10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.02 *Sat*

6月☆読書メーターまとめ(1)


6月に読んだ本を、読書メーターでまとめました〜balloon_71.gif

6月の読書メーター
読んだ本の数:29冊(小説11冊・漫画16冊・雑誌2冊)
読んだページ数:6271ページ



夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
ふーうぅぅ、凄い本を読んでしまった。読み終えた今でも、まだ胸がドキドキしています。「煌夜祭」に並ぶ傑作!!例え自分は無理でも、後の世代には身分に関係なく自由に伴侶を選べる国を作って欲しいと願うアーディン。自分の身を犠牲にして心から愛する人を守りたいと願うツェドカ王子。「時空」を使っても大切な人のそばにいたいと思うダカール。登場人物達の様々な想いを吸収しながら、切なく美しいラストを迎える。天野英さんのイラストも美麗で、特に眼帯のツェドカ王子の麗しさといったら・・・。またひとつ、宝物が増えました!
読了日:06月30日 著者:多崎 礼


鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
見所ありすぎの巻。ついに切望していたアルの身体が!マスタング大佐の前に真理の扉が!そしてまさかスカーが・・・。残酷とも言える展開に、思わず手に汗握る。ハッピーエンドで終わるのか、それとも??読みだしたらもう止まらない〜〜このまま最後まで突っ走ります!
読了日:06月30日 著者:荒川 弘


鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)
カバー下の「E.T.」ならぬ「E.E.」に吹き出し、ブラッドレイのまさかの午前様4コマで爆笑。あーー本編はシリアスなのになぁ(笑)クライマックスに突入したらしく、バトル、バトルの連続!グリードvsブラッドレイのバトルが凄まじかったです。ブラッドレイの強さは異常!何故「大総統」と呼ばれるに至ったのか、やっと理解する。容赦ない展開なので、全員が揃っても気が抜けない・・・。
読了日:06月30日 著者:荒川 弘


鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
あぁ・・・エンヴィーが哀しい。人間を羨ましく思うから、嫉妬するから。エンヴィーという名前はそこからきたんだなぁ。どうしても最後の最後まで憎めないキャラでした。復讐に燃えるマスタング大佐を引きとめるホークアイ中尉。それに何だかんだで息ぴったりのアームストロング姉弟(笑)人造人間にはない「信頼」がぎっしりと詰まった巻でした。
読了日:06月30日 著者:荒川 弘


夢の上〈2〉紅輝晶・黄輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上〈2〉紅輝晶・黄輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
壮絶なまでに残酷で美しく、だからこそ叶わぬ夢を内包する彩輝晶は妖しい煌めきを帯びる。復讐に身を焦がし、自らを犠牲にして後宮に入ったハウファの物語。そしてアライスをそっと見守る影憑きの騎士ダカール。同じ出来事を視点を変えてみるだけで、こんなにも違う世界になるのか・・・。報われぬ想い、身分違いの恋。あまりのもどかしさとやるせなさに涙が溢れます。幕間の王とは誰なのか?パズルのピースが埋まっていくように徐々に明らかになる真実。最後は光と闇、正反対にある二人の王子の話。あ〜〜読み終わるのが勿体ない!!
読了日:06月29日 著者:多崎 礼


夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
やっと3冊揃ったので、贅沢に一気読みです♪どこか「煌夜祭」に通じる世界観で、多崎さんが紡ぐ哀しくも美しい物語にすっかり惹きこまれてしまいました。自らの命を削り、影使いになる事を選んだ夫婦アイナとオープのお話。貴族の娘イズガータに身分違いの叶わぬ想いを寄せる騎士アーディンのお話。くるくると視点が変わりながらも、少しずつそれぞれの運命が交錯し、やがて大きな一つの流れになるという手法はお見事!叶わない夢だからこそ、こんなにも美しいのでしょうか・・・。全ての物語が語られた時、どんな世界が見えてくるのだろう?
読了日:06月27日 著者:多崎 礼


鋼の錬金術師 22 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 22 (ガンガンコミックス)
うぁぁ、人形兵が不気味すぎる〜〜!!あんなの勝つ気がしない・・・(笑)アルの覚悟がカッコイイ。兄と弟、信頼し合っているからこそできる行動。人造人間を生み出した「お父さま」とホーエンハイムとの対峙。一体どんな展開になるのか、予測も付かないです!
読了日:06月27日 著者:荒川 弘


鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)
おーランファン復活!しかも絶妙なタイミングでの登場にドキドキ。かっちょいい女性陣が出てくるとテンション上がります。ウィンリィもだんだんとヒロインらしくなってきましたね。きっとエドの男前度がアップしたからなんだろうけど・・・。グラトニーが最期に呼んだのはラストの名前。敵キャラでもやっぱり切なくなってしまう。
読了日:06月26日 著者:荒川 弘


NO.6♯1 (講談社文庫)NO.6♯1 (講談社文庫)
久しぶりに文庫新刊が出たので、1巻から再読。(この作家さんはどのシリーズが出ても最初から読み直さなければいけない・・・^^;)理想都市「NO.6」やゴミ溜めのような「西ブロック」、そして人間までもがランク付けされてしまう近未来。西ブロックの矯正施設から脱走してきた少年ネズミと、特別居住地区クロノスで何不自由なく育ってきた少年紫苑。別の世界で生きてきた二人の価値観の違いが面白い。久々に読みましたが、やっぱり紫苑クンは平気で恥ずかしい事口にしてる〜(笑)
読了日:06月26日 著者:あさの あつこ


三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)
仁義に厚い関羽がたまらなく格好良いです!彼ほどの漢を惹き付けてやまない劉備の魅力とは何なのだろう??そんな関羽にまるで乙女のように恋心を抱く曹操に笑えました。自分とは正反対だからこそ、惹かれてしまうのでしょうか。曹操は容赦がない。反逆者は皆殺しにし、少しでも障害になるモノは当然のように取り除く。劉備は「徳の人」として部下に慕われるけれど、非情な曹操はまた別の意味で魅力的な人物。「この人のためなら命を投げうってもいい」と、人を心酔させるような圧倒的な存在感があります。
読了日:06月23日 著者:吉川 英治



関連記事

COMMENT

Re:6月☆読書メーターまとめ(1)(07/02)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



多崎さんの『夢の上』は、やっぱり面白そう!っていうか、

すっごく良さそうな作品ですね〜^^

『煌夜祭』が素敵な作品だっただけに、期待はしてたんですけど…

nanaco☆さんのレビューを読ませてもらったら、

期待以上みたいで今すぐにでも読みたくなっちゃいました〜(><)

1冊1冊がちょっとお高めだけど(^_^;)

近いうちに、頑張って3冊揃えて読んでみますね〜(^O^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2011/07/03(日) 17:40 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



「夢の上」もうめちゃめちゃ好みの作品でした〜〜(><)

3冊揃えて一気読みで正解でした…。決して誇張ではなく、瞬きを忘れるほど面白いです(笑)

表紙がラノベっぽいので、手に取る人も限られるのかな?と思うとすごく勿体ないです!

本当に、守り人や勾玉三部作に匹敵する名作ファンタジーだと思います…=*^-^*=



>『煌夜祭』が素敵な作品だっただけに、期待はしてたんですけど…



「煌夜祭」も素敵な作品でしたよねぇ…(しみじみ)

2作目の「<本の姫>は〜」よりも「煌夜祭」の雰囲気に近い作品だと思います☆

切なくて、哀しくて、息を飲むほど美しくて。

自分の貧しい語彙力では、この作品を表現できないのがもどかしいです〜^^;



確かに1冊1冊の値段はちょっぴりお高めですけど、

この三部作は永久保存版間違いなし(言い切った!笑)なので、

是非miwaさんも3冊揃えて、贅沢に一気読みしちゃって下さいね〜(*^0^*)

感想首を長〜くして待っています♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/03(日) 19:39 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(1)(07/02)
nanacoさん、こんばんは!

吉川版三国志、自分も読みましたよ〜。学生の頃だったのでもうすっかり忘れてますが、面白かったのだけは覚えています。nanacoさんの感想楽しみにしてますよ^^
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/07/03(日) 20:48 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



吉川三国志、今ちょうど4巻目を読んでる所なんですが、なかなか面白いです(*^v^*)

でも…でも…やっぱり北方三国志の方が好みかなぁ、なんて(笑)

孫策の扱いがちょっとヒドイです。かな〜り狭量な人物に描かれていて。。。

北方さんの孫策は、豪快でそれでいて大らかな感じだったので違いがありすぎる(><)

あ、関羽は吉川さんの方が素敵かもですね☆それに孔明が出てくるのもまだこれからです。

全体的に蜀の武将・知将はカッコイイかもしれませぬ!



無事全巻読破できたら、ブログの方にレビューUPしようと思います!

頑張ったら今月中には読み終わりそうかな〜^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/07/04(月) 20:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。