05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.06 *Sat*

7月☆読書メーターまとめ(2)


読書メーターまとめ、続き〜

三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)
吉川三国志、ついに完結です。愚帝・・・とは言わぬまでも、父親劉備の器の大きさとは比べようもないほど浅慮で無能な劉禅に、命を削りながらも最期まで献身的に仕えた孔明があまりにも哀しかった。既に心酔する主もなく、関羽・張飛・趙雲のような勇猛な武将もない。諸行無常、盛者必衰はこの世の理ではあるけれども、もし孔明をはじめ彼らのうちの一人でも生き長らえていたなら蜀はどんな国になっていたんだろう・・・。そう思わずにはいられません。
読了日:07月24日 著者:吉川 英治


くじ (異色作家短篇集)くじ (異色作家短篇集)
最初の何篇かは、「あれっ、この話のオチは何だろう?」なんて訝しく思っていました。・・・が、読み進めていくうちにたちまちこの本の虜に。何気ない日常を切り取った中に、何とも名状しがたい違和感が潜んでいます。「魔性の恋人」「おふくろの味」「背教者」「歯」あたりが特に印象的。人間の奥底にある小さな悪意が積み重なり、やがてラストの表題作「くじ」で大きな狂気に生まれ変わる。恐ろしい・・・。恩田陸さんの「いのちのパレード」で興味を持った異色作家短篇集ですが、他の作品にも俄然興味が湧いてきました!
読了日:07月24日 著者:シャーリイ ジャクスン


三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39)三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39)
関羽の死を皮切りに、次々と乱世の英雄達がいなくなっていく。三国志を盛り上げてきた主要な人物が皆去り、次の世代へと受け継がれていきます。関羽や張飛の息子等魅力的な人物はいるけれど、やはり父親達に比べるとどうしても小物感が否めないなぁ。劉備の遺志を継いで孤軍奮闘する孔明、そして老いても蜀のために忠誠を尽くす趙雲。哀しすぎる・・・。吉川三国志も残すところあと1冊!
読了日:07月21日 著者:吉川 英治


NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (講談社文庫)NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (講談社文庫)
聖都市「NO.6」の化けの皮がどんどん剥がれてゆく・・・。巧みに覆い隠されてきた侵略と虐殺。皆が信じて疑わなかった偽りの歴史。矯正施設に侵入した紫苑とネズミが目の当たりにした事実は、あまりにも衝撃的なものでした。紫苑は内の人間。ネズミは外の人間。いくらお互い歩み寄りを見せても、二人を隔てている見えない壁がもどかしくてたまらない。くっ!もうここまで来ちゃったら、1年後(もしくは2年後?)の文庫化が待てないよ〜〜!!という訳で、文庫化待てず次巻から単行本で読む事にします。
読了日:07月21日 著者:あさの あつこ


封神演義 5 (ジャンプ・コミックス)封神演義 5 (ジャンプ・コミックス)
再読。どんな水も高級酒に変えてしまう仙桃!ほ、欲しいっー!!部下でさえあんな強さなんだから、聞仲には勝てる気がしない。妲己を倒すという目的は同じなのになぁ。キャラクター人気投票は納得です。太公望は圧倒的な1位なんですね〜最近出番少ないのに・・・(笑)それにしても一週間で約4万票って凄いですね!
読了日:07月21日 著者:藤崎 竜


封神演義 4 (ジャンプ・コミックス)封神演義 4 (ジャンプ・コミックス)
再読。あのハンバーグのシーンは、昔相当なショックを受けた記憶が・・・。改めて読み返してみてもやっぱりエグイ。飛虎の奥さんと妹が立て続けに命を絶つくだりも、かなり悲惨。妲己恐るべし!!こんなコミカルな絵柄だけど、描かれている内容はなかなかブラックです^^;太公望の下には徐々に仲間達が集まってきて、やっとこさジャンプらしい展開になってきました(笑)
読了日:07月21日 著者:藤崎 竜


NO.6〔ナンバーシックス〕#5 (講談社文庫)NO.6〔ナンバーシックス〕#5 (講談社文庫)
再読。続けて読むと流れが良く分かる〜!何しろ1冊のページ数が少ないもんだから(笑)紫苑とネズミ、ついに矯正施設へ。累々と積み重なる死体、そしてその死体(中には生きてる人も・・・><)を踏みつけて登っていかなければいけないというおぞましさ。まさに地獄絵図そのもの。紫苑クンがここに来て少しずつ変貌を遂げている気がします。それが結果的に吉と出るか凶と出るか・・・「紫苑のままでいてほしい」というネズミの哀切な台詞が胸に痛かった。さて、これでやっと文庫の新刊が読める〜〜!!楽しみ、楽しみ。
読了日:07月19日 著者:あさの あつこ


NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)
再読。「人狩り」の描写が凄まじいです。(とも児童文学とは思えない〜;)容赦なく人間を選別し、不要になった人間は即排除する。「NO.6」の裏の顔が明らかになるにつれて、紫苑やネズミ達も否応なく闇の中に引きずり込まれていく。イヴのどこか憂いを帯びた美しい歌声は、少なからず人々を絶望の淵から救い出してくれる役割を果たしているんだろうなぁ。聴いてみたい!紫苑クンは、決して暴力に訴える事のない自分なりの戦い方を見つけてどんどん強くなっているよう。二人が、沙布を連れて無事に帰って来られますように。
読了日:07月18日 著者:あさの あつこ


冥途冥途
大人になってから久しく忘れていた「闇」を恐れる気持ち。この作品の纏う独特の静けさと、ねとりと絡みつくような湿り気を帯びた文章が、不気味さと不安を増幅させる。中でも表題作「冥途」は秀逸。装丁・挿絵が美しく、内田百けんさんの幻想的な世界観によくマッチしています。あっ57ページに芥川さんが・・・!
読了日:07月18日 著者:内田 百けん,金井田 英津子


あけるなあけるな
エンブレムTさんの感想で、この絵本が気になって気になって!(笑)「あけるな」と言われるとあけずにはいられなくなる天邪鬼にはもってこいの本。小さい頃に読んでいたら、きっと得体の知れない不気味さを感じただろう。今は、ただひたすら最後のページの意味をあれこれ考えちゃう。余談ですが、不気味といえば小さい頃に読んでトラウマになった本があります。「はじめてのおるすばん」の集金のおじさんが来るシーン。今思いだしただけでゾッとするわ〜。
読了日:07月18日 著者:谷川 俊太郎




関連記事

COMMENT

Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/06)
この中で読みたいのシャーリー・ジャクソンです^^

くじは名作ですよね。いつか読みます。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/08/08(月) 22:13 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



>この中で読みたいのシャーリー・ジャクソンです^^

>くじは名作ですよね。いつか読みます。



「くじ」良かったですよ〜♪日向さんもきっとお好きな作品だと思います(*^^*)

読み始めた時は、「あれ、インパクトが薄いかな?」と思うんです。

でも読み続けるうちに、どんどん物語に引き込まれている自分に気付いてドキッとします(笑)

ちょっと不思議なお話が揃っていて、実はすごく記憶に残る作品かもしれません^^

是非日向さんの感想もおうかがいしたいです〜〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/08/09(火) 20:49 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。