11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.04 *Sat*

8月☆読書メーターまとめ(3)


これで最後〜

ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
うぅっ・・・噂には聞いていたので心して読んだのだけれど、ただひたすら打ちのめされました(泣)エースの涙、それにルフィの涙。苦しすぎる。それにこのタイミングで始まる二人の子供時代。バスの中で読んでいたけど、あまりに涙が出てくるもんで途中からページを繰る事ができなくなりました。今更何を言っても変わらないけど、あの時仲間達がいれば・・・とやっぱり思ってしまう。皆、ルフィに何て声をかけるんだろうか。あのエースの笑顔だけがせめてもの救いです。
読了日:08月08日 著者:尾田 栄一郎


夏の王夏の王
「妖精王の月」の後日譚にあたる物語。相変わらず現実と妖精の世界が絶妙に融合したような世界観が好みでしたが、前作に比べると少しだけ物語に深みがなくなったような気が・・・?双子の妹が死んだ事で、ずっと自身を責め続けているローレル。ワクワクするような冒険譚というよりも、贖罪の旅といった趣でしょうか。大好きなピーター・トレメインの「アイルランド幻想」にも出てきた幻の島ハイ・ブラシル。自分もその美しい島が見える人になりたいものです(笑)
読了日:08月08日 著者:O.R・メリング


笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)
消えたオリオン像のトリックにはすぐに気付いてしまいました。そして犯人の「動機」もいまいち消化不良。やっぱり「すべてがFになる」を超える衝撃はないですねぇ・・・美貌の天才プログラマの四季博士に比べると、どうしても今回の作品の登場人物(天王寺一族)には魅力というかカリスマ性が欠けているような気がします。それでも、犀川と萌絵ちゃんのやりとりは会話のリズムが良くて、思わずニヤリとしてしまう。萌絵ちゃん、何故だかたまにイラッとさせられるけど・・・(笑)
読了日:08月04日 著者:森 博嗣


Dの魔王 3 (ビッグコミックス)Dの魔王 3 (ビッグコミックス)
大好きな「ジョーカー・ゲーム」がまさか漫画で読めるとは思っていなかったので、美麗な絵で原作の緊張感を余す所なく表現してくれた霜月かよ子さんに感謝です!そして出来る事なら「ダブル・ジョーカー」も漫画化してくれませんか・・・?原作では「魔王」である結城中佐の魅力で溢れんばかりでしたが、漫画ではD機関のスパイそれぞれにスポットを当て、スパイとしてよりも一人の人間としての存在感がありました。「XX」では人間的な弱さや脆さが垣間見えていて、とても好き。それにしても目元のほくろは色っぽ過ぎて反則だよなぁ・・・(笑)
読了日:08月04日 著者:柳 広司,霜月 かよ子

読書メーター



8月☆読書メーターまとめ(1) (別ウィンドウで開きます)

8月☆読書メーターまとめ(2) (別ウィンドウで開きます)


hana16.gif


上橋菜穂子さんの「蒼路の旅人」の面白さは言わずもがなですねballoon_133.gif

その他に特に面白かったのは、貴志祐介さんの新刊「悪の教典」
やっぱ貴志ワールドは凄まじいです。あまりの悪意に鳥肌が立ちます(笑)

表向きは好青年の顔をした人気教師、裏ではサイコパスの殺人鬼。
笑いながら生徒達を殺しまくるってのは、バトロワ以上だと思うわぁ……。
近いうちに詳しいレビューを書く予定でっすballoon_34.gif


 



関連記事

COMMENT

幻の島ハイ・ブラシル
本当にあるのかもしれませんね。^^

アイルランドのお話はとっても幻想的で、神秘的で、

彼らを想像すると、本当に妖精の世界もあるのかな〜って素直に頷けそうです。

冷たく暗く長い冬も独特の雰囲気でしょうが、夏でも冷たい空気が肌にまとわりついて、妖しく美しい白夜とアイルランドの世界観がすごく似合うように思います。

幻の島ハイ・ブラシル、見たいような怖いような・・・。^^
by picchuko #79D/WHSg
2010/09/05(日) 04:44 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こちらにもコメント本当にありがとうございます〜ヽ(*^^*)ノ



「アイルランド幻想」を読んでから、すっかりアイルランドの虜になっています!

でも、実際に不思議な事が起こりそうな所のような気がしますよねぇ。

妖精のお話も、昔から伝わっているという事は、きっとそれなりの根拠があるはず…

妖精を探しに、アイルランドに一人旅に行こうかしら?

もし彼らに連れ去られちゃったら、picchukoさん、必ず助けに来て下さいね!(爆)



>夏でも冷たい空気が肌にまとわりついて

きっと幻の島ハイ・ブラシルも、そんなひんやりとした所なんでしょうね。

この島は心が清い人しか見えないのかもしれません。…あれ、私は一生無理?(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/05(日) 10:23 [Edit
Re:8月☆読書メーターまとめ(3)(09/04)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



『夏目友人帳』、とうとう読まれたんですね^^

あの切なさを知ると、もう止められませんよねぇ(^_^;)



あっ!『Dの魔王』の第3巻が出たんですね♪

今度GETしてきま〜す♪

相変わらず、スパイは美青年ぞろいでしたか…?(笑)



『七王国の玉座』は、5巻揃えてマイ積読本になっていまーす(*^^)v

また一気読みしようかな、今年中に。。。

nanaco☆さんの感想を拝見して、ますます楽しみになってきました〜♪



おぉ、あの分厚い『悪の教典』の上下巻を

もう読了されたんですね〜(@_@)

nanaco☆さんの詳しいレビューを楽しみにしていまっす(*^_^*)
by miwa125 #79D/WHSg
2010/09/05(日) 12:18 [Edit
追記♪
『ミストボーン』のTB,どうもありがと〜(^o^)丿

ホントに感謝です!!(*^_^*)

こちらもTBいただいていきますね♪
by miwa125 #79D/WHSg
2010/09/05(日) 12:21 [Edit
Re:8月☆読書メーターまとめ(3)(09/04)
nanacoさん、こんばんは〜★★★



蒼路の旅人も凄く面白そう!!

最初の1巻しかよんでないのですが、こちらもそのうち読んでみようかと思います^^



時間が欲しいです!!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/09/05(日) 19:31 [Edit
Re:8月☆読書メーターまとめ(3)(09/04)
こんばんわー☆デザインが変わってる〜♪柔らかくって可愛い〜♪



ついにnanacoちゃんが夏目を読み始めた〜♪と、うきうきしながら読メ見てました☆

何度も言って申し訳ないんですが、

夏目がさー名前を返す時のさーのどがさー色っぽくない?

ワンピース、ついうっかり噂を聞いちゃってアニメを泣きそうになりながら視てます…

米澤さんの本、てっきり「●●の○○」ってタイトルでくると思ってたから、

なかなか本屋で見つけられなったんですよ〜。

ホータローが省エネじゃなくなっちゃったんですか?!

時代に逆行してる少年ですなぁ…。

近々読みます〜…と言って読んでない本何冊になるだろう。笑

by まる811 #79D/WHSg
2010/09/06(月) 02:29 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます〜♪



夏目、面白いと噂には聞いていたんですが、やっと手に取る事ができました(^^)

想像していた以上にあったかくて、切なくて、良いお話でしたわ。。。

続きを何冊か買ってきたんですが、気分が荒んだ時のためにストックしておきます(笑)



「Dの魔王」面白かったです!一応これで完結みたいですねぇ。

今回の「XX」のスパイはヤバイです!目元のほくろがぁぁ〜〜好みすぎて困ります(笑)

この漫画は、結城中佐よりもD機関のスパイのほうがカッコイイ気がしません?(*^^*)



>『七王国の玉座』は、5巻揃えてマイ積読本になっていまーす(*^^)v

おぉぉっっそうなんですか!すっごい面白いですよ〜〜♪

登場人物が多いので、どの人物を主人公とするか自分で決められるのが良いです。

続きが気になると思うので、これは一気読み必至ですっ☆



「悪の教典」凄かったです……下巻は恐ろしいんだけどページを繰る手が止まらない^^;

こんなサイコパスが主人公で良いんだろうかと、最後まで悶々としながら読了しました。

近いうちに詳しいレビューUPするので、また読んでいただけると嬉しいです♪



* そうそう、「ミストボーン」のお返しTBありがとで〜す(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/06(月) 05:30 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもありがとうございます〜♪



蒼路の旅人、すごく良いです!

守り人シリーズは巻を追う毎にどんどん面白くなるので、是非読んで頂きたいです(><)

ちなみに私も最初の「精霊〜」よりもそれ以降のほうがすんなり頭に入ってきましたよ☆

完結編まで先日一気に買ってきちゃったので、今年中にはシリーズ読破できそうです。



本を読む時間がもっと欲しいですねぇ…

一度、一週間くらい長期休暇をとって、家にひきこもって本を読んでいたいです(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/06(月) 05:35 [Edit
まる811さんへ
まるさん、おはようございます〜♪



夏目、皆さんのオススメだったのでB型としては逆に読みづらかったんですが(笑)

もっと早く読んでれば良かったです〜!!すごい切なくてほんわかして良かったです。

うちのダーリン君に読ませたら、ひっそりと涙してました。アラブなのに…。



>夏目がさー名前を返す時のさーのどがさー色っぽくない?

まるさんがのどのど言うから、すっごい注目して読んじゃいましたよ!(><)

うむ、確かに色っぽいですなぁ…これはシエルの眼帯取るシーンに匹敵します(笑)

ちなみに夏目、のどの他に細い腰だし、もしかしてまるさんのツボ抑えてます?



>米澤さんの本、てっきり「●●の○○」ってタイトルでくると思ってたから、

今回のタイトルは、古典部シリーズっぽくないですよね〜^^;

「遠まわりする雛」どういう意味だ?と思ったら、そのままの意味でした。。。

ホータローと恋って、一番合わない組み合わせのような気がします!

まるさんのレビュー楽しみにしてますねヽ(*^^*)ノ



ワンピはもう…何か色々と切ない展開になってますよね(泣)ちょっと尾田さん恨みます。

ワンピ、ジャンプで1ヶ月休載&次は二年後の世界から始まるという噂。

うぅ、どうなることやら。イワさんはもう消えちゃってるんじゃなかろうか…!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/06(月) 05:45 [Edit
お疲れ様です(^^)
こんにちは、nanaco☆さん(^^)

8月もおまとめ、ご苦労様でした!

暑い暑いと言ってばかりの1ヶ月が終わりましたね〜☆

そちらの暑さは落ち着きましたか〜?

こちらはまだまだ夏ですよ〜(笑)



ONE PIECEは、わかっちゃいるけど涙、涙の展開ですよね。

でも、59巻なんですよねぇ。

この先を考えると…。。。(笑)

そうだ。DVD届きましたか?(^m^)

もうすでに何回見たことでしょう…?って言うくらい見ています(笑)



それにしても、相変わらずの読書量に拍手☆です〜(^▽^)



by 和音2009 #79D/WHSg
2010/09/06(月) 14:18 [Edit
Re:8月☆読書メーターまとめ(3)(09/04)
こんにちは。

背景が秋に模様替えされている〜♪

可愛いコスモスですね!



『悪の教典』図書館に予約したのですが…バトロワ以上というのに怖気づいてます…^^;

柊にもちゃんと読めるかしら…?
by 柊♪ #79D/WHSg
2010/09/06(月) 15:29 [Edit
和音2009さんへ
和音さん、おはようございます〜♪



こちらも8月後半ぐらいから、暑い暑い日が続いていたのですが、ようやく少しは…^^

それでもいつもに比べるとちょっとありえないくらい気温が高いですよぅ。

先日東京から来た人が、「あれ、北海道結構暑いんだね?」って言ってました(笑)

そちらはまだまだ夏なんですね〜〜相変わらず本州の天気予報を見てビビってます…



ONE PIECEの59巻、もうボロボロ泣きながら読みました。。。

今更ルフィとエースの過去やっちゃうの〜?と。尾田センセ、ずるいですわ(泣)

そうそう、DVD届きましたよ〜ヽ(*^^*)ノ何度観ても面白いですよね♪

2回目はちょっと落ちついて観られて、キャラの服装とかに注目しています!

あぁ…ロビンちゃん&ナミさんのような体型になりたい…(何故にサンジの呼び方?笑)



涼しくなったら、読書量も増えそうで嬉しいです♪読書の秋ですもんね〜(^^ゞ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/07(火) 05:29 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、おはようございます〜♪



>背景が秋に模様替えされている〜♪

ようやく暑い暑い8月が終わったので、気分だけでも涼しくなろう…と変えてみました!

秋風に揺れるコスモスって可憐で大好きです。コスモス畑に行きたいなぁ…(*^^*)



柊さん、「悪の教典」予約されたんですね〜☆

ふふふ、柊さんがどんな感想を持たれるのかうかがうのが待ち遠しいです(^^ゞ

グロいシーンは全くないのに、ここまで怖さを感じさせてくれるのはさすが貴志さん。

面白かったというと語弊がありそうですが(笑)一気に読ませてくれました〜〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/09/07(火) 05:34 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。