FC2ブログ
Welcome to my blog

ロダーリ「猫とともに去りぬ」読みました♪

ななこ





【猫とともに去りぬ】ロダーリ rating_47.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
魚になってヴェネツィアを水没の危機から救う一家。ピアノを武器にするカウボーイ。ピサの斜塔を略奪しようとした宇宙人。捨てられた容器が家々を占拠するお話…。現代社会への痛烈なアイロニーを織り込んだ、ユーモアあふれる知的ファンタジー短編集。



ジャンニ・ロダーリ。イタリアを代表する児童文学作家さんのようですballoon_34.gif

ユーモアたっぷりで、ピリリと皮肉の効いた楽しい短編集。
独特な言葉選びが新鮮で、登場人物達の滑稽さが自然と笑いを生み出します。
イタリア人の陽気な気質もあるのでしょうけど、カラッと乾いたような面白さでした!

相変わらず読みやすい光文社古典新訳文庫。今回も訳が生き生きしていますねぇballoon_133.gif
「古典」「翻訳」という高いハードルを、グンと下げてくれるので嬉しい限りです。


lb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ファンタジー短編集  ユーモアたっぷり  笑える

表題作「猫とともに去りぬ」をはじめとする16の短編が収められています book_01.gif
どのお話も全く違った印象で面白かったのですが、中でも特に自分好みだったのはコチラ。


point_20.gif 猫とともに去りぬ
猫つながりで、昔読んだポール・ギャリコの「ジェニィ」を思い出した。
家族に疎まれていたおじいさんが、ある日突然猫になってしまうお話です。

point_20.gif ヴィーナスグリーンの瞳のミス・スペースユニバース
最初何事かと思ったわ、このタイトル!(笑)スペース版シンデレラ・ストーリー。
これは長編にしても面白いんじゃないかなぁ。ほんのり幸せになります。。。

point_20.gif お喋り人形
エンリカがクリスマスプレゼントに貰った可愛いお人形。でも突然人形が喋り出し…。
笑えるんだけど、ふと「チャイルド・プレイ」のチャッキーを思い出してゾッとした。


何編かに共通して、何故か「マンブレッティ社長」なる男が頻繁に登場してます(笑)
独占欲が強く傲慢で鼻持ちならない男なのに、どこか憎めないんだよなぁ…。
最後には決まってこてんぱんにやられる所も笑えますballoon_145.gif


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 10

There are no comments yet.
神風スズキ  
感謝&応援

Good evening.



大雪の中、島根から無事長崎に帰還しました。



現在、神風が通過して来た中国道の一部が



通行止めになっています。



又、週末の娯楽を楽しみに



仕事にガッツしましょう。



Thank you so much.

2011/01/30 (Sun) 21:13 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:ロダーリ「猫とともに去りぬ」読みました♪(01/30)

nanacoさん、こんばんは〜★

お、面白そう。



ミス・スペースユニバースがもろツボみたいな気がします

それにして猫とともに去りぬ って題はパクリですか?



光文社新訳、敬遠しないで読んでみようかなと思います。

(前にも書いたかもしれないけど表紙が今一つ好みにあわないんですよ〜)

2011/01/30 (Sun) 21:25 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:ロダーリ「猫とともに去りぬ」読みました♪(01/30)

こんばんは〜、nanaco☆さん!

これ、けっこう面白そうですねぇ〜。

短編集っていうのが読みやすそう。^^

私的には、「ピサの斜塔を略奪しようとした宇宙人」が気になり所ですが、その宇宙人さん、せっかく略奪しようとするんだったら、斜めになってるのをまっすぐに直してくれてもいいじゃないねぇ〜。(笑)



世間に疎い私はピリリときいた皮肉は分からないかもしれないけれど、イタリア気質は大好きなので、ちょっと興味ありますぅ〜。^^

日向さんはあまり好きではない光文社新訳の表紙、意外と私は好みだったりして。(笑)

2011/01/30 (Sun) 21:30 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:ロダーリ「猫とともに去りぬ」読みました♪(01/30)

タイトルに惹かれて取り敢えず表題作だけは読んだような…。

あれ、未読かしら…記憶がない(笑)



柊も光文社古典新訳文庫の表紙絵、シンプルで好きです…(*^^*)

2011/01/30 (Sun) 23:07 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:ロダーリ「猫とともに去りぬ」読みました♪(01/30)

nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



この本、大笑い(バカ笑?)はできないけど、

くすくすと自然に笑えてくるような短編ばかりでしたよね〜(*^_^*)



「猫とともに去りぬ」と「お喋り人形」は、私もお気に入りのお話です(*^^)v

確かに「チャイルド・プレイ」のチャッキーを思い出させるかも…(><)

「猫とともに去りぬ」は、思わず自分も猫になってみたいと思わせるお話でしたよね〜♪

猫の集会に参加して、猫の話を聞いてみたいかも…(笑)



nanaco☆さん、TB感謝です(*^_^*)

こちらも遠慮なくいただいていきますね〜(^^)/

2011/01/31 (Mon) 18:10 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
神風スズキさんへ

神風スズキさん、こんばんは〜♪



いつもコメント感謝しております(^^ゞ

また後から、お勉強&応援しにお伺いいたしますね。

今週もまた元気に頑張りましょう!(*^0^*)

2011/01/31 (Mon) 19:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



この短編集、どれも陽気な感じがして面白かったですよ(*^^*)

どんなに悲惨な事でもワハハと笑い飛ばせる…これがイタリア人の気質なんですね☆

ミス・スペースユニバースは、きっと日向さんもお好きかと思います。

シンデレラのSFバージョンって所でしょうか。とても可愛いお話でしたよ〜(^^ゞ

表題作は、私も「風と共に〜」のパクリかと思いました…(笑)



そうそう、日向さんは光文社古典新訳文庫の装丁が好みでないと仰っていましたね!

表紙はこれでもかってぐらいシンプルですけど、どれも中身の濃いお話ばかりですよ〜♪

ハードルの高かった古典を現代の言葉で読めるのって、本当に嬉しいです。

日向さんも一度是非挑戦してみて下さい。思いの外ハマっちゃったりして…?(*^m^*)

2011/01/31 (Mon) 19:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



>斜めになってるのをまっすぐに直してくれてもいいじゃないねぇ〜。(笑)

あはは、真直ぐに!それはイイですね〜〜(爆)

picchukoさんにかかっては、宇宙人も尻尾を巻いて逃げだしそうだわ〜(* ̄m ̄)クク

この短編集、じめっとした気分を吹き飛ばしてくれそうな素敵なお話ばかりでした^^

悲しい事や不愉快な事さえも笑いに変えてしまうんだから、これは面白いハズですよね☆

あれ?そういえばpicchukoさんってイタリア人気質じゃぁありませんか?(笑)



私もこのシリーズの表紙、わりと好きだったりします(^^)

すご〜くシンプルなんですけど、本棚に並べると結構綺麗なんですよねぇ。

個人的には、カバーに指紋が付きづらいのも、密かにポイントが高かったりします♪

2011/01/31 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは〜♪



おぉ、柊さんも表題作読まれましたか(*^v^*)

どれも軽〜くサクッと読めるお話で、良い息抜きになったなぁという感じです!

ガッツリと心に響く物語も良いですが、たまにはこういうのも良いですね(^^ゞ

昔、家の近くで猫の集会を見た事があります。本当に何十匹も広場に集まっていて。

皆捨て猫のようでしたが、あれは何だったんだろう?と未だにふと思い出したりします…



>柊も光文社古典新訳文庫の表紙絵、シンプルで好きです…(*^^*)

このシリーズ、この一筆書きのような絵でよくこんなに色んな種類描けますよね!(笑)

どんどんと新刊が出ているようで、気になる作品が沢山あります☆

2011/01/31 (Mon) 20:15 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



ホント、どれも自然と笑いがこみあげてくるようなお話ばかりでしたね!(*^m^*)

なんかこう、読んでるうちに「ニタァーッ」とした顔になっていたと思います。怪しい…(笑)

個人的には何度も繰り返し登場した「マンブレッティ社長」が好きでしたよ〜^^

傲慢は身を滅ぼす、という教訓を言いたいのかな?と思いきや、

何度登場しても全く捻じ曲がった根性が直る気配もなし(笑)憎めないオヤジでした( ̄〜 ̄*)



表題作は、猫好きにはたまらないお話ですよね〜☆

昔、家の近くで猫の集会を見た事があるんですよ!(昔って野良猫沢山いましたよね?)

皆黙って大人しく座ってるだけ。何をしていたんだろう?と今でも不思議に思います^^;



* miwaさん、お返しTBありがと〜♪(*^0^*)

2011/01/31 (Mon) 20:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply