06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.15 *Sat*

曽根圭介「熱帯夜」読みました♪



【熱帯夜】曽根圭介 rating_48.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
猛署日が続く8月の夜、ボクたちは凶悪なヤクザ2人に監禁されている。友人の藤堂は、妻の美鈴とボクを人質にして金策に走った。2時間後のタイムリミットまでに藤堂は戻ってくるのか?ボクは愛する美鈴を守れるのか!?スリリングな展開、そして全読者の予想を覆す衝撃のラスト。新鋭の才気がほとばしる、ミステリとホラーが融合した奇跡の傑作。日本推理作家協会賞短編部門を受賞した表題作を含む3篇を収録。



お友達のまるさんから紹介していただいた本です〜balloon_28.gif
まるさん、面白い本をオススメ頂いて本当にありがとうございますっ!

最近、角川ホラーって「ちょっと切ない」とか「温かい」ホラー作品が多い気がします。
たとえば、恒川光太郎さんの「夜市」とか、田辺青蛙さんの「生き屏風」とか。
それは大歓迎だし、これからもそんな素敵な作品を読みたいと思うのですが。

でもこの「熱帯夜」は、久々に「これぞホラー!!」と、
思わずうぅむと唸ってしまうような、心の底から震えあがるような作品でしたballoon_59.gif


024.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 怖い  近未来ホラーもあり  表題作より他の2作が衝撃的

【目次】(「BOOK」データベースより)
熱帯夜/あげくの果て/最後の言い訳


3つの短編が収録されていますが、表題作「熱帯夜」は途中で展開が読めちゃいました。
スピード感があってとても面白かったのですが、ここでは割愛します。

という訳で、個人的に好きだったのは「あげくの果て」と「最後の言い訳」。

point_21.gif あげくの果て
これは近未来SFホラーってところかなぁ?すごく面白かったです。
高齢者の徴兵制度が導入化された近未来のお話。ゴメンナサイ。不謹慎だけど好きです(笑)
でも胸が痛い。「お迎え」という言葉が何ともリアルで、生々しいのです〜balloon_89.gif


point_21.gif 最後の言い訳
「あげくの果て」も面白かったですが、すっかり度肝を抜かれてしまったのが「最後の言い訳」。

だって、だって……大好きなゾンビ物なんだもの!!

バイオハザードを思い出しました。もちろんゾンビ繋がりってことで(笑)
蘇った死者が見境なく生者を襲う。それだけならどんなに良かった事か……!!
でも、主人公がゾンビ、久々に再会した初恋の人が普通の人間だったとしたら??

タイトルが「最後の言い訳」とは、なんとも皮肉が効いていますね。。。


こういう毒たっぷりのホラーは大好きです〜balloon_34.gif
「鼻」や「沈底魚」…他の曽根作品も読んでみたくなりました。

 
【送料無料】鼻

【送料無料】鼻

価格:620円(税込、送料別)

【送料無料】沈底魚

【送料無料】沈底魚

価格:660円(税込、送料別)




graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

応援完了です。
Good evening.



いつも応援感謝しております。



今日は中3の午前中授業だけで済みました。



とても嬉しいフリータイムです。



さて、不正携帯アクセスで



トップに顔を出した輩がおります。



退治しなければなりません。



緊急応援要請をします。



ご協力の程よろしくお願いします。



寒波にご注意くださいね。



Have a good weekend.

Thank you so much.

by 神風スズキ #79D/WHSg
2011/01/15(土) 21:17 [Edit
Re:曽根圭介「熱帯夜」読みました♪(01/15)
こんばんは〜、nanaco☆さん!

次から次へと面白い本を見つけるのが上手ですね〜。^^

そっか、そっか、nanaco☆ちゃんはゾンビものが好きだったんだね。(笑)

曽根さんの本の表紙の絵、どれもインパクトがあって、面白いです。^^

特に「鼻」に興味があります。

読んで是非感想を聞かせてくださいね!
by picchuko #79D/WHSg
2011/01/15(土) 23:39 [Edit
Re:曽根圭介「熱帯夜」読みました♪(01/15)
こ、怖そう…。

読んでみたいけど、読んだ後が怖いような…。

後ろを振り返れなくなりそうな(笑)



勇気と機会が持てたら読んでみたいと思います〜!
by 柊♪ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 10:04 [Edit
Re:曽根圭介「熱帯夜」読みました♪(01/15)
こんにちはー☆



読まれたんですね〜♪

わたしはホラー経験値が低いんですが、nanacoちゃんも怖かったならやっぱり本物なのか…。

っていうか「ゾンビ大好き!!」ってそんな赤太字で書かなくても!!!爆爆爆

はぁ〜…笑った…



>蘇った死者が見境なく生者を襲う。それだけならどんなに良かった事か……!!



正にそんな感じですよね。

明らかにゾンビっぽかったら思い切り退治してやるのに…!!

昨日「沈底魚」買ってきました〜☆

こちらも近々読んでみます〜。

by まる811 #79D/WHSg
2011/01/16(日) 10:44 [Edit
Re:曽根圭介「熱帯夜」読みました♪(01/15)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



まるさんに続いてnanaco☆さんも読まれたんですね^^

お二人の感想を伺ったら、ますます気になってきました〜(><)

近未来SFホラーで、「あげくの果て」が気になったんですけど、

高齢者の徴兵制度で、ちょっと笑ってしまいました…不謹慎だけど(^_^;)



nanaco☆さんの大好きなゾンビ物の「最後の言い訳」も面白そうです(*≧▽≦*)

ちょっと怖いけど・・・。

主人公がゾンビで、初恋の人が普通の人間…なんて切ない設定なんでしょう…(T_T)



私もいつか読んでみますね〜(^^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2011/01/16(日) 16:36 [Edit
Re:曽根圭介「熱帯夜」読みました♪(01/15)
nanacoさん、こんばんは〜★

恐そう〜、ううっ読みたい!

実は鼻の方が積読なのでそっちから読もうかと思ってます。

あげくの果てがすごく興味ありです!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/01/16(日) 20:26 [Edit
神風スズキさんへ
神風スズキさん、こんばんは〜♪



>不正携帯アクセス

おぉっ…そ、そんな事が!(笑)

了解です〜後ほどまた応援クリックしに伺いますね( ^ ^ )/

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 21:44 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



>そっか、そっか、nanaco☆ちゃんはゾンビものが好きだったんだね。(笑)

ふふふ〜実はゾンビ物大好きなんです!(* ̄m ̄)

映画とかも、怖いんだけどどうしても気になって観ちゃうんですよねぇ。

最近のゾンビは、妙に活発な動きをするから恐ろしいです。全速力で追いかけてきたり(笑)

そういえば「屍鬼」(土葬のお話、覚えてます?)もある意味ゾンビなんですよね〜☆



「鼻」の表紙、すごいインパクトありますよね!一度見たら忘れられない…^^;

こちらの作品は、日本ホラー小説大賞短編賞受賞しているみたいなので気になります。

でもこういう本を立て続けに読んでいたら、心がだんだん病んできそうで怖いです。。。

そういう時はpicchukoさんのブログへ遊びに行って、心を綺麗にしたいと思います!(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 21:51 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



>勇気と機会が持てたら読んでみたいと思います〜!

とっても薄い本なので、あっという間に読めちゃうかと思います(*^^*)

…でも、中身はと〜っても濃いです。一度読んだらずっと残るタイプのお話です(笑)



実は表題作は一番怖くないんですよね。ホラーという感じではないです。

でも「最後の言い訳」が何とも…^^;怖さとおぞましさが半々ぐらいでしょうか。

でもその中にちょっと笑えるブラックユーモアもあって、不思議な読後感を残す作品でした☆

柊さんがどんな感想を持たれるのか、是非おうかがいしたいです〜(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 21:56 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



まるさん、面白い本を紹介していただいてありがとうございましたっ☆

ホラー経験値(笑)私もまだまだですが、この本はかなり怖かったです〜〜(><)

ゾンビ物は良いですね…そういえばスカール様も自分の事をゾンビと言ってましたね。

「ゾンビー対ゾンビーの戦いなら負けるものか!」どうでも良い台詞今でも覚えてます(笑)



何だか有り得ない設定が、当たり前のようになった世界が恐ろしかったです〜^^;

ゾンビって、大抵動きがトロくてカクカク動くものじゃないですか?イメージ的に。

でもそれが普通の人間のように暮らして、たまに人間を食べて…って。こ、怖……。



>昨日「沈底魚」買ってきました〜☆

おぉっこの本も面白そうですよね!まるさんのレビュー楽しみにしてます(*^^*)

ところで、さっき曽根さんの経歴を読んで驚きました…

「サウナ従業員、漫画喫茶店長を経て、その後無職に。」どんな作家なんだ!(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 22:08 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



まるさんの魅力的なレビューを読んで、私も思わず買っちゃいました!(^^ゞ

これは久々に怖くて、ギョッと鳥肌が立つようなホラーでした。こういうの好きです☆

高齢者の徴兵制度、不謹慎だけどヨボヨボのじいちゃん達が…って想像すると…(* ̄m ̄)プッ

この作品、設定を海外にしたら映画になりそうな作品だなぁと思いました。



「最後の言い訳」は…とにかく恐ろしかったです。その光景を思い浮かべるとビビります。

でも不思議な事に、恋愛物語でもあるんですよ〜ゾンビなのに!(笑)

「屍鬼」もそうだったけど、ゾンビと人間、どちらの側に感情移入するかによって、

随分こういう作品の印象って変わってくる気がしますよね〜(><)

とても面白いですが恐ろしい作品なので、miwaさんも読まれる時は覚悟して下さいね!(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 22:17 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



ふっふ…日向さんはきっと「あげくの果て」がお好きだと思います(笑)

まさかホラーが近未来物でくるとは!と、ちょっとビックリしましたよ〜(@_@)

なんとな〜くですが、舞台を海外に変えれば「わたしを離さないで」みたいな雰囲気です。

「あげくの果て」も毒たっぷりで面白かったし、今後要チェックの作家さんです☆



日向さん、「鼻」積まれてるんですね〜(*^-^)

この作品は、タイトルも装丁もかなりインパクトがありますよね…気になります。

日向さん、読まれて是非感想を教えて下さい!楽しみにしています^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 22:24 [Edit
感謝の念
Good evening.



やっと天気が落ち着いてきた長崎です。



明日も荒天の地方が多いそうですので



ご注意ください。



Good night.
by 神風スズキ #79D/WHSg
2011/01/16(日) 22:59 [Edit
神風スズキさんへ
神風スズキさん、こんばんは〜♪



先ほど応援クリックしてまいりました(*^^*)

また1位になれるように、毎日お勉強&ポチしに伺いますね〜☆

こちらも、今日は猛吹雪でした…もう前が見えません…。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/17(月) 20:25 [Edit
Re:曽根圭介「熱帯夜」読みました♪(01/15)
こんばんわ〜♪

あれ?なんか記憶にあるぞ・・・と思ったら、そっかー♪まるさんとこで見てたんですね♪

それにしてもnanaco☆さん・・・ゾンビが好きだなんて(笑)

主人公がゾンビという設定に興味があるかも〜〜



そうそう。栗本さんの例の本(笑)見に行きましたか!?

グイン版の何冊かはもう売り切れでしたね(T.T)

「マルガ・サーガ」ちょっと興味があったのに残念・・・

とん言いつつ・・・実は「ローデス・サーガ」は持っていたりします(爆)

積んでますが(^^;)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2011/01/17(月) 23:56 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、おはようございます〜♪

お返事が遅れちゃってゴメンナサイ!(><)



このレビュー書いた時、かなり酔っぱらっていた覚えがあるので、

まるさんにツッコまれたように赤太字で「ゾンビ大好き!」と宣言した事が恥ずかしい(爆)

うふふ〜でもホントゾンビ物は好きなんです(*^m^*)

バイオハザードの世界になったら、私真っ先にやられちゃうような気はするんですが…

現実にそんな事は絶対起こらないって分かってるからこそ、楽しめるんでしょうね〜^^;

この本面白かったです♪「最後の言い訳」かなり衝撃的な展開でした。。。



>「マルガ・サーガ」ちょっと興味があったのに残念・・・

あっ、私も「マルガ・サーガ」読んでみたかったです。

まさかまさかのナリス様×ヴァレリウスですか?うぅむ、怖いけど興味津々…

ナリス様×イシュトの方が絵になる(どんな?笑)気がするんですけどね〜^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/01/22(土) 10:06 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。