08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.03 *Wed*

10月☆読書メーターまとめ(1)


10月に読んだ本を読書メーターでまとめました〜balloon_28.gif
ふむ……漫画ばっかりじゃ……。

10月の読書メーター
読んだ本の数:35冊(小説14冊・漫画20冊・画集1冊)
読んだページ数:7319ページ



FLESH & BLOOD 16 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 16 (キャラ文庫)
あぁ、またもやこんな気になる所で終わるなんて・・・現代に戻ってきた海斗を待ち受けていたのは、親友・和哉の恐ろしいまでの執着(笑)や、でも海斗のためなら手段を選ばない黒さが私は大好きですよ。彼が抱く愛情は、自らを犠牲にするジェフリーやナイジェル、ビセンテとは似ても似つかないけれど、「もう離したくない」という一途な気持ちは痛いほど分かるからとても切ないです。16世紀側では、ジェフリーの拷問、彼を救おうと必死のナイジェル。このままではとにかく辛くて仕方ないです。早く続きを〜!!
読了日:10月31日 著者:松岡なつき


白い鹿 (ハヤカワ文庫 FT―アイルの書 (68))白い鹿 (ハヤカワ文庫 FT―アイルの書 (68))
再読。ケルト神話をモチーフにした幻想的な作品で、読み始めるとたちまちこの不思議な世界へ引き込まれていきます。囚われの姫・エリドを救いだした、どこか人間離れした美青年・ベヴァン。エリドを小さい頃から可愛がってきた従兄クイン。最初は彼らの三角関係かと思いきや、ベヴァンとクインとの熱き友情で姫がほったらかしに・・・(笑)この作品の象徴的な存在である<白い鹿>の描写が美しく神秘的。今ちょっと現実逃避したい気分なので、アイルの書を続けて再読していく予定です。
読了日:10月30日 著者:ナンシー・スプリンガー


封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈1〉 (ルルル文庫)封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈1〉 (ルルル文庫)
あれ、新章ってことは前にもこのシリーズがあったのね?ここから読み始めましたが、今の所全く問題なく読めます。舞台は昭和初頭、闇と影が日本を支配しているような混沌とした時代。神島家の当主である冷酷苛烈な14歳の美少女・桐子と、千年を生きる鬼二人。3人の友情とも主従関係ともつかぬ微妙な関係が良いです。殺伐とした時代背景ながら、一反木綿を追いかける件だとかプッと吹き出すようなユーモラスな展開も魅力。感情の起伏の少ない桐子がこれからどう成長していくのか楽しみ!
読了日:10月30日 著者:霜島 ケイ


チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス)チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス)
待望の8巻。前巻が出てから1年以上経っているので、これまでのあらすじは少々うろ覚え。この物語は、チェーザレ没まで描かれるのでしょうか?(いつになるかは分からないけれど)無事完結した暁には、1巻から通してじっくり咀嚼しながら再読するのが密かな楽しみです。今回はロレンツォ・デ・メディチのお話が中心。皆から慕われるイタリアの支柱ロレンツォを蝕む病・・・これからどんな波乱が待ちうけているのか?そしてチェーザレはその政争にどう絡んでいくのか?続きが楽しみです!
読了日:10月30日 著者:惣領 冬実


ばらかもん(3)(ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(3)(ガンガンコミックスONLINE)
最初から最後まで笑いの嵐でした!イケメン書道家先生の、田舎への順応っぷりが素晴らしい。モンスターボール、ウケる〜!!なる、何て変なモン集めてるんだよ!と思いつつも、今後カメムシが出没したらペットボトルを手にしてしまいそうです。今回は新キャラ登場だけど、基本根は皆イイ人達なので読後感がとっても良い!何度読んでもほっこりと爆笑の連続なので、繰り返し読みたくなる漫画です。「どうぞお先に」先生成長したなぁ・・・(泣)
読了日:10月30日 著者:ヨシノ サツキ


新選組刃義抄 アサギ(4)(ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ(4)(ヤングガンガンコミックス)
新刊、楽しみにしてました!今回は近藤局長がメインで描かれています。愚直すぎるほど誠実な人柄が、近藤さんの魅力でもあり、自らの首を絞める事にもなるわけだけど・・・どんな理不尽な事でも受け入れる近藤さんと、憎まれ役の土方さん、二人揃っているから新撰組をまとめられたんだろうなぁ。芹沢さんは相変わらず酷い描かれよう(笑)それに比べて新見さんは何て素敵なんだ・・・。この先、読むのがちょっと怖いです。
読了日:10月30日 著者:山村 竜也


彩雲国物語 第6巻彩雲国物語 第6巻
とうとう官吏となった秀麗。初の女官吏という事で周りから僻まれ虐められようとも、毅然とした態度で立ち向かう秀麗が最高にカッコイイ!陰ながら見守る劉輝や絳攸が心強いけれど、最後に静蘭に全てを持っていかれちゃいました!ちょっとちょっと、その台詞は今の秀麗じゃなくてもキュンときちゃうよ〜〜♪これで緑川ボイスときたら、失神しちゃうかもしれません。次こそは龍蓮が出てくるかな?どんな奇抜な格好で登場するのか楽しみです(笑)
読了日:10月30日 著者:由羅 カイリ,雪乃 紗衣


カーニヴァル 6 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)カーニヴァル 6 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
表紙のツクモちゃんが可愛いです〜♪この漫画に出てくる数少ない女の子は皆強くて可愛くて好感が持てます。離れ離れになっていた嘉禄との対面。・・・でも彼は別人?どうなってるの?まだまだ謎ばかりです。花礫が皆と離れる事になり、次巻は学園編でしょうか。彼の性格上一波乱も二波乱もありそうです!
読了日:10月30日 著者:御巫 桃也


あまつき 12巻 限定版あまつき 12巻 限定版
ちょっと〜!小冊子でこんな重要な事描いていいんですか?紺・・・なにやら恐ろしい秘密がありそうですが、これは本編に絡んでくるのかな?今回は梵天の登場が多くて、それだけでニマニマしちゃいます。鴇は白紙の者としての特訓も始まり、やっとこさ主人公然としてきました。鴇と梵の掛け合いが楽しい。(そして嬉しい)小冊子欲しさに限定版買ったはいいけれど、通常版の表紙も欲しい。梵と露草のツーショットーー!!
読了日:10月30日 著者:高山 しのぶ





関連記事

COMMENT

Re:10月☆読書メーターまとめ(1)(11/03)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



『アサギ』は、絵も私好みな感じなので

前から気になってたんですけど…

やっぱり面白そうですね〜(*≧▽≦*)



それにしても、「アサギ」といい、「燃えよ剣」といい、

もしかして、新撰組がnanaco☆さんの今のマイブーム?
by miwa125 #79D/WHSg
2010/11/03(水) 15:15 [Edit
Re:10月☆読書メーターまとめ(1)(11/03)
nanacoさん、こんにちは〜★

この中では白い鹿が気になります〜

ケルト、、読みたいです。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/11/03(水) 16:14 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



「アサギ」miwaさんも気になっていましたか!これすごく面白いですよ(*^^*)

表紙のカラー絵よりも中身の描き込みのほうが美しいという、ちょっと珍しい漫画です(笑)

思いの外本格的で、重厚な内容なので読みごたえたっぷりなんですよ〜☆



>もしかして、新撰組がnanaco☆さんの今のマイブーム?

ふふふ……よくぞ気付かれました(笑)

今更ながら新撰組、かなりのマイブームです。アニメとゲームで薄桜鬼漬けですし〜(^^ゞ

世間は龍馬ブームのようですが、あえて新撰組で立ち向かっていこうと思います。

なんか咄嗟に武士言葉が出そうで怖いです…かたじけない…。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/03(水) 19:39 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



実はこのアイルの書、以前ブログ友達さんから譲り頂いた作品だったんです(*^0^*)

最近ちょっと気持ちが荒んでいたので、現実逃避したくなり久々に手に取りました(笑)

このシリーズを読んでいると、読了した後しばらく戻って来れなくなるんですよねぇ。



ケルト神話をベースにした作品、大好きです!

しばらくアイルの書を再読していこうかと思います。

読み終わったら次は「華竜の宮」に挑戦しま〜す(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/03(水) 19:44 [Edit
Re:10月☆読書メーターまとめ(1)(11/03)
こんばんは〜♪



『FLESH & BLOOD 』先月14巻のみが隣の自治体の図書館に収蔵されているのに気が付き借りて読んだのですが、今月15巻も続いて収蔵され予約を入れました! この分だと16巻も収蔵されるのではないかと期待してます♪

『チェーザレ』これから華々しい活躍の時代ですね。アンジェロがどういう役割を果たしていくのか気になります…。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/11/03(水) 22:24 [Edit
Re:10月☆読書メーターまとめ(1)(11/03)
こんばんわ〜☆

今月も沢山読みましたねぇ☆

沢山気になるのがあるのですが、特に「白い鹿」が面白そうです♪私も今、ケルト神話系の本を読んでいるので(*^^*)

アマゾンで表紙を見たら、素敵でした〜〜♪でも、中古しか無いみたいです・・・(T.T)

あっ「アサギ」読まなきゃ!買っているのに未だ読んでない(焦っ)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/11/04(木) 00:04 [Edit
Re:10月☆読書メーターまとめ(1)(11/03)
こんばんわー☆おぉ〜今月も沢山読まれてますねー!



あぁっ!あまつきの限定版買ってる人がいるーっ!!

いいもんいいもん、露草いるからいいんだもん…



やっぱり今は新撰組関係の本が気になります。

「燃えよ剣」わたしも読みたい本です〜。

って、あれ?nanacoちゃんの読メ見てチェックしたんだったっけ…?

「アサギ」、実は一巻で脱落した漫画なんですが(笑

新見さんが素敵とな??

黎明録の新見さんは最悪な人なので逆に気になりますわ…

最近、ダンナ君が大河の「龍馬伝」を一気見してるんですが、

出てくる新撰組の目つきが悪いこと悪いこと…笑

どっちが良い悪いじゃないんだなぁと思いつつも、

新撰組がそう扱われてるとちょっとカチンときます…



そういえば話題の「へっけつろく」ですが、

函館戦争の戦死者の慰霊碑を「碧血碑」ていうと最近知りました。

なんでも「忠義を貫いて死んだ者の血は地中で三年経てば碧玉となる」とか…

もう泣きそうになりました。うぅ…土方さん…

by まる811 #79D/WHSg
2010/11/04(木) 22:01 [Edit
茨木 月季さんへ
月季さん、こんばんは〜♪



おぉっ!月季さんもフレブラ読まれているんですねぇ(*^^*)

ホントこのシリーズの面白さは尋常じゃないですよね…大好きすぎてもう…(笑)

読書メーターでも意外にも読者数(&コメント率)が多いのですごく嬉しいです。

海斗はなんでこんなにモテるんだってくらい、周りにイイ男達が集まってきますよね(^^ゞ

個人的にはスペイン男のビセンテが大好きなんですが、この調子だと退場しそうな予感…



「チェーザレ」も、ますます大変な事になってきましたね。

複雑になってきたので、もう一度1巻からじっくり再読したい衝動に駆られます〜^^;

アンジェロは今後チェーザレとどういう風に関わっていくことになるんでしょうね?

続きはまた1年後でしょうか、、、待ち遠しいです☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/05(金) 20:15 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



「白い鹿」すごく面白いですよ!(それに続く「銀の陽」……等も最高^^)

このアイルの書シリーズは、以前親切なブログ仲間さんに譲って頂いたんです〜(*^m^*)

既に絶版になっているようだったので、とっても嬉しいプレゼントでした♪

あまりに大好きなので、実は復刊ドットコムで密かにリクエスト投票もしてます…(笑)

きっとケルトの雰囲気が好きなちこさんなら、すごく楽しめると思います。

古本屋で見かけたら、即GETですよ〜〜!!



「アサギ」ますます面白くなってきました☆

この漫画ではどこまで描かれるのか分からないですが、近藤さんの姿には涙が出ます…。

何気に新見さんが好きです。何なんでしょ、あの美しさは……(笑)

次は土方さんあたりが表紙になりそうな気がしません?( ^ ^ )/

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/05(金) 20:23 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



うふふ…限定版、予約GETしました(笑)

でも何気に通常版のほうが表紙素敵ですよねぇ♪

確か前に、まるさんに「露草はあげないけど梵はあげる」って言われたのを覚えてます。

でも最近露草が可愛くって仕方ないです(><)まるさん、ぬけがけ申し訳ござらぬ…っ!



>「燃えよ剣」わたしも読みたい本です〜。

めちゃめちゃ良かったです〜!!この本の沖田さん、薄桜鬼そのままです……(笑)

最初土方さんが女を求めてうろついてたのはちょっとだけビビりましたが(* ̄m ̄)

まるさんも是非是非読んでみて下さい。斎藤さんもちょこっと出てきてニタつきます。



そうそう、「アサギ」の新見さんはめちゃめちゃ素敵なんですよ〜〜☆

漫画では芹沢さんが二重人格な設定なんですが、彼を正気に戻すのが新見さんです(笑)

ぶたれても殴られてもひたすら慕うなんて、新見さんはよほどMっ気があるんでしょうか…

黎明録では最悪の人なんですか!うわ〜^^;やっぱり作品によって全然違うんですねぇ。

そういえば「アサギ」では龍馬も岡田以蔵も、味のある良い人物に描かれてました。

なのに、維新側では新撰組がそんなに酷く描かれているなんて…悔しいですね〜(泣)



「へっけつろく」…まるさん、ひらがなで書かないで下さい(笑)へっ・けつ・ろく!

それにしても「忠義を貫いて死んだ者の血は地中で三年経てば碧玉となる」ですか…

あぁ、土方さんは華々しく散って碧玉となったのですね。。。ぐすん。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/05(金) 21:32 [Edit
こんばんは〜☆
私も「白い鹿」、気になりますぅ〜。^^

ケルトのお話って、ベールに包まれたような、神秘的なような、幻想的な雰囲気がたまらなくいいですよね!

あ、あと、新撰組も気になるかも〜。
by picchuko #79D/WHSg
2010/11/06(土) 21:36 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます〜♪



「白い鹿」すごく雰囲気が良いんですよ^^

なんか最近訳もなく気分が落ち込み気味なので、ちょっと現実逃避がしたくて…(笑)

このシリーズを読んだ後は、しばらくこの世界から離れたくなくなっちゃうんです。

……って、あれ?それ逆効果になっちゃうかな?( ̄〜 ̄*)



>あ、あと、新撰組も気になるかも〜。

最近、今更なんですが新撰組にハマっちゃってます(*^^*)

世は龍馬ブームだというのに、どこまでも天邪鬼なんですね、私は……(笑)

先日読んだ司馬さんの「燃えよ剣」も素晴らしかったし、もうちょっと追いかけたいです♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/11/07(日) 09:54 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。