06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.01 *Sat*

4月☆読書メーターまとめ(2)


読書メーターまとめ、続きです〜
このページは、なんだか恋愛物ばっかだな…(笑)

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)
まず一言、言わせて下さい。あらすじで物語の核心に触れるような事は書かないで欲しいです!本を開く前に何気なく裏表紙のあらすじを読んでこの先の展開が分かってしまった事、か〜な〜り〜〜落ち込みました(泣)若干しょぼくれた気持ちで読み始めたのですが、そんな事すら些事に思えるほどグイグイと引き込まれてしまった。平坦で穏やかな生活よりも、燃え上がるような刹那的な愛を選んだアンナ。アンナこそ、この物語のタイトルに相応しい。凄まじい生き様でした。・・・でもリョーヴィン達の方が断然共感できる(笑)
読了日:04月21日 著者:レフ・ニコラエヴィチ トルストイ


月桃夜月桃夜
奄美を舞台に描かれる、美しくも哀しい物語。奴隷ヤンチュとして育った兄妹フィエクサとサネンのお話にすっかりと引き込まれてしまいました。短気だけれど優しいフィエクサと、涼やかで美しいサネン。二人の関係は、温かく柔らかで、でも時折ピンと張りつめたようなギリギリの緊張感が漂う。互いを求め合うからこそ、触れられないもどかしさ。真暗闇の中で雨に濡れたサネン花の甘い香りが、ふわりと立ち上ってくるようでした。残酷で、不条理で、とても美しい。
読了日:04月18日 著者:遠田 潤子


A・D-天使の嘘- (ゼロコミックス) (リブレコミックス)A・D-天使の嘘- (ゼロコミックス) (リブレコミックス)
キャラがどれも可愛いですねぇ♪特筆すべき点は多々あるものの、中でも気になってたまらないのがフォースと、りくのあの親密さ!(笑)何で?何でなの?ちゃんとストーリーを追っているし、邪な心で読んでいるわけでもないのに。ついついフォースの言動にドキリとしてしまう自分を、どうにかしてください・・・(笑)続きが楽しみです!
読了日:04月18日 著者:あき


心霊探偵八雲 第2巻 (あすかコミックスDX)心霊探偵八雲 第2巻 (あすかコミックスDX)
原作でストーリーは知っているので、とりあえず漫画版では八雲の匂い立つような色気に注目(笑)美しい。ヒロインの晴香がちょっと可哀想になってしまうくらい美しいです。原作よりも無愛想な感じがしないのも良いですねぇ。表情が豊かになっているというか。奈緒ちゃんを見つめる目が優しい・・・
読了日:04月18日 著者:作:神永 学


時の旅人クレア〈3〉―アウトランダー(3) (ヴィレッジブックス)時の旅人クレア〈3〉―アウトランダー(3) (ヴィレッジブックス)
再読。ラリーブロッホでの束の間の幸せ。ジェイミーと、姉のジェニーがあまりにも共通点がありすぎるので(容姿の美しさも、気性の荒さも)つい笑ってしまう。静かで幸せな前半部と、拷問の血生臭さが漂ってくるような過酷な後半部。一度読んだにもかかわらずあまりの落差に呆然。「自分の痛みには耐えられる。だが、君の痛みには耐えられない。そんな強さはおれにはない」何度読んでもこのジェイミーの台詞に胸を打たれます!そしてその言葉が嘘ではない事は実証済み。ジェイミーとクレアが穏やかに暮らせる日は来るのだろうか・・・
読了日:04月17日 著者:ダイアナ ガバルドン


アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)
何て事だ!すっかりアンナ&ヴロンスキー、キティ&リョーヴィンの立場が逆転してしまった。愛、嫉妬、不安・・・社交界で活躍していた、アンナの魅力は何処へいったのでしょう。この時代の「世間体」というのは、本人が思っている以上にその人の人生を左右するものなんだなぁ。どんどん落ちぶれていくアンナをタイトルにするとは、ある意味すごい(笑)一心にアンナを信じ心から慕っている息子セリョージャが、ただひたすらに哀れです。さて、いよいよ最終巻。
読了日:04月15日 著者:レフ・ニコラエヴィチ トルストイ


アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)
解説の読書ガイドの中で、「アンナのエピソードは面白いが、リョーヴィンが出てくると途端に退屈になる読者もいる」みたいな事が書かれてありましたが、そんな事はありません!リョーヴィンの農業経営に対する考え方は面白いし、アンナ×ヴロンスキー達とは違って一歩一歩着実に、キティへの愛を育んでいくのが微笑ましい。農奴解放後のロシアの、結婚観についても面白く読みました。恥も外聞もなく、ヴロンスキーとの愛に身を焦がすアンナは、確かにリベラルな思考の持ち主だったんだろうな。
読了日:04月11日 著者:レフ・ニコラエヴィチ トルストイ


時の旅人クレア〈2〉―アウトランダー〈2〉 (ヴィレッジブックス)時の旅人クレア〈2〉―アウトランダー〈2〉 (ヴィレッジブックス)
再読。18世紀にタイムスリップし、ハイランドの戦士ジェイミーと結婚することになったクレア。政略結婚とはいえ、お互いの尊敬から始まった二人の親密な関係には、読んでいるこちらがニヤリとしてしまいます。ジェイミーが愛情を持ってクレアの事を「サセナッフ」(よそ者)と呼ぶのが好き。この時代で恐ろしいのは魔女裁判。取り替え子や黒魔術が普通に信じられているような世界だから、医学の知識があるクレアは明らかに魔女。怖い、怖い。
読了日:04月11日 著者:ダイアナ ガバルドン


時の旅人クレア〈1〉―アウトランダー〈1〉 (ヴィレッジブックス)時の旅人クレア〈1〉―アウトランダー〈1〉 (ヴィレッジブックス)
再読。やっぱりこのシリーズは最高に面白い!第二次大戦直後、夫とともに訪れたスコットランドで、突然18世紀にタイムスリップしてしまった従軍看護婦クレア。元の世界に置いてきた夫には悪いけれど、18世紀の赤毛のハイランド青年ジェイミーの魅力には抗えないですね・・・(笑)怪我をしても薬も痛み止めもなく、化膿して死に至る不衛生なこの時代で、クレアの医学の知識がとても心強い。でも、そうか・・・現代の女性の服装は、18世紀には裸同然なのね。
読了日:04月06日 著者:ダイアナ ガバルドン



関連記事

COMMENT

今、関空です♪
こんばんは〜!

今度 改めて「アンナ・カレー二ナ」のレビュー書いてくださいね!!^^

私は、モスクワのカフェでちびちびコーヒーでも啜りながら、まだ3巻目を読みますね♪

もしかして、アンナに似た黒髪の素敵なレディに会えるかな?

それにしても、本当に素晴らし過ぎる作品ですよね!!
by picchuko #79D/WHSg
2010/05/02(日) 00:15 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます〜♪



「アンナ・カレーニナ」素敵な作品でしたねぇ(^^)

どちらかというと、主人公アンナよりもリョーヴィンのほうに感情移入しましたが…

それでもやっぱりアンナはタイトルを飾るに相応しい女性だと思います!

前にpicchukoさんのブログで紹介されていた、クラムスコイの「忘れえぬ女」、、、

アンナはあんな女性(シャレじゃないですよ!笑)だったんじゃないかなぁ、と。

ちょっと高飛車な感じ、でも悲しげな眼差しがアンナにピッタリだと思いました〜(><)

今度、改めてレビューを書きたいと思います♪



picchukoさん、どうかお気を付けて行って来て下さいね!

今回はどんなハプニングが待っているのでしょう!?(笑)

お土産話、楽しみに待っていますね〜(*^m^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/02(日) 06:38 [Edit
Re:4月☆読書メーターまとめ(2)(05/01)
アンナ・カレーニナ・・大作を読まれましたね。お疲れ様です。nanacoさん、読むの早いですね。凄いと思います。

面白そう・・でもちょっと長いので躊躇してしまいます^^
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/05/04(火) 20:13 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、おはようございます〜♪



「アンナ・カレーニナ」何度も映画化されるのが頷ける作品でした(^^ゞ

現代との結婚観の違いというのが面白いですねぇ。

やっぱり今と違って女性の地位は低いですし、世間体が何よりも大切なんだなぁ、と。

だてに名作と言われている訳ではないんだなぁと思ったのが、その心理描写です!

言葉にできない微妙な気持ちだとか、驚くほど的確に文章にしている事に驚きました。

トルストイ、他作品も読んでみたくなりました〜(><)



日向さんも、機会があったら是非チャレンジしてみてくださいね☆

こちらも近いうちに(笑)レビューUPしたいと思います〜^^

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/05/05(水) 06:42 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。