08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.25 *Fri*

辻仁成「ピアニシモ・ピアニシモ」読みました☆




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

教室でもチャットルームでも「いるだけの人」トオル、彼にしか見えない親友ヒカル。孤独な少年がマンモス中学の闇に挑む。殺人者が潜み、少女の幽霊が彷徨い、地下にはもう一つの学校が。死の世界の只中へ、希望と想像力だけを武器に降りて行く、初めて愛した人を救うために。少年の奇跡を描ききった傑作長篇。



【ピアニシモ・ピアニシモ】辻仁成 rating_48.gif


お友達のmiwaさんに紹介していただいた作品です〜balloon_133.gifheart_37.gif
miwaさん、いつも面白い本を紹介していただいて、本当にありがとうございます!!

辻作品は、「冷静と情熱のあいだ」を読んだ事があるのみ。
その時の印象からか、恋愛小説を書かれる作家さん、というイメージだったのですが…
こういうダークファンタジー(?)も書かれる作家さんだったんですねぇ。驚きました。

灰色の世界や、地下にあるもう一つの学校、そして死者の組…
あらすじから、天沢退二郎さんの「光車よ、まわれ!」を思い出したのですが、
この二つは似て非なるものですねぇ。雰囲気は全然違うかもしれませんballoon_89.gif


pen_01.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ 考えさせられる  ダークファンタジー??  少年達の結末は…


児童向けファンタジーだと勝手に思い込んでいたので、あまりの重さに驚きました(笑)
クラスの中でのいじめや引きこもり、性同一性障害やネット犯罪。
今や既に当たり前のものとなっていますが、若干気が滅入る作品ではありますballoon_143.gif

でも、だからこそリアリティがある。「面白い」だけでは終わらないのですよねぇ。
主人公トオルにしか見えない少年ヒカルの存在。スカートを履く美少年(?)シラトの存在。
どれをとっても、現代社会の縮図を眺めているような気になるから不思議ですballoon_59.gif

とても考えさせられたし面白かったのですが、一つだけ気になる事が。
それは主人公トオルの、妙に大人びた口調です……(笑)
「曖昧模糊」。少なくとも私は、中1の頃は使ってなかっただろうな〜。。。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:辻仁成「ピアニシモ・ピアニシモ」読みました☆(06/25)
nanacoさん、こんばんは〜★



なんかダークな雰囲気がぷんぷんとしますね。この作品。

辻仁成作品は読んだことないです。だけどこの本は気になります・・・。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/06/25(金) 22:34 [Edit
ピアニシモ・ピアニシモ
という題名と本の表紙が印象的ですね。



あの「冷静と情熱のあいだ」を書かれた作家さんですか、、、。

といっても、それすら読んだことはないですが。(^^;



最近、ちょっとゲームする時間が減りました?

本のレビューアップがまた元のように増えてきたので嬉しいです♪
by picchuko #79D/WHSg
2010/06/26(土) 07:15 [Edit
Re:辻仁成「ピアニシモ・ピアニシモ」読みました☆(06/25)
辻さん、柊も『冷静と情熱のあいだ』しか読んだことないかも…^^;

作品数が多いのでどれから読んでいいのかわからないのと、基本的に恋愛小説が苦手なのと二つの理由から敬遠していました。

ファンタジー風の小説も書かれていたなんて知りませんでした〜☆
by 柊♪ #79D/WHSg
2010/06/26(土) 14:06 [Edit
Re:辻仁成「ピアニシモ・ピアニシモ」読みました☆(06/25)
こんにちわー♪

私も辻さんの作品は、恋愛小説しか読んだ事しかないです〜〜。しかも、禁じられた系が多い(笑)

こういうのも書かれるのですね以外!

別の辻さんも見てみたいので、今度読んでみたいです♪
by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/06/26(土) 14:27 [Edit
Re:辻仁成「ピアニシモ・ピアニシモ」読みました☆(06/25)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^O^)



そうそう、この作品って、現代社会の問題を全部とりあげていて、

ホントに現代社会の縮図を見るような作品でしたよね〜。

それを象徴するような灰色の世界に益々気が滅入りそうになるんですけど、

トオルを一生懸命灰色の世界から救い出そうとするシラトの存在に、

何だか救われたような気がしました〜^^

個人的には、いい子のトオルより、

好き勝手をするやんちゃなヒカルの方が好きだったかな(*^^)v



☆TBどうもありがとね〜(^o^)/

こちらも遠慮なくいただいていきま〜す♪
by miwa125 #79D/WHSg
2010/06/26(土) 18:04 [Edit
Re:辻仁成「ピアニシモ・ピアニシモ」読みました☆(06/25)
こんばんは☆

曖昧模糊。私、今でも使いませんよ〜(笑)



辻仁成さん。

私は作家と言うより、ミュージシャンのイメージのがまだまだ強く、作品は一度も読んだことがありません〜(^^;)
by 和音2009 #79D/WHSg
2010/06/26(土) 22:02 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



この作品、予想していた以上にダークな雰囲気でした!

何となくあらすじから、児童向けかなぁと思って読んでいたのでビックリです(笑)

チャットを自在に使いこなす中学生に最初はちょっと違和感を感じたのですが、

今はPCや携帯を持っているのが普通なんですものね。時代を感じて少し寂しい…^^;



辻さんの本はあまり読んだ事がないので、普段どういう作風なのかは分かりませんが、

こういうダークファンタジー系の作品があるのなら、他のも読んでみたくなりました♪

日向さんも機会があったら手にとってみて下さいね〜(*^0^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/27(日) 19:54 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



この本の表紙、よくよく見ると眼がうつろでちょっと怖いんですよ…(* ̄m ̄)フフ

そう、あの「冷静と情熱のあいだ」を書かれた作家さんです!

実はこの作家さんと、江國香織さんという作家さん二人で書かれているんですよねぇ(^^)

男女それぞれの視点で書かれているという、ちょっと面白い趣向です☆

あちらとは随分と物語の雰囲気が違うので、とても同じ作家さんとは思えませんでした(笑)



>最近、ちょっとゲームする時間が減りました?

さすがpicchukoさん!鋭いですね〜〜(笑)

そうなんです。先日プレイしていたゲームをクリアしてしまったので…^^;

来月の新作ゲーム発売日までは読書もそこそこ捗るかもしれません☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/27(日) 20:03 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



私も「冷静と情熱のあいだ」の時の恋愛小説の印象が強かったので、

こんなファンタジー(?)も書かれる方だったんだぁと驚きました(^^ゞ

すっっごく偏見なんですが、何故か辻さん=不倫小説のイメージがあるんです!(爆)

実際はどうなのだろう。。。



ファンタジーとはいえ、なかなか考えさせられる作品でした(*^-^)

自分の中学時代の時とは、随分時代が変わったんだなぁ…と少しだけ寂しくなりました(笑)

チャットどころか、家にPCすらなかったよなぁ…と^^;

でも今の時代一家に1台(もしかすると一人1台?)が普通なんですよね〜☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/27(日) 20:10 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



ちこさんも辻作品は恋愛小説のみですか?そして禁じられた系とは!(笑)

あまりにも著作の多い辻さん…普段はどんな作品を書かれているんでしょう?

やっぱり最初に読んだ作品で、その作家さんのイメージって定着しちゃいますね〜^^;



そういえば「冷静と情熱のあいだ」では、江國香織さんとの共作(?)でしたが、

「右岸」と「左岸」という作品でも同じように一緒に書かれているみたいですねぇ。

こちらも恋愛物?と思うと少し怖気づきますが、ちょっと読んでみたいです(*^^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/27(日) 20:46 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



面白い作品を紹介していただいて、本当にありがとで〜す(*^m^*)

灰色の世界や死者の組…こういう設定、すごくすごく好きなんです。

純粋なファンタジーではなくって、あえて現代社会の問題を取り上げたところに、

辻さんがこの作品を書かれた意図が少しだけ分かるような気がします(><)

シラト…良いキャラしていましたね☆上戸彩さんの時の「金八先生」を思い出しました(笑)



miwaさんと同じく、トオルよりもヒカルのほうが好きでした〜♪

誰もが心の中に持っているけれど、普段は表に出てこない部分なんですよね。

自分の思った通りの事を口にするのって難しいなぁ、と改めて実感しました(笑)

「ピアニシモ」も是非読まなくちゃですね!またトオルとヒカルに会いたい(^^ゞ

miwaさん、お返しTBありがと〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/27(日) 20:55 [Edit
和音2009さんへ
和音さん、こんばんは〜♪



>曖昧模糊。私、今でも使いませんよ〜(笑)

ですよね〜〜(笑)文章にするならまだしも、話し言葉では絶対出てこないですね^^;

なんだか中1にしてはやたら小難しい言葉を使うのは何故だろう、と考えていたのですが…

1.辻さんが現代の中学生の言葉遣いを分かっていない。

2.難しい言葉を使う事によって、あえて違和感を出している。

…と考えると、やっぱり後者なのかもしれませんね〜(笑)

単なるファンタジーと捉えないで欲しかったのかな?とも思います(*^^*)



>私は作家と言うより、ミュージシャンのイメージのがまだまだ強く

そういえば辻さんってもともとミュージシャンなんですものね!

私は、逆にそちらのほうがピンと来なかったりするのです〜(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/27(日) 21:11 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
35位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。