08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.12 *Sun*

森見登美彦「有頂天家族」読みました♪





【有頂天家族】森見登美彦 rating_48.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。



ふふふ〜思わず顔が緩んじゃう本って、こういう作品みたいなのを言うのよねぇballoon_71.gif

森見さんの作品に限っては、「阿呆」というのが最大級の褒め言葉なんですが、
この作品も例に洩れず、阿呆な事を大真面目に書いているから面白い。

今回の主人公は、。そう、もふもふ、ふわふわキュートなあの狸です。
これは京都を縦横無尽に元気よく駆け回る、阿呆でカワユイ狸の4兄弟のお話。
あらすじで「傑作・毛玉ファンタジー」って書いてるけど、まさにそのままだなぁと(笑)


001.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ファンタジー  狸の兄弟  笑えるけどホロリ…  四字熟語


偉大な狸の父から受け継いだものは阿呆の血
融通の利かない長男・ヒキコモリの次男・阿呆を極めた三男・すぐに尻尾を出すヘナチョコ四男。

この本に出てくるのがもし人間だったら、「バカバカしいな〜」で終わると思うのです。
……でも、狸だから。彼らの必死さに、思わず熱い声援を送りたくなるのですballoon_37.gif

人間の美女・弁天、弁天に惚れこんでいるダメ天狗・赤玉先生。そして狸。
京都を舞台に、激しい三つ巴の戦いが繰り広げられます(笑)
狸鍋の危機を前にすると、狸の兄弟達の団結力が驚くほど強くなるのに笑える。

個人的にツボなのが、無駄に多い四字熟語。
金閣銀閣の「呉越同舟!呉越同舟!」が、ずっっと頭から離れないぜ……。
森見作品を読んだ直後は、どうでも良いところで四字熟語を使っちゃいそうだ〜balloon_145.gif


「甘いねえ」
「甘いのう」
「兄ちゃん、珈琲も牛乳も美味しくないのに、珈琲牛乳はなぜ美味しいの?」
「それは相乗効果さ」
「ソージョーコウカってなあに?」
「運命の出逢いということだ。そうなると何でもうまくいくものだ」
弟は深く納得して、珈琲牛乳を飲む。(−P220)



graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

応援完了です。
Good afternoon.



ついに北朝鮮が陥落し、拉致被害者達が

金日成広場に続々集まって来ました。

(今日のブログ小説から)



明日は、「板門店の春」です。



応援をよろしくね。



Have a happy Sunday afternoon.

Thank you so much.

by 神風スズキ #79D/WHSg
2010/12/12(日) 12:54 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
こんにちは〜♪



森見さんの作品はこれしか読めてないです。

お馬鹿で面白かったです! 狸繋がり(?)『平成狸合戦ポンポコ』を思い出してしまいました。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/12/12(日) 14:39 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
nanacoさん、こんばんは〜★



なんか、ユルそうな話(褒めてます)でいいですね。

たぬきと言うと平成ぽんぽこ を思い出します。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/12/12(日) 17:00 [Edit
狸なんだ!
あはは、「阿呆」はとても大切なことです。

私も「阿呆」にならなりたい!(笑)

で、「阿呆」と聞けば、「踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らにゃ損損〜♪」と阿波踊りの節がつい思い出される私は、間違いなく四国人です。^^;



たまには、こういう純粋に楽しめて、リラックスできる本っていいですね。

これからは運命の出会いを味わいながら、珈琲牛乳を飲むことにします。(爆)
by picchuko #79D/WHSg
2010/12/12(日) 17:06 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



そうそう、あらすじの「毛玉ファンタジー」は

ナイスキャッチフレーズですよね(笑)(*^m^*)



最後の本からの抜粋を読んだだけでも、

狸兄弟の阿呆ぶりと可愛さが伝わってきますねぇ(笑)

私も早く読まなきゃ!!^^
by miwa125 #79D/WHSg
2010/12/12(日) 17:55 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
こんばんわ〜♪



最後の「相乗効果」の解説が分かりやすくって、面白かったです。

こんな感じの「四次熟語解説本」が出たらいいかも♪

「狸でも分かる四字熟語」みたいな。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/12/12(日) 23:54 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
「有頂天家族」読みかけで返却期限が来てしまい…それっきりになっちゃってます(^^ゞ

またいつか再挑戦、したいと思います〜☆
by 柊♪ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 09:15 [Edit
面白きことは
良きことなり!「これもまた阿呆の血のしからしむるところなり!」



単行本で読みましたが、様々な台詞がいまだ頭に残っています。



先日、先斗町のバーで「赤玉ポートワイン」を注文しました。「偽電気ブラン」は「そんなものは存在しないのです!」とバーテンダーに一蹴されました。笑
by Twist #79D/WHSg
2010/12/13(月) 16:28 [Edit
神風スズキさんへ
神風スズキさん、こんばんは〜♪



いつもご訪問ありがとうございます(*^^*)

また後ほどお勉強&応援ポチしにお邪魔させていただきますね!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 20:31 [Edit
茨木 月季さんへ
月季さん、こんばんは〜♪



あっ、分かります!平成狸合戦ぽんぽこ思い出しますよね(笑)

狸の兄弟の末っ子がとにかく可愛くて、もう読み終える頃にはめろめろですよ〜〜(≧∇≦)

この兄弟、そのへんの人間よりよっぽど人間くさい狸ですよね。

さりげなく「夜は短し〜」にお話が繋がっていたので、思わずニヤリとしちゃいました。



何だか、おバカすぎて笑える小説って意外と少ないんですよね…漫画もまた然り…^^;

どうでも良いんですが、昔読んだ「お父さんは心配症」という漫画、大好きでした。

も〜バカすぎて面白くて、腹が捩れるくらい爆笑した記憶があります!(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 20:37 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



とにかくユル〜いお話なんだけど、妙に真面目腐った様子の狸達なんですよね(笑)

毛玉の塊のくせに、一丁前の口をきくところがまた笑いを誘うんですよ……( ̄〜 ̄*)

読み終わったら、きっと前よりも狸の事が好きになっているはずです!



平成狸合戦ぽんぽこと雰囲気似てるかもしれませんね〜☆

人間でなく狸が主人公というだけで、なんでこんなに面白くなるんでしょうか…

森見さんの文章は、言葉選びが上手いというか的確に笑いのツボをおさえてきます(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 20:43 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



「阿呆」と聞いてすぐに阿波踊りを思い出すとは、さすがpicchukoさんですね〜!(爆)

ふと思ったんですけど…「阿呆」って「馬鹿」よりも愛情があると思いませんか?

「お前、馬鹿だな〜」というよりも「お前、阿呆だな〜」の方が嬉しい気がします^^;

…って、ここで本格的に「阿呆」について考え始めると、本気で阿呆になってしまう(笑)

とにかく森見さんの作品は「走れメロス」の時もそうだったけど、阿呆が褒め言葉です☆



こういう本を読みすぎると阿呆になる危険性大ですが、たまになら良いですよね(* ̄m ̄)

「人生、難しく考えすぎる事なんてないんだ!」と思えてくるから不思議です。。。

これからは珈琲牛乳を飲むたびに狸の兄弟の会話を思い出しそうです。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 20:50 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



あらすじを読んだだけで吹き出しました。「毛玉ファンタジー」って……!!(><)

絶対どこかでこのフレーズ使ってやろうと思いつつ、なかなかそんな機会が巡ってきません。

狸兄弟の末っ子がとにかくキュートで、思わずニヤついてしまいます(笑)

宝塚風美青年に化ける母親もナイスだし、すんごく可愛くて笑える物語でしたよ〜〜♪



ところで、文庫化されると表紙の雰囲気が変わっちゃう本って多いですけど、

今回は文庫版の方が好きだなぁと思いました(*^^*)表紙でどんな本かすぐ分かりますよね(笑)

miwaさんの感想をうかがう日が待ち遠しいです。首を長〜くして待っていますねッ☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 20:58 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



あっ、それナイスアイデアじゃないですか!(≧∇≦)

「狸でも分かる四字熟語」、絶対売れると思います。というか私なら絶対買う〜☆

この本、やたらと四字熟語を連発する狸コンビが出てくるんですよね…

「樋口一葉」とか、、、あれっ?と思いますけど違和感がないのがまたウケます^^;

そういえば昔「○肉○食」を「焼肉定食」と埋めたおバカさんがいたようですね(笑)



森見さんの作品は、ふとした時に「何でこの本読んでるんだっけ」と我に返る事多々あり…

あまりの阿呆さ加減に、たま〜についていけない事があります( ̄〜 ̄*)ウフフ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 21:05 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



あらら、読みかけで返却されてしまったのですねぇ(><)

是非最後まで読まれた柊さんの感想をおうかがいしたいです〜☆

この本、続きが気になるというよりも狸の会話が面白くて読んでいるようなものでした(笑)

当然のように人間に化けていたけれど、もしかして自分の周りにも…?と思っちゃいます^^;



何冊か読んできましたが、森見さんはこのノリの作品が一番好きかもしれません。

ユルくて阿呆で、どこまでも突っ走ってくれるのが面白いですねぇ。

先日「美女と竹林」が文庫化されたようなので、こちらも近いうちに読んでみたいです(*^v^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 21:11 [Edit
Twistさんへ
Twistさん、こんばんは〜♪



おぉっ、Twistさんは単行本で読まれたんですね(*^^*)

本当に、その台詞頭から離れません(笑)「オモチロイ」も森見さんならではです〜☆

「もふもふ」だとか「ふはふは」だとか、それだけで狸兄弟の可愛さが伝わってきますよね!



「赤玉ポートワイン」!赤玉先生に盗られちゃいますよ〜(笑)

「夜は短し〜」を読んだ時に出てきた「偽電気ブラン」が未だに気になっていたんですが。

電気ブランはどこで飲めるんでしょう?^^;酒好きとしてはこれは素通りできません…

きっとえもいわれぬ芳しい香りがするのでしょうなぁ。。。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/13(月) 21:22 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
こんばんわー☆



つい昨日我が家で「もし犬猫以外の動物飼うなら何飼う?」って話が出て、

結論として「狸」になりました。…いや飼わないですけどね。なんてタイムリーな。

この本こういう話だったんですねぇ、毛玉ファンタジー…笑

珈琲牛乳のくだり、いいこと言いますねぇ狸!



「ににんがし!」の次は「呉越同舟!」ですか!!爆爆爆

by まる811 #79D/WHSg
2010/12/14(火) 02:05 [Edit
Re:森見登美彦「有頂天家族」読みました♪(12/12)
これ面白いですよね!!

私は図書館から借りて読んだんですが。

いつでも読めるように手元に置きたいので、文庫版、購入します!!(#^.^#)

by あおニャン #79D/WHSg
2010/12/14(火) 18:23 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



そうなんですよ!「毛玉ファンタジー」はこの本を最も端的に表した言葉かもしれません(笑)

ちょうど狸をペットにと考えているまるさん夫婦にピッタリの本ですよ〜(* ̄m ̄)

あ、「ペット」と表現したら狸の逆襲に遭うかもしれません…結構凶暴な狸達ですから…

人間の姿に化けても、動揺するとすぐに尻尾を出しちゃう末っ子狸がカワユイです〜☆

「ににんがし!」の次の密かなブームは「呉越同舟!」ですね(笑)



あっ、そうそう。今日会社の近くの本屋さんで「熱帯夜」見つけたのでGETしましたよん(^^ゞ

表紙絵からしてちょっと不気味で面白そうです〜読むのが楽しみです!

そしてさりげなくグインの再読を始めましたよ……イシュトの第一声は「やれやれ」でした。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/15(水) 20:18 [Edit
あおニャンさんへ
あおニャンさん、こんばんは〜♪



おぉっ、あおニャンさんも読まれましたか(*^0^*)

これ、何故だかすっごく幸せになれる本ですよね!狸なのに…いや、狸だからこそですか(笑)

狸鍋とか意外とギョッとする所もありますけど、そのバランスがツボでした〜☆

確かにこれは手元に置いておきたいです。文庫版の表紙可愛いですよね(^^)



森見作品、何冊か読んできましたが、こういう軽いノリのがやっぱり好きですねぇ。

どれも京都が舞台になっているのが、京都好きとしては嬉しい限りです♪

先日「美女と竹林」が文庫化されたようなので、こちらも近いうちに読んでみたいです。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/15(水) 20:26 [Edit
こんばんわっ(* ´艸`)ウシシ♪
お久ぶりです♪

色んな本を紹介されてますね。b

私も恋愛本(ハードカバー)ばかり読み漁ってます(笑)

全然この日記の内容とは違うんですが、12月7日の戦場のクリスマスのnanacoさんが描いた絵が久しぶりnanacoさんの絵を見て、かなーーーり和みました☆

しかも、前より上達してませんか?

ほんとに、半年以上も見ていなかったせいか、癒されましたし、上達してる感じもしました。b

また、素敵な絵を見せて下さい (*´ェ`*)ポッ
by cheeky_angel #79D/WHSg
2010/12/16(木) 18:20 [Edit
cheeky_angelさんへ
cheeky_angelさん、こんばんは〜♪



ホント、お久しぶりですねぇヽ(*^^*)ノ

おぉっ恋愛本を読み漁っているとは!恋愛のプロになれますね〜(笑)

私は普段は恋愛系の本はあまり読まないんです…何か素敵な本があったら教えて下さいね♪



>久しぶりnanacoさんの絵を見て、かなーーーり和みました☆

わ〜〜そう言っていただけると、めっちゃ嬉しいです!(≧∇≦)

……でも全然上達はしてないですよぅ(笑)描く度に久しぶりの絵になってしまうので^^;

でも、読書に合間にもちょくちょく描いていけたら良いなぁと思ってます。

次はお正月くらいにまた新しい絵をUPするべく、少しずつ頑張ってるところです〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/12/16(木) 19:46 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。