09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.28 *Mon*

柴村仁「ハイドラの告白」読みました。。。




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

美大生の春川は、気鋭のアーティスト・布施正道を追って、寂れた海辺の町を訪れた。しかし、そこにいたのは同じ美大に通う“噂の”由良だった。彼もまた布施正道に会いに来たというが…。『プシュケの涙』に続く、不器用な人たちの不恰好な恋の物語。




【ハイドラの告白】柴村仁
rating_46.gif


あぁぁ………あの切なさは、あの痛々しさは、いずこへ……!!

勿体ない。というのが、読み終えた時の一番の印象です。
前作「プシュケの涙」は素晴らしい作品でした。胸が痛くなるほどの切なさと愛おしさ。
その続編!と聞いて喜び勇んだのですが、若干肩すかしを食らった気分ですballoon_89.gif

プシュケは、「ちょっと反則じゃない?」と思える程計算され尽くされた構成でした。
作者の思惑通りと頭では理解していても、どうしても涙せずにはいられない物語で。
そんなあざとさが、この作品の魅力でもあったのですが……。

柴村さん、今回は力を抜いて書いてしまったのかなぁballoon_145.gif
「ラノベらしからぬラノベ」から「ただのラノベ」になってしまいました(笑)

 レビュー


lp.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ 双子の美形兄弟  軽く読める  実際プシュケだけで十分


……とまぁ、ボロクソに書いてしまいましたが、勿論良い所もありますballoon_34.gif

前作でも登場した美形の双子・由良兄弟。
この二人は相変わらず、、、というよりも前作以上に魅力的かもしれません。
実は、この物語の中である仕掛けがあるのですが、これはすっかり騙されました〜balloon_59.gif

前作同様、二部構成になっています。
前半…美大生・春川がある気鋭のアーティスト布施正道を追う謎。
後半…由良兄弟と幼馴染であるグラビアアイドル・Aの淡い恋心。

それぞれ、春川とAが主人公になっているはずなのですが、
由良兄弟(カナタとアタカ)のキャラに完全に飲まれちゃってますね…(笑)

前作に比べると随分と明るい雰囲気なので、もしかしたらこっちが好みの方もいるかも?
さて、次は三部作目「セイジャの式日」。これはどんな物語なんでしょう…
このシリーズ、表紙はどれも綺麗だなぁ。。。




bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:柴村仁「ハイドラの告白」読みました。。。(06/28)
ありゃ、珍しくちょっと微妙な評価ですね(~_~;)

表紙はとてもキレイですよね。

幻想的というかなんというか。



美形がでてくるだけで読みたくなりますけどww
by Cedie #79D/WHSg
2010/06/28(月) 21:13 [Edit
こんばんは!
夏?梅雨?らしい表紙の本ですね〜。^^

nanaco☆さんの評価は珍しく辛口ですけど、

それだけ前作が素晴らしかったということでしょう。

だからとても期待してしまったのね。^^



「不器用な人達の不恰好な恋の物語」

なんかいいなぁ〜って思ってしまったんですけど、

もう不器用とか不恰好な恋愛をする年でもあるまいし、、、。

な〜んて、捻くれてるpicchukoをどうにかして下しゃい。(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2010/06/28(月) 21:38 [Edit
Re:柴村仁「ハイドラの告白」読みました。。。(06/28)
nanacoさん、こんばんは〜★



一作めが素敵だと、それ以上の期待をしますよね。

あの本の続編だから・・と、それで評価も辛いものになってしまうかも。





不器用な恋・・・みんな不器用ですよ〜、器用だとちょっと・・(ピント外れ^^)

by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/06/29(火) 00:03 [Edit
Re:柴村仁「ハイドラの告白」読みました。。。
こんばんは〜

お、評価低いですね。

図書カード2000円分をゲットしたので、

この三部作を買おうかと思ってたんだけど…

次のレビューを待ってからにしようかしら。

本屋に行くとその表紙を見ただけで、レジに走りそうです。

by さくら #79D/WHSg
2010/06/29(火) 01:43 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、おはようございます〜♪



表紙はホント好きなんですけどねぇ^^;

扉のページもすごく綺麗なんですよ。それだけでも買った甲斐はあったでしょうか☆

前作が良すぎると、どうしても続編にそれ以上の期待がかかってしまいますねぇ…

でも仰るとおり、美形の双子兄弟という設定だけでもう許せます〜(笑)

「プシュケ〜」はすっごく良いお話なので、Cedieさんも機会があったら是非(*^0^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/29(火) 05:28 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます〜♪



今の季節にピッタリの表紙ですよね(*^0^*)

このシリーズのイラストは、色遣いが綺麗で見ているだけでウットリしちゃいます!

前作が素晴らしすぎたので、次もこういう雰囲気のものを期待し過ぎてました…^^;

切ないと嫌だ、悲しい!と言うくせに、明るすぎると物足りない…なんて、

どんだけワガママな読者なんだ〜〜と自分で思います(笑)



>もう不器用とか不恰好な恋愛をする年でもあるまいし、、、。

も〜picchukoさん、笑わせないでください!(爆)朝から吹き出しました…!!

picchukoさんにはウルスみたいな男性とスマートな恋愛がお似合いですね(*^m^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/29(火) 05:33 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、おはようございます〜♪



そうなんですよねぇ、前作が良いと期待し過ぎてしまうんでしょうねぇ(*_*)

グインみたいにあれだけの長編になってしまえば、気にならなくなるんですけどね(笑)

どうしようもない切なさや痛みを期待していたのに、ちょっと肩すかしでした…^^;



>不器用な恋・・・みんな不器用ですよ〜、器用だとちょっと・・(ピント外れ^^)

ふふふ、確かに〜〜!!

器用な恋だとちょっと相手を信じられなくなりそうですね(笑)

恋愛にだけは、達人なんていないと思います(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/29(火) 05:37 [Edit
さくらさんへ
さくらさん、おはようございます〜♪



きっとプシュケが良すぎたんでしょうねぇ、今回は求めていたのとちょっと違いました^^;

でも普通のラノベとして読めば、これはこれで面白いとは思うんですけれどね…

登場人物の口調とかも、こんなに軽かったかな?と思ってしまいました☆



図書カード2000円分!羨ましい〜〜(*^m^*)

何を買おうか迷いますよね。ハードカバーを買うか、文庫何冊か買うか。。。

これは早々に「セイジャ〜」を読まなくちゃですね。あぁ、プシュケの感動をもう一度…!

このシリーズは、イラストが素敵すぎなのでそれだけで手元に置きたくなります♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/29(火) 05:43 [Edit
Re:柴村仁「ハイドラの告白」読みました。。。(06/28)
nanaco☆さんこんにちはー♪



あらら、☆三つですか。

でも、このレビューを読んで「プシュケの涙」がとても読みたくなりました(笑)

確か、前回のレビューの時にお気に入りに入れたはず・・・

by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/06/30(水) 16:24 [Edit
Re:柴村仁「ハイドラの告白」読みました。。。(06/28)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^o^)



あらら…何だか評価が低めですねぇ(^_^;)

でも、それだけ『プシュケの涙』が良かったということだから、

ますます『プシュケ…』を読んでみたくなりました〜(*^^)v

この前GETしてマイ積読本になってるので、

近いうちにチャレンジしてみますね♪

双子の美形兄弟…それだけで顔が緩んじゃいそう(笑)(#^.^#)

ひとりで思い切り二マニマしながら読んでみまっす!!(*^^)v

nanaco☆さんも、次の三作目の『セイジャの式日』に期待しましょう♪

また「ラノベらしからぬラノベ」に復活してるかも(^_-)
by miwa125 #79D/WHSg
2010/06/30(水) 18:08 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



>でも、このレビューを読んで「プシュケの涙」がとても読みたくなりました(笑)

おぉ、それだけで「ハイドラ〜」のレビューを書いた甲斐がありました!(><)

これ読む人によっては、すごく好きなタイプの作品なんだと思います。

良くも悪くもテンポがラノベだなぁ、という感じで。まぁ、そこそこですね(笑)



「プシュケ〜」は、もう本当に素晴らしい作品なので、是非ちこさんも読んで下さい!

正直悲しくて切なくてやりきれなくなるんですけど、大好きで何度も再読したくなります。

あっ、もちろん美形さんが出てくるのがポイント高いんですけどねぇ(*^m^*)

素敵なイラストもチェックですよ〜〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/30(水) 20:15 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



おぉっmiwaさん「プシュケ〜」既に積読本になっているんですね!(*^v^*)

あぁ、早く読んでいだきたくて、早く感想を伺いたくてウズウズします…☆

双子の美形兄弟、絶対ツボですよ〜!うひひ…

性格がまたアレなもんだから、他の登場人物達が完全に飲まれちゃってます^^;

そしてそれ以上に物語の構成が凄いです。切なくて、痛くて、でもとても温かくて。

読んだ後に、しばらく何も手につかなくなる恐れがあるので要注意ですよ!(笑)



次の「セイジャの式日」、プシュケのあの感じが戻っていると良いのですが。。。

うーん、なんだか読むのがすごく怖いです(><)

当分は、表紙の美青年を眺めてニヤニヤしていようと思います〜(怖…)

miwaさんの感想、心待ちにしておりま〜す♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/30(水) 20:21 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
19位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。