06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.26 *Wed*

桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」読了☆





【少女七竃と七人の可愛そうな大人】桜庭一樹 rating_48.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、鉄道模型と幼馴染みの雪風だけを友として孤高の青春を送っていた。だが、可愛そうな大人たちは彼女を放っておいてくれない。実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、そして出奔を繰り返す母の優奈─誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いてゆく。そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化が─雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切でやさしい愛の物語。



旭川市が舞台という事で、北海道生まれの私にはとても共感を覚えた作品。

桜庭さんって北海道出身なの?と思うくらい、北国の風景が目に浮かぶようでsnow_02.gif
雪が降り積もった朝は、音がないのです。自分の足音も、車のエンジンの音も。
この作品も、全てが真っ白な雪に吸収されてしまったかのように静謐さに満ちた作品でした。

桜庭作品は、前にアンソロジーで短編を読んだだけ。長編は初挑戦です。
どこか気だるげだけれど、透き通った文章にすっかり魅了されてしまいました〜balloon_59.gif


hana16.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 綺麗  切ない  流れるような文章  美貌の少年と少女


「わたし、川村七竃十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」

美しさゆえに奇異の目で見られる少女・七竃と、薔薇色の頬をした美少年・雪風。
美貌の持ち主ながら、とても幸せとはいえない二人の人生を追いかけずにはいられないballoon_89.gif

「純愛」という言葉からは程遠いけれど、真直ぐで汚れのない愛情。
七竃と雪風は、お互いの美しい顔の中に何を見出していたんだろう??
歳を重ねるにつれて、兄妹のように似てくる幼馴染の姿に何を思っていたんだろう??

うぅぅ……切なすぎる。

七竃の母・優奈は「いんらん」と呼ばれ、忌み嫌われていたけれども、
こんな歪な形でも母娘なのだなぁ…と思うと、やるせない気持ちになりましたballoon_73.gif

大人達の欲望、醜悪さ。色んな汚いモノが深々と降り積もる雪に浄化されたようで。
最後に残ったのは、何とも名状しがたい切なさなのでした。。。


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」読了☆(01/26)
nanacoさん、こんばんは〜★

初桜庭長編ですね! 初期の頃と最近は随分変わってきたように思います。近作は重たさが増している(長くもなってきてるし)と思います。自分もあまりよんでないですが、桜庭さんは大好きです。この七竃も不思議な切なさがただよっていてよかったです!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/01/26(水) 21:49 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



桜庭さん、何故か今まで手を出しづらい作家さんでした。

多分、勝手に自分の頭の中でドロドロした作風を思い描いていたんだと思います〜^^;

でもこの作品すごく好きでした。面白いというよりも、雰囲気が好きですねぇ。

七竃と雪風があまりにも儚くて…こんな結末しかなかったのかと切なくなりました(泣)



最近の作品は、初期の頃とは変わってきているのですか??

こういう、文章そのものを楽しむような綺麗な作品が読みたいですねぇ(*^^*)

次は「砂糖菓子の弾丸〜」あたりに挑戦してみようかなぁと思っています!

また気になる作家さんが一人増えました☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/26(水) 22:21 [Edit
Re:桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」読了☆(01/26)
桜庭さんも色んな作風を持っている作家さんですね。

柊は明るくさらっとよめる「GOSICK」シリーズも好きだし、「少女七竈〜」や「砂糖菓子〜」みたいなシリアスな作品も好きです。

でも、苦手…な作品もあったりして^^;

作品選びが難しいです…☆
by 柊♪ #79D/WHSg
2011/01/27(木) 08:16 [Edit
Re:桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」読了☆(01/26)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



桜庭さんといえば、『砂糖菓子〜』が気になってたんですけど、

この本も、面白そうというか、良さそうな感じですね(*^_^*)

美しくて切ない恋の話…たまにはいいかも!(*^^)v

ところで、少女の名前は何て読むんでしょう?

少年の方は「ゆきかぜ」かなぁ?

さっそく読みたい本リストに加えておきますね〜(^o^)/



いまから『ミストスピリット』の感想をUPするので、

TBをいただいて帰りますねっ(^_-)
by miwa125 #79D/WHSg
2011/01/28(金) 18:03 [Edit
Re:桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」読了☆(01/26)
こんばんは〜、nanaco☆さん。^^

桜庭さんって女性なんでしたよね〜?

すごく不思議な作品を書かれる方なんですね。

読解力のない私には無理そうな感じ。^^;

ですが、独特の空気を描ける作家さんって憧れに近いものを感じますので、桜庭さんは要チェックですね!



雪が降り積もった朝って本当に音がないの?

なんとなく想像はできるんだけど、実際に体験してみたいな〜って思いました。^^
by picchuko #79D/WHSg
2011/01/28(金) 19:22 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、おはようございます〜♪



桜庭さんの長編は初でしたが、とっても好きな作品でした(^^ゞ

七竃の母親の事をよくよく考えると、恐ろしい話だなぁという気もするんですが…(笑)

でも文章がサラッとしているせいか、それほどドロドロとした印象はありませんでした。



>柊は明るくさらっとよめる「GOSICK」シリーズも好きだし

「GOSICK」シリーズも面白そうですね〜(*^0^*)可愛い表紙のやつですね?

色々なタイプの作品を書かれている作家さんのようですね☆

桜庭さん初心者なので、オススメ作品があったら是非教えてくださいね。

次は「砂糖菓子〜」に挑戦してみたいと思います!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/30(日) 08:22 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます〜♪



この作品、とても良かったですよ!( ^ ^ )/

薄い本なのであっという間に読めちゃうんですけど、中身はすごく濃ゆいです(笑)

でも、よく考えるとドロドロ〜な話なのに、不思議と読後は綺麗な印象しかなくて…

七竃と雪風が、どこか世間から切り離されたふわふわした存在だったからなのかな?

二人にはある秘密があるんですが、それがまたどうしようもなく切ないのです(><)

miwaさんも、是非読んでみて下さい。きっとお好きな作品だと思います〜☆



>いまから『ミストスピリット』の感想をUPするので

わ〜「ミストスピリット」読まれたんですね!TBありがとうございます^^

miwaさんの感想をうかがうのが楽しみです。後から遊びに伺いますね〜ヽ(*^^*)ノ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/30(日) 08:31 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます〜♪



そうなんですよ!桜庭さんって女性なんですよね^^名前だけ見ると本当に男性みたい(笑)

でも文章表現がとても繊細で、あぁやっぱり女性なんだな…と。

面白いというよりも、雰囲気を楽しむ作品なのかなって思ったりもします。

いつか直木賞を受賞した「私の男」にも挑戦したいですが、なかなか食指が動きません(笑)



>雪が降り積もった朝って本当に音がないの?

全然音がないんですよ〜!毎朝7時前に家を出るんですが、ほぼ無音なんですよねぇ…

気温によっては、歩く度にギュギュと音が鳴る日もあるんですが、とにかく静かな朝です。

まぁ人や車が少ないっていうのもあるんでしょうけど!(笑)

凍てつくような寒さですが、私は夏よりも断然冬の朝の方が好きです(*^^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/30(日) 09:12 [Edit
Re:桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」読了☆(01/26)
nanaco☆さんこんばんは!

桜庭さんわたしも最近読みました。初でしたが、ラノベっぽい感じで読みやすかったです。



こちらは切ない作品なのですね(*^-^*)

なんとなくドロドロな感じがして桜庭さん読んでなかったのですがそういう作品ばかりではないのですね。
by Cedie #79D/WHSg
2011/02/05(土) 20:41 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは〜♪



おぉ、Cedieさんも桜庭作品読み始められたんですね!

先ほど読メのレビュー拝見してきましたが、「GOSICK」も面白そうですね☆

アニメ化も始まった事ですし、私も機会があったら読んでみようと思います( ^ ^ )/



何となく桜庭さんって、私もドロドロした作品を書かれるイメージだったんです…

「私の男」なんてタイトルからしていかにも!じゃないですか〜〜(笑)

今回読んだ作品は、なかなか壮絶なお話でしたけど透明感があってとても好きでした(*^^*)

少しずつ、違う作品にも挑戦していけたら良いなぁ、と思います!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/02/05(土) 20:59 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。