FC2ブログ
Welcome to my blog

「遠まわりする雛」米澤穂信

ななこ


遠まわりする雛
著者:米澤穂信
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
省エネをモットーとする折木奉太郎は“古典部”部員・千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛まつり」へ参加する。十二単をまとった「生き雛」が町を練り歩くという祭りだが、連絡の手違いで開催が危ぶまれる事態に。千反田の機転で祭事は無事に執り行われたが、その「手違い」が気になる彼女は奉太郎とともに真相を推理する─。あざやかな謎と春に揺れる心がまぶしい表題作ほか“古典部”を過ぎゆく1年を描いた全7編。



<古典部シリーズ>4作目です。文庫化を楽しみに待ってました!!

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら、手っ取り早く。」

なんとも素敵なモットーの持ち主だったホータロー少年でしたが……。
この巻で、恐ろしい事に気付きました。しかし、決して気付きたくはなかったかお


ホータローが省エネじゃなくなってきてる!!!


このシリーズは、主人公が省エネだからこそ面白いのです。 (あくまでも私的には・・・ですが)
ホータローから省エネを取ってしまったら、何が残る?…単に普通の少年じゃないか。

そのことがとてつもなく残念なので、残念ながら評価が下がってしまいましたきもち

まぁ主人公の成長物語といえば、そこまでなんですけど……
個人的にはそれでは物足りないのです。あくまでも省エネを貫いて欲しいのです。


ライン

こもの ≪オススメPoint≫ 青春ミステリ  省エネ少年のはずだけど…?  タイトルは好き


…とは言いつつ、お話自体は面白かったですきもち

米澤さんお得意の、日常的なミステリ連作短編集です。
どれも小粒ながら、ピリッとしたほろ苦さや切なさを感じさせる良作揃いですねぇ。

一番好きだったのは、表題作「遠まわりする雛」かな。
千反田える嬢とホータローの何とも言えない距離感。口に出せないもどかしさ。
ラスト、甘酸っぱいなぁ…青春ってこんなんだったなぁと思いだしました(笑)

なんだか、続きを読むのが怖いです。ホータロー……かお


<古典部シリーズ>
氷菓
愚者のエンドロール
クドリャフカの順番



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
タシガミ  
Re:米澤穂信「遠まわりする雛」読みました☆(08/31)

どうしようもないところが魅力だったキャラクターが作品が進むごとに真人間になっていくのは寂しいですよね。しょうもないところが良かったのに…!って。



古典部シリーズ、どうしても一巻が手に入らなくて未だに手を出せずなのですが、レビューを拝見してますます気になってきました。

2010/08/31 (Tue) 21:30 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:米澤穂信「遠まわりする雛」読みました☆(08/31)

nanacoさん、こんばんは〜★



日常的なミステリ、良いですね。面白そう。

日常ミステリと言えば真っ先に浮かぶのは北村薫さんの「空飛ぶ馬」です!

あれも面白かった



米澤穂信さんは相変わらず未読作家さんです^^



色々読みたい本が山になっててどうなるんでしょう〜

とりあえず 氷の炎の歌ですね〜^^



今日は疲れました〜。おやすみなさい

2010/09/01 (Wed) 00:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
タシガミさんへ

タシガミさん、おはようございます〜♪



そうなんですよ!そのしょーもなさが良かったに…と切ない気分になりました。

この少年から省エネを取ってしまったら、面白さは普通の男子学生以下ですよ〜(><)

これは何かの間違いであって欲しい(笑)



とはいえ、古典部シリーズやっぱり面白いです♪

シリーズ物とはいえ、第1弾から読まなくても何とかなるような気もしますが…(^^ゞ

ほろ苦さとか甘酸っぱさという言葉がピッタリの青春ミステリです。

タシガミさんがどんな感想を持たれるのか、気になります〜☆

2010/09/01 (Wed) 05:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、おはようございます〜♪



相変わらず日常的なミステリは、サクッと読めるので嬉しいですねぇ(^^ゞ

でも、人が死なないミステリに少しだけ物足りなさを感じるのも事実で…(笑)

館シリーズのように気合を入れて読む必要がないので、それはそれで楽ですが☆

日向さんも気が向いた時に、是非米澤デビューしてくださいね〜ヽ(*^^*)ノ

北村薫さんの「空飛ぶ馬」未読です。これも日常ミステリなんですか?面白そうです!



「氷と炎の歌」読み始めたら止まりませんよね。。。

私も第1部読破して少し休もうかと思っていたんですが、表紙を見たら……(笑)

結局第2部を読み終わるまで止まりそうにないです( ̄〜 ̄*)

今から日向さんのレビューが楽しみですよ〜♪

2010/09/01 (Wed) 05:43 | EDIT | REPLY |   
♪ぴょん吉  
Re:米澤穂信「遠まわりする雛」読みました☆(08/31)

おはようございます♪

そうなんです!ホータローが省エネじゃなくなっていくんです!



「ホータローから省エネを取ってしまったら、何が残る?…単に普通の少年じゃないか。」



た、確かに…^^;。キャラ設定は貫いて欲しいですよねー。

『ふたりの距離の概算』をnanaco☆さんが読まれたときの感想が 楽しみのような怖いような…。

2010/09/01 (Wed) 06:44 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:米澤穂信「遠まわりする雛」読みました☆(08/31)

♪ぴょん吉さんもおっしゃられていますが…(^^ゞ

奉太郎くん、省エネじゃなくなってきてるかも…(笑)

あんまり省エネ過ぎると推理もしてくれなくなるので、程よいさじ加減が難しいシリーズだとは思いますが☆

彼は一体どんな大人に成長していくのでしょうね…(笑)

2010/09/01 (Wed) 08:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
♪ぴょん吉さんへ

ぴょん吉さん、こんばんは〜♪



>そうなんです!ホータローが省エネじゃなくなっていくんです!

うわぁ、やっぱりそうなんですね!?私の勘違いではなかったんですね…?(><)

ホータロー…キミは省エネから卒業しつつあるのね。一抹の寂しさを感じます(笑)

まぁ現実にこんな省エネキャラがいたら、とてつもなく迷惑だとは思うんですが、

あくまでも自分の主義を貫くホータローには、ある意味尊敬に値しました〜^^;



「ふたりの距離の概算」では、ますます省エネじゃなくなっていくのかしら。。。

何だかえる嬢も、以前のような好奇心旺盛の女の子ではなくなってきているし、

人間関係が今後どういう風に動いていくのか、楽しみでもあり少し怖くもあります☆

2010/09/01 (Wed) 20:17 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは〜♪



>あんまり省エネ過ぎると推理もしてくれなくなるので

おぉっなるほど!確かにそうですよねぇ。それは考えた事がありませんでした(^^ゞ

ほどほどに省エネなのが一番良いのでしょうけど、それも難しいですよね(笑)

前作「クドリャフカ〜」みたいに知らず知らずの内に、事件を解決しているのが良いです!

あのわらしべプロトコルみたいな出来事が、もう一回起こらないかなぁと思います( ̄〜 ̄*)



ホント、ホータローはどんな大人に成長していくのでしょう……?(><)

今の時点では、まだ不安定な気がするので全く想像が付きません!

省エネ主義の社会人になったら、かなり鼻もちならないヤツになるでしょうね〜(爆)

2010/09/01 (Wed) 20:26 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:米澤穂信「遠まわりする雛」読みました☆(08/31)

nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



古典シリーズ第4弾ですね〜♪

本屋さんで見かけて、nanaco☆さん、読んでいるかなぁ?って思ってました^^



省エネがモットーのホータローが、省エネじゃなくなってきてるんですか〜?

それは、何だか魅力が減っていってるのと同じですよねぇ(>_<)

nanacoさんが残念がるのも分かるような気がしま〜す!!

モットー(信念)は、何があっても貫き通してほしいですよね(^_-)

とはいえ、nanaco☆さんの評価も高いこのシリーズ、

すっごく気になるので、

小市民シリーズの『秋限定〜』と『インシテミル』を読み終わったら、

次は、是非このシリーズに手を出したいと思いま〜す(^^)/



*『活字倶楽部』、無事にGETしました(^^)v

まだ読めてないんですけど、週末にでもじっくり読んでみますね♪

nanaco☆さん、情報ありがとね〜☆

nanacoさんに教えてもらわなかったら、

危うく初野さんのインタビューを読み損ねるところでした(><)

感謝、感謝です!!(*^_^*)

2010/09/02 (Thu) 18:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪



ふふ〜文庫化を楽しみにしていたので、忘れずGETしましたよん(*^m^*)

このシリーズ、毎回タイトルが変わっていて面白いですよね!今回も何だか意味深です。

「遠まわりする雛」どういう意味だ?と思ったら、そのままの意味でした…^^;

ホータローが省エネキャラじゃなくなりつつあるのは、ホント寂しいです〜〜(><)

絶対身近にいたら迷惑ですが、遠くから眺めてる限りは面白いキャラなんですよね(笑)

出来る事なら、ずっとそのままのキミでいて欲しい。。。



でもなんだかんだ言いつつも、日常的なミステリの部分はすごく面白いですよ〜☆

ちょっぴりほろ苦さのある青春物なので、昔の思い出に浸れる感じです(笑)

miwaさんがどんな感想を持たれるのか、楽しみに待っていますヽ(*^^*)ノ

あ、そういえば私も小市民シリーズの秋期限定読んでいなかったわ…

これからの季節に読むのには、ちょうど良いかもしれませんね!



>『活字倶楽部』、無事にGETしました(^^)v

おぉっ、良かった!無事GETできたんですね〜〜♪

miwaさんは初野作品沢山読まれているから、きっとインタビューもさらに面白いかと(^^ゞ

私も、まずは「トワイライト〜」から挑戦してみる事にしまっす☆

2010/09/02 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
ホータロー

nanaco☆さん、おはようございます!!

「遠回りする雛」では全然思い出さなかったのですが、「ホータロー」と「省エネ」で、あぁ、あのシリーズか!!って思いだしました〜。(笑)

そうそう、彼が省エネだから面白いんだよね!

それが成長しっちゃったら普通の青年になっちゃうよね!!

私も省エネ派(?)に賛成です☆



しかし、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら、手っ取り早く。」を読んで、ギクッとしちゃいました。

なんで私のモットーがばれちゃったのかと思ったんですよ。

はい、私も実に自分に対しては省エネです。^^;

2010/09/04 (Sat) 04:37 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんにちは〜♪



ふふふ、「ホータロー」と「省エネ」で思い出していただけましたか!( ̄〜 ̄*)

そうなんです、彼から省エネを取っちゃったらごく普通の青年……

いやいや、ユーモアのセンスがなくオヤジくさいあたり、普通以下の青年かもです(笑)

ホータローの成長(?)を喜ぶべきなのかもしれないですけど、何だか寂しいですねぇ。

続きが文庫化されるのが待ち遠しいですけど、何だか読むのが怖い気も。。。(><)



あらっ、picchukoさんも省エネがモットーなんですか?(笑)

実は私は逆で、どうでも良い事を遠まわりしてやりたいタイプだったりします^^;

nanacoのモットー「面白い事なら、遠まわりしてでもやる。面白くない事なら、やらない」

…こんなんだから逆タイプの省エネに惹かれるんでしょうね〜(爆)

2010/09/04 (Sat) 14:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply