FC2ブログ
Welcome to my blog

「新選組血風録」司馬遼太郎

ななこ


新選組血風録
著者:司馬遼太郎
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
勤皇か佐幕か、血なまぐさい抗争に明け暮れる維新前夜の京都に、その治安維持を任務として組織された剣客集団、新選組。名刀の真贋を軸に近藤勇の不敗神話を描く「虎徹」、赤穂浪士討ち入り以来の屈折した心情に迫る「池田屋異聞」、悲恋に涙する剣士の素顔を綴る「沖田総司の恋」など、「誠」の旗印に参集した男たちの内面を通して、歴史小説の第一人者がその実像を浮き彫りにする。活字が大きく読みやすい新装版。



えぇ、もう間違いありません。司馬遼太郎さんの本は 面白い ですきもち


日本史(特に幕末)と聞くと、怯えてしまうほど苦手だった私が、
まさか司馬遼太郎さんの本を読めるようになるとは…去年は想像だにしていませんでした(笑)

うん、多分今年一番の収穫がコレだな。 (ショボい収穫だなー。笑)


先日読んだ「燃えよ剣」
想像していた以上にのめりこんでしまったのですが、、、
今回読んだ短編集「新選組血風録」も、それに負けず劣らず面白くて、もう大満足です!!!

涙なしには読めなかった「燃えよ剣」とは違って、プッと笑えるお話も多いです。

本編ではあまりスポットの当てられていなかった、斎藤・山崎・永倉ら隊士達のお話が、
ふんだんに盛り込まれているので、訳もなくウキウキとしました(笑)


ライン

こもの ≪オススメPoint≫ 新選組  短編集  隊士達の魅力UP  燃えよ剣の後に


倒幕派か、佐幕派か。
読者がどちらに肩入れするかによっても、この本の印象は変わってきそうですねかお
私は勿論、新選組贔屓なので(笑)隊士達の視点から描かれた物語はとても共感できました。

この作品には、15の短編が収められていますきもち

沖田さんの魅力があますところなく堪能できる「沖田総司の恋」「菊一文字」
子供のようなあどけない笑顔と、時折見せる冷徹さのギャップがたまらないです…
ふわふわとしているようで、油断なく辺りに目を配っている所は、やっぱり一番組長ね。

「前髪の惣三郎」は、特にインパクトが強かったなぁ。
新選組に入隊してきたのは、男でも思わず見惚れるほどの美男・惣三郎。
土方さんがドギマギしたり、当の惣三郎が山崎烝に惚れたり。ニヤリとする作品。

それにしても「怯懦」 (臆病なこと) というだけで切腹モノなのね……かお
私はとても武士になれそうにないです(笑)

武士とは、りっぱに切腹ができるかできないかだけにかかっている。
虚栄だが、かれらはそうとは思っていなかった。
武士が武士であることの唯一の理由だと信じていた。(-P503)




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
picchuko  
司馬遼太郎!

nanaco☆さん、おはようございます。^^

おぉおぉ〜、すっかり司馬作品にハマってしまったようですねぇ〜。

いきなりですが、私、新撰組が治安維持の任務で組織されたとは知りませんでした。(^^;

逆に治安を乱す悪党どもかと!(爆)

そんなこと言っちゃ〜、nanaco☆ちゃんに怒られそうですね。

当時の日本男児ってすごくカッコいいですね〜。

まぁ、カッコよく書かれているのでしょうけど、やっぱり私は草食系男子よりはこんな風に熱い人の方が好きだな〜。^^

これ、短編っていうのがいいですね。

ですが、「燃えよ、剣」を読んでない私には難しいかな?

2010/12/26 (Sun) 08:55 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:司馬遼太郎「新選組血風録」読みました♪(12/26)

nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



わぁ〜、まだまだ新撰組熱が続いているみたいですね(*^_^*)

斎藤さん、山崎さん、永倉さんもでてくるなんて、

それだけでも読んでみたくなりました〜(*≧▽≦*)

何と言っても気になるのが、土方さんがドキッとしたり、山崎さんに惚れる「前髪の惣三郎」かな^^

すっごく面白そう!!(^v^)

短編集なら読みやすそうだし、絶対読んでみますね〜(^^)/

2010/12/26 (Sun) 14:53 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:司馬遼太郎「新選組血風録」読みました♪(12/26)

nanacoさん、こんばんは〜★



これまた、すごく面白そう。

まるさんも、評価高かったので、まず燃えよ剣を読もうとおもいます。

時代・歴史もの久しぶり〜

2010/12/26 (Sun) 20:05 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:司馬遼太郎「新選組血風録」読みました♪(12/26)

nanaco☆さんこんばんわ〜☆



「血風録」積読になっているので、nanaco☆さんのレビュー、楽しみにしてました♪

こちらは「燃えよ剣」とは印象が違うみたいですが、それもまた興味深いです〜。

私も日本史にはあまり興味の無かった人間でしたが、新選組(薄桜鬼?)のおかげで、すっかり武士好きになってしまいました。

なんか、和装の男の人って、色気があるな〜・・・なんて思うのは私だけでしょうか?

特にお坊さんにも何か色気を感じてしまう今日この頃です(笑)

あ、あと「○○録」というだけで、何やらドキドキします(〃∇〃)

2010/12/27 (Mon) 00:15 | EDIT | REPLY |   
和音2009  
Re:司馬遼太郎「新選組血風録」読みました♪(12/26)

おはようございます☆nanacoさん♪

クリスマスはいかがお過ごしでしたか?



実は今、そろそろ栗本薫さんの夢幻戦記、再読しようかな〜ところだったんですが、

司馬さんが手がけたこちらの作品、とっても面白そうですね!

今度、こちらの本も読んでみたいと思います〜☆☆☆

2010/12/27 (Mon) 08:54 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:司馬遼太郎「新選組血風録」読みました♪(12/26)

柊は『燃えよ剣』の前に『血風録』を読みました。

おかげですっかり佐幕派・新撰組派になってしまった柊…。

『竜馬がゆく』(倒幕派)の夫とは喧嘩になるので黙っています…(笑)

2010/12/27 (Mon) 17:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



はい〜もう「司馬作品=小難しい」というイメージは見事になくなりましたよ!(*^0^*)

むしろ時代物がこんなにも易しい言葉で読めるなんて…と、逆にちょっとした驚きです。

ただ、今は司馬作品にハマっているのか、それとも新選組にハマっているのか分かりません(笑)

新選組贔屓の私が今度は「竜馬がゆく」を読んだら、どんな感想を持つんでしょう〜^^;

近いうちに覚悟を決めて読んでみようと思いますっ…。



倒幕派から見れば新選組は、治安を乱す悪党に他ならないんでしょうねぇ〜!(爆)

でも彼らの決死の覚悟と信念を貫き通す姿勢は、まさに漢の中の漢ですよ(><)

たとえ幕府が倒れそうになっていても、日和見する事さえしないんですもの。

今の時代、こんな熱い心を持った男児はいないものかのぅ…嘆かわしい事じゃ(笑)



「燃えよ剣」を読んだ後だと、さらに楽しめるかと思いますけれど、

この短編集だけでも十分に面白いです。ひとつひとつのお話は短いので気軽に読めますよ☆

picchukoさんも、メキシコ旅行へのお供に是非いかがですか〜?(*^v^*)

2010/12/27 (Mon) 19:49 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



ふふ、新選組熱はまだまだ続きそうです!来年も密かに続いていくものと思われます( ̄〜 ̄*)

こんな事なら、大河ドラマも観ておけば良かったかなぁ…なんてちょっぴり後悔してます。

でも、新選組にハマったのは間違いなく「薄桜鬼」の影響ですから!(笑)

実際はどんな人達だったんだろう?って、どんどん興味が湧いてきちゃいますよね〜(^^ゞ



「燃えよ剣」では、土方さんの視点から描かれた物語だったんですが、

この「新選組血風録」は、短編毎に主人公が変わるので飽きずに読めると思います。

すごく読みやすいので、miwaさんも是非是非挑戦してみて下さいねヽ(*^^*)ノ



「前髪の惣三郎」は、どうやら「御法度」というタイトルで映画化もされているらしいです。

美男の惣三郎役は、松田龍平クンのようで^^ちょっと観てみたい気もします♪

(個人的には翔太クンの方が好みなのだけれど…)

2010/12/27 (Mon) 20:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



「燃えよ剣」すごく良かったですよ!(*^^*)

司馬作品で新選組の事が描かれている作品は「燃えよ剣」「新選組血風録」だけのようです…

司馬さんの文章でもっともっと読んでみたかったので、本当に残念でなりません(泣)

「燃えよ剣」の後にこの短編集を読むと、ますます新選組が身近に感じられます〜☆

ほんの150年前にはこんなにカッコイイ男達がいたんですねぇ…



日向さんが読まれていた「梟の城」と「国盗り物語」も近いうちに読んでみたいです。

司馬さんは著作がたっぷりあるのが嬉しいですね〜(^^ゞ

どれから読めば良いのやら〜状態ですが(笑)少しずつ挑戦していきたいです!

2010/12/27 (Mon) 20:46 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは〜♪



おっ!ちこさんも積読になっていますか(≧∇≦)

「燃えよ剣」は言うまでもなく傑作ですが、こちらの「血風録」も負けていませんよ〜☆

「燃えよ剣」の後に読むと、一人一人の人物像を掘り下げている感じでお得感があります!

山崎さんとか斎藤さんのキャラも、想像しているイメージそのままで思わずにんまり^^

いやぁ〜私も薄桜鬼のおかげですっかり武士好きになっちゃいました。

昔はインドの王子とかの方が好きだったのに!(何故にインドかは謎ですが…)

あんまり武士好きだと、そのうち日常生活で「これはしたり」とか出ますよ〜(爆)



>特にお坊さんにも何か色気を感じてしまう今日この頃です(笑)

なぬっお坊さんにまで色気を感じてしまうとは、ちこさん守備範囲広いです〜!(* ̄m ̄)ニヤッ

でも分かります。和装が似合う男の人ってときめきますよね…(もちろん黒髪で)

薄桜鬼のエンドとか、みんな洋装から和装になってますよね?あれがたまらなく好きです♪

2010/12/27 (Mon) 20:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
和音2009さんへ

和音さん、こんばんは〜♪



クリスマスは〜もう散々でしたよ〜〜(@_@)

うちのダーリン君の車がぶつけられて。もうディナーどころじゃありません(笑)

おかげで毎年恒例、年末の温泉旅行も代車でいくハメになりそうです。。。

ま、新年早々ぶつけられるよりは、ちょっとだけマシかもしれませんが(><)



そういえば「夢幻戦記」も新選組のお話でしたもんね〜♪私も読んでみたいなぁ。

もうこうなったら新選組関係の本、読みあさってみたい気分です…(笑)

「燃えよ剣」「新選組血風録」もすごく面白いので、和音さんも是非挑戦してみて下さい☆

栗本さんといえば2週間ぐらい前から「グイン・サーガ」を1巻から再読しています(*^0^*)

中学生の時以来の再読です。読み始めたら止まりません〜^^;

2010/12/27 (Mon) 21:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは〜♪



うふふ、やっぱり佐幕派ですよねぇ(*^m^*)お仲間がいて嬉しいです!

今は龍馬ブームですから、佐幕派は何だか肩身が狭い気がするんですよね〜…^^;

でも不思議と、ブログのお友達には新選組好きが多いので思う存分語れますね(笑)

旦那様が倒幕派だと、喧嘩になるのも納得です。不毛な議論になっちゃいそうです〜(* ̄m ̄)



司馬作品では、「燃えよ剣」「新選組血風録」しか新選組関連の本はないみたいですね?

司馬さんの描く隊士達はとっても魅力的なので、もっともっと読みたかったなぁ…(><)

そういえば先日、浅田次郎さんの「壬生義士伝」を買ってきました。

この作品も評価が高いようなので、読むのが楽しみです☆

2010/12/27 (Mon) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply