FC2ブログ
Welcome to my blog

ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」読みました♪

ななこ





【デス博士の島その他の物語】ジーン・ウルフ rating_50.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「だけど、また本を最初から読みはじめれば、みんな帰ってくるんだよ…きみだってそうなんだ」孤独な少年の元に物語の登場人物が訪れる-ウルフの代表作にして不朽の名作「デス博士の島その他の物語」、治療を目的とした島における少年たちの非情な運命を詩情豊かに描き出すネビュラ賞・ローカス賞受賞作「アイランド博士の死」、冷凍睡眠から目覚めた男を待ち受けていたものは…「不死」のテーマをサスペンスフルに展開する「死の島の博士」、文明崩壊後のアメリカでの謎と幻惑に満ちた彷徨を流麗な筆致で綴る「アメリカの七夜」、目の見えない少年が繰り広げる夢と奇蹟と冒険の物語「眼閃の奇蹟」、そして限定本に付された著者による「まえがき」を特別収録。「もっとも重要なSF作家」ウルフの傑作中短篇を集成。

【目次】(「BOOK」データベースより)
デス博士の島その他の物語/アイランド博士の死/死の島の博士/アメリカの七夜/眼閃の奇蹟



お友達の日向永遠さんに紹介していただいた本です〜balloon_34.gif
日向さん、いつも面白い作品を教えて頂いて、本当にありがとうございます!!

一読しただけではこの作品の100%は理解できない、と思いますballoon_59.gif
現実と幻想のあわいをふわふわと漂っているような心地。境目がない感じかなぁ。
でも、決して難解という訳ではないんです。ただ柔軟性 (妄想力とも言う。笑) が求められる作品。

読み終わった後に、何かにつけ作中のワンシーンを思い出しました〜。
例えば人工衛星の中に包まれた海だったり。頽廃的な未来のアメリカの姿だったり。
そういう時にふと閃くものがあって、不思議と全体像が見えてきたりするんですよね…

これは手元に置いて、何度も読み返したい本ですねbook_01.gif
読む度に印象が変わりそうな、とっても奥の深い作品だと思いますわ。


illust1923_thumb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ SF  圧倒的な表現力  映画のワンシーンのような…


どのお話も、それぞれ異なる魅力があって面白かったですが、
個人的に一番「凄っっ!!」と思ったのが「アイランド博士の死」でした。

まず設定が凄い。地球外のどこかに浮かんだ惑星、その中には3人しか存在していない。
美しく透き通るような海の中を覗くと、宇宙が見える。もーー度肝を抜かれました!!
何故3人はここに連れて来られたのか、徐々に明らかになる真実は残酷で……balloon_89.gif

イスラムから来た青年が、近未来のアメリカを訪れる「アメリカの七夜」も好きだなぁ。
化学合成物質の影響で、奇形になった人間達が跋扈しているアメリカ。
なんかこの設定、バイオハザードを思い出したよ……(笑)

ラストの「眼閃の奇蹟」は、意外にも(?)爽やかな余韻を残すお話でしたballoon_75.gif
網膜パターンで人々が管理されている社会。目の見えない少年の冒険(というか放浪)物語。
少年は目が見えない代わりに、他の人には見えない別の世界が見えている。

何て言うんだろう、、、一度読んだらクセになりそうな作家さん(笑)
次は<新しい太陽の書>シリーズにも挑戦してみたいです〜〜balloon_28.gif


    


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 8

There are no comments yet.
日向 永遠  
Re:ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」読みました♪(08/31)

nanacoさん、こんばんは★

読メで拝見してから感想楽しみにしてました!



かなり、癖のある作家さんに思えますね。

どの短編も一筋縄では行きません!

アメリカの七夜、眼閃の奇蹟は面白かったです。

島(アイランド)、博士、死を組み替えた題名のそれぞれの短編も良いですね。この題名のつけ方からして、技巧派の匂いぷんぷんです。



「新しい太陽の書」を読み始めるときは教えてくださいね。自分も読みますよ〜

2011/08/31 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
質問っす

 nanaco☆さん、おはようございます。



 今回は特に、装丁を眺めているだけでも、読書の楽しさが伝わってきますね!



 以前から気になっていたのですが、…。本は新品を買われているのですか? 図書館派ですか? 古本ですか? 他に何かこだわりがあれば教えてください!!

 …私は、「家は借りて住め、本は買って読め!」という高校の先生に言われた言葉が、心に残っています。

2011/09/01 (Thu) 08:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



この作品ホント凄かったです〜(><)こんな本読んだ事ないです。(決して誇張ではなく!)

私、実は妄想力にはかなりの自信を持っているんですが…(笑)

それでもこの作品はどれも、今まで全く想像もしなかったような世界が広がっていました。



>島(アイランド)、博士、死を組み替えた題名のそれぞれの短編も良いですね。



タイトルの付け方も素晴らしいですよね〜(*^^*)

どの作品もどこか閉塞的なのに、それでいて底が知れない不思議な感じがしました。

「アメリカの七夜」はSF映画にでもありそうな設定じゃないですか??

でも、これは文章で読むから色々と想像を掻き立てられるのかもしれませんねぇ…

日向さん、素敵な本を紹介して頂いて、本当にありがとうございました(*^-^)



>「新しい太陽の書」を読み始めるときは教えてくださいね。自分も読みますよ〜



は〜い、是非ご一緒させてください☆

読む時は5冊一気に読みたいですよね^^無事GETできたらお知らせしますね!

新しい太陽の書もなかなかクセがありそうなシリーズですね(笑)

2011/09/01 (Thu) 21:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは〜♪



>今回は特に、装丁を眺めているだけでも、読書の楽しさが伝わってきますね!



この本の装丁、シンプルなようで意外と凝ってるんですよね〜^^

こういうのを本屋さんで見かけると、ついつい手が伸びちゃうんですよ。。。

本の内容も素晴らしく、また何年後かに読み返してみたい!と思う作品でした〜ヽ(*^^*)ノ



>本は新品を買われているのですか? 図書館派ですか? 古本ですか?



基本的に、本は新品購入派です♪

綺麗な本を、キズを付けずに読むのが一番好きな読み方です^^

でも最近は新品7割、古本2割、図書館1割ってところでしょうか??

正直、毎月バカにならない金額なんですよね…(笑)

どーしても高くて買えない本は図書館で借りるようにしています〜^^;



>「家は借りて住め、本は買って読め!」



おぉっ、それは名言ですね〜〜(><)

欲張りな私は、家も本も買いたいですが…(こそっ。笑)

いつか自分に子供ができたら、おこづかいでゲームでなく本を買う子に育って欲しいなぁ…

2011/09/01 (Thu) 22:02 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」読みました♪(08/31)

こんばんわー☆



おぉ、妄想力ならちょっぴり自信がありますよ〜☆ …うそです。

なんだか難しそう…と思ったんですが、

たとえ理解できなくても、味わうだけで面白そうだなぁと思いました。

…ちなみに「新しい太陽の書」シリーズの方は小畑さんの表紙につられて気になってました。笑

2011/09/03 (Sat) 00:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

まるさん、こんばんは〜♪



>おぉ、妄想力ならちょっぴり自信がありますよ〜☆ …うそです。



えっ、何を仰います!私まるさんの妄想力の足元にも及びませんよぉ〜(笑)

もし夢が叶うならば、まるさんの妄想ワールドの住人になりたいくらいですよ…(*^m^*)

かくいう私も結構妄想に自信はあるんですが、この作者さんはそれ以上かもしれません。

どーやったらこんな設定考え付くの!?というぐらい、摩訶不思議な世界です。

全てを理解したとは言い難いんですが、何だか凄いモノを読んでしまったという感じです☆



>…ちなみに「新しい太陽の書」シリーズの方は小畑さんの表紙につられて気になってました。笑



あ、同じくです〜〜(≧∇≦)

小畑さんが描くと、何でもデスノのライトに見えてしまうのは私だけでしょうか…^^;

主人公イケメン君ですなぁ。これで悪いヤツだったら言う事なしなんですが(笑)

早く読みたいですが、ハヤカワ5冊はちょっぴりお財布に厳しいですねぇ。。。

2011/09/03 (Sat) 20:13 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」読みました♪(08/31)

nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



そうそう、この本、日向さんのレビューをうかがって

私も気になってました〜^^

もちろん、マイ読みたいリストに入れてありますよ♪

タイトルの“デス博士”だけで、不気味さ満点ですよねぇ(><)

どのお話も、今すぐ読みたくなるくらい面白そうですけど、

私的には、盲目の少年の冒険物語「眼閃の奇蹟」が

断然好みなような気がします〜(*^_^*)

爽やかな余韻を残す話って大好きです♪

少年にしか見えない別の世界って何だろう…?う〜知りたい!!(><)



おぉ!〈新しい太陽の書〉シリーズ、

私も前から気になってましたよ〜♪

本屋さんで新刊が並ぶたびに、いつか読むぞ〜って思ってました(*^^)v

2011/09/04 (Sun) 17:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



この作品、とにかく「圧倒」されちゃいました(@_@)

世の中にこんな凄いお話を考え付く人がいたのかと、本気で度肝を抜かれた感じです!

自分の中の妄想力(笑)を駆使して、やっと70%理解できるくらいの凄まじい世界観でした。

「死の島の博士」なんかは、「夏への扉」を彷彿とさせるSFで面白かったですよ(*^▽^*)



>私的には、盲目の少年の冒険物語「眼閃の奇蹟」が

>断然好みなような気がします〜(*^_^*)



最後がこのお話で、本当に良かったと思いました(笑)

おそらく近未来のお話なんですけど、不穏さを感じさせる中にも希望があって。

これは映画化しても面白そうだな〜と思います☆

あぁ、miwaさんがどんな感想を持たれるのか、すごく気になるなぁ……(><)



<新しい太陽の書>シリーズ、新装版は小畑さんのイラストが素敵ですよね〜♪

あちこちで感想を読むと、なかなか難解そうな雰囲気は伝わってくるのですが(笑)

いつか全5巻読破したいなぁと思います。miwaさんもご一緒にいかがですか〜??^^

2011/09/04 (Sun) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply