FC2ブログ
Welcome to my blog

森見登美彦「太陽の塔」読みました♪

ななこ




【太陽の塔】森見登美彦 rating_47.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。



ほぉ……これが日本ファンタジーノベル大賞なんだballoon_65.gif
というより、これってファンタジーの部類に入るんだ!とつい思ってしまった(笑)

私は、ファンタジーといえばつい「剣」「魔法」という安易なモノを思い浮かべます。
でもよくよく考えたらファンタジーの定義って、ちゃんと考えた事がない。
…という訳で、今更ながら辞書で調べてみました。

ファンタジー[fantasy]
1 空想。幻想。白日夢。
2 幻想的な小説・童話。


普段は2の意味で使ってる事が多いですねぇ。
ですが、この本は間違いなく1のファンタジーですな。空想…つまり妄想(笑)

ま、身もフタもない言い方になりますが、
「太陽の塔」は、巨大な妄想しか取り柄のないヘタレ大学生の妄想日記のようなものです。


020.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ これもファンタジー  妄想  笑える  読む意味はあるのか?笑


「阿呆だな〜」と馬鹿にしつつも、気付けば森見作品を追いかけている自分がいます(笑)

当然の事ながら、全く教訓は得られない。よく考えると読む意味も分からない。
でも、あまりの阿呆さにクククと笑ってすっきりとした読後感で。時々ふと思い出して。
そんな小説があっても良いじゃないですか〜balloon_34.gif

彼女に振られた大学生が、無駄に男臭い友人達と妄想に耽る不毛な日々。
この作品がデビュー作という事もあってか、他作品に比べると阿呆度は低めです。

あまりに滑稽で、でも失恋の切なさと甘酸っぱさもほんのりと感じられる青春小説でした!



cat_26.gif この作品が好きな方はこちらもどうぞ。。。

 review3.png    review3.png


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 12

There are no comments yet.
☆ちこ  
Re:森見登美彦「太陽の塔」読みました♪(01/23)

こんにちわ〜♪



私もファンタジーって、2の方だけだと思ってました。

空想がファンタジーの部類に入るのなら、私の頭の中はファンタジーかも。。。

私も空想というより妄想ですが(笑)



失恋した男の人って、ちょっと母性本能がくすぐられたりしますが、この小説の場合は阿呆らしくて、そんな気になりませんか?(笑)

2011/01/23 (Sun) 12:53 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
ぷっ!

阿呆度が低めって!(笑)



「失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ」っていうのもどうよ!って思いましたが、

妄想日記もなかなか愉快そうですね〜。^^

落ち込んだ時に森見作品を読むと元気になれそうですね〜。

うつの人が多い中、こういう作品も意味を成すのかもしれませんね。(笑)



私も、元気が欲しい時に読んでみようっと!!!^^

2011/01/23 (Sun) 13:58 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:森見登美彦「太陽の塔」読みました♪(01/23)

nanacoさん、こちらにもこんばんは〜★

これ、唯一、森見さんので読んだことがある本です。

バカっぽくて楽しかったのを覚えています。



ファタジーだったかしら?

バカな(また言ってしまった)な大学生活の話でしたよね〜

2011/01/23 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:森見登美彦「太陽の塔」読みました♪(01/23)

nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



あっ、この太陽の塔の表紙、本屋さんでよく見かけましたよ〜。

大阪の万博公園にある塔だから、強く印象に残ってます^^

なんかの賞を受賞した作品だったのは覚えてるんですけど、

ファンタジーノベル大賞だったんですね〜♪

ヘタレ大学生の妄想日記ですか〜。何だかすごく面白そう(*^m^*)

それにしても、これから失恋する予定の人っているのかしらん(笑)

2011/01/24 (Mon) 18:10 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは〜♪



ですよねですよね!私もファンタジー=幻想的な小説というイメージでした^^;

あと、グインみたいに現実逃避できるお話って感じでしょうか(笑)

でも、空想(妄想)もファンタジーなら、私も毎日がファンタジーの世界ですよ…くく。



この小説の登場人物は、主人公のみならず皆阿呆なキャラなので、とにかく笑えます!

いや、一歩間違えればキミストーカーだよ…と思うほどの執着っぷりです(* ̄m ̄)

こんな男の子に好かれちゃったら、一生苦労しそうですよぅ。。。

でもププッと笑えて、最後にはホロリときて。なかなか素敵な青春小説でした〜☆

2011/01/24 (Mon) 19:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



ふふ、そうなんです。森見作品の面白さは、「阿呆度」で決まると思うのです!

☆の数は、阿呆の度合いと考えて頂いても結構です(笑)

この人の本を読んでいると、自分の悩みがちっぽけに思えてくるんですよねぇ(^^ゞ

細かい事考えず、毎日楽しく生きてりゃイイんだ!という気になっちゃうんです。



言われてみれば、毎日鬱々と過ごしている人には薬になるような本かもですね〜(*^^*)

ま、本気で失恋した人はこんな阿呆な本なんて読まないかもしれませんが…(笑)

毎回絶賛できる作品ではないのに、時々無性に読みたくなっちゃう作家さんです♪

2011/01/24 (Mon) 20:04 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



「太陽の塔」日向さんも読まれたんですものね〜(*^0^*)

他の森見作品に比べると、これでも若干真面目なような気がしたのですが(笑)

人をおちょくったような文章は、デビュー時からだったのだなぁと嬉しくなりました!

森見さんの言葉遊びが面白くて、気付けば顔がニヤけてしまいます。。。



ところで、男子大学生って日々こんなに妄想しているもんなんでしょうか?(爆)

「阿呆だな〜」と思う反面、こんな学生生活は面白いだろうなぁと羨ましくなります^^

森見さんは阿呆な男子学生を主人公にした作品が多いですね!

2011/01/24 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



最初読んだ時、「これがファンタジーノベル大賞なんて!」と驚きましたよ〜(><)

同じ大賞を受賞した「僕僕先生」や「しゃばけ」に比べると随分雰囲気が違いますねぇ。

ホラー小説大賞と同じで、随分と作品の幅が広い賞みたいですね☆

でも、「妄想」という意味で考えるならば、間違いなくこれはファンタジー小説です(笑)



>大阪の万博公園にある塔だから、強く印象に残ってます^^

私は実物は見た事がないんですけど、なんだかすごくインパクトがありますね!

20世紀少年で使われていたやつですよね?(観てないですけどイメージが……)

今度大阪に行った時は、是非一度見てみたいと思います〜( ^ ^ )/

2011/01/24 (Mon) 20:16 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:森見登美彦「太陽の塔」読みました♪(01/23)

こんばんは☆



確かに、あらすじからは

ファンタジーの要素が感じられないかも・・w

「巨大な妄想しか取り柄のないヘタレ大学生の妄想日記」

に思わず笑っちゃったよ。笑

そう言われると、読んでみたくなるわ〜w

2011/01/24 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

Yuriちゃん、こんばんは〜♪



でしょ?あらすじ読んだだけじゃファンタジー(しかも大賞!)には見えないよねぇ^^;

でもファンタジーには空想・妄想っていう意味がある事に気付き、

あぁこんな本でもれっきとしたファンタジーなんだなぁと一人で納得しました(笑)



>巨大な妄想しか取り柄のないヘタレ大学生の妄想日記

こんな大学生活、楽しそうだな〜って思う反面、ちょっとわびしくなりそうだよ。。。

時々、本を読んでる途中ふと我に返って「何でこの本読んでるんだっけ?」と、

呆然とすることがあります…(笑)うん、我に返っちゃいけないよね、これは!

でもとことん阿呆でも、何故か元気をもらえる本でもあるので、

Yuriちゃんもちょっと落ち込んだ時は、是非この本読んでみてね〜(≧∇≦)☆

2011/01/26 (Wed) 20:04 | EDIT | REPLY |   
うしさん  
妄想が売り!!

太陽の塔、楽しそうですね〜。



ファンタジーって妄想・・・、だったんですか。

どっちかというと1.なのかなって思ってたんで。

いまどきの大学生の生活って、妄想だらけなのかな?。

ちょっと読んでみたくなってきました〜。



あとね、森見先生についての記事があったんです。

これがオモシロイ。

http://www.birthday-energy.co.jp/ido_syukusaijitu.htm



なんでも妄想は得意中の得意みたいですよ(笑)。

小学3年生で作家になることを決意したのが、

自然の流れなんだそう。

創造力から産出される仲間に演じさせる妄想的とも言える

森見一座が売り・・・

ということは、大学生はかなり妄想入ってますね〜。



やばいな〜、明日本やいってみますわ〜。

2011/02/04 (Fri) 22:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
うしさんさんへ

うしさんさん、こんばんは〜♪

ご訪問&コメントありがとうございます!(^^)



ファンタジーが妄想って面白いですよね(笑)

前にある作家さんが、「小説は作家の妄想の産物だ」と仰っていたのを思い出しました。

小説は自分だけの世界を一から造りださなくちゃいけませんもんね〜(* ̄m ̄)

特に森見さんの場合は、その妄想度がかな〜り大きいんでしょうね!



「太陽の塔」面白いです。でももっと面白かったのは「夜は短し歩けよ乙女」ですかね。

ここまでぶっとんだおバカ小説(褒めてます。笑)はなかなか読めるものではありません!

もし未読でしたら、是非一度読んでみて下さい☆

2011/02/05 (Sat) 17:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply