FC2ブログ
Welcome to my blog

今邑彩「鬼」読みました!

ななこ





【鬼】今邑彩 rating_47.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
引きこもっていた息子が、突然元気になった。息子を苛めていた子が、転校するというのだが…「カラス、なぜ鳴く」。かくれんぼが大好きだったみっちゃん。夏休みのある日、鬼になったみっちゃんは、いつまで待っても姿をあらわさなかった。そして、古井戸から…「鬼」。他、言葉にできない不安、ふとした胸騒ぎ、じわじわと迫りくる恐怖など、日常に潜む奇妙な世界を繊細に描く10編。ベスト短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
カラス、なぜ鳴く/たつまさんがころした/シクラメンの家/鬼/黒髪/悪夢/メイ先生の薔薇/セイレーン/蒸発/湖畔の家



いつもながら、どこか不安を誘われる北見隆さんの表紙が良いッ!

今邑さんといえば、一番最初に読んだ「よもつひらさか」が傑作すぎて、
その後のホラー作品はどうにもこうにも、それを基準にしてしまうのですよねぇ…(笑)

 是非読んでみて下さい!

今回の作品もやはり「よもつひらさか」ほどのインパクトはありませんでしたが、
どれもザワリと背筋が寒くなるようなお話が満載で、なかなか面白かったですballoon_71.gif

はっきりとしたオチのない作品ばかりですが、それが嫌ァな余韻を残します。


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ホラー短編集  それほど怖くはない  表題作が秀逸


個人的に好きだったのは、表題作「鬼」「メイ先生の薔薇」「蒸発」あたりかな〜balloon_34.gif


point_61.gif 
かくれんぼが大好きだったみっちゃん。彼女は廃屋のそばの古井戸で発見された。
それから20年以上が経ち、次々と当時の仲間達が病気や自殺で死んでいく。
皆に共通するのは、死ぬ直前に当時のままのみっちゃんの姿を見たという事だった。

これはこーわーいーーー!こういう幽霊系(?)は本当にありそうなので(笑)
でも、最後のオチにホッと安堵の気持ちを覚えたのは私だけだろうか…。


point_61.gif メイ先生の薔薇
とても綺麗で優しく、日本人とイギリス人のハーフのメイ先生。
ある日恋人からプロポーズされたメイ先生は、イギリスに永住することになり…。

純粋無垢な子供達ほど、実は怖いモノはないと実感した作品デス。
まだ善と悪の区別も付かない子供達が招いた結末にゾッとする。


point_61.gif 蒸発
目が覚めると、自宅から家族が忽然と消えていた。
自分は不思議な力を身につけたらしい。「消えろ」と言った人間は消えてしまうのだ。

乙一さんの「ZOO2」に収録されている「神の言葉」を思い出しました。
ラストのお母さんの言葉にギョッとする。こういうブラックコメディ大好きです!


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 14

There are no comments yet.
日向 永遠  
Re:今邑彩「鬼」読みました!(08/20)

nanacoさん、おはようございます★

今邑彩さんですね!

なんか読みやすそう。

「よもつひらさか」がすっごく面白そうなのでまずそっちです。

表紙絵の作家さんは恩田さんの麦海シリーズの作家さんですよね。ほんと味のある、独特の絵で、自分も好きです。

2011/08/20 (Sat) 09:59 | EDIT | REPLY |   
神風スズキ  
感謝 {帯広で10月15日に中学のクラス会があります}

他人(ひと)の事



他人(ひと)の物に関心を抱くときは



己の心に余裕と遊びがあるときが多い



苦悩の日常ならば



自然の花に心を奪われることもなく



小鳥の囀りさえ耳に入らない



まして世間の戯言などなおさらである



いつしか時が流れるのみ



できうることならば



少しの心の遊びが人には必要かも

2011/08/20 (Sat) 10:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、おはようございます〜♪



ちょっとオチが予想できちゃうとか、王道すぎるとか、色々言いたい事はありますが、

基本的に最後までグイグイ読ませてくれる筆力のある作家さんですね〜(*^v^*)

今回の短編集も面白かったんですが、やっぱり「よもつひらさか」は別格です!!

短いお話ですが、あれだけで読む価値があるくらい雰囲気抜群の作品なんですよ〜〜☆

オススメなので、日向さんも是非読んでみて下さい^^



>表紙絵の作家さんは恩田さんの麦海シリーズの作家さんですよね。



そうそう、麦海シリーズの表紙も手掛けられていましたよね!

辻村さんのノベルス版「子どもたちは〜」とかも確かこの方でしたっけ。。。

北見さんの絵はパッと見ですぐ分かるくらい、独特な味わいがあるので大好きです( ^ ^ )/

2011/08/21 (Sun) 07:34 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
神風スズキさんへ

神風スズキさん、おはようございます〜♪



いつも素敵なコメントをありがとうございます(*^^*)

帯広でクラス会、良いですね!10月の北海道といったら、すっかり寒くなっていますね^^

久々に会うクラスメイト…どんな感じになっているんでしょうね。

また応援しにブログに寄らせていただきますねっ☆

2011/08/21 (Sun) 07:37 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:今邑彩「鬼」読みました!(08/20)

nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



う〜ん、nanaco☆さんのレビューをうかがうと、

王道というか、正統派のホラー作品っていう感じですね^^

ちょっぴり小ぢんまりした印象を受けるかなぁ〜。

でもすごく読みやすそうだし、日常に潜む恐怖も嫌いじゃないから、いつかチャレンジしてみようかな。。。

私的には「蒸発」が一番気になります♪

というか、不思議な力って何故か妙に惹かれるんですよね〜(^^ゞ

何となく、自分以外誰も居なくなった…というオチを想像(妄想?)させますねぇ(笑)



2011/08/21 (Sun) 12:05 | EDIT | REPLY |   
神風スズキ  
応援



{青春}



先回りして君を待つ心のときめき



草むらに隠れて



君の黒髪を目で追う



後ろ姿に漂う乙女の空気を深呼吸



こうろぎが僕の肩で笑っている







2011/08/21 (Sun) 12:23 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:今邑彩「鬼」読みました!(08/20)

今邑彩さんの『鬼』読みたいです。

『よもつひらさか』も読み返したいです。

ちょっと涼しくなってきた…?とはいえ、まだまだ柊は読後にぞわわーっとしてくるような小説が読みたいです(笑)

2011/08/21 (Sun) 14:15 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



そうなんですよ〜まさに正統派のホラー作品って感じですネ^^

個人的には、ちょっぴり怖さは物足りない感じはしたんですがなかなか面白かったです。

今邑作品は今まで何冊か読んできましたが、良くも悪くも「王道」って気がします〜(笑)

大抵は十分満足なんですけど、時にはもう一捻り欲しいと感じる事もあったり…(><)



>何となく、自分以外誰も居なくなった…というオチを想像(妄想?)させますねぇ(笑)



当たらずといえども遠からず、という感じですね。さすがmiwaさんです〜〜(*^m^*)フフ

「蒸発」は乙一作品にあるようなブラックコメディのノリで面白かったですよ♪

デスノート並みにザクザクと人を消していくわけですから、良く考えると結構怖いのですが…

短編集で気軽に読める作品なので、機会があったら是非読んでみて下さいねっ☆

2011/08/21 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
神風スズキさんへ

神風スズキさん、こんばんは〜♪

またまたご訪問頂いて、とっても嬉しいです(*^▽^*)



青春…いつもそんな気持ちを忘れずにいたいものです(遠い目。笑)

クラス会では、またそういう昔の記憶を思い出したりするのでしょうね☆

素敵だわ〜^^10月の感想、また是非聞かせて下さいね!

2011/08/21 (Sun) 21:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは〜♪



「鬼」はちょっぴりツメの甘い所もありましたが、なかなか面白かったですよん(*^^*)

サラッと読めるけれど、あるワンシーンが記憶に残るような作品が多かった気がします。

特に表題作は今の季節にピッタリかも(笑)思わず後ろを振り返りたくなるような…ぞくっ。

「よもつひらさか」大好きです。独特ですよね、あのねっとりと絡みつくような感じ^^



>まだまだ柊は読後にぞわわーっとしてくるような小説が読みたいです(笑)



あ〜〜それすっごい分かります!

怖い小説を読むだけで、体温が1,2度下がるような気がします。。。

夏になると、決まって「屍鬼」が読みたくなるのは私だけでしょうか〜^^;

2011/08/21 (Sun) 21:18 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:今邑彩「鬼」読みました!(08/20)

こちらにもこんにちはー☆



この表紙、妙に目を引くんですよねぇ。。。

日向さんと同じく、わたしも「よもつひらさか」から読んでみます!

2011/08/24 (Wed) 16:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

まるさん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



この表紙、何気に怖いですよね…!

まぁ「ガルムの報酬」ほどじゃないですけど…(笑)

私、結構ビビリのくせに怖い本に手を出してしまうので、自分の本棚に怯えています。

なるべく表紙の怖い本は、後ろに、後ろに追いやるようにしてます。。。



>日向さんと同じく、わたしも「よもつひらさか」から読んでみます!



「よもつひらさか」は雰囲気が抜群に良いですよ〜(*^▽^*)

怖いというよりもちょっと懐かしさの入り混じったような不気味さ、でしょうか。。。

この表題作だけでも読む価値あるので、是非まるさんも手に取ってみて下さいね〜☆

2011/08/24 (Wed) 20:40 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
夏の終わりに

nanaco☆さん、おはようございます!

素敵な本の紹介ですね。夏の終わりを、ホラーで「キュッ」っと締めたいです。私は「よもつひらさか」が気になりました。…でも怖そうだなぁ。

偏見かもしれませんけれど、「恐怖」を書くのって女性の作家さんの方が得意だったりしませんか? 別の話ですが、「お化け屋敷」もキャーキャーいいながら、女性って実は平気で、私など、夢でうなされてしまいます。

でも、つい引き寄せられます。ああ。「よもつひらさか」気になります。

2011/08/25 (Thu) 08:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは〜♪



「よもつひらさか」は夏の終わりに読むのにピッタリの本だと思いますよ〜(*^▽^*)

短編集なんですが、表題作がズバ抜けて面白いんです!(他のはまぁそこそこです…笑)

怖いだけじゃない、どこか哀しさを感じさせるような雰囲気がとても気に入っています☆

是非いりえさんの感想もうかがってみたいなぁ……^^



>「恐怖」を書くのって女性の作家さんの方が得意だったりしませんか?



あ、それすごく分かります〜(><)

男性作家と女性作家の書くホラーって、全然タイプが違いますよね。

女性だと心理的にゾワゾワくるお話が多い気がします。心理描写が物凄くリアルで…

人間のダークサイドを引き出すというか(笑)嫉妬心とかドロドロ系も得意ですよね。

私もキャーキャー言いながら、怖いモノには全力で突っ込んでいきます!

2011/08/25 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply