FC2ブログ
Welcome to my blog

辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪

ななこ





【ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。】辻村深月 rating_47.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。



「太陽の坐る場所」あたりから、どうもいまいち乗り切れなくなってきた辻村さん。
今回の作品も、どちらかというと同じような系統かもしれませぬ。

確かに文章が巧いし、人物描写(特に女性の)の細かさやリアルさには舌を巻きます。
でも、どうにもこうにもモヤモヤとした読後感がずっと尾を引いています(笑)
気分が悪い、というよりも居心地の悪さ、って感じかな……balloon_77.gif

それはきっと、直面せざるを得ないけれど直視したくないものを、
あまりにも的確に文章にされているからなのかもしれませんねぇ。。。


lp.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ タイトルの意味にビックリ  母と娘の歪な形  気が滅入る…


例えば、友達との会話だったり、女同士のどこかぎこちない関係だったり。
辻村さんと年齢も近いせいか、まるで普段の自分の姿のようでギョッとしますballoon_89.gif

母親を刺殺し、そのまま失踪したチエミ。
普段から仲の良かった母娘に一体何があったのか?彼女は今何処にいるのか?
幼馴染みずほの視点から、チエミの素顔と過去に迫っていきます。

後味が悪いですが、タイトル「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」の意味にはビックリでした!
でもあらすじにある「感動の長編書き下ろし作品」は、ちょっと違う気が…balloon_145.gif

また「冷たい校舎〜」とか「子どもたちは〜」みたいな学園ミステリが読みたいなぁ。。。


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 22

There are no comments yet.
♪ぴょん吉  
Re:辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪(04/21)

こんばんは〜♪

そうなんですよね〜。私も読んでいて同じくモヤモヤ感がありました。

タイトルの持つ意味がわかった時は感動したけれど・・・。



でもね!『ツナグ』や『本日は大安なり』はよかったです!『冷たい校舎は〜』や『子どもたちは〜』とは違う路線ですけれど すっきりと読むことができましたよぉ。

2011/04/21 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪(04/21)

そうですうよね。

最初タイトルの意味がなぜかわからなかったのですが、最後まで読むとそういうことか!と納得。



内容もわたしも結構モヤモヤというか後味が悪いというか・・・

辻村さんはスロウハイツの神様とかあの辺りが後味よかった気がします。

2011/04/21 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪(04/21)

nanacoさんこんばんは!辻村さん、確かに最初の頃とかなり違ってきてますね。変に文学?しない方がいいですね。

この作品は舞台が山梨なので、内容はともかく気に入っています。表紙もなんか奇想コレクションぽくてすき。

題名の意味はさすが辻村深月!?です。

2011/04/21 (Thu) 21:53 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪(04/21)

こんばんは☆



面白いタイトルだねー。

「ビックリする」というタイトルの意味、

何だろう〜。気になるわw



実は・・・震災があってから、どうも本を読む気になれず

何も読んでいなかったんだけど

ここ最近になって、少しずつ読むようになりました。

本を読むには心に余裕が必要なんだ・・って実感したよ・・。

2011/04/21 (Thu) 23:46 | EDIT | REPLY |   
月夜  
こんばんは^^

私も読んだのですが…とても痛かったです^^;

一つ一つの言葉がリアルに響いてきて、身近に感じられます。

歳が近いことが大いに影響してるんだろうなって思いました。。。



今までの辻村さんとは作風も違うけれど、こんなにどっしりした本も書けるんだ!

って新発見が出来たような気がします。

確かに後味は良くないんですけど、とてものめり込んでしまう作品でした。



嫌いではないんですけど、再読には勇気がいりそうです^^;

2011/04/21 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
三十路はつらいッス

 nanacoさん、こんばんは。次第に暖かくなってきましたね。北海道はいかがですか? まだ寒いですか?

 タイトル、興味あるなぁ。表紙もカッコいぃ! nanacoさんのブログで知らない世界を垣間見れましたです。…きっと重い内容なんでしょうね。私、丁度30歳なので、読んでみたいような、しんどいような(>_<)

2011/04/22 (Fri) 15:46 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪(04/21)

nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



この本、タイトルがユニークさに惹かれてチェックしたことがあるんですけど、

何だかちょっと現実的な話のような雰囲気だったので、

そのときは棚に戻しちゃいました(^_^;)

でも、タイトルの意味がすご〜く気になるなぁ〜!!



辻村さんといえば…『ロードムービー』を読みましたよ(*^^)v

地震前に読了していながら、感想のUPがまだでした^^;

近いうちにUPしますね〜。

『子どもたちは〜』の登場人物に再会できたのが

最高に嬉しかったです〜(*≧▽≦*)

2011/04/23 (Sat) 12:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
♪ぴょん吉さんへ

ぴょん吉さん、こんにちは〜♪



ぴょん吉さんもやっぱりモヤモヤ感ありましたか〜(><)

結末があんななので、ちょっとやりきれない気持ちになりましたねぇ…。

読後感が悪い、というのともまた少し違うのですが。うーん、上手く言い表せない!(笑)

でも、ここまで心の機微を暴いてくるような作家さんはなかなかいないんですよね。

あまりにリアルすぎて、居心地の悪さを感じるほどです^^;



>タイトルの持つ意味がわかった時は感動したけれど・・・。



本当に巧いですよねぇ(*^^*)まさかこんな意味があろうとは。

いつもながら辻村さんは一筋縄ではいかないなぁと感心します☆



「ツナグ」「本日は大安なり」ぴょん吉さんのレビューで気になっていました(^^ゞ

素敵な作品のようですね〜♪読むのが楽しみです。

とりあえず辻村作品は刊行順に読んでいるので、次は「V.T.R」…どんな感じでしょう。

2011/04/23 (Sat) 16:00 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんにちは〜♪



タイトルの意味、読む前から色々と推測はしていましたが、全然思いつきませんでした!(^^)

やっぱり最後の最後で何かしら仕掛けてくるんですよね、辻村さんは(笑)



>内容もわたしも結構モヤモヤというか後味が悪いというか・・・



読み終わった後は、何とも言えない気持ちになりましたね〜(*_*)

母と娘、どんな関係なら「普通」と言えるんだろう?と考えさせられました。

友達のように仲が良くても「普通じゃない」。顔を合わせては喧嘩ばかりも「普通じゃない」。

難しいですよね、適度な距離感って…。



「スロウハイツの神様」は読後感が良かったですね〜(*^0^*)

今回の作品みたいのもたまには良いですが、やっぱりドロドロ系はちょっと苦手です。。。

2011/04/23 (Sat) 16:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんにちは〜♪



>変に文学?しない方がいいですね。



同感です!やっぱり辻村さんはミステリが本領発揮というような気がします(*^v^*)

でもきっと好みの問題なんでしょうねぇ…。もう少し歳をとれば読めるようになるかな?

今はまだ、非現実的な世界のほうが自分には合ってます。(それもどうかと思うけれど…笑)



この本を読んでいる時、日向さんの住んでいる所を色々想像しながら読みました^^

地元が舞台になると嬉しいですよね。「この場所はあそこの事かな?」とか思っちゃいます。



そうそう、今日早速日向さんにオススメしてもらった「聖餐城」買ってきちゃいました☆

お値段と予想外の分厚さにギョッとしましたが、ちょっと奮発しちゃいました(*^-^)

今から読むのがすごく楽しみです!

2011/04/23 (Sat) 16:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

Yuriちゃん、こんにちは〜♪



ちょっと変わったタイトルでしょ??(*^m^*)

読む前から「タイトルの意味にビックリ」っていうレビューをいくつも読んでいたから、

自分なりに色々と想像はしていたんだけど、全く予想外だったよ〜〜☆

4桁の数字…今思えば何で気付かなかったんだろう、って思うんだけどね(笑)



>本を読むには心に余裕が必要なんだ・・って実感したよ・・。



うんうん、そうなんだよね。

私も震災の直後とか、気を落ち着かせようと本を手にしたは良いんだけど、

やっぱり動揺してるからか、なかなか中身が頭の中に入ってこなくて〜(><)

映画は黙ってても不思議とスーッと入っていくんだけど、、、不思議だよねぇ。

被災地の人達も、落ちついて本を読めるような日が早く来ると良いなぁと思います。

2011/04/23 (Sat) 16:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

月夜さん、こんにちは〜♪



>一つ一つの言葉がリアルに響いてきて、身近に感じられます。



なんでこんなにリアルなの!?って、読んでて居心地が悪くなるほどでした(笑)

女友達同士のシビアな関係だとか、本音と建前だとか…

無意識のうちにしている事を、改めて文章にされてしまったからなんでしょうか〜^^;



もしかして皆同じように感じているのかなぁ?と思って読書メーターの感想を見てみると、

「こんな関係あるの?」とか「女って怖い」って書かれている人もいるようで(笑)

あぁ、やっぱり性別や年代も関係しているんだなぁ…と(><)



>確かに後味は良くないんですけど、とてものめり込んでしまう作品でした。



同じくです!さすがに辻村さん、読ませる力はハンパないですよね(*^^*)

とても気持ち良く読める作品ではないんですけど、続きが気になって気になって。

未読の辻村作品は、ドロドロ系はもうなさそうなのでちょっと期待しています〜☆

2011/04/23 (Sat) 16:40 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんにちは〜♪



そちらは暖かくなってきましたか!羨ましいです〜〜(*^m^*)

北海道はまだまだ寒いですよ。朝晩は5℃いかないぐらいなので…。

4月も下旬に入ったというのに、まだ春とは思えないような冷たい風が吹いています^^;

これでGWに本当に桜が咲くのか?とちょっと心配しています。。。



>私、丁度30歳なので、読んでみたいような、しんどいような(>_<)



いりえさん、ちょうど30歳なのですね☆

男性と女性では少し(大分?)感じ方が違うのかもしれませんが、

いりえさんがどんな感想を持たれるのか、すごく興味があります〜(^^ゞ

なかなか重苦しくて鬱々としてくる内容ではありますが(笑)機会があったら是非!

辻村さんの初期の頃の作品も素晴らしいので、こちらもオススメしたいです♪

2011/04/23 (Sat) 16:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんにちは〜♪



>何だかちょっと現実的な話のような雰囲気だったので、

>そのときは棚に戻しちゃいました(^_^;)



くふふ…(* ̄m ̄)私と本を選ぶ基準が同じだぁ(笑)

私も現実的な話が苦手なので、やっぱり「幻想的」「不思議」という言葉に惹かれます。

今回評価が微妙だったのも、そういう要素が大いに関係していそうです〜^^;



でも、さすが辻村さん。内容は??でしたけど、グイグイ引き込まれました☆

決して好きなタイプの話ではないのに、結末が気になって仕方がないんです(笑)

タイトルの意味は、全く予測していなかったようなものでビックリでした〜(@_@)



>辻村さんといえば…『ロードムービー』を読みましたよ(*^^)v



おっ、読まれたんですね♪

この作品、私も大好きです。どれも少しずつ希望のあるラストで心が温かくなりますよね。

それにお気に入りの登場人物に再会できたのも、嬉しいですよね〜〜(≧∇≦)

また過去の辻村作品を再読したくなります。。。

miwaさんのレビュー、楽しみに待っていますよ♪

2011/04/23 (Sat) 17:05 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」読みました♪(04/21)

nanaco☆さん、こんにちは〜。^^

辻村さん、以前にも聞いた名前だな〜って思ってたら、

「辻村さんと年齢も近いせいか、まるで普段の自分の姿のようでギョッとします」の感想に、

あ、確か この前の作品でもnanaco☆さんはそう感じたって書いてたな〜って思いだしました!



きっとすごい描写力なんでしょうね〜。

そして、nanaco☆さんの豊かな感受性が余計にそう思わせてしまうんでしょうね〜。

不思議なタイトル、奥が深そう!

ビックリしたタイトルの意味、気になります。^^

2011/04/24 (Sun) 16:25 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:日向 永遠さんへ(04/21)

nanaco☆さん、こんにちは!

>そうそう、今日早速日向さんにオススメしてもらった「聖餐城」買ってきちゃいました☆

>お値段と予想外の分厚さにギョッとしましたが、ちょっと奮発しちゃいました(*^-^)



あの厚さ、本とびっくりですね。今から感想楽しみです!

2011/04/24 (Sun) 17:59 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



ふふふ〜そういえば前も同じような感想を書いた記憶があります(*^m^*)

でも皆さんのレビューを見ていると、私と同じ感じ方をしている方が沢山いてビックリ!

小さな劣等感だとか、普段は見えてこない心の奥底だとか、、、

そういうのって案外ほとんどの人に共通しているのかもしれませんねぇ^^;

辻村さんは、それを文章で言い表すのが巧い作家さんなんだと思います☆



>不思議なタイトル、奥が深そう!



読む前から色々想像はしていたんですが、この数字の正体は本当に予想外でした〜(><)

その意味が分かってから、ますますやるせない気持ちになってしまいました。。。

2011/04/25 (Mon) 20:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



>あの厚さ、本とびっくりですね。今から感想楽しみです!



これは出先で読めば良いのか、単行本と同じように家で読めば良いのか…^^;

バッグに入らなくはないんですが、腕が筋肉痛になるかもしれませんね〜(笑)



日向さんのあんなに魅力的なレビューを読ませて頂いたら、買わないわけにいきません☆

大事に読んでいこうと思います(*^v^*)

2011/04/25 (Mon) 20:23 | EDIT | REPLY |   
yoco  

こんばんは~^^
辻村さんは、これから読み進めていきたい作者さんの1人ですが、こんなにリアルな文章を書く方だったとは、思いもよらず。。。
なかなかに重たかったですね。
あまりに的確なことを言われると、耳を塞ぎたくなるものなんだなぁと感じながらもなんとか読了しました。
つまらなくて何も残らない作品よりは、後味が悪くても心を揺さぶられる作品の方がいい、かなと思いながら読み終えました。

ところで「流れ行く者」読了していたかと思いきや、感想が見当たらなかったので読んでないのかな・・・もし読んでいなかったら今後読みたいと思うので、きっかけを貰えてありがたかったです♫
上橋さんもいいですよね^^

2016/01/23 (Sat) 21:31 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
yocoさんへ

yocoさん、おはようございます~♪

>辻村さんは、これから読み進めていきたい作者さんの1人ですが、こんなにリアルな文章を書く方だったとは、思いもよらず。。。

本当ですね!^^;
恩田陸さんもそうなんですが、自分の中にあるモヤモヤとした言葉にできない感情を、
文章で的確に表現してくれる数少ない作家さんの一人です。
聞きたくない!聞きたくないんだけど、読むとやっぱり感心してしまう…(笑)
そういえば辻村さんの『太陽の坐る場所』も同じような印象を持ったような記憶が。。。

>つまらなくて何も残らない作品よりは、後味が悪くても心を揺さぶられる作品の方がいい、かなと思いながら読み終えました。

そうですね、後味が悪くても確実に自分の中に何かを残してくれますよね~(* ̄∇ ̄*)
そういえばyocoさん、『子どもたちは夜と遊ぶ』って読まれましたか??
個人的には辻村作品の中で一番好きな作品なんです。
これも賛否両論あるし、決して後味が良いとは言えないんですけど…(笑)

>ところで「流れ行く者」読了していたかと思いきや、感想が見当たらなかったので読んでないのかな・・・もし読んでいなかったら今後読みたいと思うので、きっかけを貰えてありがたかったです♫
>上橋さんもいいですよね^^

上橋さんは安定の面白さですよね(*´▽`*)
『獣の奏者』や『鹿の王』なども好きですけど、やっぱり守り人が一番好きです。
続く守り人外伝『炎路を行く者』も出ているようなので、こちらも読みたいです♪

2016/01/24 (Sun) 07:42 | EDIT | REPLY |   
yoco  

こんばんは~♫
>、『子どもたちは夜と遊ぶ』って読まれましたか??
まだ読んでないのですよー。それどころか、ほんと辻村さんはたぶん昨年くらいから読み始めたばかりで、まだ数冊しか読んでいなくて。
なんだか、作品の幅が広そうですね。
『子どもたちは夜と遊ぶ』、読みたい本リストに入れました(*´▽`*)♪

上橋さんは、ほんと安定のおもしろさですよー!
私、『鹿の王』が楽しみすぎて、まだ読めてないんです。笑
絶対にいいのが読む前からわかってて、ここぞというときに読みたくてw
守り人シリーズ、ほんといいですよね。私も大大大好きです。他にも外伝あるんですね!
獣の奏者もそうですが、外伝、何気にすごく嬉しいです。

2016/01/24 (Sun) 23:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
yocoさんへ

yocoさん、こんばんは~♪

>『子どもたちは夜と遊ぶ』、読みたい本リストに入れました(*´▽`*)♪

おぉっ早速のリスト入り、ありがとうございます\(^▽^)/
私、この作品に登場する浅葱という人物が好きすぎて、
将来自分の子供に同じ名前を付けようかと思っているところです(笑)
yocoさんの感想、楽しみに待っていますね~♪

>私、『鹿の王』が楽しみすぎて、まだ読めてないんです。笑
>絶対にいいのが読む前からわかってて、ここぞというときに読みたくてw

なんだかその気持ち、分かる気がします(=v=)
私も上橋さんは全幅の信頼を置いている作家さんですから、
未読の作品があると、どうしても後回しになってしまいます・・・!
何だかまだこの本があるから大丈夫、みたいな気持ちになってしまうんですよね~(笑)

>守り人シリーズ、ほんといいですよね。私も大大大好きです。他にも外伝あるんですね!
>獣の奏者もそうですが、外伝、何気にすごく嬉しいです。

守り人シリーズは、瞬く間に独特の世界観に連れて行かれちゃいますね*^^*
どうやらNHKで実写ドラマ化されるようですが、正直不安すぎる!!(汗)
きっと同じように思っているファンは沢山いるでしょうねぇ。。

2016/01/25 (Mon) 20:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」 辻村 深月
  • ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)<Kindle版はこちら> 事件を起こすなら、私のほうだと思ってた。 母を殺してしまった娘と、母との確執を抱える娘。どんな母娘にも起こりうる悲劇。 地元を飛び出した娘と、残った娘。 幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。 あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。 みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約...
  • 2016.01.23 (Sat) 21:28 | BOOKESTEEM