FC2ブログ
Welcome to my blog

コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」読みました!

ななこ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

空には暗雲がたれこめ、気温は下がりつづける。目前には、植物も死に絶え、降り積もる灰に覆われて廃墟と化した世界。そのなかを父と子は、南への道をたどる。掠奪や殺人をためらわない人間たちの手から逃れ、わずかに残った食物を探し、お互いのみを生きるよすがとして─。世界は本当に終わってしまったのか?現代文学の巨匠が、荒れ果てた大陸を漂流する父子の旅路を描きあげた渾身の長篇。ピュリッツァー賞受賞作。




【ザ・ロード】コーマック・マッカーシー rating_47.gif


救いのない物語です。
重い、辛い、希望がないballoon_47.gif (三拍子揃ってるなー笑)

作者は、何を意図してこの作品を書いたんだろう?未だに分かりません…(笑)
それでも心にズシリと、何かしら残るものがあります。

舞台は、核戦争後の荒廃した近未来です。
灰色の重たい雲が垂れこめ、植物は枯渇し、動物の姿さえ目にする事はない。
ちらちらと冷たい雪が舞い落ちる中、ある父子が南へ向かって旅をしています。


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 近未来SF  荒廃した世界  南には何が待っているのか?


最初、リチャード・マシスンの「アイ・アム・レジェンド」を思い出しました。

 レビュー

雰囲気がかぶる…?と思ったけれど、似て非なるものですねぇ。。。
「アイ・アム・レジェンド」に比べると、こちらはそれほど起伏のある話ではないかな。

凍てつくような寒さと飢えに震えながら、父子は暖かい南を目指します。
耐えがたい飢餓と生き残った人間達に遭遇する恐怖。そして「死」への羨望。
父子の向かう先に希望がない事は疑いようもなく、ただ虚無感ばかりが胸を覆う。

何故世界はこうなってしまったの?とか、息子を手放した母親の事だとか、
色々と説明不足な点もありましたが、それがこの物語の雰囲気を作っているのかな。

とても一言では言い表す事のできない凄まじい作品でしたballoon_59.gif


今ちょうど「ザ・ロード」の映画公開が始まっているみたいですね〜balloon_34.gif
ヴィゴ・モーテンセン主演。公式サイトで予告編が見られます。息子役が可愛い…(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 18

There are no comments yet.
珂音  
映画を観てきました

コディ君、可愛かったよ〜〜〜♪



餓えてて寒い、あまりに救いが無いので原作はどうなんだろうと読み始めたところです。

2010/07/18 (Sun) 21:21 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
あ!

ロード・オブ・ザ・リングの人だぁ〜!って、嬉しくなっちゃいました。^^



こんばんは、nanaco☆ちゃん!

また凄い本ですねぇ〜。><

近未来っていうのが、一番怖い設定です。。。

あぁ、私なら生き残りたくないなぁ〜。

普通に皆とともに消えてしまってたい。

って、これ、最後では救いがあるのでしょうか、、、?

南にいけば、海に出れば、希望がある???

あ〜、やっぱり怖いです!

2010/07/18 (Sun) 22:09 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」読みました!(07/18)

希望もない…のですね^^;

映画観たかったのですが、柊在住の県では上映されないようで無念です。

機会があるとすればDVD化されたときでしょうか…。

2010/07/19 (Mon) 18:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
珂音さんへ

珂音さん、こんばんは〜♪



そうそう、珂音さん映画ご覧になったんですものねぇ(^^)

レビューを読ませて頂きながら、映画と原作比べてみたいなぁと思っていた所です☆

個人的にはヴィゴ=アラゴルンというイメージが定着しちゃっているので、

父親役っていうのはどんな感じだろう?と色々と妄想しています〜(笑)



珂音さんも原作読み始められたんですねぇ(*^^*)

色んな読み方ができそうな作品ですね!何を希望とするか人によって違うのかな…

私は何ともやりきれない気持ちになったんですが。。。

珂音さんがどんな感想を持たれるのか、今からレビュー楽しみに待っています〜♪

2010/07/19 (Mon) 19:19 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



そうそう!ヴィゴ・モーテンセン、「ロード・オブ〜」の人ですよ〜(*^0^*)

あの時の印象が強かったので、それ以来何を観てもアラゴルンに見えちゃいます(笑)

この「ザ・ロード」ではどんな父親を演じているんだろう?と興味津々です☆



>あぁ、私なら生き残りたくないなぁ〜。

同感です…^^;が、何だか世界の終わりを最後まで見届けたい気もします(笑)

最後の一人になるのはどんな気持ちだろう?と、色々考えちゃいますよねぇ。

万が一その後人類が復活した事を考えて、何かしら記録を残しておくかもしれません!

この本は…残念ながら希望がなかったです〜(><)いや、読み方によってはある…?

でも、自分が主人公の立場だったら、こんな終わり方は嫌だなって思いました(泣)

2010/07/19 (Mon) 19:27 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは〜♪



何だかとてもやりきれない気持ちになる本でした(T_T)

"ピュリッツァー賞"というのがどんな賞なのかは分かりませんが、、、

ここまで淡々として救いようのない物語が賞を取るなんてある意味凄いと思いました(笑)

そういえば映画化された「ノーカントリー」も、この方が原作なのですよねぇ。

これにめげずに他作品もどんどん読んでいこうと思います(^^ゞ



「ザ・ロード」柊さんのところでは上映されないんですねぇ…

調べてみたら、どうやら北海道は1か所でのみ上映されるみたいです!

でもなんだかんだで、私もDVD化されてから観る事になりそうです〜(笑)

最近はDVDになるのが早いので、そんなに待たなくても良いですしね(*^^*)

2010/07/19 (Mon) 19:35 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
nanaco☆ちゃ〜ん、追伸です!

この本の話題とは全く関係ないことですが、(じゃぁ、BBSに書いた方がよかったかな?)

今日、7月19日はウルスの誕生日ですよ〜♪

彼、39歳になります。

世界一美しい39歳。(*^^*)

一緒にお祝いしてくださいね♪♪♪

2010/07/19 (Mon) 21:31 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」読みました!(07/18)

nanacoさん、こんばんは〜★



重そうな話ですね。核戦争後の世界、暖かい南を目指し旅する親子。

結末が暗示されて、重い気持ちになりますね。

蛍の墓を二度みたくないのと一緒・・・な気分かな・・・

2010/07/19 (Mon) 21:32 | EDIT | REPLY |   
和音2009  
Re:コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」読みました!(07/18)

こんにちは〜☆



う〜ん。。。

このテの小説、私、まったくダメなのです(^^;)

希望が残るお話ならいいのですが…。

寝れなくなりそうなので(笑)



2010/07/20 (Tue) 08:47 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」読みました!(07/18)

nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



この本、もちろんマイ積読本になってます(*^^)v

もちろん、ヴィゴ・モーテンセンが主演の映画の原作本だというのが、

GETした一番の理由ですけど…(^^ゞ

裏のあらすじとか読んだだけでも、

ダークで重そうな物語だなって感じたんですけど、

それでも、ラストには小さな希望の光が見える作品ならいいなぁ、って思ってました。

映画、もう公開されてたんですね♪

全く知らなかったです〜(^_^;)

これから公式サイト覗いてきま〜す(^^)/

父親役のヴィゴ…アラゴルンの印象が強烈すぎて、

何だか想像できないなぁ。。。



原作本も、そろそろ読み始めますね♪(*^_^*)

2010/07/20 (Tue) 18:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは〜♪



きゃぁ〜〜〜(><)

昨日はウルスの誕生日だったのですね!さっすがpicchukoさんですね(笑)

39歳であの美しさ…!きっとおじいちゃんになっても美貌は損なわれないでしょうね(^^)

そろそろIL DIVOの新アルバムは出ないのかしら…♪

picchukoさん、情報をキャッチしたら是非とも教えて下さいね〜(*^0^*)

2010/07/20 (Tue) 20:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは〜♪



この本、読後はズシーンと心が重くなりました^^;

でもふとした時にこの本が頭をよぎったりするので、とても印象深かったのでしょうね…!

あの時こうしていれば、とか後からならいくらでも反省・後悔する事はできるんですが、

結局は今その時を必死で生きるだけなんですよね。人生は一瞬の選択の積み重ねで…。

だからこそ、父子の人生にどこか理不尽なものを感じてすごく切なくなるんです〜(><)



>蛍の墓を二度みたくないのと一緒・・・な気分かな・・・

そういう作品ってありますよねぇ…!

蛍の墓で思い出しましたが、昔読んだ「はだしのゲン」という漫画もそういう感覚です。

見たくない、でも目を背けられない、何ともやりきれない気持ちになりますよねぇ(*_*)

2010/07/20 (Tue) 21:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
和音2009さんへ

和音さん、こんばんは〜♪



やっぱり希望のあるお話は、読後もスッキリするしそれに越した事はありませんよね!(笑)

でも、私の場合は納得できない部分が残る作品のほうが後々まで覚えていたりします(^^)

面白かった本=印象的な本ではないからなんでしょうかね〜?



それでも希望のないお話ばかり読んでいると、ネクラ人間になりそうで怖いです(爆)

和音さんがポジティブなのは、きっと前向きになれるような本も関係あるのでしょうね♪

私も和音さんを見習って、前向きに前向きに頑張らなくちゃ〜(*^^*)

2010/07/20 (Tue) 21:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



ふっふ…miwaさんもやっぱりヴィゴにやられましたね!(笑)

作者さんはどんな気持ちでこの作品を書いたんだろう?って、何度も思いました。

灰の降り積もる中、ただひたすら南下する父子…想像するだけで切なくなりますよね^^;

人によって何を希望とするのかで、読後感が随分と変わってきそうな気もしますね〜♪

miwaさんがどんな感想を持たれるのか、今から伺うのがすっごく楽しみですヽ(*^^*)ノ



公式サイト、ご覧になりました?

ヴィゴはもうどんなにガリガリでも頬がこけていてもアラゴルンに見えるんですが…(笑)

今にもレゴラスが食糧を持って救援に現れそうだわ。。。

きっとDVD化されてからの観賞になるかと思いますが、観るのが楽しみです〜♪

2010/07/20 (Tue) 21:24 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
こんばんは。

カウンターが20003でした〜。

アクセス2万突破おめでとうございます!!

これからもガンガン応援しちゃいますよ〜〜(笑)



この本、救いがないんですか・・・。

近頃、そういった本が原作の映画化が多い様な気がしますね。(終末論的な・・・?)

自分的には、過酷な環境では生きていけない気がするんで、ちょっぴっと複雑ですw

2010/07/21 (Wed) 23:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをるさん、おはようございます〜♪



おぉっ惜しい!ほんのちょっとキリ番はずしちゃいましたねぇ^^;

なんだかんだであっという間に20万アクセスです。早いものですね☆

これからも細々と続けていきますので、応援宜しくお願いしま〜す(*^^*)



そう言われてみれば最近こういうお話多いですよねぇ。

SF風の作品が多い中、どちらかというとこちらは心理描写重視の作品かな??(^^ゞ

こういう環境だと日本人は真っ先に滅びそうですよね〜(笑)

他の人と食糧をめぐって争う…というだけでも、なんだか信じられない世界です。。。

2010/07/22 (Thu) 05:45 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:こんばんは。(07/18)

数を大幅に一桁も数え間違えて、スイマセン(;;)

昨日、蒲団に入るときに、「あっ!・・・」と気がついたのですが、時すでに遅くて・・・(泣)



改めて、20万アクセスおめでとうございます!

2010/07/22 (Thu) 19:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

かをるさん、こんばんは〜♪

いえいえ!ご丁寧に、コメントありがとです(*^v^*)

ここまで続けて来られたのも、かをるさんをはじめ沢山のお友達のおかげですよ〜☆

これからもどうぞ末永くよろしくお願いいたしますね(^^ゞ



2010/07/22 (Thu) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply