(笑)魚人島の描き込みは、いつも以上に凄まじいですねぇ。尾田センセの意気込みが伝わってくるわ!女性陣の色気はハンパないし、次はまた背中合わせで戦うゾロとサンジの姿が見たいな♪
読了日:05月04日 著者:尾田 栄一郎

読書メーター



illust1923_thumb.gif

前月に引き続き、漫画はハガレンフィーバー(笑)

小説で特に面白かったのは、ダントツで皆川博子さんの「聖餐城」ですねぇ。
中世ヨーロッパ好きにはたまらない!凄いボリュームですが読み終わるのが惜しかった…

あとは向山貴彦さんの「ほたるの群れ」も面白かった〜!
続きを読むのが待ち遠しいです。。。


関連記事

COMMENT

感謝
Good evening.



大雨もやっと小康状態の諫早です。

崖崩れなどが数カ所発生しています。

明日も梅雨前線が停滞で危険の様です。



(神風の詩)



玄関の前や車の屋根の埃は



雨で流されども



我が身の埃は流されず



溜息ついて天を仰ぐ



Have a happy weekend.

Thank you so much.



★ Blog Ranking の応援をよろしくね。(おじぎ)





by 神風スズキ #79D/WHSg
2011/06/11(土) 18:09 [Edit
Re:5月☆読書メーターまとめ(3)(06/11)
おぉ!!!「ザ・クレーター」読んだんですね!^^

「生けにえ」、とっても短い話なのに強烈ですよね。

思い出しても、なんとも言えない恐怖があります。

そうそう、「八角形の館」も強烈ですね〜。

自分だったら、と思わず勝手に想像して、ますます怖くなってました〜(笑)



実は私ことですが、先日から腰痛がひどくて検査をしたら、やはり椎間板ヘルニアでした〜><

「薬かブロック注射か、、、手術か、どれにする?」って簡単そうに言う変な先生で。

とりあえず薬を選んだのですが、気休めですねぇ。

腰といっても下の方なのでお尻が痛いです(爆)

だから、ついお尻に手がいってしまう、、、なんか恥ずかしいです。^^;
by picchuko #79D/WHSg
2011/06/11(土) 19:33 [Edit
Re:5月☆読書メーターまとめ(3)(06/11)
こんにちわー(^-^*)/

今月も沢山読んでますねー☆凄いなー☆☆

私が気になるのは「三国志」と「ミヤマ物語」かな?

でも取り合えず、今読んでいるシリーズを片付けたい私です。(封殺鬼とか夢幻戦記とか・・・)

読むの早くなりたーい!
by ☆ちこ #79D/WHSg
2011/06/12(日) 10:53 [Edit
Re:5月☆読書メーターまとめ(3)(06/11)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



『ほたるの群れ』、やっぱり面白そうですね〜(^^♪

本屋さんであらすじ読んでもピンとこなかったんですけど、

謎が多そうなところが面白そうかも♪

本屋さんでチェックした時、

タイトルからは想像できない内容と、

十代の殺し屋っていう突飛な設定がビックリでした(@_@)



あさのあつこさんの『ミヤネ物語』は

続編と一緒にチェックしましたよ〜^^

どちらもすごく面白そうで、早速読みたい本リストに加えました♪

次の単行本ターゲット本一番候補です!!(*^^)v

by miwa125 #79D/WHSg
2011/06/12(日) 14:54 [Edit
間違えました^^;
ミヤネじゃなくて『ミヤマ物語』でしたね(^^ゞ

by miwa125 #79D/WHSg
2011/06/12(日) 14:59 [Edit
Re:5月☆読書メーターまとめ(3)(06/11)
氷の炎の歌、毎回驚かされますね。3部は特に驚きました!

4部も読みたいですね。

ほたるの群れ・・続きがきになる〜
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/06/12(日) 19:34 [Edit
Re:5月☆読書メーターまとめ(3)(06/11)
5月はハガレン三昧でしたね。ほんとあれ先が気になってしょうがない展開多すぎです。

ヒューズさんの死は本当につらいですね。ホムンクルスめ!って思っちゃいます。

でもギャグっぽい面白いところもあるので、暗くならないところがありますね。
by Cedie #79D/WHSg
2011/06/12(日) 20:27 [Edit
神風スズキさんへ
神風スズキさん、おはようございます〜♪



いつもご訪問ありがとうございます(*^v^*)

後でまた応援ポチに伺います!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/16(木) 10:51 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こちらにもコメント嬉しいです〜♪



ふふふ…ついに、ついに「ザ・クレーター」読みましたよ〜( ̄▽ ̄)

picchukoさんに紹介して頂いた「生けにえ」が出てくるのにウズウズしていましたが、

それ以外のお話も奇妙で、不気味で、すっかり手塚ワールドに引き込まれました☆

いや〜でもやっぱり「生けにえ」が一番衝撃的だったなぁ。。。

ホント延々と悪夢が続いていくような世界観ですよね。

picchukoさん、面白い漫画の紹介ありがとうございました(*^0^*)



それにしても椎間板ヘルニアですか!?だ、大丈夫ですか〜(@_@)

手術だって、ブロック注射だって痛いですよね。。。

小学生の時、同級生に椎間板ヘルニアを持つ男の子がいたのですが、すごく辛そうでした…

かなりの頻度で整骨院通いしていましたもの。



picchukoさん、無理はなさらないようにして下さいね(><)

くれぐれも長時間の運転はダメですよ〜〜!早く良くなる事を祈っています。。。


by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/16(木) 11:02 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、おはようございます〜♪

お返事が遅れちゃってごめんなさい〜(><)



「ミヤマ物語」面白いですよ☆

ですが、続きがなかなか出ないのが辛いです。。。かなり気長に待たなきゃいけません^^;

先日、3年ぶりに続編が出たんです…。3年ですよ!

生前の栗本さんなら20冊近く出しているんじゃないでしょうか…(苦笑)

だいたいあさのさん、シリーズ物抱え過ぎなんです!(`Д´)プンプン

……それでもやっぱり読んでしまう自分が悔しいですぜ(笑)



>でも取り合えず、今読んでいるシリーズを片付けたい私です。(封殺鬼とか夢幻戦記とか・・・)



分かります〜シリーズ物無事読破すると、気分的にもスッキリしますよねぇ(*^v^*)

とりあえず私の目下の目標は三国志全8巻読破です。

少しシリーズ物が落ち着いたら、夢幻戦記も読んでみたいです〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/16(木) 11:10 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます〜♪

お返事が遅れちゃってごめんなさ〜いm(*- -*)m



>『ほたるの群れ』、やっぱり面白そうですね〜(^^♪



「ほたるの群れ」は、もうとにかくオススメです!

「童話物語」のファンタジー風の雰囲気とは大分違うんですが、すごく引き込まれます。

最初こそ結構ブラックな展開にビビりましたが、やっぱり向山さん、読ませてくれますよ☆

このシリーズは何冊まで続くんでしょう??miwaさんも一緒に読んでいきましょうよ〜^^

薄い本なのでサラッと読めますが、続きが無性に気になる本でもあります(笑)



「ミヤマ物語」も、これまたmiwaさんも絶対気に入るような本だと思いますっ(≧∇≦)

現代と異世界が、深い山を通して繋がっているという設定が面白いし、

それぞれの世界に住む少年が思いがけず出会ってしまうというのもすごくツボです♪

是非miwaさんの感想をお聞きしたいです〜(*^▽^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/16(木) 11:21 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもコメントありがとで〜す♪



氷と炎の歌、こんな所で終わらせるなんてマーティンさん「鬼!」と思いました(笑)

このシリーズは毎回驚きの展開ですねぇ…あっと言わせるのが好きなんでしょうか…!

だんだんとバラバラになってきたスターク家、一体どうなるんでしょう〜(*_*)

私も早いとこ4部をGETして来ようと思います☆



>ほたるの群れ・・続きがきになる〜



私も待ち遠しいです〜(><)

こんなにも続きが気になるシリーズは久々かもしれません♪

2巻はいつ発売されるんでしょうね??楽しみです!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/16(木) 11:26 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、おはようございます〜♪

お返事が遅れちゃってごめんなさ〜い(><)



ハガレン、本当に面白いですねぇ!

既に最終巻まで積んでありますが、読むのが勿体ないぐらいです。

ヘタしたら、最近ワンピより好きかもしれません(笑)(゚m゚*)コソッ…



>でもギャグっぽい面白いところもあるので、暗くならないところがありますね。



そうですね〜題材自体は結構ブラックですもんね。

あのギャグがあるから、きっとシリアスな展開とのバランスが取れてるんでしょうか…^^

このシリーズ、女性陣がカッコイイですね。アームストロング少将が大好きです(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/16(木) 11:42 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
941位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
25位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。