09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.05 *Sat*

2月☆読書メーターまとめ(1)


2月に読んだ本を読書メーターでまとめました〜balloon_28.gif
先月は、何気に再読が多い月だったような気もします。。。

2月の読書メーター
読んだ本の数:20冊(小説13冊・漫画6冊・雑誌1冊)
読んだページ数:4620ページ



黒執事(11) (Gファンタジーコミックス)黒執事(11) (Gファンタジーコミックス)
不死鳥(爆)も〜〜不意打ちヤメテクダサイ。ふ、腹筋が!新章はまた一気に雰囲気変わりそうですね。セバスとシエルの変装が可愛くて、もうちょっと見ていたかったなぁ。駒鳥シエルでも金髪美少年シエルでも、やっぱりドルイット子爵に気に入られちゃうのね・・・。(ドルイット子爵といえば、彼の登場の仕方にも吹きました。笑)ギャグとグロとシリアスのバランスが絶妙で面白いなぁ。サーカス編でお気に入りだったあの彼もこれから頻繁に登場しそうで楽しみ。シエルよ、お願いだから彼の事見捨てないであげてね・・・。
読了日:02月28日 著者:枢 やな


子どもたちは夜と遊ぶ (下)子どもたちは夜と遊ぶ (下)
再読。なんて悲しい物語なんだろう。今回は月子と孝太の関係を踏まえた上での再読だったので、余計に浅葱の必死な想いが痛々しくて、苦しくて、涙が零れた。「双子」や参考文献からトリックはもしかしたら容易に導き出せるものかもしれない。でも、この本を単なるミステリーとして読むには、あまりにも登場人物達に血が通っている。人形のような月子も、体温を感じさせない浅葱も、読み進めていくうちに生々しいほどに人間味が感じられて。犯人当てのためだけにこの本を読むのは勿体ないです。苦しいけれど、きっとまた読んでしてしまう・・・。
読了日:02月25日 著者:辻村 深月


子どもたちは夜と遊ぶ(上)子どもたちは夜と遊ぶ(上)
再読。本棚を整理中、何気なく手に取ったらついつい夢中になって・・・。やっぱ面白い!今でも辻村作品のマイベストです。小さな頃の兄の記憶に縋り、言われるがままに次々と殺人を犯していく「θ」。世の中でただ一人、感情を共有しありのままの自分を見せられる相手。姿を見せぬ「i」とは、「藍」とは?読み返してみると至る所に伏線がザックザク。残虐なシーンが多くてとても気持ちの良い作品とは言えないけれど、「i」と「θ」の歪んだ想いが息の詰まるような緊張感を生み出します。あぁ、ここまできたら下巻も読まないと(笑)
読了日:02月22日 著者:辻村 深月


レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)
面白かった〜!!脱力系(というか相手を脱力させる)の女の子達にもう爆笑。男の子達は無駄に美形だし(笑)どれも異色の組み合わせに見えて、実は妙なつり合いがとれているのに笑っちゃいました。「ドングリにもほどがある」の二人が特に好きだったなぁ。何このドングリとクルミを通じた不思議カップル(笑)高校生と小学生の恋も可愛くてニンマリ。ほんわかと温かい気持ちになる学園コメディでした。
読了日:02月19日 著者:川原 泉


ミストクローク―霧の羽衣〈3〉永遠(とわ)の大地 (ハヤカワ文庫FT)ミストクローク―霧の羽衣〈3〉永遠(とわ)の大地 (ハヤカワ文庫FT)
おぉぉ〜・・・面白かった。何この怒涛の展開!これで完結というのが本当に惜しい。けれど、これ以上のラストは書けないだろうというくらい、深い満足感でいっぱいです。確かに情け容赦のない作者らしく想像もしていなかったような過酷さに直面するわけですが、むしろそれも潔く不思議と読後感は爽やか。1巻からの伏線がこんな風に収束されていくとは驚きです。「ミストボーン」の頃はなかなかピンと来なかった合金術。今では、金属を飲み下して華麗に空を舞うヴィンやエレンドの姿が容易に思い描けるようになりました。続編が待ち遠しい!
読了日:02月18日 著者:ブランドン サンダースン


ミストクローク―霧の羽衣― 2古からの声 (ハヤカワ文庫FT)ミストクローク―霧の羽衣― 2古からの声 (ハヤカワ文庫FT)
あぁ、やっぱり3巻揃えておいて良かった・・・(笑)このシリーズはとにかく続きが気になって仕方がない!一番驚きだったのはコロス誕生の秘密。彼らが出来上がる場面を想像すると、ちょっと気持ちが悪くなりますが。ヴィンは主人公にも関わらず、強大な力を持った<霧の落とし子>という事で妙な安心感があったのですが、もしや初めてのピンチ?<破壊>神の正体も徐々に明らかになってきた所で、一気に物語が加速し始めます。次はいよいよ最終巻。容赦のない作家さんだという事は承知のうえなので、ちょっとだけ読むのが怖い。
読了日:02月15日 著者:ブランドン・サンダースン


太陽の涙 (Coffee Books)太陽の涙 (Coffee Books)
美しく紡がれていく詩的な文章に、思わず見惚れてしまうほどの幻想的な挿絵。南の島の神話を想像させるような物語は、時には温かく、時には痛みを伴って胸に深く沁み込んできます。鈴木光司さんの「楽園」、遠田潤子さんの「月桃夜」を思わせるような物語でした。侵略と抑圧された怒りと悲しみ。理不尽なものにどうしてこう惹かれてしまうのかなぁ・・・。時間をおいてまた読み直してみたい作品です。
読了日:02月14日 著者:赤坂 真理





関連記事

COMMENT

Re:2月☆読書メーターまとめ(1)(03/05)
こんばんは、nanaco☆さん。^^

まぁ、今月もしっかり読書されてて凄いわぁ〜!

再読っていうのも、また新しい感動や発見があっていいですよね。

「太陽の涙」、気になります。

またじっくり感想を聞かせてくださいね。

「アイルランド幻想」もそうですが、異国の風を感じられる作品いいですね。

そして、nanaco☆さんお勧めなら間違いないですから〜。^^
by picchuko #79D/WHSg
2011/03/05(土) 19:21 [Edit
Re:2月☆読書メーターまとめ(1)(03/05)
nanacoさん、こんばんは〜★

辻村さんの子供たちは夜と遊ぶ は切なかったですね!



浅黄は兄からもう少し距離を置けたらな〜(無理ですね)

by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/03/06(日) 22:18 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます〜♪



最近、再読の面白さが分かってきたみたいです!

2度読んでやっとその本に対する見方が定着するというか、評価が決まるというか…^^

でも恩田さんの本だけは何度読んでも、全然印象が違う気がするんですよね〜(笑)



>「太陽の涙」、気になります。

読書メーターでナイスまで頂いて、ありがとうございます!ヽ(*^^*)ノ

これ絵本という感じなんですが、挿絵がとにかくため息が出る程美しいんですよ〜。。。

南の島の神話のようなお話で、深みのある詩的な文章がとても心地良かったです。

切ないけれどどこか温かさも感じる物語、すっかりこの世界にのめり込みました☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/03/07(月) 07:27 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、おはようございます〜♪



>辻村さんの子供たちは夜と遊ぶ は切なかったですね!

本当に!こんな結末しかなかったのかな…と、悲しくなっちゃいますよね。

でもあそこでハッピーエンドになっても、死んでいった人達が報われないし。。。

あの切なさ、やりきれなさがどうしようもないくらい好きだったりします(苦笑)



浅葱は、幼い頃のトラウマを抱えていたから、心が崩壊寸前だったんでしょうね(><)

お兄さんを求める気持ちも理解できるし…それが唯一月子の存在に救われていたのかな…

もし誤解さえなければ、皆が幸せになっていたのに、と思うとホントやりきれません!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/03/07(月) 07:32 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
30位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。