08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.02 *Sat*

6月☆読書メーターまとめ(3)


これで最後!

乙嫁語り(3) (ビームコミックス)乙嫁語り(3) (ビームコミックス)
今回は、スミス(眼鏡を取ってあらびっくり!)×タラスさん編。アミル達のように幸せになぁれ!と思っていたけれど、予想もしていなかった切ない展開。これが文化、結婚観の違いか・・・。二人の人生がもう一度重なる事はあるのでしょうか??タラスさんが頭の覆いを取って無防備に髪を風なびかせるシーンが、あまりに色気がありすぎてドキッとしました。スミスは無事にアンカラに着くのか(そしてタラスさんは?)、そしてパリヤさんの旦那さん候補との関係は?続きが楽しみです♪
読了日:06月16日 著者:森 薫


沖田総司 (新人物文庫 お 2-1)沖田総司 (新人物文庫 お 2-1)
あぁ、、、なんて素敵な本なんだ!司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」とともに永久保存版入り決定。「燃えよ剣」はひたすら泥臭く、がむしゃらに生きる新選組の姿が描かれていたけれど、この作品からは儚い美しさ、繊細さが感じられる。25歳という若さで短い人生を終えた沖田総司。天才剣士として名を馳せる一方で、子供達と無邪気に遊び、小さな恋をそっと胸にしまう。素晴らしく魅力的な青年として描かれています。病床に伏す沖田さんのもとに別れを告げに来る土方さん。滂沱の涙でした。二人の絆は哀しいほど深いです・・・。
読了日:06月14日 著者:大内 美予子


艶漢(アデカン) (4) (ウィングス・コミックス)艶漢(アデカン) (4) (ウィングス・コミックス)
何だかいつも以上にギリギリ感が漂う4巻目!詩郎君と巡査殿の距離はますます縮まる一方だわ〜巡査殿はほぼ無自覚のようですが、そこがまたドキドキです。とても鉛筆描きとは思えないおまけ漫画にも思わず顔が緩みます〜!「二人の紅火」は、女性ならではの嫉妬心だとか独占欲が描かれていてなかなかエグイ。尚月地さんは、艶っぽい漢を描くのが巧いけれど、狂人めいた女性を描くのも抜群に巧いです(笑)
読了日:06月12日 著者:尚 月地


THEスープカレー ショップ情報編THEスープカレー ショップ情報編
趣味は週末のスープカレー巡り!というぐらいスープカレーが大好物です♪札幌・北海道各地・道外 計266店舗のスープカレー屋さんが写真付きで紹介されています。8割方札幌市内のお店かな??素材にこだわり、スパイスにこだわり、店内の雰囲気にこだわり。同じスープカレー店でもそれぞれのこだわりは多種多様。眺めているだけでも楽しく、空腹時には目の毒です・・・(笑)いずれ全店舗制覇を狙います。スープカレーを食べたら、もうルーカレーは食べられませ〜ん^^
読了日:06月11日 著者:


ヒュペルボレオス極北神怪譚 (創元推理文庫)ヒュペルボレオス極北神怪譚 (創元推理文庫)
あ〜ホントこんなお話が読めて幸せです。「ゾティーク幻妖怪異譚」同様、美しく煌びやかな仮面の下にあるのは、醜くおぞましい腐肉。一度迷い込んでしまったら魂の底まで喰らい尽くされそうな、禍々しくも幻想的な世界観に酔いしれました。魔物や妖術師が跋扈する超古代大陸ヒュペルボレオス、アトランティス最後の島ポセイドニス、そして幻夢郷を舞台に綴られる幻想怪奇譚。「七つの呪い」「スファノモエーへの旅」「マルネアンでの一夜」あたりが特に好みです。第三作品集の「アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚」が待ち遠しい!!
読了日:06月09日 著者:クラーク・アシュトン・スミス


草原の風雲児―グイン・サーガ(11) (ハヤカワ文庫JA)草原の風雲児―グイン・サーガ(11) (ハヤカワ文庫JA)
再読。黄昏時、地平線に浮かび上がる蜃気楼・・・必ず王になってリンダを迎えに来ると約束するイシュト。グイン・サーガの中で最も好きなシーンです!イシュトはお調子者だし必ずしも有言実行タイプではないけれど、この時絶対にリンダを王妃にすると心に固く決意していたんだろうなぁ。スカールは今になってやっと格好良さが理解できるようになりました。(と言っても、この頃はまだ若いはずですが)「飯だ」「ウマだ」・・・と、ナリス様編の後ではこの単純さが愛おしい(笑)
読了日:06月05日 著者:栗本 薫


鋼の錬金術師 16 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 16 (ガンガンコミックス)
アームストロング少佐のお姉様登場。この漫画はやっぱり強くて格好良い女性が多いですね!どんどん新キャラが登場しますが、一人一人人物描写が丁寧なので「あれ、誰だっけ?」という事がなくスッと頭に入ってくる。マスタング大佐組は離れ離れになっちゃうのね・・・一手先を読む大佐の事だから、次はどんな展開に持っていくのか不安でもあり、楽しみでもあり。
読了日:06月05日 著者:荒川 弘


死の婚礼―グイン・サーガ(10) (ハヤカワ文庫JA)死の婚礼―グイン・サーガ(10) (ハヤカワ文庫JA)
再読。アルド・ナリスとアムネリスの婚礼。(最初「死の婚礼」ってタイトルを見た時、ドキッとした覚えが!)聖王の道にナリス様の馬車が差しかかった時、不気味なほど静まり返った民衆が一気に爆発する所は何度読んでも鳥肌が立つ〜〜!!やっぱり何だかんだで腹黒ナリス様も好きなんだなぁ、きっと。ところで、この頃からヴァレリウスはひょうきんだったんですね。アストリアスに向って「大きな声を出すな、あんぽんたん」には吹き出しました(笑)
読了日:06月01日 著者:栗本 薫


鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0692))鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0692))
そういえばホークアイ中尉とマスタング大佐の過去って知らないなぁ・・・と思いつつページを開いたら、偶然にも過去編!イシュヴァール殲滅戦はあまりにも重苦しく哀しい。人々の幸福を実現する代価として、いくつもの屍を乗り越え、血の河を渡る覚悟を決めた二人にはどんな未来が待っているんだろう。たとえ同じ出来事でも、視点を変えると全く違って見えてくる。スカーが哀れに思えてきました。
読了日:06月01日 著者:荒川 弘

読書メーター



illust3593_thumb.gif

6月に読んだのは、小説も漫画もどれも面白い作品ばかりでした!
うーん、時々こういう事があるのよね。つまらない本が1冊もない月……(笑)

大内美予子さんの「沖田総司」、多崎礼さんの「夢の上」は永久保存版かな。
特に「夢の上」は、守り人シリーズや勾玉三部作に並ぶくらいお気に入りの作品です。

そして引き続きハガレンフィーバーーーーballoon_34.gif
もうクライマックス。怒涛の勢いで読んできましたが、そろそろ終盤です。。。


関連記事

COMMENT

感謝
Good evening.



今年は蛙の合唱も少なく

蝉の鳴き声も聞こえず

庶民の苦悩するうめき声のみ響きわたります。



斑鳩の里にこだまする鐘の音のような

心落ち着く日常を祈願する日々なり。



Have a good weekend.

Thank you.
by 神風スズキ #79D/WHSg
2011/07/02(土) 23:21 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(3)(07/02)
こんばんは!nanaco☆さん。



「沖田総司」を探し歩き県内有数のでっかい本屋さんでやっと見つけましたので早速読んでいます。沖田総司と土方歳三のやりとりがいいですよね〜^^。隊士が思った以上に沢山出てきますので面白いです〜(^-^)/
by ロッキー #79D/WHSg
2011/07/02(土) 23:47 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(3)(07/02)
こんにちはー☆



nanacoさんオススメの「沖田総司」と「夢の上」が猛烈に気になります〜。

守り人シリーズに匹敵ですと…?!もう読む気満々です。

…ということで、上の行まで書いてから今楽天ブックスでポチしてきました☆



ついにスープカレー本まで買いましたか〜!さっすが〜♪

わたしは普通のカレーも好きなんですが、夏はちょっとあのドロドロを食べる気が起きないので、

スープカレーとかグリーンカレーな気分です。

ということでグリーンカレーの素も買いに今から楽天ウロウロしてきまーす。

by まる811 #79D/WHSg
2011/07/03(日) 11:07 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(3)(07/02)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



『ヒュぺルボレオス〜』は、幻想的な世界をたっぷり楽しめそうですね〜♪

やっぱりGETしといて正解だったかしらん(*^^)v

それにしても23編とは…『とうに夜半を過ぎて』より多いのことにビックリです(@_@)

by miwa125 #79D/WHSg
2011/07/03(日) 18:01 [Edit
神風スズキさんへ
神風スズキさん、こんばんは〜♪



いつもご訪問ありがとうございます^^

私もこれから、お勉強&応援に寄らせていただきますね(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/03(日) 19:41 [Edit
ロッキーさんへ
ロッキーさん、こんばんは〜♪



おぉぉっ…!!ロッキーさんのコメントを拝見して、かなりテンションが上がりました(笑)

無事にGETできたようで何よりです。感想を伺うのが待ち遠しいです〜(≧∇≦)



>沖田総司と土方歳三のやりとりがいいですよね〜^^。



沖田さんと土方さんの会話、思わずニヤリとしてしまうシーンが沢山ありますよね!

新選組本は何冊か読んできましたが、二人のイメージが一番ピッタリなのがこの本でした。

他の隊士達も生き生きと描かれていて、ますます新選組が大好きになりました〜(*^^*)

司馬さんの「燃えよ剣」の泥臭さとはまた違った魅力がありますよねぇ☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/03(日) 19:49 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



きゃー!(><)早速ポチしてきましたか!!

「夢の上」、もうこれは素敵すぎる本でした〜…今でも思い出すだけで胸がキュンとします。

切なくて美しい物語なんですが、良い意味でラノベっぽさを残している所が良いです☆

またイラストが美麗で…。美青年沢山でなかなか選べません〜(何をだ?笑)

まるさんはアーディンかツェドカ王子が好きそうな気がしますが、どうでしょう!(* ̄m ̄)



>ついにスープカレー本まで買いましたか〜!さっすが〜♪



ふっふー、、、スープカレー好きにはたまらない本ですぜ☆

今日もこの本を参考に、新しいスープカレー屋さんに行ってきました(*^v^*)

グリーンカレーも良いですよね〜噂によると、無印のグリーンカレーが美味しいらしいです。

あぁ、久々にタイ料理を食べに行きたくなりました…!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/03(日) 20:07 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



「ヒュペルボレオス〜」はちょっとクセになる世界観ですね…(* ̄m ̄)

一旦この世界にのめり込んでしまうと、なかなか出てこれなくなるようなお話です。

とても幻想的で、それでいてどこか邪悪な感じもして(笑)この雰囲気大好きです〜☆



>それにしても23編とは…『とうに夜半を過ぎて』より多いのことにビックリです(@_@)



そう言われてみれば凄い数ですよね〜〜^^;

同じ世界観ながら、似たようなお話がないのがスゴイと思います!

miwaさんがどんな感想を持たれるのか、今からうかがうのが待ち遠しいです。。。

私は「とうに夜半を過ぎて」の方を、そう遠くないうちに読んでみようと思います〜( ^ ^ )/

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/03(日) 20:19 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(3)(07/02)
クラーク・アシュトン・スミス、読み終わりました!

前作のゾティークには、負けるけど相変わらず素晴らしかったです。魔術師とかでてくるのが好きです^^

次の短編集も楽しみですね。

by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/07/03(日) 20:51 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(3)(07/02)
nanaco☆さん、おはようございます(^▽^)

今日は久しぶりにのんびりできるので、

いつも以上にじっくりと拝見させていただきました(笑)

私も、沖田総司、気になっちゃいましたよ〜☆

(幻夢戦記、途中だった事を思い出しました(苦笑)



探して読んでみたいと思います(^▽^)

by 和音2009 #79D/WHSg
2011/07/04(月) 08:23 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもコメント嬉しいです〜♪



>前作のゾティークには、負けるけど相変わらず素晴らしかったです。



やっぱりゾティークにはあと一歩及ばず、、、というところでしたね(*^^*)

「アドムファの庭園」や「拷問者の島」のインパクトが強すぎたんでしょうか…(笑)

ゾティークは南の島、ヒュペルボレオスは北方地方って感じでしたねぇ。

魔術師や氷漬けの魔物、、、すぐにでも映画化できそうな気がしません??^^



次のアヴェロワーニュでは、どんな世界が描かれるんでしょう。発売が待ち遠しいですね♪

ところで、ゾティーク・ヒュペルボレオス・アヴェロワーニュ……

早口言葉で5回言える人がいたら、かなり尊敬します(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/04(月) 20:24 [Edit
和音2009さんへ
和音さん、こんばんは〜♪



>今日は久しぶりにのんびりできるので、

>いつも以上にじっくりと拝見させていただきました(笑)



わ〜嬉しいです!ありがとうございます(*^.^*)テヘッ

いつもブックレビューばかりのブログでゴメンナサイ。。。



「沖田総司」、この本めちゃめちゃ面白かったです♪

…というか、ここまで新選組を美しく描いてくれた作家さんはなかなかいないかも〜(><)

司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」の、泥臭さ、男臭さも好きだったんですが、

やはり女性の作家さんだからか、とにかく描写が繊細で胸が痛くなるほどでした。。。

これは是非とも和音さんに読んで頂きたいです〜☆探してみて下さいねっ(^^ゞ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/04(月) 20:34 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(3)(07/02)
こんにちわ〜♪

先月も沢山読んでますね!

興味津々な本がいっぱいです。

中でも一番興味深いのは「スープカレー」かも(笑)

今回も何冊か「読みたい本」に登録させてもらいました♪

あと、「艶漢」の4巻が発売していたんですね〜。

どうしよう!未だ3巻も読んでいないのに。

取り合えず4巻、買います!!
by ☆ちこ #79D/WHSg
2011/07/07(木) 13:26 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



>中でも一番興味深いのは「スープカレー」かも(笑)



ふっふ…さすがちこさん、お目が高い!(* ̄m ̄)ニヤリ

このスープカレーの本を片手に、週末はスープカレー巡りが定番になっちゃいました♪

ハラペコの時にはこの本、目の毒なんです…ホントに…(笑)

ちこさんもまたいつか北海道に来られる時は教えて下さいね〜^^

それまでに美味しいスープカレー店を開拓して、ちこさんにご案内しますから☆



>あと、「艶漢」の4巻が発売していたんですね〜。



今回のは何か凄かったです。色んな意味でギリギリでした(笑)絶対尚月地さん狙ってる…!

詩郎君の艶っぽさにクラクラしましたぜ。。。

3巻4巻一気読みって贅沢ですねぇ(*^v^*)ちこさんの感想楽しみにしてま〜す♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/07(木) 20:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。