06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.03 *Tue*

7月☆読書メーターまとめ(2)


7月読書メーターまとめ、続きです〜


ミストスピリット 3 (ハヤカワ文庫FT)ミストスピリット 3 (ハヤカワ文庫FT)
何だろう、この面白さは尋常じゃないよ!第一部は、正直合金術や世界観を理解するだけでいっぱいいっぱいでしたが、第二部に入りだんだんと設定が分かってきた所で一気に物語が加速し始めましたね。ゼインやオレ=スール・・・ケルシャーの件から考えて、この作者さんが容赦ない展開を持ってくると予測はしていたけれど、それでもこの展開はなかなかに衝撃的です。新たな力を手に入れたヴィンとエレンドですが、その代償はあまりにも大きい。あぁ、9月に発売の完結編が待ち遠しいです・・・!どうでも良いですが表紙のコロスはちょっと笑える。
読了日:07月09日 著者:ブランドン サンダースン


ミストスピリット 2試されし王 (ハヤカワ文庫FT)ミストスピリット 2試されし王 (ハヤカワ文庫FT)
面白かった〜〜♪エレンドの王としての資質が試される巻。周りは敵に囲まれ、仲間内にもスパイが忍び込み、常に命を狙われ、挙句の果てには愛するヴィンの気落ちが分からず四苦八苦。あの本ばかり読んでいた青年から随分と成長しているよ、と擁護してあげたい(笑)でも、個人的にはゼインのほうが好きだったりする。明らかにヴィンに恋心を抱いているのに報われない感じが何とも言えず・・・。犬の形を取ったオレ=スールと、ヴィンとの間に友情とも呼べる小さな信頼関係が芽生え始めたのがとても嬉しいです。さて、第2部の結末は・・・?
読了日:07月06日 著者:ブランドン・ サンダースン Brandon Sanderson


屍鬼 8 (ジャンプコミックス)屍鬼 8 (ジャンプコミックス)
田んぼのあぜ道で追いかけられるシーン、怖いよ〜〜(汗)常に追いかけられる恐怖よりは、早々に屍鬼側に下ったほうが良いのかもしれないと考えてしまう。例え起き上がらない可能性があるにしても・・・。○○(一応伏せ字)が起き上がった事によって、原作とは違う展開になり全く今後の予測がつかなくなりました!次巻はとうとう尾崎先生の反撃が始まる。容赦なくガンガンいって欲しいと思う反面、徹や律ちゃんの事を考えると胸が痛みます。それにしても夏野パパは大丈夫?(笑)
読了日:07月05日 著者:藤崎 竜


あめのちはれ 3 (B’s LOG Comics) (B’s LOG Comics)あめのちはれ 3 (B’s LOG Comics) (B’s LOG Comics)
はぁ〜〜やっぱりびっけさんの甘酸っぱくて、すごくもどかしい感じが好きだぁ。葉月の双子の弟の夏輝、爽やかで可愛くていいキャラしてるわ。自分がブラコンだって認めちゃってるし(笑)葉月は、結局兄と妹、どっちとくっつくんでしょう?身体が女バージョンの時は心まで女の子になっちゃってるんだろうか^^;もし、兄とくっついた場合、身体が男バージョンに戻ったとしたら・・・と、色々妄想してみる(笑)どんどん面白くなってきました。続きが待ち遠しいです〜♪葉月、あまり寮長を誘惑しないであげて・・・!
読了日:07月05日 著者:びっけ


聖なる黒夜〈下〉 (角川文庫)聖なる黒夜〈下〉 (角川文庫)
あ、三浦しをんさん好きそう・・・と思いつつ読んでいたら、解説が本当にしをんさんだったのでビックリ(笑)同性愛描写がそこかしこに出てきますが、麻生と練の刹那的な関係は痛々しさすら感じられる。相手と繋がる事で、さらに孤独を深めているようで・・・そういう意味では二人ともすごくよく似ているのかもしれない、と思いました。冤罪、というとてつもなく重いテーマ。これでもかというくらい濃密な人間描写にミステリ要素が絡み合った良質な刑事サスペンス。最悪の結末を予想していたので、サイドストーリーを読んで本当に救われました。
読了日:07月04日 著者:柴田 よしき

読書メーター



lp.gif


7月は、ハズレなしでどれも面白かったですballoon_28.gif

中でもめちゃめちゃ笑ったのは尚月地さんの漫画「金色騎士」ですねぇ。
「艶漢」の時みたいな、みょ〜な雰囲気(褒め言葉です。笑)は影をひそめ、
思いっきりファンタジーな世界観に仕上がっています。



でも、決してそれだけで終わらないのが尚さん。
美男子(しかも何故か皆天パ)&筋肉美のオンパレードです!!!
あまりに美しすぎる、しなるような肉体を惜しげもなく披露しています(笑)

女グセと品行の悪さで悪評まみれた、村の駐在さんの日常を描いた「金色騎士」。
とにかく美しくて露出が激しい(笑)王子と少女の愛を描いた「鐘守り姫」。
可愛い雑貨屋のお兄さんとの出会いを描いた「雑貨に埋もれた乙女」。

いやぁ、どれも1コマ1コマが美しくて、思いっきり堪能しちゃいましたballoon_133.gif
ギャグセンスも最高で、吹き出す部分も多々あり……


9月に「艶漢」3巻も発売になるみたいですねぇ。待ち遠しいわ。

 



関連記事

COMMENT

感謝
Good evening.



9日間の塾の夏休みに



ニュージーランドへ「スキー」に行きたい。。。



ばってん、総額35万円はかかるので。。。



諦めてね。。。静かに自宅待機。。。。。



さあ、明日も暑さと戦うぞ〜!



気合いの応援完了。



Thank you.
by 神風スズキ #79D/WHSg
2010/08/03(火) 20:04 [Edit
Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/03)
nanacoさん、こんばんは〜★その2



ミストスピリット、面白くなってきたみたいですね・・

ファンタジーは長いのが・・なので読ものに気合がいります。手が出しづらいです・・・でも気になります。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/08/03(火) 23:24 [Edit
神風スズキさんへ
神風スズキさん、こんばんは〜♪



ホント毎日暑いですね〜^^;体調は崩されていませんか?

今週もあと半分、頑張って乗り切りましょうね☆

後からまた遊びに伺います!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/08/04(水) 20:20 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こちらにもコメントありがとうございます♪



「ミストボーン」シリーズ、ますます面白くなってきましたよ!ヽ(*^^*)ノ

これって凄く続きが気になるので、3冊揃えてからじゃないと読めません(笑)

9月に三部作の1冊目が発売されても、3冊揃うのはおそらく次の年…拷問です〜^^;



ファンタジーは続き物が多いので、ちょっとだけ根気と気合が必要ですね☆

でも、グインを読み始められた日向さんなら余裕だと思います!(笑)

あぁ、私もそろそろグインの再読始めようかしら。。。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/08/04(水) 20:24 [Edit
Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/03)
こんばんは♪



屍鬼は今期アニメにもなってますよね!

漫画のほうは原作とは違ってきてるんですか?

それでもコワいことには変わりなさそうですが(*^m^*)



村の人達がどんどん屍鬼側になっていくのに自分だけが取り残される恐怖がありますね。
by Cedie #79D/WHSg
2010/08/04(水) 21:44 [Edit
Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/03)
こんばんわー☆



「ミストスピリット」、よく行く本屋でオススメされてて、

見る度にnanacoちゃんを思い出します。

完結編出るんですね?じゃあ読みたいリストに安心して入れてみます〜♪

ところで「ミストボーン」から読めばいいんだよね??



「屍鬼」、とりあえずアニメを見始めたんですが…

怖いとか以前にあまりの絵の微妙さに困惑してしまいました。笑

やっぱ小説か漫画にしようかな…



「金色騎士」いつ読もうかとドキドキしながら表紙のみ眺めています。

だって眺めすぎてまた3日くらいかかりそうなんですもの…

相変わらず画集のようですねぇ〜♪

by まる811 #79D/WHSg
2010/08/04(水) 23:57 [Edit
Re:7月☆読書メーターまとめ(2)(08/03)
nanaco☆さん、こんばんは〜(^^)



わっ!『ミスト〜』の第2部、読まれたんですね〜(*^_^*)

何を隠そう、私もやっとこさ第1部の『ミストボーン』を読みだして、

いま第2巻読破中です〜^^

このシリーズ、第2部で終わりだと思っていたから、

第1部と第2部をまとめて読むつもりでいたら、

な、な、なんと、第3部まであるじゃないですか〜(@_@)

で、やっぱり1部ずつ読むことにしました(^_^;)

第3巻まで読み終わったら、感想UPしますね〜♪

第2部も、nanaco☆さんの感想をうかがうと、

新たな登場人物も増えて、何だかすっごく面白そうですね〜(*≧▽≦*)

それにしても、犬の形をとったオレ=スールって何者???



『屍鬼』は、アニメの方も観てますが、

あのユニークな髪形には笑えてきますよねぇ(^O^)

原作の方は、ただいま第3巻を読破中で〜す♪

まだ何とか夜の読書にも耐えれそうです(^^)v

それだけに、第4巻と第5巻を読むのが恐ろしいかも(><)
by miwa125 #79D/WHSg
2010/08/05(木) 18:17 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは〜♪



そうそう、「屍鬼」アニメでも始まっていますよね(*^0^*)

残念ながら北海道では放送されていないので、来月から始まるBSフジでしか見られません。

約1ヶ月遅れだなんて切ないですよねぇ…北海道は全然アニメが入らないです〜(泣)



漫画は、原作とはちょっと違った展開になってきているので予想が付きません☆

原作以上に夏野を主人公にしてるなーと思ってはいたんですが、まさかの展開です^^;

藤崎竜さんの絵、時々めちゃくちゃ怖くなるんですよね〜あんなにぎやかな感じなのに。

そういえば封神演義の時の妲己のキャラも、妙に怖かった記憶があります。。。

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/08/05(木) 19:35 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



「ミストボーン」シリーズ、すんごい面白いですよ!(><)

第1部は、世界観というか設定が複雑なので、覚えるだけでいっぱいいっぱいですけど…

第2部に入ると一気に面白くなります。もう怒涛の展開なんですよ〜♪

個人的には、守られる女の子ってあまり好きじゃないんですが、、、

この本の主人公の少女は相当強いです。もしかしたらイアル以上の手練かもしれません(笑)

完結編まで揃えてからの一気読みも贅沢ですよねぇ(*^m^*)ムフッ



「屍鬼」アニメ、藤崎竜さんの絵は独特ですからねぇ〜漫画もあんな感じです(笑)

もしあの絵が苦手だったら、やっぱり原作を読んだほうが良いかもですねぇ☆

まぁなんだかんだで原作のほうが間違いなく面白いですから!(*^^*)

北海道では、やっと来週からアニメが観られます。うぅ、長かった…。



「金色騎士」まるさん読んだら鼻血出すんじゃないかしら……(笑)

沖田さんに引き続き予想してみます。まるさんは雑貨屋のお兄さんが好きだと思います!

ホント1コマ1コマ額に入れて飾りたいくらい美しい絵ですよね〜〜( ̄¬ ̄*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/08/05(木) 19:46 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



おぉぅっっ!!miwaさんも「ミストボーン」シリーズ読まれているんですね(≧∇≦)

これどんどん面白くなってきてヤバイですよ。たぶんヴィンに恋愛感情も出てきたから…

第2部に入って設定が理解できた所で、ますますキャラに深みが増してきた印象です♪

全くタイプの違う美青年もいますしねぇ…(* ̄m ̄)ウフフ

オレ=スールの正体はちょっと(かなり?)驚きです。読んでからのお楽しみですね☆

第3部が完結するのは多分来年になりそうですねぇ…今からすごく待ち遠しいです!

miwaさんのレビュー、今から心待ちにしておりま〜す(><)



「屍鬼」miwaさん3巻読まれているんですね〜( ^ ^ )/夏にピッタリですよね☆

ここまでくればもうこれ以上怖くなることはない…かも?

この先はどちらかというと、切なさや悲しさのほうが大きかったような気がします。。。

アニメ版は残念ながら北海道では放送されていなくて、、、

来週から始まるBSフジで観ようかと企んでいます(笑)

あの髪形とかぶっとんだキャラとか笑えますよねぇ。夏野クンが好きです…☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/08/05(木) 20:01 [Edit
どれもこれも
面白そうですね〜。

私的には「あめのちはれ」が気になるところ。^^

え〜、身体が男バージョンとか女バージョンとかになるのぉ〜?

ちょっと想像できない展開ですけど、こういう話大好きです。

妄想好き(笑)なnanaco☆ちゃんがかなり楽しめる一冊ですね。^^
by picchuko #79D/WHSg
2010/08/08(日) 06:01 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こちらにもありがとうございます!(^^)



そういえば前にも「あめのちはれ」picchukoさんに興味を持ってもらったような気がします☆

びっけさんの漫画は、どれも淡い恋愛描写がみずみずしくて幸せな気持ちになれます!

男の子も女の子も、みんな初心で可愛いんですよ〜〜(*^0^*)



……そして、仰っている通りかなり妄想できる漫画でもあります(笑)

雨が降ると女の子の身体になるって、心はどうなるの?と思っちゃいますよね(^^ゞ

当然女の子バージョンの姿が好かれてしまう場合もあるわけで。。。

どんな展開になるのか想像もつかないですし、今から続きが待ち遠しいです!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/08/08(日) 08:24 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。