10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.17 *Sun*

恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「今年で120歳」というおねえさんと出逢ったタカシは、彼女に連れられ、遠く離れた南の島で暮らすことになる。多様な声と土地の呪力にみちびかれた、めくるめく魔術的世界。

【目次】(「BOOK」データベースより)
南の子供が夜いくところ/紫焔樹の島/十字路のピンクの廟/雲の眠る海/蛸漁師/まどろみのティユルさん/夜の果樹園



【南の子供が夜いくところ】恒川光太郎 rating_47.gif


恒川さんといえば、「夜市」や「草祭」のように、
郷愁、哀愁を感じさせながらも、ふわりと異世界に入り込んでしまうお話が多いですね。

 review    review

今回は、そんな恒川ワールドからちょっぴり離れ、南の島を舞台にした作品ですballoon_133.gif

前作までのように、ゾクリと肌が粟立つような怖さは影を潜めていますが、
夢の中をふわふわ漂っているような、現実と幻想が混ざり合った世界観は健在です!

濃厚な果実の香り、肌にまとわりつく熱帯夜の空気、緑の奥深くに息づく奇妙な生き物…
小粒ながらもイマジネーションが刺激されるような、心地良い連作短編集でした〜balloon_28.gif


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 連作短編  南の島  幻想的  心地良い♪


日本から遥か南の島・トロンバス島を舞台にした物語です。
連作短編の形式なので、少しずつお話がリンクしているのが嬉しいですねぇ。

個人的に一番好きだったお話は「まどろみのティユルさん」
自然と一体化してしまった男のお話なんですが、読後にほんのりと温かさを残します。
大きな菩提樹には、もしかしたら人間の命が宿っているのかも…なんて思っちゃいますね。

「夜の果樹園」は、「まどろみの〜」の後に収録されているだけにビビった〜〜balloon_89.gif
フルーツ頭の人間、そして自分自身も……?語り口が柔らかいところがまた不気味(笑)

個人的にはもうちょい怖さがある方が好みですが、これはこれで面白かったですよ〜balloon_75.gif
ただ、恒川さんだと「もっと、もっと」と期待しちゃうんだなぁ。。。


余談ですが……(ネタバレじゃないけど一応反転)
「まどろみの〜」で「オン」という地名が出てきたのでビックリ!
これって「雷の季節の終わりに」の「隠」のことだよね?また読み返したくなりました!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
nanacoさん、おはようございます。



いつもの恒川さんと雰囲気が少し違うみたいですね。

異世界との境界の書き方が凄く好きです。



また読みたくなりました。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/10/17(日) 10:55 [Edit
Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
「南の子供が夜いくところ」…これまでの恒川さんの作品に比べると薄味だったのか、今となっては記憶にほとんど残っていません…(>_<)

余談に書かれていた部分にも全然気がつきませんでした。

柊は一体何を読んでるんでしょう…ううう☆
by 柊♪ #79D/WHSg
2010/10/17(日) 15:04 [Edit
Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



ついに読まれたんですね〜^^

この作品のnanacoさんのレビューも

いまかいまかとお待ち申しておりましたよ〜ん(*^^)v



この作品、今までの、日本を舞台にした和風な作品とは、

かなり雰囲気の違う作品でしたね^^

怖さとしては、ちょっぴり物足りない感じでしたけど、

これはこれで、納得のいく面白さの作品でしたよね♪

お話が少しずつリンクしているのも、ホント、良かったですね〜♪

リンクを発見したときは、思わずニャッとしちゃいますよねぇ!?



「夜の果樹園」は、フルーツ頭の人間を想像すると

クスッと笑えるんだけど、

それを狩るところを想像しちゃうと、

めちゃめちゃ恐ろしいお話ですよねぇ(><)

なので、私の中では、良い意味でも悪い意味でも

一番印象深いお話でした〜。



*TB、ありがとね〜(^o^)丿

こちらも遠慮なくいただいて帰りまっす!(*^^)v

それと、いまから『インシテミル』の感想をUPしようと思うので、

そちらのTBもいただいていきますね〜♪
by miwa125 #79D/WHSg
2010/10/17(日) 17:30 [Edit
こんばんは〜☆
幻想的なお話って独特の雰囲気でいいですよね〜。

私はもともと読書量ガ恐ろしいほど少ないので、幻想的〜っていうのに出会ったのは、nanaco☆さんが教えてくれた「アイルランド幻想」くらいなんですが、、、(^^;

これはこれで、また違った空気が流れて素敵な作品ですね!

菩提樹に人間の命が宿ってる〜っていうのも、ちょっと不思議だけど色んなイマジネーションが膨らんでドキドキします。

短編集っていうのが、個人的にすごくいいです!(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2010/10/17(日) 18:56 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



いつもの恒川ワールドとは、ちょっぴり毛色が違う作品でしたよ(^^ゞ

個人的にはあの「和」の雰囲気が好きだったので、少し物足りない感はありますが…

それでも現実と幻想の狭間をふわりと漂う感じは、恒川さんならではだと思います☆



恒川さんといえば、新刊の「竜が最後に帰る場所」も先日GETしてきました(*^^*)

今度はどんな世界が広がっているのか、読むのが楽しみです。

でもなかなかデビュー作「夜市」を超える作品にはならないですね…(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/17(日) 20:06 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



いつもの恒川ワールドのインパクトが強いからか、南の島はちょっとしっくりきませんね☆

これはこれで雰囲気は好きなんですが、恒川さんにはどうも期待をかけちゃいます^^;

他の作家さんだったら、もしかしたら4つ☆くらいは付けていたかもしれませんが…。

装丁もいつもとは大分変わってしまったのが、何気にショックだったりします。。。



>余談に書かれていた部分にも全然気がつきませんでした。

本当に1度だけサラッと出てきただけでしたから、見落としちゃうのも無理ないです〜(笑)

でも、今まで作品同士でリンクしているのって初めてだったので嬉しかったです(*^^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/17(日) 20:14 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



今回のは、いつもの和風な感じとは打って変わって南国風だったので最初戸惑いました(笑)

でも、読み始めてみるとさすが恒川さん、グイグイ引き込まれてしまいましたね(^^)

どれもガツンとしたインパクトはなかったんですが、読んでいて何となく心地良い…

少し体の力を抜いて読めるような、素敵な短編集だったと思います(*^v^*)



「夜の果樹園」何だかこれを読んでいてペギー・スーを思い出しました!

そう、まさにこんな感じの怖さです。不気味なんだけど、妙に滑稽で笑っちゃうような。

…いや、実際ヤニューとかに出会ったら、泣いて逃げますけどね!(* ̄m ̄)

私も、色んな意味で一番印象に残っていたのがこのお話でした☆



miwaさん、お返しTBありがと〜( ^ ^ )/

わ、「インシテミル」のレビューUPされたんですね!早速遊びにお伺いしますね♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/17(日) 20:22 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



幻想的なお話って、妄想にはもってこいですよね!(笑)

でも恒川さんの作品は、あくまでも現実を軸にしているところがまた良いんです☆

完全な異世界という訳でもなくって、絶妙に混ざり合った感じが魅力なんですよね(*^m^*)

菩提樹といえば、ブッダが悟りを開いた木でしたっけ?何だか特別な感じがします…

何か別の魂が宿っていても、違和感はないって気がしません?これも妄想〜?(笑)



「アイルランド幻想」、コメントを拝見しながらまた再読したくなってきました♪

幻想といえばああいう雰囲気が一番好みなのですが、なかなか似た感じの本に出会えません。

「石柱」のような幻想ホラーを求めるなら、やっぱり海外の作品なんでしょうか…?

うぅ〜膨大な書籍の中から見つける事はできるのか、、、まだまだ先は長そうです^^;

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/17(日) 20:33 [Edit
Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
こんばんわー☆

恒川さんのこの本のレビューお待ちしてましたー♪

フルーツ頭の人間?南ならパイナップルとかかしら…

うーむ、想像できるようなできないような(笑

恒川さんて、南国の熱気ムンムンの湿気よりは、

夜気のしっとりした湿気のほうが似合う気がするんですが、

これもやっぱり気になるので文庫化まって読んでみますね〜♪

by まる811 #79D/WHSg
2010/10/19(火) 01:50 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



フルーツ頭の人間、マンゴー頭とかいましたねぇ。やっぱり南国だから?(笑)

こういうフルーツ人間が美味しそうに見えちゃう所、ペギー・スーを思い出しました!

あのシリーズもこれに似たような不気味さがあったんですよね〜^^;

個人的には、いつもの和風な恒川ワールドのほうが好きなんですけど、面白かったです☆

まるさんの文庫レビュー、首を長〜くして待っていますよ(*^m^*)



話は変わりますが、薄桜鬼、とりあえず斎藤さんエンドまでいきました!

う〜〜耳たぶから血をあげるとこ、めちゃめちゃ心拍数上がりました…不意打ちです(笑)

まるさんが仰っていたとおり「武士」の心意気に涙しましたよぅ(T_T)

今日から沖田さんルートでプレイしまっす!またご報告しますね〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/19(火) 18:11 [Edit
Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
nanaco☆さん、こんばんは♪

あらすじだけ読むと知らない人にはついていっちゃいけません!!という感じの本ですね(*^m^*)



この方の本はコワいの多いのですか?



そういえばmiwa125さんのコメントにある『インシテミル』読みたいんですが、コワそうですね。あらすじでは確か時給11万2000円でしたっけ??それだけでも胡散臭さ100%の求人です(-_-;)
by Cedie #79D/WHSg
2010/10/20(水) 20:21 [Edit
Re:まる811さんへ(10/17)
nanaco☆さん こんばんわー☆



お〜!愛する斎藤さんルートクリアおめでとうございます!!

本当、耳朶は反則ですよね…耳朶ですよ?耳朶?

斎藤さんてば控えめなんだか大胆なんだか…っ!

ラストのデレっぷりも可愛すぎませんでした?!

そういえばアニメ咎狗の血のアキラが斎藤さんの声の人なんですよね…。

なんかもうどうしようって感じです。



沖田さんもますます好きになっちゃいました。

そしてついででも良いので沖田さんルートの山崎さんにも注目してあげて下さいね…

by まる811 #79D/WHSg
2010/10/22(金) 01:48 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、おはようございます〜♪



くく…Cedieさんのコメントを読んで、思わず吹き出しちゃいました。

そうなんですよ!知らない人に付いていっちゃいけないですよぇ(笑)

よく考えたら120歳のおねえさんに連れ去られるなんて、ホラー以外の何物でもないですよね……。

恒川作品は一応ホラーという事になっているけれど、どちらかというとファンタジーに近いです♪

異世界モノが多いからかな〜?ちょっと不思議なお話が多いですね(*^^*)



「インシテミル」映画も公開になって、今話題みたいですね〜☆

ちょっと(?)毒がありますけど、私はあの胡散臭さがすごく楽しめました^^

決して読後感の良いお話じゃないですが、、、現実離れしている設定が気に入っています!

そんな時給が高いバイト…生きて戻れるのかと思っちゃいますよね〜(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/23(土) 09:58 [Edit
まる811さんへ
まるさん、おはようございます〜♪



寝ても覚めても斎藤さんの事ばかり考えているnanacoです(笑)

ホント控え目なんだか大胆なんだか分からないです…耳たぶ〜〜!!(><)

ラストもあまりの可愛さに胸が高鳴りました。雪が似合うお方ですね…。迎えにいってあげたい!



あれから沖田さんと千景様もクリアしましたよ〜☆

最初沖田さんゲームオーバーなって…(泣)死ぬ間際まで色っぽすぎましたけど!

甘々でデレデレなエンドなんだけど、労咳のせいか一抹の寂しさが拭いきれませんでした(p_-)

そうそう、最近まるさんがお気に入りの山崎さんにも注目しましたよ〜♪

彼カッコイイですね!あんな細っこい体でも漢ですな!

最近ゲームとアニメ、本と色んな所で山崎さんの最期に立ち会ってる気がしてなりません(汗)



>そういえばアニメ咎狗の血のアキラが斎藤さんの声の人なんですよね…。

おぉっ、なんか似てると思ってたらやっぱりそうだったんですね!

アキラの無愛想な(でもたまに可愛い)ところ、斎藤さんに似た感じあるかも〜☆

やっぱり役にピッタリの声優さん使ってるんですねぇ。シキ役の緑川さんも…(*^^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/23(土) 10:11 [Edit
Re:まる811さんへ(10/17)
nanaco☆さん こんばんわー☆



斎藤さんのラスト、個人的には薄桜鬼の中で一番可愛い場面な気がします!!

あの拗ねかたが可愛いですよねぇ…なんかもう本当にねぇ…

むかえに行ってあげたいような、行かずにもっと拗ねててほしいようなジレンマが襲います。笑



沖田さんは幸せな光景だからこそ泣けますよね…

デカい図体して子供みたいで「わたしが守らねば!」て気になります、沖田さん。

そして沖田さんと山崎さんのコンビが大好きです!!

いつまでも仲良く喧嘩してりゃーいいよ!

風間さん、意外にいい鬼でしたねぇ。

斎藤さんルートやった時はこのやろうと思ったんですが、

あの俺様っぷりは中々いないですよね…

そして随想録の風間さんは相当ヤバイですよ…耳が…



声優さんてスゴイですよね!印象って声でだいぶ変わりますもんね!

でもどんな役でも自分のものにしちゃうんだろうなぁって気もします。

緑川さん、最近あまり聞いてなかったからすごく嬉しいです~♪

でも静蘭みたいな優しい声も聞きたいなぁ〜…

by まる811 #79D/WHSg
2010/10/24(日) 02:17 [Edit
Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
こんばんは☆

そして、お久しぶり〜。

無事にオーストラリアから戻ってきましたっ。



久々に読んだnanacoちゃんのレビュー、

やっぱり読みたくなります・・・w

ちょっとずつ話がリンクしてるんだね。

なんか面白そう〜。

そういうのを発見すると、嬉しくなりそうだねw

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2010/10/24(日) 22:37 [Edit
Re:恒川光太郎「南の子供が夜いくところ」読みました♪(10/17)
nanaco☆さん、おはようございまーす



今、そちらは雪が凄そうですね。大丈夫ですか?



恒川光太郎さん、未読です。

でも、ちょっと怖そうなところが面白そうですね。

機会があれば読んで見たいです♪



斎藤さん、沖田さん、千景さま、クリアおめでとうございまーす(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)

いやいやいや〜、どのキャラもそのルートでは本気で惚れてしまいます(笑)

沖田悲恋ルートでは、本当に号泣物でした。悲しくて悲しくて、何度もそのスチルを見てしまいました(TT)



by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/10/27(水) 09:09 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんにちは〜♪

お返事が遅れてごめんなさいっ!やっとこさPC戻ってきましたぁ^^;



>あの拗ねかたが可愛いですよねぇ…なんかもう本当にねぇ…

あの可愛さは反則ですよね〜(笑)

最初は「あんた」とか言ってたのに、いつの間にやら名前で呼ばれてるし…!

顔赤らめる所とか、ちょっとした仕草ひとつひとつが胸にキュンときます(≧∇≦)



沖田さんと山崎さんのコンビも良かったですねぇ。

まるさんが山崎さんに惚れこんでいるのが、ちょっと分かった気がしました!

何気に千景様エンドも好きでしたよ〜その後も見てみたかったなぁ(^^)

随想録はまだやっていないんですが、なぬっ!斎藤さんに引き続きまたもや耳ですか?(笑)

首筋、腰に続いてウィークポイントは耳になりましたな…ドキドキ。楽しみです♪

生き方がカッコ良かったのは土方さんですけどねぇ…そして洋装姿も男前…。



>でも静蘭みたいな優しい声も聞きたいなぁ〜…

ほんと声だけで胸が高鳴るなんて、ホント声優さんは凄いですねぇ(*^m^*)

静蘭の声であんな(シキの)台詞を吐くなんて、もう聞いてる方が恥ずかしいです(笑)

アニメではどこまで描かれるのか分からないので、密かに期待しています。。。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/30(土) 13:05 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
Yuriちゃん、こんにちは〜♪



お返事が遅れちゃってごめんね!しばらくPCが壊れてました…(泣)

PCがない生活って不便なもんだねぇ。(ってどれだけ依存してるんだろ^^;)

オーストラリアから帰ってきたんだねぇ、お帰りなさ〜い(*^0^*)

旅はどうだったかな?また沢山お土産話聞かせてね。後からブログにお邪魔するね〜☆



>ちょっとずつ話がリンクしてるんだね。

そうそう、ほんの少しずつ話が繋がっているから、短編でもひとつのお話みたいなんだよね。

別の作品ともビミョーにリンクしていたりするので、気付くとちょっと嬉しいです(笑)

この作家さんの本読んでいると、いつの間にか現実逃避しているから危険だよ( ̄〜 ̄*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/30(土) 13:15 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんにちは〜♪



お返事が遅れてごめんなさいっ!しばらくPCが故障して修理中でした〜(><)

ブログをお休みしている間に、初雪が降り…あっという間に冬になってしまいました。

寒いです〜〜斎藤さんに温めて欲しい…(笑)



ちこさん、ありがとうございます♪♪

のんびり亀ペースでプレイしていましたが、やっとこさここまできましたよ!ヽ(*^^*)ノ

や〜斎藤さんは本当にヤバイですね。あまりに胸がときめいてどうしようって感じです(笑)

沖田悲恋ルート、私も号泣でした……最期まで美しくて儚いですよ、沖田さん…。

なんか土方さんあたりは一人でもやっていけそうですけど、

沖田さんは傍に付いててあげなきゃ!って気になりません?(笑)

まだ平助君と左之さんルートクリアしてないので、頑張ります〜〜(*^^*)

そういえばいつの間にやら「黎明録」も出てたんですね…こっちも気になるぞ…!



話が何やら薄桜鬼一色になってしまいましたが、恒川作品オススメですよ〜(笑)

この作品よりも、デビュー作「夜市」から是非読んでみて下さい♪

和テイストで不思議な感じが、ちょっとだけ朱川湊人さんに似ているかもです^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/30(土) 13:34 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。