08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.23 *Sat*

3月☆読書メーターまとめ(1)


3月に読んだ本を、読書メーターでまとめました〜balloon_34.gif


3月の読書メーター
読んだ本の数:18冊(小説12冊・漫画6冊)
読んだページ数:4220ページ



三国志〈10の巻〉帝座の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志〈10の巻〉帝座の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
関羽の死から立て続けに英傑達が倒れてゆく・・・。思い入れのあった登場人物達がどんどん死んでいくので、流石に読むのが辛いです。それでも止める事のできない面白さ。曹操の後を追うようにひっそりと息を引き取った夏侯惇や、妻の突然の死の悲しみから心に隙を作ってしまった張飛。きっと彼らは何倍もの敵と対峙するよりも、愛する者の死から立ち直る方がずっと難しいんだろうな。それぞれの想い、無念、怒り、悲しみが溢れてきて、何度涙したか分からない巻でした。孫権は間違っていない、確かに間違ってはいないんだけど、色んな意味で小粒だ。
読了日:03月31日 著者:北方 謙三


三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
関羽ー!!呂布、周瑜ときて・・・何度泣かせたら気が済むんだ、北方さん。信義に厚い関羽だからこそ見抜けなかった罠。彼にもう少し人間の愚かな部分、汚い部分が見えていれば、あるいは違う結末が待っていたのかもしれない。「私は、最後まで諦めぬ。男は、最後の最後まで闘うものぞ。」公明正大で誰にも恥じる事のない生き方をした男の、見事な最後でした。それにしても孫権!どんどんちっちゃい男になっていくぞ!孫策と周瑜がいた頃は、必ずや大物になるだろうと信じて疑わなかったのにな。
読了日:03月28日 著者:北方 謙三


三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
類稀なる才能や力を持った漢達が次々と散ってゆく・・・(泣)益州を目前に儚く散っていった周瑜はさぞ無念だっただろうなぁ。自らの身体を蝕む病魔と戦いながらも、冷静に判断を下す周瑜。親友の孫策を失ってから、一体どれだけの重荷を一人で背負ってきたんだろう。天下二分を狙う周瑜と、天下三分を唱える孔明。歴史にたらればを求めても詮無い事だけど、二人が違う出会い方をしていたら・・・と思わずにはいられない。孔明に宛てた取りとめもない書簡に涙が出ました。
読了日:03月24日 著者:北方 謙三


三国志〈7の巻〉諸王の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志〈7の巻〉諸王の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
赤壁の戦い!1巻から読んできてどれも5つ星を付けたくなるような面白さだけれど、中でもこの巻は永久保存版にしたい。傑作。風を完璧に読んで味方に付け、火攻めにより曹操を大敗させた周瑜の采配ぶりが見事です。一転して追われる側となった曹操の凄い所は、自らの非を認めて全力で生き延びようとする事。命ある限り、次は必ず勝利するという空恐ろしいまでの執念。周瑜と孔明の会話がやるせなかった。お互い尊敬し合えていても、次に会う時は敵同士。「覇者はひとりなのだ」という周瑜の言葉が痛い。いよいよ魏・呉・蜀の三国時代の始まり。
読了日:03月22日 著者:北方 謙三


三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
孔明、好きだ!いつも飄々としているようで、「このままでは終わらぬ」という意気込みや力強さが秘められている。「三顧の礼」が劉備だけでなく孔明視点から描かれているのが良かったです。後に天才軍師として名を馳せる孔明ですが、悩みや葛藤等人間臭さが表れている所がたまらなく魅力的。長坂橋の戦いで、阿斗や夫人達を守るため命をかけて戦った王安の姿に涙が止まらなかった・・・。西域で頭角を現し始めた馬超が、今後どんな活躍をするのか楽しみ。
読了日:03月19日 著者:北方 謙三


三国志 (5の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志 (5の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
乱暴者だった張飛のイメージがガラリと変わるなぁ。意識して自ら汚れ役となる事で劉備を安定させていたり、妻や従者に対する思いやりがあったりと、随分と心細やかな人物に描かれています。(そういえば呂布の時もそう感じた・・・)それに比べて曹操は色んな意味で凄い。迷いがない。使える者は敵であっても寝返るように働きかけ、不要な者は即座に切り捨てる冷酷さ。これはこれで一人の漢として魅力的ですが。次はいよいよ孔明が!
読了日:03月19日 著者:北方 謙三


三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
やっぱり一番魅力的に感じるのは呉の武将達。家族愛、兄弟愛、それに上下関係にまで思いやりと温かさがある。最愛の兄を失った孫権と、親友を失った周瑜。手を取り合って孫策の目指していた国を築いて欲しいです。そしてやはり特筆すべきは官渡の戦い!自軍の不利を全て力に変えてしまう曹操は凄いなぁ。徳の将軍・劉備と相対してこれぞ覇王と呼ばれる所以だと深く納得。袁紹にも天下を取るチャンスはあったはず・・・でも曹操の方が一枚も二枚も上手でした。
読了日:03月19日 著者:北方 謙三


ONE PIECE STRONG WORDS 上巻 (集英社新書<ヴィジュアル版>)ONE PIECE STRONG WORDS 上巻 (集英社新書<ヴィジュアル版>)
ONE PIECEの名言集。これはイイ!どの台詞を読んでも、そのシーンを思い出して胸が熱くなる。第4章「別れの言葉」は一人でこっそり読んだ方が良いです・・・旅立ちの別れだったり、永遠の別れだったりするわけだけど。ルフィと○○○の別れのシーンにまたもや号泣。かなり物語の核心に触れている所もあるので、本編既刊本を読んでからの方が安全です。下巻は来月発売。待ち遠しい!
読了日:03月19日 著者:尾田 栄一郎


君に届け 13 (マーガレットコミックス)君に届け 13 (マーガレットコミックス)
借り本。爽子と風早君の初々しさに終始ニヤけっぱなしでした。ポッキーのとことか・・・無意識に風早君を照れさせている爽子、ナイスです!修学旅行は爽子達と同じ沖縄だったけど、ホテルから外出禁止になった事を思い出した・・・今となっては理由が思い出せぬ。く、悔しい。龍とちづは大好きなので、上手くいって欲しいな。なんだかんだで、既に結構恥ずかしい事を平気で言い合ってる二人だと思いますが・・・(笑)
読了日:03月19日 著者:椎名 軽穂






関連記事

COMMENT

Re:3月☆読書メーターまとめ(1)(04/23)
3月は三国志一色といっていいほどですね(*^m^*)

そうか・・・ものすごく面白いんだなあと思ったほど。



ワンピはものすごくいい言葉多いですよね。もうすごく泣ける場面も多いし。冬島のチョッパー編(?)とメリー号の最期はいつ読んでも泣けます。



話し逸れますが、読書メーターで拝見させていただきましたが、最近はハガレン読んでますね。あれもいいです。女性が描いてると知ったときは驚きでした。アニメのほうはオリジナルと原作どおりの2つがあるので2回楽しめます。

コミックのカバーをはずすとその巻で死ぬ人(?)が載ってるとかそういうウワサがありますが、本当ですか??わたしは買って読んでないのでそこまで見てませんでした(>_<)
by Cedie #79D/WHSg
2011/04/23(土) 21:19 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(1)(04/23)
すごい!

三国志に染まってますね〜。

nanaco☆さんをここまで夢中にさせるのは、新撰組と三国志くらいでしょうか?(笑)



これって、男の人に人気のある本ですよね。

登場人物がケタ違いに多いんでしょ?

壮大な歴史物語ですよね〜。

う〜、これを読みこなすnanaco☆さん、やっぱり凄いです。^^
by picchuko #79D/WHSg
2011/04/24(日) 16:29 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(1)(04/23)
nanacoさん、こんばんは〜

北方三国志、面白いですね!やっと5巻まで読みましたよ!

そして6巻であの孔明が登場ですね。nanacoさんが読んでいるのを拝見して三国志の興奮がよみがえってきました。また読んでよかったです。

坂口安吾の桜の森の満開の下を季節にあわせて読みたかったのでそのあとまた三国志を読もうと思います!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/04/24(日) 21:08 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは〜♪



三国志、めちゃめちゃ面白かったです〜(≧∇≦)

こんなに続けてシリーズ物を読む事って、滅多にないかもしれません。

三国志に疎い私でもこんなにハマるのだから、北方さんは相当のやり手だと思われます(笑)

今度は別の作家さんの三国志を読んでみようと、今度は吉川英治さんのを買ってきました☆



>冬島のチョッパー編(?)とメリー号の最期はいつ読んでも泣けます。



ホント、ここは泣けますよね〜…。私も冬島編は特に大好きです。

何気にチョッパーが泣きながらパンをかじってるとこ。それだけでも泣けます(笑)

このSTRONG WORDSの本は、読んでいるとそのシーンを思い出して胸が熱くなります〜(><)



>読書メーターで拝見させていただきましたが、最近はハガレン読んでますね。



ずっと読みたい〜!と思っていたんですが、貸してもらう事ができてラッキーです^^

Cedieさんの仰っていた「等価交換」ってこの事かぁ、と納得しました。

女性が描かれているというのもビックリですが、さらにビックリなのがそのカバーの噂!

まだ3巻までしか読んでいないのですが、とりあえず今の所は大丈夫みたいです。

ていうか怖いですね〜うっかり読む前にカバー下見ないようにしないと(@_@)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/04/25(月) 20:33 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



えへへ…遅ればせながら、自分の中で三国志ブームが来ているようです(笑)

もう読み始めたら本当に止まらなくって!あまりの面白さに全身が震えています。

あ、誇張じゃないんですよ^^ホントに心臓が高鳴るくらい面白いんです♪



確かに、登場人物は桁外れに多いです!

気に入った人物が出てきても、あっという間に殺されてしまう人もいますし…^^;

それでも皆自分の信念をしっかりと持っている所が、たまらなく格好良いです(*^0^*)



>nanaco☆さんをここまで夢中にさせるのは、新撰組と三国志くらいでしょうか?(笑)



新選組と、三国志の豪傑達、どこか似た所があるのに気付きました。

きっとそれは「志」なんですよ!愚直なまでに自らの志を貫く事。

そんな格好良い漢達が、好きで好きでたまりません。現代ではなかなかいませんね(^^ゞ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/04/25(月) 20:44 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



>北方三国志、面白いですね!やっと5巻まで読みましたよ!



ふふふ…毎回日向さんの読書メーターの感想が楽しみなんです(* ̄m ̄)

もう5巻まで読まれたなんて早いですね〜♪でも分かります、一気読みの面白さですね!

孔明、これからどんどん活躍の場が出てきますねぇ。

沢山魅力的な人物がいますが、中でも孔明と周瑜は特にお気に入りです(^^ゞ



三国志、あまりにもハマってしまったので、今度は吉川三国志を読もうと思います。

さっそく1巻だけ買ってきましたよ〜こちらも読みやすそうですね(*^^*)

日向さんの続きの感想も楽しみに待っていますね☆



>桜の森の満開の下



今の季節にピッタリの作品ですね!

昔青空文庫で読んだような気がしますが、どんなお話だったでしょうか。。。(><)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/04/25(月) 21:20 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。