11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.02 *Sun*

4月☆観賞メーターまとめ


4月に観たDVDを観賞メーターでまとめました〜balloon_85.gif
4月はちょっと少なめ。でもどれも濃い作品ばかりでした。

4月の鑑賞メーター
観た本数:4本
観た時間:440分



マンデラの名もなき看守 [DVD]マンデラの名もなき看守 [DVD]
じんわりと心に沁み入る良い映画でした。南アフリカ、アパルトヘイト政策下で、投獄されていたマンデラと、彼の看守をする事になった白人男性との交流を描いています。実話を元にした作品。これがたかだか30年前の話なんだなぁ。黒人の肩を持つだけで酷い嫌がらせを受けるような時代。人種の壁を乗り越えて二人が友情を築いていく様は、胸に静かな温かさを残しました。
鑑賞日:04月25日 監督:ビレ・アウグスト


縞模様のパジャマの少年 [DVD]縞模様のパジャマの少年 [DVD]
予想外のラストに呆然としてしまった・・・ドイツ人の軍人の息子ブルーノと、ユダヤ人の少年シュムールとの出会い。子供の目から見れば何故彼らが収容され、虐殺されているのか全く理解できなかったことでしょう。ただ友達になりたかった、それだけなのに。シンプルなストーリーながら、ここまで深く胸に突き刺さり深い余韻を残す映画は久しぶり。子役二人の演技があまりにも自然で、引きこまれてしまいました。最後に、ブルーノ父は何を思ったんだろうか・・・
鑑賞日:04月18日 監督:マーク・ハーマン


きみがぼくを見つけた日 [DVD]きみがぼくを見つけた日 [DVD]
タイムトラベル物。原作が好きだったので迷わず観賞。前半は、クレアにもヘンリーにも感情移入できませんでしたが、子供のエピソードが出てくる後半は俄然面白くなります!最後は、切なくてやるせなくて涙が止まらなかった・・・。色々端折っている部分はありましたが、主演二人がハマリ役で(特にエリック・バナは意外!)面白く観られました。
鑑賞日:04月10日 監督:ロベルト・シュベンケ


獣の奏者 エリン 第7巻 [DVD]獣の奏者 エリン 第7巻 [DVD]
本来人間と馴れ合う事のできない王獣。でもエリンとリランの関係を見ていると、決して人間への恐怖から縛りつけているのではないのが感じられて嬉しい。ラスト、随分とエリンの顔立ちが変わっていたけど!?次回はまた大きな展開がありそうで楽しみです。イアルはいずこへ〜〜
鑑賞日:04月03日 監督:



hana16.gif


一番印象に残ったのは「縞模様のパジャマの少年」かなぁ。

ドイツ軍人の幼い息子の視点から、ユダヤ人へのホロコーストが描かれています。
家の近くにユダヤ人の収容所があるが、少年はそれが何を意味するのか分からない。

ある日、フェンスの向こう側に座っていたユダヤ人の少年と出会う。
歳の近い二人は、大人の事情なんて関係なく友達になる。当たり前だよねぇ。
でも、二人の間にあるのは有刺鉄線…。

縞模様のパジャマの少年

ナチスを、単に悪者と描いていないんですよねぇ、この映画。
軍人家族だって、温かい家族がある、人を愛する気持ちがある。
心の底で痛みを覚えながらも、ユダヤ人に対する嫌悪を募らせる家族は、とても痛々しい。

衝撃的なラストには言葉も出ませんでした!
重たいですが、とても良い映画です。これがもともと児童文学なんてねぇ…balloon_57.gif





関連記事

COMMENT

Re:4月☆観賞メーターまとめ(05/02)
「縞模様のパジャマの少年」未見なので観てみたいです。

原作は児童文学なのですね。

文章でも読んでみたいな…。
by 柊♪ #79D/WHSg
2010/05/02(日) 09:27 [Edit
Re:4月☆観賞メーターまとめ(05/02)
縞模様のパジャマの少年の感想が一番熱をかんじますねえ。

しかもこれもとは児童文学ですか!内容がぽくない感じがします。



DVDや映画はあまり見ないほうなのでもう少しいろんな幅を広げたいなあと思ってます。
by Cedie #79D/WHSg
2010/05/02(日) 12:52 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



「縞模様のパジャマの少年」、すごくすごく考えさせられる映画でした(><)

ホロコーストを描いた作品は過去にも沢山ありますが、子供の視点からというのは珍しい?

私が観た映画は、どれもドイツ人側が血も涙もないような人物として描かれていたのですが、

この映画は、彼らの罪悪感や葛藤も感じ取れるので、なんともやりきれない気持ちになります。



原作も、児童文学とはいえかなり重そうな作品ですよね〜^^;

アイルランドで長期ベストセラーになったとのことで、すごく気になる作品です!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/02(日) 19:43 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは〜♪



「縞模様のパジャマの少年」決して気持ちの良いお話ではないのですが、

ものすごくズッシリと胸に重いものが残る映画で、とにかく印象に残っています(*_*)

この映画が好きか?と聞かれれば首をかしげざるを得ませんが、観て良かったと思います!

切ないラストで、悲しいというよりも信じられない思いで呆然となりました〜^^;



これが児童文学とは、本当に驚きですよね!

向こうの子供達は、日本と違って過去の歴史や死が身近にあるのかもしれませんねぇ。

もしCedieさんも機会があれば、是非ご覧になって下さいね。深い映画です☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/02(日) 19:49 [Edit
Re:4月☆観賞メーターまとめ(05/02)
縞模様のパジャマの少年 、良さそうですね。

学生の頃、何故ユダヤ人は迫害されるのか?不思議で調べた事があります。その根が深くて選ばれた民ユダヤ人の意味とキリスト教の(というよりキリスト迫害の)成り立ちとか人種がらみの宿命に2000年も前の事なのに今まで続いている対立に、人間の業を感じました。色々考えさせられます。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/05/04(火) 20:27 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもありがとうございます〜♪



「縞模様のパジャマの少年」重たい映画で、じっとりとした余韻を残しました(><)

子供が主人公の映画って、理不尽な運命に巻き込まれると何だかやりきれなくなります。

ユダヤ人への迫害も、少年達にとっては理解できないものだったのでしょうねぇ。

幼い頃からユダヤ人を憎むように教育を受けているシーンがあって、苦しくなりました…



それにしても日向さん、学生の頃に調べられたなんて凄いですね!(^^)

私は社会人になってやっと調べる余裕が出てきたみたいです〜☆

余談ですが、今日本史を一から勉強しています。

昔は全く興味がなかったのですが、じっくり勉強してみると面白いものですねぇ(笑)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/05(水) 06:56 [Edit
Re:4月☆観賞メーターまとめ(05/02)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



nanaco☆さん、GW、どんなふうに過ごしてましたか〜?^^

私はと言うと…大阪に遊びに行く以外、

読書に没頭して至福の時間を過ごすはずだったのが、

いろいろ邪魔が入って(笑)

予定が狂っちゃいました(^_^;)



「縞模様のパジャマの少年」、良さそうな映画ですね〜(*^_^*)

二人の少年の間の有刺鉄線…何だか悲しく見えますねぇ…(T_T)

いつかレンタルして、観てみますね(^_-)
by miwa125 #79D/WHSg
2010/05/05(水) 17:44 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



とうとうGWも終わっちゃいましたねぇ…(><)

あらぁ、色々と邪魔が入っちゃいましたか(笑)実は私もなんです〜^^;

強行スケジュールで日帰りドライブ、読書するはずが買い物になっちゃいましたねぇ。

そちらは連休中、晴れていましたか〜??

北海道はず〜っと気持ちの良い青空でしたよ♪ちょっと暑いぐらいでした!

実は今週末から京都・奈良方面へ旅行に行く予定です。連休を避けました…(* ̄m ̄)ヘヘヘ



「縞模様のパジャマの少年」、ズシンと重いものが残りますが、とても良い映画です!

同じ人間なのに、どうして…と理不尽なものを感じずにはいられません(泣)

子供の視点からのホロコーストというのは珍しいと思うので、

miwaさんも機会があったら是非是非ご覧になって下さいね〜( ^ ^ )/

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/05(水) 21:11 [Edit
早速!
私も「縞模様のパジャマの少年」、チェックしました〜!!

すごく重そうな話ですけど、ナチスを単なる悪者扱いしてないところもいいですね。

極端な善悪ってあまりないように思いますし、それぞれに抱えるものは、立場が違っても同じようにありますもの。

ですが、それでもホロコーストは忘れてはならない負の歴史ですよね。

私も頑張ってみてみようと思います。
by picchuko #79D/WHSg
2010/05/08(土) 21:07 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、お返事が遅れてしまってごめんなさい〜☆

旅行から無事帰ってきましたよ(*^^*)



「縞模様のパジャマの少年」すっごく重いお話でした(*_*)

もう観たのは1ヶ月くらい前になりますけど、まだ鮮明に記憶に残っています。

二人の少年の演技がものすごく自然で、全然「演じている」感がないんですよねぇ。

台詞は少ないのに、目で演技をしているというか…



決して起伏のある作品ではないですけれど、観終わった後に不思議な余韻が残ります!

心地の良い余韻とは言えませんが^^;でも是非picchukoさんにも観ていただきたいです。

子供の視点から描かれているから、どちらの側にも感情移入しちゃうんですよ。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/12(水) 20:38 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
28位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。