FC2ブログ
Welcome to my blog

コニー・ウィリス「犬は勘定に入れません」読みました♪

ななこ


 


【犬は勘定に入れません(上)(下)】コニー・ウィリス rating_48.gif

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

人類はついに過去への時間旅行を実現した。その技術を利用し、オックスフォード大学は、第二次大戦中、空襲で焼失したコヴェントリー大聖堂復元計画に協力している。史学部の大学院生ネッドは、大聖堂にあったはずの“主教の鳥株”を探せと計画の責任者レイディ・シュラプネルに命じられた。だが、21世紀と20世紀を何度も往復して疲労困憊、とうとう過労で倒れてしまった!?SFと本格ミステリを絶妙に融合させた話題作。ヒューゴー賞・ローカス賞受賞。



お友達の日向永遠さんに教えていただきました〜balloon_34.gif
日向さん、いつも面白い本を紹介していただいて、感謝感謝です!!

表紙からも分かるように、この本の主人公は犬と猫……だと思います(笑)

小心者のくせにとてつもなく態度のデカい犬のシリル。
可愛い顔をして媚を売るくせに、実はかなり陰険な猫のプリンセス・アージュマンド。
他の登場人物達が皆ちっぽけに見えてくるほど、この2匹の存在感は大きいです!

あらすじでもあるように、SFとミステリを融合させたような感じ。
さらにコメディでもあり、ラブ要素も含んでいるというジャンル分けが難しい作品です〜balloon_59.gif


lp.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ SFラブファンタジー  いや、コメディかも?  犬猫好きは必読


舞台は2057年のイギリス・オックスフォード。
大学院生の"僕"は「主教の鳥株」という代物を探して20世紀と21世紀を行き来します。
大聖堂再建計画のため…というより、上司であるレディ・シュラプネルのため(笑)

レディ・シュラプネルは、何度も何度も学生達を過去へ送り出し、
自分の望む調度品や資料を回収させてくるという、なんとも恐ろしい女性。
"僕"も例に洩れず、睡眠不足と時空ボケでとうとうダウンしてしまいます。。。

そして、「休養」として逃げるようにタイムスリップした先が19世紀ヴィクトリア朝。
そこで、犬・猫・ユーモアたっぷりの人間達を交え思いもよらぬ方向へ歴史が動く事に…


始めこそ、"僕"の思考回路が「わからん!」と投げ出しそうになりましたが(笑)
時空ボケの影響だから仕方ないのよね。今となってはこの冒頭部分もかなり笑えますballoon_145.gif

犬や猫の小さな行動が、とんでもない事態を引き起こしたり…と、
最後まで手に汗握る展開です。そして、ところどころプッと吹き出す箇所満載。
読後感もヒジョーに良く、最後までたっぷり笑わせてもらいました〜balloon_28.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 6

There are no comments yet.
☆Yuri☆  
Re:コニー・ウィリス「犬は勘定に入れません」読みました♪(08/12)

こんばんは☆



タイトルからして面白そうだね〜w

表紙もなんか可愛いっ♪

SFとミステリ、さらにコメディとラブ要素まであるなんて☆

いろんな人が楽しめそうなストーリーだねー。



時差ボケは何度も体験したことあるけど

「時空ボケ」ってどんな感じなんだろう??笑

2010/08/15 (Sun) 19:29 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:コニー・ウィリス「犬は勘定に入れません」読みました♪(08/12)

nanacoさん、こんばんは〜★★



感想、楽しみにしていました!

げらげらって笑いではないけど、クス、ぷっって感じでした!



出てくる人皆に嫌みがなくて、癒し系の本だと思います!



確かに、この本の主役は犬と猫です!!

(でも、ちょっと訳わかんないとこも・・・)

2010/08/15 (Sun) 22:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

Yuriちゃん、おはよう〜♪



この作品、タイトルも表紙もすっごいインパクトあるよねぇ(*^v^*)

色んな要素がたっぷりと詰め込まれていて、読みごたえのある上下巻でした☆

こういう翻訳本を読む度に「Yuriちゃんなら原書のまま読めるんだろうな」って思うよ…

いつか私もそういう風になれたらいいなぁ。(←って、努力しろよって?笑)



>時空ボケ

ホントどんな感じなんだろうね〜^^;

時空を超えちゃうわけだから、脳も一部分前の時代に忘れてきちゃいそうだよね。

ヘンな事口走ったりするんじゃないかなぁ(笑)

2010/08/16 (Mon) 07:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こちらにもコメントありがとうございます〜♪



紹介していただいたこの本、間が空いてしまいましたがやっと読みました!(*^^*)

最初はもう主人公の思考回路が分からなくて(笑)ちんぷんかんぷんだったんですが、

それも時空ボケのせいなんですよね…読んでいくうちに合点がいきました☆



登場人物にイヤミがない、すごいそれ分かります!

あのプリンセス・アージュマンドを可愛がるお嬢様でさえも、キャラが面白いですもん(笑)

こんな小さな事が…!?と思えるような事でも歴史を変えてしまうんですねぇ。

時間遡行って怖いなぁと思いました。でもいつかそれが普通になる日が来るのでしょうか?

猫とタイムトラベル繋がりで、ハインラインの「夏への扉」を思い出しました(^^ゞ

2010/08/16 (Mon) 07:12 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:コニー・ウィリス「犬は勘定に入れません」読みました♪(08/12)

nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)

昨日お邪魔したときは、時間がなくてブックレビューの方をスルーしちゃいました…(^_^;)

ということで、今日、じっくりと読ませてもらいましたよ〜!!



この作品、私も積読本になったままです(^^ゞ

犬と猫の表紙に惹かれてGETしたんですけど、

いつの間にか積読本の山に埋もれてしまって、

危うく忘れてしまうところでした〜(笑)



この作品、タイムスリップものだったんですね♪

何だかそれだけでわくわくしてきます〜(*≧▽≦*)

2010/08/17 (Tue) 18:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは〜♪

わっまたまた遊びに来ていただけたんですね!嬉しいです〜〜(≧∇≦)



miwaさんもこの作品積読でしたか☆

そうなんですよねぇ、私も犬と猫の可愛らしい表紙に惹かれて購入したものの、

なんとなく日々の積読に埋もれて、危く未読のまま忘れてしまうところでしたよ〜(笑)

ミステリ・ファンタジー・SF・ラブ、これでもかというくらい色んな要素があります(^^)

さらにコメディも入ってるもんだから、かなり贅沢な小説だと思います♪



上巻の冒頭部分は、とにかく訳が分からないと思います。(キッパリ)

……が、それを我慢して読み進めると一気に面白くなりますよ!

さらに最初の訳分からない部分の意味が、若干理解できるようになるんです(笑)

タイムスリップ先のヴィクトリア朝の人々がとにかく笑えるし、犬と猫の愛らしさが…♪

miwaさんの感想を読める日を、首を長〜くして待っていますヽ(*^^*)ノ

2010/08/17 (Tue) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply