09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.04 *Sun*

6月☆読書メーターまとめ(1)


6月に読んだ本を、読書メーターでまとめました〜balloon_133.gif
漫画月間です(笑)


6月の読書メーター
読んだ本の数:24冊(小説10冊・漫画14冊)
読んだページ数:6592ページ



FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
海斗が結核治療のため現代に戻り新章の幕開け。ようやく再会した和哉の変貌ぶり(笑)にちょっと驚き。こんな黒い人になっちゃって・・・と嘆きつつ、扉絵に不覚にもドキリとしてしまう。これは海斗を簡単に返してくれそうにないなぁ。「親友」以上の気持ちに気付くのは時間の問題ですね!16世紀側は読んでいてあまりにも辛い。拷問に耐えるジェフリー、神に助けを求めるビセンテ、ジェフリーへの友情と海斗への愛情の狭間で揺れるナイジェル。なんて罪な子だよ、海斗・・・!早く続きを〜〜!!
読了日:06月30日 著者:松岡 なつき


櫻狩り 下 (コミックス単行本〔フラワーズ〕)櫻狩り 下 (コミックス単行本〔フラワーズ〕)
なんていうか、凄い作品を読んでしまった。罪、赦し、愛憎の果てに正崇と蒼磨が導き出した答えとは・・・。上巻、中巻はあまりの悪意、劣等感、憎しみ、押し寄せる負の感情に怖気づいてなかなか下巻を読めなかったのだけれど、ほんの少しだけ救われるラストに安堵しました。大団円を迎えるとは期待していなかったけど、それでも二人一緒の道を歩んでいく事を願わずにはいられない。気持ちが落ち着いたら、また再読してみよう・・・。
読了日:06月30日 著者:渡瀬 悠宇


隠の王 13 (Gファンタジーコミックス)隠の王 13 (Gファンタジーコミックス)
いよいよ次が最終巻!帳から語られる壬晴の封じられていた過去。先生・・・今までどうでもイイ人だと思ってたけど、実はこんな大切な想いを秘めていたなんて。かなりの重要人物じゃないですか!(今更)正直宵風が登場しなくなってから、ぽっかりと穴が開いたようで。壬晴達が向かう先に希望が見えないのです・・・。それでも最後まで見届けずにはいられません。
読了日:06月30日 著者:鎌谷 悠希


黒執事 9 (Gファンタジーコミックス)黒執事 9 (Gファンタジーコミックス)
いつものことながら、また唐突な展開だなぁ!サーカス編の次はファントムハイヴ城殺人事件編ですか?(笑)何でもありな展開がまた面白い。セバス、どうせ死んでないんでしょ・・・むしろその死人メイクの完璧さのほうに目がいってしまいましたわ。あぁ、来月から始まるアニメはシエルもセバスも出て来ないのか・・・切ないデス。
読了日:06月30日 著者:枢 やな


聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
山内練という人物の持つ魅力の虜になってしまいました!「フォー・ディア・ライフ」を読んだ時、練には美しさの仮面の下に底の知れない暗さを感じたのですが、まさかこんな壮絶な過去があったとは・・・練と麻生を結びつけている、ある過去の事件。練の憎しみにも似た歪んだ愛が、とても切ない。文庫に収録されていたサイドストーリー「歩道」を読むとますますどうしようもない切なさと愛しさが募る。さてさて、散りばめられた伏線をどう回収していくのか?下巻に進みます〜♪
読了日:06月28日 著者:柴田 よしき


妖怪アパートの幽雅な日常3 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常3 (講談社文庫)
相変わらずサクサク読めてしまうこのシリーズ。前巻のようにブフーッ!と吹き出す場面がなかったのが残念です。(残念、なのか・・・?笑)でも相変わらずるり子さんのご飯は魅力的。焼きウニにイカソーメンの生ウニ乗せ!!お酒が進むなぁ。ウニに目がない私には、もうこの描写だけで満足満足(笑)夕士と長谷は・・・もうどこまでも二人で突っ走って下さい。あなた達は、もう誰も止めませんから!!
読了日:06月25日 著者:香月 日輪


ミストスピリット―霧のうつし身〈1〉遺されし力 (ハヤカワ文庫FT)ミストスピリット―霧のうつし身〈1〉遺されし力 (ハヤカワ文庫FT)
第二部ミストスピリットが、3冊刊行されてから読もう!とずっと読むのを我慢していました。うぉーどんどん面白くなってきますなぁ。王としての振る舞いが徐々に板に付いてきたエレンド。でも彼は心の底では、臣下から「王として」見られるよりも「友として」見られる事を望んでいるようにも感じる。<霧の落とし子>であるヴィンとのこれからの関係も楽しみ。オレ=スールのキャラが何とも良い味出ています!(個人的にはずっとこの姿のままでいて欲しい。笑)謎の<観察者>や、内部に潜んだスパイ。早く続きを買ってこなくちゃ!
読了日:06月25日 著者:ブランドン サンダースン


ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
前巻に引き続きトルフィン奴隷編。あの血気盛んなトルフィンはどこへ行ってしまったんだ・・・!と、思わず1巻を読み返してしまいました(笑)もう目つきが違うもんね、目つきが。今までヘタレトルフィンと思っていたけれど、今の無気力抜け殻状態よりはまだ生命力に満ち溢れていた。この試練を乗り切れば、一回りも二回りも成長を見せてくれるはず!いつかクヌート王子のように覚醒する日が来るのでしょうか?・・・って、ちょっとクヌートは変わりすぎだよ(笑)あぁ、続きが気になる〜〜!!
読了日:06月24日 著者:幸村 誠





関連記事

COMMENT

Re:6月☆読書メーターまとめ(1)(07/04)
nanacoさん、こんばんは〜

ミストスピリット 第2部も面白そうですね。

ファンタジーは長いので覚悟がないとよめません^^

積読が増える原因の一部はファンタジーではないかと密かにおもってます・・



by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/07/04(日) 20:25 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(1)(07/04)
「聖なる黒夜」読まれたのですね!凄いですよね、この世界。

山内練と来たら・・・(涙)。

私は単行本で読んだので サイドストーリーを読んでいないのでした。いつか忘れずに読まなくちゃ。

by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2010/07/04(日) 21:13 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



ミストスピリット、どんどん面白くなってきました!

正直第一部のミストボーンは、世界観を理解するだけでいっぱいいっぱいでした。

(合金術の描写とか、面白いけど覚えるのに少し苦労するのです…^^;)

でも第二部に入ってから一気にスピード感も増して、すごくワクワクしますよ〜☆



確かに、、、ファンタジーはどれも長いですよね(笑)

そういえば日向さんの読メを見て気付きましたが、グインの積読が一気に増えてる!(*^^*)

それに大好きな「空色勾玉」も積まれてあって、思わずニンマリしちゃいました。

日向さんのレビュー楽しみに待っていますね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/07/04(日) 21:50 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
ぴょん吉さん、こんばんは〜♪



「聖なる黒夜」、今日ちょうど下巻も読み終わった所なんですが面白いですねぇ(><)

……というか、なんだか切なくなってしまいました(泣)

麻生も練も、お互い孤独を抱えているのにそれをさらけ出す事はないのですねぇ。

あんな出会いでなければ、二人の関係も変わっていたのかもと思うとすごく悲しいです。



サイドストーリー、上巻と下巻それぞれに収録されていたんですが、

どちらも少しだけ希望の光が見えるようで、すごく良いお話でした(*^v^*)

二人が出ている他作品を、早くチェックしなくては!

麻生はともかく、練が好きでたまりません(笑)まずはハナちゃんシリーズかな〜☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/07/04(日) 21:57 [Edit
Re:6月☆読書メーターまとめ(1)(07/04)
そういえば今月から黒執事のアニメはじまりましたね☆(≧▽≦)☆

シエルもセバスもでないのかなあ・・・と思ってましたが、1話目にして出てきましたね!!

でもオリジナルなのかな?原作ちょっとしか読んでないのでわからないのですがw



ワンピはワンピで盛り上がってるのになんで麦わら一味が出てこない!!なんてこったい(>_<)
by Cedie #79D/WHSg
2010/07/05(月) 20:58 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは〜♪



そうそう!黒執事第2期、前とは全く別物だと思っていたので、

セバス&シエルが出てきた時、超〜〜興奮しましたよ!!(><)

コートで姿を隠していても、あの声ですぐにセバスだって分かりました♪

シエルとアロイスの戦い(?)になるんでしょうかね。続きが待ち遠しいです(*^^*)

アロイスは今のところ、どーーしても好きになれません(笑)

今回のはアニメオリジナルみたいですねぇ、どんな展開になるのか予想もつかないです!



そうそう!あの場に麦わら一味がいない事、本当に悔やまれますよね(T_T)

ゾロやサンジやロビンがいたら、絶対にあそこまで苦戦しないのに……

しばらく大好きなチョッパーの姿も見てないので、切ないです(泣)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/07/06(火) 19:50 [Edit
ほんとだ〜!
漫画月間ですね。(笑)



「聖なる黒夜」が気になります。

その題名も興味をそそるし、下巻が楽しみですね〜。^^



あ、余談ですが、また神戸で帽子を買っちゃいました。(笑)

近々、ブログで写真をアップしますね〜。^^
by picchuko #79D/WHSg
2010/07/07(水) 04:48 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪

相変わらず早起きですねぇ(*^^*)私も最近暑くて目が覚めます…(笑)



「聖なる黒夜」先日下巻も読み終わったのですが、とてつもなく濃ゆいお話でした!

警察小説のはずなのに、ここまで人間との関係を描けるのか、と驚きました〜…(><)

読む人を選びそうな作品ですが、個人的にはすごく面白かったです♪



そうそう、やっぱりpicchukoさん帽子購入されたんですねぇ(*^m^*)

ザルツブルクに似合う爽やかな帽子でしょうか?ブログUPが待ち遠しいです!

picchukoさんって華やかな帽子がお似合いですよね〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/07/07(水) 20:13 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
19位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。