07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.20 *Sun*

森見登美彦「恋文の技術」読みました♪





【内容情報】(「BOOK」データベースより)

京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ─。



【恋文の技術】森見登美彦 rating_47.gif


あぁ、笑わせていただきました〜balloon_59.gif

恋文の技術?どんな本だよ…と思いながら読み始めてみると、
延々とある一人の男性の手紙が綴られているだけなんです。凄いな、この本…。

人の手紙をこっそりと覗き見ているような罪悪感が味わえます(笑)

第一話 外堀を埋める友へ
第二話 私史上最高厄介なお姉様へ
第三話 見どころのある少年へ


……という風に、友人や先輩、妹に宛てた手紙が載せられています。
いつもながら、森見さんのユーモアに富んだ文体にプフッと吹き出してしまいます。
こんな阿呆な手紙(褒めてます!)をもらったら、さぞや嬉しい事でしょう。


012.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 恋文  笑える  手紙が書きたくなる


主人公の守田クンの意中の人・伊吹さんへの「失敗書簡集」に爆笑balloon_37.gif
気色が悪い、卑屈すぎる…と、いちいち自分で反省ツッコミ入れているのがウケます。
確かに、初っ端から「やぷー。こんちは。」なんて出だしだったら…!!(爆)

ちなみにこの本、あくまでも守田クンから送った手紙のみで、
相手からの手紙は公開されていません。なのに、相手の人柄がハッキリ見えるようで。

とても面白かったんだけど、ここまで長くする必要もないような気もballoon_145.gif
もうちょい短くまとめたほうが、メリハリがついたんじゃないかなぁ。

でも、良かったです。可愛い便箋と封筒で手紙を書きたくなります〜balloon_28.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
私はやっと・・・「夜は短し・・・」を読んだばかりです(笑)。次に何を読もうかな〜と思案中でしたので

これにさせていただきます!(^^)!



森見さんの作品はこれが初めてだったのですが

まれに見る独特な文章で、楽しかったです〜

舞台化されたものがWOWOWで放送されていたのですが

かなり無理があった気がします・・・(笑)
by kuritan735 #79D/WHSg
2010/06/20(日) 10:59 [Edit
Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
手紙…という題材でこれだけ面白く人物が描けてしまうんだからすごいですね。

それがまた“恋文”だったりするから可笑しみが増してしまうんでしょうね…☆



背景が夏に変わりましたね!

青い朝顔がとっても涼しげ…。かにさんも可愛い(*^^*)
by 柊♪ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 11:22 [Edit
nanacoさん
こんにちは。ごぅだいです。

東京は、今日も30度近く、蒸し暑いです。

そちらはいかがですか??



と、手紙っぽく初めて見ましたw

うーん、むずかしいw



と本題に



森見さん、独特でいいですよねー

恋文の技術も相当笑わせてもらいました。



実は、最初の太陽の塔は、あまり好きではなかったのですが、夜は短しで好きになり、すっかりはまってました。

そして森見さんの本、表紙もかわいいんですよね。これが。

中村佑介さんっていうデザイナーが主にやってるんですが、本の中身と本の外見がマッチしてるってのは、大事ですねーと実感。なぜそのカバー。。って本ありますしね。
by ごぅだい #79D/WHSg
2010/06/20(日) 12:27 [Edit
Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^O^)



>人の手紙をこっそりと覗き見ているような罪悪感が味わえます(笑) 

人の手紙をこっそり覗くのって実際にはできないことだけど、

小説だと堂々と覗けるから、いいですよね〜(笑)

すっごく興味あるかも(*^_^*)

スカッと気持ちよく笑えそうだから、

じめじめ鬱陶しい今の時期には

ぴったりの本かもしれないですね〜(^_-)



壁紙、夏のイメージに替わりましたね(^^♪

カニさんを見てると、海に行きたくなりますぅ〜♪
by miwa125 #79D/WHSg
2010/06/20(日) 16:45 [Edit
Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
おぉ!本当に偶然に同じ日に森見さんになりましたねぇ。

「恋文の技術」守田くんからの手紙だけなのに 相手の人となりが見えてきておもしろかったですよねっ。

手紙の形式で これだけ読ませてくれるところに森見さんの技術を感じましたわ^^。



by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2010/06/20(日) 17:23 [Edit
Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
nanacoさん、こんばんは〜★



面白そうですね。森見さんそのご読んでないですが、どれも面白そう!!



題材が面白いですね。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/06/20(日) 18:36 [Edit
kuritan735さんへ
kuritan735さん、こんばんは〜♪



「夜は短し〜」めちゃめちゃ面白いですよね!(*^0^*)

私も森見作品はこれから入ったのですが、あの独特のリズムとユルい文体の虜です…☆

なんだかあれ読むと、無性にリンゴ飴が食べたくなりません?(笑)

「恋文の技術」も森見ワールドは健在ですので、kuritan735さんも是非読んでみて下さい!



舞台化って……「夜は短し〜」が舞台化されてるんですか!?(@_@)

ちょっと気になって今調べてきたんですが、うぅむ、やっぱり無理がありそうですね(笑)

小説や漫画って、実写化や舞台化して欲しくないものありますよね〜^^;

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 19:14 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



この本、本当に笑わせてもらいました〜(><)

そういえば昔は手紙交換なんて流行っていたなぁ…と遠い過去の事を思い出しました(笑)

とにかく沢山レターセットを集めて、それ自体を交換してみたり。懐かしいです♪

手書きって温かみがあって良いですよね。久々に手紙を書きたくなりました(*^m^*)



背景(あら、ちょうど良く拝啓って変換されたわ!笑)、夏らしくチェンジしました☆

北海道もここ数日夏日が続いて、すっかりヘバっているので…せめて見た目だけでも!

でもこちらの夏はあっという間なので、朝顔バージョンは短いかもしれません^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 19:57 [Edit
Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
テンプレートが涼しげで可愛いですね☆(≧▽≦)☆

ケイタイあって、メールが出来ると手紙って最近はあまり書くことってないですよね。

昔買った便箋と封筒買っても置物になってしまってます(-_-;)



恋文の技術ってすごいタイトルだし、いつの時代の話だって思っちゃいましたww恋文って・・・
by Cedie #79D/WHSg
2010/06/20(日) 20:02 [Edit
ごぅだいさんへ
ごぅだいさん、こんばんは〜♪



いよいよ夏が到来しましたが、ごぅだい様はいかがお過ごしですか?

…と、こちらも手紙っぽく始めてみましたが、難しいですねぇ!(笑)

昔の人は、こんな文章もスラスラ出てきたのかな〜と思うと尊敬しちゃいます^^;



森見さん、実はハマり始めたの最近なんですが、この独特の文章イイですよね〜♪

ユルいのか固いのかよく分からない言葉遣いが、かなりツボだったりします(笑)

「太陽の塔」って森見さんのデビュー作でしたっけ?今積読になっていたハズです(*^^*)

あの可愛い表紙を手掛けている方、中村佑介さんというんですね〜♪

森見作品にピッタリですよね。「夜は短し〜」の表紙も可愛くて大好きです!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 20:06 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



そうそう、人のラブレターを覗きこんでいるような妙な照れくささがあります!

あ、ラブレターってもう死語なのかなぁ^^;しかもこの本ラブレターどころか恋文だし(笑)

とにかく笑えるんですよ、本人は大まじめに書いているんでしょうけど、それがまた…!

森見作品に出てくる男性って、何故かネクラそうなキャラが多い気がします。

それが妙な笑いを誘うんでしょうかね〜(* ̄m ̄)ケケケ



>壁紙、夏のイメージに替わりましたね(^^♪

ここ最近あまりに暑いので、せめて見た目だけでも涼しくしようと変えてみました☆

そちらはまだ梅雨ですか…?早くジメッとした季節は終わって欲しいですねぇ。

沖縄の綺麗な海で、思う存分遊びたいです〜ヽ(*^^*)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 20:14 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
ぴょん吉さん、こんばんは〜♪



うふふ……ぴょん吉さんと想いが通じたんですね、きっと!(笑)

実はこの本を読んだの、随分前なんですがすごく印象に残っています☆

伊吹さんへの失敗書簡集に出てきた「やぷー」の挨拶が頭に刷り込まれています(@_@)

これじゃいつか実生活で「やぷー」をポロッとこぼしてしまいそうです〜。。。



森見さん、「きつねのはなし」みたいな妖しい感じも良かったですけど、

やっぱり個人的には、オタクな男性と可愛い女性が登場する、面白いお話が好きですねぇ(^^ゞ

まだ森見作品は何冊か積読になっているので、こちらも読むのが楽しみです。

ぴょん吉さんが紹介されていた「ペンギン・ハイウェイ」も読んでみたいな〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 20:21 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



森見作品は、ちょっと気持ちが沈んでいる時に読むとたちまち元気をもらえます!(^^)

たぶん、笑いのツボがピッタリと合っているんだと思います…(笑)

真面目に読んでいると結構不意打ちをくらうので、人前で読む時は要注意です☆



日向さん、まずは「夜は短し〜」を是非是非読んでみて下さい!(*^v^*)

もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれませんが…個人的にはすごくオススメです。

…と言っても、未読の森見作品が山ほどあるんですが^^;

日向さんが読まれた「太陽の塔」も積読になっているので、近いうちに読んでみたいです♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 20:27 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは〜♪



壁紙は7月に入ってから変えようと思っていたんですが、

ここ最近のあまりの暑さに、ヤケになって「えぇい変えてしまえ!」と思わず…(笑)

とりあえず気分だけは涼しくなったような気がします〜^^;



「恋文」っていつの時代よ!って思いますよね。逆に新鮮な気がなきにしもあらず( ̄〜 ̄*)

これからブログ友達の間で流行らせますか、「恋文」とか「書簡」とか(笑)

私も小学生の時に集めてた便箋と封筒、未だに残っていますよ〜(><)

可愛いクマさんのレターセットなんて、いまさら使えません。絶対引かれます…!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/20(日) 20:34 [Edit
Re:森見登美彦「恋文の技術」読みました♪(06/20)
nanaco☆さん

こんばんわ〜〜☆



ホント、タイトル見ると「恋文の技術」てどんなだよ〜〜、て、興味津々になってしまいます。

しかも笑えるんですね♪♪

「手紙」という形態で書かれた小説って、結構独りよがりな物が多くて、読んでいて疲れちゃうのですが、これは、面白そうです〜〜(*^^*)
by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/06/21(月) 00:00 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



この本、すっごい笑えますよ〜(><)

これを読んで、本当に恋文の技術が身につけられるかどうかは怪しいものですが(笑)

最初から最後まで、手紙、手紙、手紙。でも少しずつ物語が進んでいくのです☆



あ、ちなみにこれも相当な独りよがりのような気がします(爆)

でも、独りよがりでることをむしろ自慢に思っているような独りよがりでしょうか(* ̄m ̄)

とにかくこれを読んでるとニヤけて鼻息荒くなるので、人前で読む時は要注意ですよ!

ちこさんのレビュー、楽しみに待ってま〜す♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/21(月) 19:59 [Edit
まぁ、
じゃぁ、手紙が書きたくなったらいつでも送ってくださいな。^^

私は心待ちにしておりますので!

そして、何通も溜まったnanaco☆さんのお手紙を、私も一冊の本に仕立ててみたいと思います。(笑)



面白い書き方ですね。

手紙というのが読みやすそう。^^

自分で反省のツッコミをいれるところが可愛らしいですね。
by picchuko #79D/WHSg
2010/06/22(火) 20:30 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



ふふふ〜ではではお言葉に甘えて何通も手紙を送りつけちゃいますよ!(*^0^*)

その名もラッキーレター。貰った人には幸せが訪れるのです…(かなり胡散臭い)

そんな怪しい手紙を集めて本にしちゃったら、もう世も末です…!(笑)



この本、ブブッと吹き出すような手紙ばかりでしたが、書き方自体も参考になりました♪

「拝啓」「敬具」とか、今は全くといって良いほど使わないですものね〜^^;

手紙といえば、ビジネスレターだけでしょうか?悲しい世の中ですのぅ…。

picchukoさん!この夏は手紙を流行らせる事にしましょうか☆(*^m^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/22(火) 21:24 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。