06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.20 *Sat*

ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆


白い鹿  銀の陽  闇の月  黒い獣  金の鳥

【アイルの書】(全5巻)ナンシー・スプリンガー rating_50.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
遥かな昔、まだ創世の魔法がこの世にとどまっていた頃、アイルと呼ばれる小島があった。ある日、この地に不思議な少年ベヴァンが現われた。〈ものいう石〉の御告では、彼こそ神々の末裔――アイルを統べるべき〈上王〉であるという。これを心良く思わぬ闇の力〈長衣の君〉は、魔法の釜を用いて死者たちの軍勢を組織し、ベヴァン殺害を画策していた。ベヴァンは、これを知るや〈長衣の君〉討伐に旅立つが……。期待の新鋭が、愛と友情と冒険のタペストリーをケルト神話を素材にトールキン的世界で色彩豊かに織りなしたエピック・ファンタジイ!(「白い鹿」あらすじ)



アイルの書、久しぶりに再読しました〜balloon_28.gif

以前、とっても親切なブログ仲間さんからお譲りいただいた本です。
既に絶版になっているシリーズなので、本当に本当に嬉しかったですよ〜!!

表紙がとにかく美麗です…美青年の宝庫であります…目の保養です…(笑)
そして現実逃避したい時にピッタリの作品。心が洗われるようです。。。

「白い鹿」「銀の陽」「闇の月」「黒い獣」「金の鳥」
全5冊。
<アイル>と呼ばれる小島(おそらくアイルランドの事?)が舞台になっています。
それぞれ独立した物語として楽しめますが、少しずつお話が繋がっているのが嬉しいですballoon_133.gif


lp.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ アイルの書シリーズ  ケルトファンタジー  心に沁み渡る  友情物語


5冊に共通して描かれているのは、なんといっても男同士の友情でしょうねぇ。

もちろん麗しい姫や、元気で魅力的な女の子も登場するのですがballoon_145.gif
女性が入る余地がないくらい、熱き友情で固く結ばれているのよね〜(笑)
たまに、愛の告白としか思えないような台詞が……ちょっと、キミ達不意打ちだわ。

「白い鹿」は、アイルの原点となるためか、最もケルト色が強い作品ですね!
どこか人間離れした少年ベヴァンと、物語のタイトルでもある白い鹿がとても神秘的。

「銀の陽」では、ハルとアラン、「闇の月」ではトレヴィンとエムリストの冒険譚。
巻を追うにつれてケルト色が弱まっていくのは残念ですが、どれも温かみのある物語です。

ちょっと毛色が違うのは「黒い獣」でしょうかねぇballoon_89.gif
冷たい氷のような美貌を持つ兄・ティレルと、ティレルを一心に慕う弟・フレインの物語。
血の繋がりのない兄弟ですが、愛憎相半ばした感情がとても痛々しかったです。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
nanacoさん、こんにちは〜★

このシリーズもまた面白そうですね。



ケルトを題材にしてるとの事で興味ありますよ。

絶版なんですね。古本屋で出会ったら、読みますね。



氷と炎の歌の第三部、読み始めました!

またアリアやジョンに会えて嬉しいです!!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/11/20(土) 14:20 [Edit
Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
nanaco☆さん、こんにちは!

なんと!すでに絶版ですか!!

またどこかの出版社から出てくれると嬉しいのですが(>_<)



表紙が美しいですね☆
by Cedie #79D/WHSg
2010/11/20(土) 16:29 [Edit
Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
こんにちはー☆



おぉ!なんですかこの美麗な本は!

なんだかワクワクしますね!

絶版だなんて残念ですねぇ…。いい本は色んな人の目に触れるべきだというのに…



それにしても「アイル」と聞いたらアイルとシオンの双子を思い出しました〜♪

続編及び番外編希望に一票〜♪♪♪

by まる811 #79D/WHSg
2010/11/20(土) 18:23 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、おはようございます〜♪



アイルの書、これを読んでいる間すごく幸せな気分になれます。

…というよりも、思いっきりこの世界に浸っているので現実逃避できるのかもしれません(笑)

ケルトの雰囲気が漂う作品って、何だか懐かしい気持ちになりません?(*^^*)

良い作品は絶版にならずに、ずっとずっと読み継がれていって欲しいですよね。

日向さんも古本屋さんで見つけたら、是非手にとってみて下さいね〜☆



>氷と炎の歌の第三部、読み始めました!

おぉっ早速ですね!私も先日注文していたのが届きましたよ(^^ゞ

これを読んだらすぐ続きが読みたくなっちゃうかも…。でも1冊3000円はキツイです!

日向さんの感想、楽しみに待っていますね。



私は昨日から「華竜の宮」読み始めましたよ〜( ^ ^ )/

最初は「あれ、2017年って現代?」と思っていたら、それから数百年後なんですね(笑)

やっぱり面白いです。アシスタント知性体の設定とか、ワクワクしますね☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/21(日) 07:13 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、おはようございます〜♪



このシリーズの表紙、美しいですよね…(≧∇≦)

楽天ブックスは画像がなかったんですが、皆さんに見て欲しい!と頑張って載せてみました。

ちょっと画像や文字が歪んでいるようでごめんなさい(笑)

こうやって並べてみると、きちんとタイトルに合った色遣いで絵を描かれているんですね☆



こういう良い作品が絶版になってしまうって、すごく悲しいですよねぇ。

まぁ日々新作が増え続けていくのですから、それも仕方のない事だとは思うのですが(><)

やっぱり本って、気になった時に買っておかないと入手不可能になる事があるので怖いです…

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/21(日) 07:20 [Edit
まる811さんへ
まるさん、おはようございます〜♪



この表紙絵、美麗ですよね!(*^m^*)

最近流行りの絵とはちょっと違うんですが、それがまたこの世界観とピッタリなんです。

どの作品も良いんですが、キャラ設定だけでいうと「黒い獣」が一番好みです〜☆

きっと、どこまでも美貌の兄弟物の設定が好きなんだなぁ…なんて単純なんだろう(笑)

絶版になるにはあまりにも勿体ない作品なので、復刊.comで投票しています。

まるさんも気が向いたら是非投票してみて下さい〜〜(><)



>それにしても「アイル」と聞いたらアイルとシオンの双子を思い出しました〜♪

くく…さすがまるさん。実はアイルの名前、ここから取ったんですよぅ(* ̄m ̄)

それにシオンは「NO6」から。さすがに「ネズミ」は使えないですからねぇ…(笑)

今あの創作読み返したら、顔から火が出そうなくらい恥ずかしいですっ!

でも、結構中途半端なまま放り出しちゃったので、いつか続編を書けたら良いなぁ。

その時は読んでくれますか…まるさんや…

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/21(日) 07:30 [Edit
アイル!
まぁ〜、この表紙といい、内容といい、まさにnanaco☆ちゃん好みだわ〜って思ってたら、

やはりアイルランドが背景にありそうですね〜。



偶然にも昨日の「世界ふしぎ発見」がアイルランドが舞台でしたので、あの風景を思い浮かばせながら、レビューを読ませていただきました。

アイルランドの巨石文明は6000〜4500年前のものなんですねぇ。

そして、アイルランド・レイラインと呼ばれる先に、英国のストーン・ヘイジがあるんだそうです。

あの独特の空気感、たまらなくいいですね!
by picchuko #79D/WHSg
2010/11/21(日) 14:44 [Edit
Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



うっわ〜、これまた面白そうなシリーズですねぇ(^^♪

ケルトファンタジー、読みたいです〜〜〜〜(><)

“トールキン的世界”と“美青年の宝庫”ですか?いいわぁ〜♪

…うぅ、なんで絶版なんでしょう?いじわる〜(笑)

このシリーズも、超復刻希望します!!!!!^^

とりあえずブックオフでも探してみようかな。。。
by miwa125 #79D/WHSg
2010/11/21(日) 16:02 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こちらにもコメント頂いて嬉しいです〜♪



さすがpicchukoさん!もう表紙を見ただけで私の好みが分かってきましたね(≧∇≦)

こういうケルトの雰囲気、たまらなく好きなんです。読んでいるだけでドキドキします。

どこからか物悲しい音楽が聴こえてきて…あぁ、幻聴が聞こえたら危ないですね(笑)

同じケルトでも「アイルランド幻想」とは大分雰囲気が違うようです〜(^^ゞ

どちらかというと最初の巻の方は、神話を読んでいるような感じでしょうか…大好きです☆



>偶然にも昨日の「世界ふしぎ発見」がアイルランドが舞台でしたので

えぇっ!そうだったんですか!見逃したぁ〜〜〜(T_T)

アイルランドの巨石遺跡、さぞや神秘的な所なのでしょうねぇ…

妖精だとか、怪しげな魔術だとか、そんなイメージが自分の中で定着しています(笑)

昔はドルイドも当然のようにいたのでしょうね。あぁ、タイムスリップしたい!^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/21(日) 20:58 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



このシリーズ、絶対(100%と言いきれます!笑)miwaさんもお好きですよ〜(*^0^*)

トールキン的世界…「指輪物語」がお好きなmiwaさんなら、間違いなく楽しめます☆

それぞれ主人公は違うのですが、少しずつお話が重なっているのが嬉しいです。

タイトルにもなっている白い鹿や黒い獣が、とても神秘的で美しいんですよね…(*^-^)

それに加え美青年の宝庫なので、ファンタジー&美青年好きにはたまらないです!(笑)



こういう素敵な作品が絶版になるって、すごく悲しいですよね…表紙も美麗なのに…

この本が本屋さんに並んだら、間違いなく目を引くと思います〜^^

「ウィンブルドン」同様、この作品も是非「復刊.com」で清き一票を!(笑)

もし、ブックオフで運良く見かけたら、即GETですよ〜〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/21(日) 21:12 [Edit
Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
新刊を追いかけるばかりでなく、好きな本を再読する時間、柊も持ちたいです…!



このシリーズは既に絶版なのですね…。

表紙絵、中山星香さんですよね。

一瞬、中山さんご自身の作品なのかと思っちゃいました^^;

by 柊♪ #79D/WHSg
2010/11/21(日) 21:18 [Edit
Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
nanaco☆さん おはようございます♪



おおっこの表紙のイラストは「中山星香」さんですね。

高校生の頃、この方の漫画をよく読みました♪

ケルトと中山先生。なんか納得な組み合わせですね。

こちらの「アイルの書」

以前にレビューを読んだ時、図書館でも検索してみたのですが、やっぱりありませんでした(T.T)

これはやっぱり古本屋でゲットを目論見るしかありませんわね。

中山先生が表紙なので、ますます詠みたくなりました(ジャケ買い?)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/11/22(月) 09:00 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、おはようございます〜♪



おぉ、絵を見ただけで分かるとはさすがですね!(*^0^*)

中山星香さんの絵、煌びやかで夢があってすごく素敵ですねぇ☆

この素敵な物語の世界観にぴたりと合っているんですよね。「白い鹿」は特に^^

こういう良い作品が絶版になるのって、本当に勿体ない…沢山の人に読んで欲しいです!



>新刊を追いかけるばかりでなく、好きな本を再読する時間、柊も持ちたいです…!

大抵再読をしてみると、最初に読んだ時よりもっと面白く感じたりしますよね〜(^^ゞ

先日恩田さんの「いのちのパレード」を文庫で再読したんですが、段違いに面白かったです♪

再読したい本が沢山あります、、、でも積んである本も山になっています(汗)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/23(火) 06:58 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、おはようございます〜♪



おぉ、ちこさんも表紙絵ですぐに分かりましたか!(*^m^*)

そうそう、中山星香さんの絵です。とにかく美麗でうっとりしちゃいますよね。。。

これが本屋さんに並んでいたら、私も絶対ジャケ買いしちゃうと思います!

中山さんの漫画は読んだ事がないんですが、調べてみたら色々描かれてるんですねぇ。

それに妖精だとか魔法だとか、大好きなファンタジーの世界が多いようで気になる〜^^



あぁ…図書館には収蔵されていませんでしたか(泣)

このシリーズ、きっとちこさんもお好きなような気がするので是非読んで頂きたいのですが☆

なにより美青年の宝庫なのですよ…うふふふ。これだけで美青年図鑑ができそうです(笑)

古本屋さんで見かけたら即GETですよ〜!復刊してくれたら良いのですけれどね(^^ゞ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/23(火) 07:07 [Edit
Re:ナンシー・スプリンガー「アイルの書」シリーズ読了です☆(11/20)
こんにちは〜♪



nanaco☆さんの★5つと中山聖香さんの表紙のイラストに惹かれてしまいました。ひとまず『白い鹿』読了しました♪ 

続きも図書館に収蔵されていましたので少しづつ読んで行きたいです。素敵な本の紹介有難うございます。(最近かすみ目とドライアイの症状が出てます。昔の本って字が小さくて、行間が狭いのが読みにくいのが難点ですね・・・。)

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/12/12(日) 14:36 [Edit
茨木 月季さんへ
月季さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



わぁ!アイルの書読まれているんですね(≧∇≦)

このシリーズ、描写がすごく綺麗ですよね☆井辻さんの訳の上手さもあるのでしょうけど…

個人的には特に「銀の陽」が好きでした。主人公二人の固い絆に思わず赤面しました(笑)

最近はこういう純粋なケルト風ファンタジーがなかなかないのが残念ですよね〜(><)



>昔の本って字が小さくて、行間が狭いのが読みにくいのが難点ですね・・・。

同感です!最近の本と比べるとやっぱりスラスラとは読めないですよね^^;

文字のインクも劣化してきて所々薄くなっているものもありますし。。。

月季さんのアイルの書の感想、心待ちにしております〜〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 21:30 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。