06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.01 *Wed*

5月☆観賞メーターまとめ


続けて、5月に観た映画も観賞メーターでまとめておきます。。。
最近UPするのを忘れそうになるもんで(笑)

5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:577分



キス&キル [DVD]キス&キル [DVD]
アシュトン・カッチャーの相変わらずのイケメンっぷり&肉体美を堪能できただけで満足(笑)この人はやっぱりラブコメが一番似合ってる。キャサリン・ハイグルは「ロズウェル 星の恋人たち」の頃から観ているけれど、あれから10年近く経ったのかぁ。そりゃここまで成長するはずだわ。(色んな意味で)CIAのスパイである事を隠している男と、ごく平凡な家庭に生まれ育った女。結婚3年目で男がターゲットにされ命を狙われる・・・という、特に目新しくはない内容。魅力的な役者のおかげで最後までそこそこ楽しめました。
鑑賞日:05月27日 監督:ロバート・ルケティック


闇の列車、光の旅 [DVD]闇の列車、光の旅 [DVD]
傑作です!とても重く哀しいロードムービーだけれど、観終わった後には一抹の清々しさが感じられます。ホンジュラスからアメリカへの国境越えを目指す不法移民の少女・サイラと、ギャング団の少年・カスペル。カスペルは、サイラを助けるために衝動的に自分のボスを殺してしまう。ギャング団にとって裏切り=死。あまりにも不釣り合いな二人が、絶望と希望がない交ぜになった状況下で徐々に信頼を育んでいく様子が哀しくも美しい。不法移民・貧困・犯罪。描かれているものはあまりにもリアルで、だからこそ希望の見える安易なラストでは終わらない。
鑑賞日:05月22日 監督:キャリー・ジョージ・フクナガ


インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]
世間で酷評されている程は悪くなかったですよ〜。ただそれはミステリーとしてではなく、サスペンスとして観た場合に限り。原作とは大きく違いがあります。人物設定から、暗鬼館のルール、さらにルールが変わってるもんだから死亡者まで変わっちゃってます。原作では○○が最終的に監獄に入り岩井と推理に興じる所や、ラストの招待状等が個人的に好きな部分だったので、それが全て省かれてしまったのが残念。推理物として観ると肩すかしなので、あくまでもサスペンスホラーとして観るのが良いかと。
鑑賞日:05月22日 監督:中田秀夫


幸せのちから [DVD]幸せのちから [DVD]
ホームレスにまで転落した男が、男手ひとつで息子を育て、やがて成功を勝ち取るというサクセスストーリー。実話に基づいたお話とのことで驚きでした!職がない、寝る場所がない、食べる物がない。決して日本でも珍しくない現状。映画を観始めて2時間後には主人公は成功を手にしている訳ですから、どうにもトントン拍子に物事が進んだ錯覚に陥るのですが(笑)実際ご本人は想像もできないような苦労を重ねられたんだろうなぁ。とても前向きになれる映画です。・・・が、観る人によっては非常に辛い映画かもしれません。
鑑賞日:05月13日 監督:ガブリエレ・ムッチーノ


ロビン・フッド ディレクターズ・カット版(2枚組) [Blu-ray]ロビン・フッド ディレクターズ・カット版(2枚組) [Blu-ray]
あの「グラディエーター」のリドリー・スコットとラッセル・クロウ!これはどーしたって期待しちゃいますよ。156分と見て最初は「長っ!」と思ったけれど、ラッセル・クロウの魅力なのか、はたまたロビン・フッドという題材のおかげなのか終始楽しく観賞する事ができました。ラッセルは本当に良い役者さん。決して世に言う「美形」タイプではないんですが、人を惹きつけずにはいられない不思議な魅力があって大好きです。個人的にオススメしたい見所は、戦闘シーン(もちろん弓!)とジョン王の無能っぷり(笑)
鑑賞日:05月08日 監督:リドリー・スコット

鑑賞メーター


illust3764_thumb.gif

素晴らしかったのは、なんといっても「闇の列車、光の旅」
一言では言い表せません。今でも思いだしただけで胸がいっぱい……。

中南米のあまりにもリアルな現実を目の当たりにして、言葉も出ませんでした。
まだ年端もいかない少年が、平然と人を殺していく様子に胸が痛みますballoon_89.gif

でもそれじゃないと生きてゆけない。
貧困や飢餓。自分達ではどうにもできない事を、一体どうしろというんだろう。
主演の二人の表情…どこか諦観が感じられるのがとても痛ましかったです。





関連記事

COMMENT

Re:5月☆観賞メーターまとめ(06/01)
「闇の列車、光の旅」未見です。機会があればぜひ観てみたいです。



実はずっと利用していたレンタルショップが店をたたんでしまったので、DVDを借りに行くのがちょっと困難^^;



見逃してしまった映画をDVDで…というのも難しくなってしまってちょっと悲しいです☆
by 柊♪ #79D/WHSg
2011/06/04(土) 20:34 [Edit
Re:5月☆観賞メーターまとめ(06/01)
nanaco☆さん、おはようございます!

「闇の列車、光の旅」、色んなメッセージが込められていそうな映画ですね。

でも私、中南米の現実に目をそむけずに見られるかな〜。

見たいな〜と思うけど、ドキドキしすぎて目をそらしてしまいそうです。

でも、そういうものだからこそ、ちゃんと知らなくちゃですね。

良い作品のご紹介、どうもありがとう!!
by picchuko #79D/WHSg
2011/06/05(日) 07:46 [Edit
Re:5月☆観賞メーターまとめ(06/01)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



「闇の列車、光の旅」は、不法移民の少女とギャング団の少年が

徐々に信頼を育んで行くところが興味をひかれるかな^^

ギャング団のボスを殺すということは…

もしや手下に追いかけられるのかしらん??

…う〜ん、なんかすごくドキドキしそう!!

リアルな貧困・犯罪には、思わず顔をそむけちゃいそうですねっ(><)



「インシテミル」は、原作とはかなり違うみたいですね〜。

それはそれで気になるかも(^^ゞ
by miwa125 #79D/WHSg
2011/06/05(日) 17:00 [Edit
Re:5月☆観賞メーターまとめ(06/01)
nanacoさん、こんばんは!

闇の列車、光の旅 なんか良さそうですね。

ちょっと見てみたい気もします・・
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/06/05(日) 18:36 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



>「闇の列車、光の旅」未見です。機会があればぜひ観てみたいです。



感動する、というよりも心にずっとモヤモヤしたものが残る映画かもしれません(笑)

結局犯罪や貧困、根本的な事は何一つ解決されていないわけですから…。

中南米であちこちに見られるある日常の一部分を切り取ったような作品でしょうか。

悲しいロードムービーですが、本当に観て良かったなぁと思える作品です(*^-^)

柊さんも機会がありましたら、是非ご覧になってみて下さいね〜☆



>実はずっと利用していたレンタルショップが店をたたんでしまったので



あらら…それは残念ですね(泣)

実はうちの近くのレンタルショップも次々と姿を消してしまって^^;

今では歩いて気軽に借りに行けなくなってしまいました。専らネットのお世話になってます♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/06(月) 22:23 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



>「闇の列車、光の旅」、色んなメッセージが込められていそうな映画ですね。

>でも私、中南米の現実に目をそむけずに見られるかな〜。



そうですよね…picchukoさんは実際にその地に行かれて、ご覧になったんですものね(><)

思い入れがある場所ほど、こういう映画を観るのは辛いのかもしれませんねぇ。。。

でも、そんなpicchukoさんだからこそ違う感想を持たれたりするのかな?という気もします。



お世辞にも「心温まる映画」とは言えないのですが、

一度観たらずっと記憶に残り続けるタイプの作品だと思います〜(*^v^*)

あまりにもリアルだし、重たい映画だけれど、ラストはどこか清々しさも感じられます!

picchukoさんはどんな感想を持たれるのかな〜〜是非お伺いしたいです☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/06(月) 22:29 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



>「闇の列車、光の旅」は、不法移民の少女とギャング団の少年が

>徐々に信頼を育んで行くところが興味をひかれるかな^^



本来出会うはずのない二人だからこそ、心惹かれますよねぇ(*^m^*)

「恋愛」感情というよりも「信頼」という言葉が似合うような気がします。

境遇の違う二人の安易な恋愛物に走らない所が、すごく好感が持てました〜♪

miwaさんの仰る通り、手下に追いかけられるんですよ……

ギャング団って怖い!地獄の果てまで追いかけてくるんじゃなかろうか。。。(笑)

主演の二人がまた良い表情しています。「演じている」感が全然ありませんでした(^^ゞ



>「インシテミル」は、原作とはかなり違うみたいですね〜。



人物設定自体が原作とは違うから、殺される人間も変わってくるんですよね(@_@)

こうなると、原作と映画は全く別物と考えた方が良いかもしれません。

私的にはそこまで酷いとは思いませんでしたよ〜(確かに物足りないですが。笑)

でも原作に忠実に映像化するっていうのは、難しいものなんでしょうかね〜^^;

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/06(月) 22:37 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



>闇の列車、光の旅 なんか良さそうですね。

>ちょっと見てみたい気もします・・



これは本当に良い映画ですよ!派手な映画ではないですが、じんわりときます。

悲しいしやりきれないのですが、不思議と観た後に清々しい気持ちになります(*^^*)

日向さんも機会があったら、是非一度ご覧になってみて下さいね☆



「良い」映画というのが最近何を指しているのか分からなくなってきました(笑)

面白くてスッキリするものよりも、理不尽だけど確実に何かが残る作品なのかなぁ、と。

本も同じで、何か余韻の残る本の方が、後になって「良い作品だった」と思いますよね!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/06(月) 22:44 [Edit
Re:5月☆観賞メーターまとめ(06/01)
こんにちはー☆



「闇の列車、光の旅」が気になります。

“面白そう”って言うのも違う気もしますが、見始めたら入り込んでしまいそうです。

「壬生義士伝」は映画も良かったですか〜。ひどい南部訛りが聞いてみたい気もします。笑



nanacoちゃんなんとなく最近忙しそうですねぇ…

読書もDVDも沢山みてたりブログがupされるも楽しみですが、

たまにはぼんやり(妄想にふけりつつ)休んで下さいね。

by まる811 #79D/WHSg
2011/06/07(火) 16:01 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



「闇の列車、光の旅」は、すごく良い映画でした!

光の旅っていうタイトルのわりには、かなり重たい映画ですが…(笑)

こういう作品は、夜一人で観賞したいですねぇ。しんみりと世界に浸りたいです(*^^*)



>「壬生義士伝」は映画も良かったですか〜。ひどい南部訛りが聞いてみたい気もします。笑



南部訛り、全然聞き取れないんですよ〜!^^;

唯一聞き取れたのは「おもさげながんす」。申し訳のないことでございますの意味らしい…

ただでさえヒアリングが苦手なんだから、字幕を出して欲しいと切に願います!



最近、何気にバタバタしていて忙しいです〜(><)

そのうえ花粉症が酷くて(北海道はシラカバです)、ティッシュが手放せません…

読書も思うように進まないんですが、まるさんの言うように妄想タイムは大事ですよね!

妄想なくしては日々の生活は成り立たんです(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/06/07(火) 20:38 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
31位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。