08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.02 *Sat*

9月☆読書メーターまとめ(2)


9月読書メーターまとめ、続きです〜☆



デッドマン・ワンダーランド (6) (角川コミックス・エース 138-13)デッドマン・ワンダーランド (6) (角川コミックス・エース 138-13)
ガンタが情緒不安定すぎる・・・。彼なりに考えた結果だとしても、一心に慕ってくるシロへの扱いはあまりにも酷過ぎます。アザミとの戦闘シーンにしても、ガンタは衝動的に行動する傾向があるかも。キミは曲がりなりにも主人公なんだから、もっとしっかりせぃ!洋は当然の事ながら、千地さんのほうが主人公よりカッコ良く見えてきています。それにしても展開がどんどん重苦しくなってくるなぁ・・・。この先、どうなるんだろう。そしてアニメ化はどうだろう(笑)
読了日:09月21日 著者:近藤 一馬,片岡 人生


トワイライト 下 (ヴィレッジブックス)トワイライト 下 (ヴィレッジブックス)
読んでいてこんなに赤面してしまう小説は初めてかもしれません(笑)ちょっととても通勤中のバスの中では読めなくて、家でエドワード像を思い描きながらこっそりと読んでいます。大理石のような白い肌に、ブロンズ色に輝く髪、とろけるように甘い声にはちみつ色の瞳。彼がヴァンパイアになる前もさぞかしモテたんだろうなぁ・・・。いまいちヒロインのベラがどんな魅惑的な匂いを持つのか謎ですが、もし彼女がヴァンパイアになってしまったらその匂いもなくなるのでは?と思ってしまうのは私がひねくれているからでしょうか・・・。
読了日:09月18日 著者:ステファニー メイヤー


デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)
今更ですが、この物語に救いはあるのでしょうか・・・!?ネタバレになるので詳しくは語りませんが、信念を持った優しい人物が死に、悪人ばかりがのさばっているような。(弦角の少年時代を見てしまった後では、彼が悪人とは一言では言い切れないのですが)それでも、ガンタがようやく彼自身の世界を確立できてきたようで少しだけ安心。今のままじゃ、ファン投票があったら確実に1位は洋かナギに持ってかれちゃうしね(笑)さて、この先<自由の鎖>と<墓守>の戦いはどうなっていくのでしょう?だんだん千地さんがいいキャラ出てきてます!
読了日:09月18日 著者:近藤 一馬,片岡 人生


デッドマン・ワンダーランド (4) (角川コミックス・エース 138-11)デッドマン・ワンダーランド (4) (角川コミックス・エース 138-11)
最後のページのシロの表情が、頭からずっと離れません(笑)今までシロは突飛な行動は取りはしたものの、今までずっとガンタの事を助けてくれたはず。それなのに、なんで信じてあげないの?バカガンタ!!正義感あるのは良い事だけど、目で見た事でしか物事を判断できないのはまだまだ子供ですな(笑)今後彼が色んな意味で強くなっていく事を切に願います・・・。デッドマンの集団脱獄を目論む反体制組織。脱獄した所であんなのが相手じゃ死ぬまで追ってくるような気がしますが。
読了日:09月16日 著者:片岡 人生,近藤 一馬


デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)
表紙の羊と水名月みたいに、仲の良すぎる(?)兄妹っていうのはめちゃくちゃ好きな設定。(ついでに自分の好みを暴露すると、腹黒い美形双子も完璧な萌えポイントです。笑)2度目の死肉祭。水名月の豹変ぶりには唖然としましたが、どうしても憎めないキャラなんですよねぇ。そして妹の本性を知りつつも、体を張って守り続ける羊はさすが!羊が何故あんなにカストを集めているのか疑問に思っていたのですが、やっと合点がいきました。いい話だ・・・
読了日:09月16日 著者:近藤 一馬,片岡 人生


王狼たちの戦旗〈5〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)王狼たちの戦旗〈5〉―氷と炎の歌〈2〉 (ハヤカワ文庫SF)
再読。やばい・・・文庫化されているのは今の所ここまで。第三部が文庫化されるのを待つか、それとも誘惑に負けてハードカバー(しかも3冊!)を購入するか、ここ数日本気で悩んでいます。ウィンターフェルを追われたブランとリコンはこの先どうなるのだろう?まだ幼いながらもブランは既に大物になる予感。そして、とうとう<壁>の向こうへ一歩を踏み出したジョン・スノウとゴースト。も〜〜続きが気になってしょうがない!ホント中毒になる程の面白さ。作者のマーティンさんはきっと小さくほくそ笑んでいる事でしょう(笑)
読了日:09月15日 著者:ジョージ・R.R. マーティン


戦国BASARA武将がわかる本戦国BASARA武将がわかる本
BASARAに登場する武将達について、広く浅く解説されています。最初のカラーページを除いては、史実に基づく人物解説なので間違った知識を取り入れる事もなく安心して読めます(笑)どの武将も本当に魅力的!特に片倉小十郎については、BASARAでのキャラ設定とほとんど変わりがなくウルッときてしまった(笑)死ぬまで政宗の右腕だったんだなぁ・・・。明智光秀=天海説も面白いな。有名なエピソードもたっぷり紹介されているので、想像以上に楽しめました!ちなみに、特製しおりは筆頭と毛利×アニキ。筆頭×小十郎がよかった・・(泣)
読了日:09月12日 著者:戦国BASARA武将研究会


デッドマン・ワンダーランド 2 (角川コミックス・エース 138-9)デッドマン・ワンダーランド 2 (角川コミックス・エース 138-9)
1巻のレビューで「それほどグロくない」って書いた事、取り消します(笑)目が・・・!目が痛いよぅ。とうとう死肉祭(カーニバルコープス)が始まりました。負けた囚人は身体の一部を献体しなければいけないという恐ろしいルール。千地は今後どうなるんだろう?どうも悪いヤツには見えないので、今後ガンタの仲間になってくれると良いのですが。DWでは、人の死さえもゲームの対象なんですね・・・それにしてもシロは何者?あの手袋が妙に気になるのですが。
読了日:09月12日 著者:片岡 人生,近藤 一馬




関連記事

COMMENT

Re:9月☆読書メーターまとめ(2)(10/02)
王狼たちの戦旗ですね〜

今は、4巻の終わりの方まできました!

あのレンリー王とバラシオン王と(赤い女)の真犯人のところはおおっと唸りそうになりました。あまりにも邪悪な感じがしました。バラシオン、それで玉座に座れても最後は悲惨な事になるぞ〜、きっと・・。なんて思います。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/10/02(土) 12:52 [Edit
Re:9月☆読書メーターまとめ(2)(10/02)
nanaco☆さんは本当にいろんな作品を読まれていますね…!

読書の秋にもかかわらず、なかなか積読本が減らない柊は羨ましくなってしまいます。

先日映画館にて「トワイライト3」の予告編を観ました。

今度こそダコタ・ファニングが大活躍してくれるのかしら…とか本筋とは関係ないところに目を凝らしてしまう柊でした…^^;

by 柊♪ #79D/WHSg
2010/10/02(土) 17:21 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもありがとうございます〜♪



>今は、4巻の終わりの方まできました!

おっ、どんどん読み進まれていますね!最近は氷と炎の歌にどっぷりですね〜(*^m^*)

兄弟で玉座をめぐって争わなくちゃいけないなんて、悲惨な状況ですよねぇ…。

というよりも、スターク家の兄弟が仲良いだけなんでしょうか?



いつの間にかバラシオン王の隣に居座っている赤い女も不気味ですよね。

まずは憎きジョフリーをどうにかして欲しいです。サンサを助けてあげたい〜…。

作者マーティンさんの非情っぷりがうかがえる展開になってきましたね(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/03(日) 07:52 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、おはようございます〜♪



>nanaco☆さんは本当にいろんな作品を読まれていますね…!

いえいえ〜漫画ばかりで全然読書が進まないですよ〜^^;

読書の秋とはいえ、バタバタしていて長く読書の時間が取れません。

やっぱり自分で時間を作らないと、なかなか積読本の山が減ってくれませんよね(笑)

今の時点で既に150冊…積読本専用の置き場所も溢れかえって恐ろしい事になってます。



>先日映画館にて「トワイライト3」の予告編を観ました。

来月公開でしたか?予告編を観るとすごく面白そうですよね〜(*^^*)

映画版では、何気にエドワードよりもカーライル先生のほうが好みだったりします(笑)

ダコタちゃんも次は活躍しそうですね!もうすっかりレディになっていて驚きました。

柊さんの感想、楽しみに待っていますよ〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/03(日) 08:30 [Edit
これが…
こんばんは。

「トワイライト」はアマゾンでランキングに入ってきたとき、ちょっと興味があったんですけど、

「…なんか、ハーレ●●ーン」と言われてやめました。

映画がTVでやったら観ようかな(^^;



「武将がわかる本」これ、結構マニアックな説まで入ってて面白いですよねぇ。

小十郎はやっぱしいいですよねぇ。うふ。

そういえば、50人の漫画家が描く歴史の週刊誌が出るらしいですけど、

戦国時代のものを、好きな作家さんが描いてたら買っちゃいそうです。

by さくら #79D/WHSg
2010/10/06(水) 00:33 [Edit
さくらさんへ
さくらさん、こんばんは〜♪



「トワイライト」はヴィレッジブックスだし、たぶんそっち系ですねぇ(笑)

でも映画に比べると、対象年齢はちょっと低めかな?という気がしないでもないです〜^^

最近、今更ながら気付いたんですが…一人称で語られる作品ってちょっと苦手みたいです。

特に主人公に感情移入できないものは、何だか自分が置いてけぼりになっちゃう気が☆

この作品も、そんな感じです。ストーリー自体は好きなんですけれどね〜(*^^*)



「武将がわかる本」すごく面白かったです!

とにかく日本史が苦手なので、サラッとした知識だけでもかなり勉強になりました(笑)

小十郎と政宗のエピソードを読んでいて、不覚にも泣きそうになりました。。。

小十郎は真の漢ですね!彼が主人公の作品とかないんでしょうかねぇ(^^ゞ



>そういえば、50人の漫画家が描く歴史の週刊誌が出るらしいですけど、

そ、そんな素敵な週刊誌が出るんですね!

今ちょっと調べてきたんですが、面白そうですね〜(*^0^*)

ネリヤカナヤの作家さんも描かれるんですね。これは誘惑です〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/10/06(水) 20:02 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。