06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.10 *Thu*

アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪


  

  

【ゲド戦記】全6巻(アーシュラ・K.ル=グウィン) rating_48.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アースシーのゴント島に生まれた少年ゲドは、自分に並はずれた力がそなわっているのを知り、真の魔法を学ぶためロークの学院に入る。進歩は早かった。得意になったゲドは、禁じられた魔法で、自らの“影”を呼び出してしまう。(1巻あらすじ)



ゲド戦記。

……というと、自分の中ではあまり良い印象はありませんでしたballoon_145.gif

きっと、同じように感じている方も沢山いると思うのですが、あの映画のせい。
この本の存在を知るまで、原作が長い歴史を持つ作品だという事すら知りませんでした。

でも、尊敬するファンタジー作家さんの「人生を変えた本」の紹介で、
「指輪物語」「ナルニア国物語」に続き、なんと「ゲド戦記」があったのです(笑)
かなり訝しく思ったのですが、まずは一度読んでみなければ!と挑戦してみました。

あまりにも壮大な世界観でした。一読では到底理解できないかも〜…balloon_89.gif

001.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ ファンタジー  映画原作  竜と魔法  大人向け?


映画を観た時は「ゲド戦記なのに、ゲドが主役じゃないじゃん!」と思っていました。
むしろ、王子アレンが主役みたいなものでしたよねぇ。。。

でも、原作を読んで納得。この作品は、明らかに大賢人ゲドの一生を描いたもの。
映画化されたのは、シリーズの中でも3巻目のみ。 (しかも内容もかなり違う・・・)
これじゃ、原作者が映画を観て怒るのも当然だよなぁ、全く別物だもの!

1〜3巻目までは、ファンタジーとして素晴らしい出来です〜balloon_28.gif
魔法使いの能力ばかりがあり、思慮深さと知恵が足りなかったゲドの少年〜青年時代。
恐ろしい影を生みだしてしまったり、闇の墓所で囚われた巫女との出会いがあったり。


し・か・し・・・!!!


な、何て事だ…
4巻に入ると、途端に哲学の要素が入り込んでくるんです。正直大人でも難しいです。
これを子供に面白く読ませるのは、とてつもなく難しい気がします…(笑)

まぁ3巻から4巻が出るまでに16年も経っているというから、ねぇ。
個人的には、3巻で完結していても良かったのかなぁと、ちょっぴり思ったけれど、
でも王子アレンの逞しく成長した姿を見られたなら、読んだ甲斐があったというものです!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
『ゲド戦記』…。



ジブリで映画化されたときに一巻目を読みましたが、以後続きが読めずにいます…。

映画の出来があまりにも…だったからでしょうか^^;

どうせ映画化するのなら、一巻目の内容を原作に忠実に制作してくれたら良かったのに…と柊は思いました。



機会がめぐってくれば2巻目以降も読むかもしれません(笑)

by 柊♪ #79D/WHSg
2010/06/10(木) 21:24 [Edit
Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
nanacoさん、こんばんは〜

ル・グウィン・・闇の左手とかSF作品でも有名です。

でもこっちが本業かも・・面白そうなので読んでみたいと思うのですが・・ファンタジーは何故みんな長いんでしょう・・・
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/06/10(木) 22:59 [Edit
一気に6巻?!
さすがはnanaco☆さん、いったん読書熱が戻ったら、一気に6巻読みましたか!!

3巻から4巻までに16年とは、もう読者も忘れきってる長さでしょうね〜。

って、それでも待ち続けた読者がいること、人の心を捉えて離さなかったその魅力は凄いと思います。

しかし、哲学とは難しそうね。^^;

あ、でも化学記号よりはましかも。(笑)



私は本の表紙が綺麗だな〜って、それだけで満腹(?)です。^^
by picchuko #79D/WHSg
2010/06/11(金) 03:53 [Edit
Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
ふふふ〜。原作は読んだけれど 映画は観ていない私は正解なのでしょうか^^。

でも「ドラゴンフライ」知らなかったです。「外伝」が改題されたものなんですね。読んでいなかったです〜。



私の友人も nanaco☆さんがあげられた「指輪」「ナルニア」「ゲド」の3作を児童ファンタジーの金字塔と言ってましたが このゲド戦記は哲学的で難しいですよね・・・。

by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2010/06/11(金) 07:09 [Edit
Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
ヒーハー☆

ル=グウィンて名前がいいですよねぇ。つい豹のおいちゃんを思い出します。

映画が公開されたころに「読んでみよう」と思い立ち、

映画を見た後では「まぁいいか…」と思ってしまいました。笑

そういえば映画館で後ろの席の子供が「おもしろかった〜♪」と嬉しそうに騒いでました。

わかったのかね、キミ?! …と、意味不明だったわたしは自分が不安になりましたよ。。。



指輪物語、文章のかたさに負けて挫折中なんですがこれは読みやすいですか?

哲学的でもせめて読みやすければいつかチャレンジしてみようかな。

by まる811 #79D/WHSg
2010/06/11(金) 12:52 [Edit
Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
ジブリで映画観たときゲド戦記っていってもアレンが主役だと思ってましたww

でも岡田君好きーのわたしにはそれでもよしと思ってましたw

全然別物だったんですね(*^m^*)

原作読んでない人にはそれでも楽しめました。



原作もぜひ読んでみたいです。
by Cedie #79D/WHSg
2010/06/11(金) 15:39 [Edit
Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^O^)



読書メーターのまとめで、映画と違って高評価だったので、

レビューのUP、楽しみ待っていましたよ〜^^

やっぱり原作と映画は別モノだったんですね!

だいたい、映画に魔法学校なんてチラッとも出てこなかった

ですもんねぇ…

あーあ、やっぱり映画を観る前に原作を読んどけば良かった…(-_-;)

幸い、映画の内容がほとんど記憶から消えているので

新鮮な気持ちで原作が読めそうです(^^)v

6巻コンプリートしたら、読んでみますね〜(^o^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2010/06/11(金) 18:26 [Edit
Re:アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記」読了♪(06/10)
こんばんは〜♪



3巻と4巻との間の大きな違いは、9.11のテロの影響が入っていると何かで読みました。自分は若かりし頃3巻まで読んで完結した気でいたので、4巻が出た時には本当に驚きました…。ハードカヴァーで購入したものを従妹にあげたので古本屋で見つけてはソフトカヴァーで集めている最中です。文庫で出るとは…。児童書は文庫になるのが遅くて本当に嫌になります。ジュニア文庫というとやはりひらがなが多かったですか?

ひらがなが多い児童書は読みにくいというちょっとオタクな家人。映画の時に文庫で出ていたら挫折せずに読み切れたかな…?

イラストはソフトカヴァーに小さく書かれた絵を大きくして使ってますね。こちらの方が装幀が好きです。

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/06/11(金) 21:59 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、おはようございます〜♪



確かにこのシリーズ、1巻目を映画化したほうが面白かったんじゃないかなぁと思います!

ゲド戦記というからにはゲドが主人公だと思うのですが、

映画ではなんだかよく分からない人物だし、世界観すら謎でしたものね〜(笑)

これだけの大作を2時間にまとめるほうが難しいのかもしれませんね。。。



でも原作は、かなり深い作品です(^^)

作中で、登場人物もどんどん歳を取っていくので、感慨深い気持ちになります。

4巻以降は、面白いと一言で言い表す事はできませんけど、一読の価値はあると思います♪

柊さんも、機会があったら挑戦してみて下さい〜ヽ(*^^*)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 08:06 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、おはようございます〜♪



「闇の左手」いつか読みたいと思っています!

この作家さん、ハヤカワから沢山出していません?本屋さんでよく見かけます〜(^^ゞ

SFにファンタジー、、、やっぱり似た要素があるのかもしれませんね☆



「ゲド戦記」長いですが、是非一度読んでいただきたいです(*^^*)

一応物語は続いてはいるのですが、1冊だけでもそれぞれ完結はしているので、

気軽に挑戦してみて下さい♪ファンタジーは長いですよね〜^^;

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 09:33 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます〜♪



じ、実は…この6冊、3月に読んだものなんです(笑)

そういえばレビューを書くの忘れていたなぁと思いまして^^;

既に3ヶ月近く経っちゃいましたねぇ。内容を覚えているのが奇跡です(* ̄m ̄)ニヤリ



この本、表紙が綺麗ですよね♪特に5巻「ドラゴンフライ」が好きかな〜(^^ゞ

けれど、4巻以降はやっぱり難しいです。これが児童書だっていうのが驚きです…!

もう化学記号が出てきそうな勢いですよ〜(笑)

それでも長い間愛されてきたシリーズですから、人の心を捉える何かがあるのでしょうね☆

やっぱりこの作品に出てくる王子さまの可愛さかな…。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 09:40 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
ぴょん吉さん、おはようございます〜♪



ぴょん吉さんもこのシリーズ読まれたのですね!(*^0^*)

「ドラゴンフライ」は時代も主人公も様々で、まさにゲド戦記の外伝という感じですね。

少年と少女の淡い恋のお話だったり、懐かしいキャラが登場していたりもします☆

あっ映画はご覧にならなくて正解だと思います!(笑)雰囲気だけは良いのですけれどね。。。

でも、原作を読まれたなら、映画で説明不足の分も理解できるかもしれませんね(^^)



>「指輪」「ナルニア」「ゲド」の3作を児童ファンタジーの金字塔

おぉ、やっぱりそうなんですね!

指輪物語とナルニアの原作はいつか挑戦したいと思っています〜♪

どちらも映像化してヒットしましたよね。ゲドも実写化したほうが良いのかもしれません^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 09:47 [Edit
まる811さんへ
まるさん、ヒーハー♪



おぉっグウィン…そんな所に気付くとはさすが豹のおいちゃんファンですね!(笑)

やっぱりジブリってだけで期待していただけに、ものすごく残念な出来でしたよね〜^^;

その子は映画のどのへんが気に入ったんでしょう。。。映像は綺麗でしたけどね☆

何だか自分の中では「ハウル〜」あたりから微妙な感じになってきています!

ハウル自体は美青年だから全然OKですけど(笑)ポニョとか未だに観ていませんよぅ。



原作ゲド、読みやすいですよ〜☆

4巻以降は抽象的な表現も多いですけど、訳自体はきっとしっくりくると思います(*^0^*)

前半のほうはファンタジー小説としてもすっごく楽しいので、まるさんも是非是非!

それより指輪は訳がかたいんですか?気になってるんですが、怖気づきます。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 09:55 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、おはようございます〜♪



岡田君のアレンは最高でしたね!(笑)声までカッコイイですよね。。。

原作のアレンもめちゃめちゃ男前なんですよ(><)

最初こそゲドにくっついてるヘタレなんですけど、徐々にたくましく成長していきます。

最後に立派な王として統治するようになった時は、思わずウルッときてしまいます(笑)



原作はいろんなアレンが見られますので、Cedieさんも是非一度読んでみてください♪

岡田君スキーなら一読の価値アリです!ヽ(*^^*)ノ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 10:07 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます〜♪



映画は残念な出来だったので、余計に原作が高評価になったのかもしれません(笑)

映画化されたのは3巻みたいでしたが、それでも全然内容が違いました〜^^;

世界観を最初から説明するには、やっぱり1巻を映画化したほうが良かったんじゃないかと…

魔法学校、ハリー・ポッターとかぶっちゃうと思ったんでしょうかねぇ。。。(><)



miwaさん、映画の内容を忘れているのなら好都合ですよ!(笑)

今は文庫で出ているので、是非6冊揃えて挑戦してみてください〜(*^^*)

「ゲド戦記」の印象が一気に変わるかと思います☆感想、楽しみに待っていますね!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 10:14 [Edit
茨木 月季さんへ
月季さん、おはようございます〜♪



>9.11のテロの影響

あぁ、そうだったのですね。言われてみれば納得です!

3巻までは純粋にファンタジーとして楽しめたのですが、それ以降は少し重たいですよね。

読者に判断を委ねているというか、考えさせられる部分があるというか…(^^)

作者さん、今でも新作を書かれているという事…ご高齢なのに凄いですよね!

去年出版された「ラウィーニア」も近いうちに読んでみたいです。



そうそう、「ゲド戦記」のひらがなについてですが、気になるほどではなかったですよ♪

むしろ漢字のルビのほうが目立っていたような気がします(笑)

児童書は文庫化されるのが遅いですよね〜…忘れた頃に、という感じですね^^;

先日文庫化された「空色勾玉」だって、もしかして20年くらい経っているのでは!?(@_@)

気になっている「クロニクル 千古の闇」シリーズも当分文庫化されないかもですね(泣)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/06/13(日) 10:24 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。