10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.25 *Mon*

和田竜「のぼうの城」読みました!





【内容情報】(「BOOK」データベースより)

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。



【のぼうの城】和田竜 rating_47.gif


やっとこさ読めました〜balloon_34.gif
読書メーターをはじめとするあちこちのサイトで、大絶賛されていた「のぼうの城」。

でも…きっとあまりの評価の高さに、期待しすぎてしまったのでしょう。
歴史小説というよりは、歴史を下敷きにしたエンターテイメントといった趣かなぁ。
スピード感があり、軽くサクサク読めるものの…正直一週間もしたら記憶の彼方(笑)

それでも、のぼう様と呼ばれ民に慕われる成田長親や、彼を支える丹波や酒巻…
そして敵方の石田三成さえも、とにかく愛すべき魅力的なキャラが勢ぞろいです〜balloon_133.gif


lb.gif


豊臣秀吉の小田原城攻め。それに対し最後まで激しく抵抗した北条氏。
この物語は、北条側で戦った成田家当主の嫡男・成田長親を主人公としています。

日本史の教科書では、ほんの1ページで終わってしまう忍城の攻防戦。
でも、もしも歴史の裏にこんなドラマがあったなら…と思うと何だかとても嬉しい。
本の中の遠い存在でしかなかった登場人物達が、俄然生き生きと見えてきますねぇballoon_28.gif

いつもボーッとしていて何を考えているのか分からない長親。
何をやらせても人並み以下。唯一好きな畑仕事さえもロクにできないダメ男(笑)
百姓達からは「のぼう様」(でくのぼうの意味)と呼ばれて慕われています。

能ある鷹は爪を隠すというけれど、のぼう様の場合は本当にアホに見えるから面白いわ。
けれど、彼が采配を振り始めてからはもう別人!でも敵にはアホを貫き通す。
名将というのは彼みたいのを言うんでしょうな…balloon_89.gif



………と、のぼう様の事ばかり誉めちぎってしまいましたが。
nanacoが一番好きだったのは(言うまでもなく)石田三成なんですけどね(笑)

秀吉側の総大将である三成は、この本の主人公であるのぼう様とは敵に当たります。
でも、たとえ敵であっても「これはっ!」と思った相手は、手放しで称賛する。
そんな懐の深さが天晴れだ〜〜!!! 惚れちゃいましたよ、三成様balloon_127.gif



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
ぼうっとした長親いいですよね〜。

お手伝いしたいのに、自分から「仲間に入れて」といえなくて蔭からじーっと見つめるだけ、農民からは手伝われるとかえって迷惑だから気がつかないふりをされているシーンで大笑いしました。



三成も面白い男だと思います。どちらかというと私は三成には厳しい見方をしているのですが、「のぼうの城」の三成はとてもうまい描写がされていて、美味しいとこをもっていった感じですね。
by タシガミ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 20:06 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
TVで紹介されていて、とても気になっている本です。

nanacoさんは期待しすぎでしたか(^-^;

私も期待しているので、評価が低くなったりして。。。o(゜^ ゜)ウーン
by クラスタン #79D/WHSg
2010/01/25(月) 20:22 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
こんばんは、nanaco☆さん!

いやぁ、表紙の絵からも歴史物のようには見えませんでしたね〜。

これ、本屋さんでよく見かけてたので、いつかnanaco☆さんが感想を聞かせてくれるだろうと楽しみにしていたのです。(笑)



日本史も真面目に勉強しなかった私は、それこそ「ちんぷんかん」のことだったのですが(^^;、

歴史の教科書には表れない裏側の部分を色々と想像するのは楽しいでしょうね〜。

歴史書には名前だけ記された人物が、イキイキと感情を持った人間として登場してくるのは面白いですもの。

nanaco☆さんが惚れた石田光成、、、私の中では勝手にイケメンとして刻まれました。(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2010/01/25(月) 21:45 [Edit
タシガミさんへ
あぁ、あのシーン!長親が可愛くて笑えました〜農民達の気持ちも分かるから尚更…(笑)

上から目線じゃなくて農民達と同じ目線だったから、彼らの信頼を得られたんでしょうねぇ。

もしや凄い策略家!?とも思うんですが、長親に限っては素のような気がします〜( ̄m ̄*)

現代でものぼう様みたいな人がいたら、絶対人気でますよね。(政治家はダメか…??笑)



>どちらかというと私は三成には厳しい見方をしているのですが

おぉ、さすがタシガミさん!

nanacoは石田三成がどんな事をした人だとか、本当にサラッとした知識程度しかありません。

ましてや彼の人となりまではさっぱりですよ〜(><)

まっさらな状態でこの作品を読んだので、余計に三成が格好良く見えたのかもしれません♪

実際はどんな人物だったのでしょうか…タシガミさんに弟子入りしなければ!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 21:57 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
読書メーターをやらあちこちのサイトで、大絶賛されていたのですかΣ( ̄ロ ̄lll)知らなかった(遅っ)



学校の授業では教科書一行くらいで片付けられてたり、もしくはでてこないくらいのことが多いくらいのことが小説ではとても魅力的に書かれていて、ものすごく興味が持てたりしますよね☆(≧▽≦)☆



石田三成のことですら教科書にはどれだけ載っていることか(-_-;)

それとも教科書から自分がどれだけ興味を持ち、勉強するのか試しているのかな・・・



表紙だけ見ると歴史物かどうかも判別つきにくいです。
by Cedie #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:03 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
こんばんは〜♪

軽くさくさく読める・・・この本の後 似た感じの本がたくさん出ましたよね。歴史物を敬遠していた人にも とっつきやすくて楽しめるジャンルが出来たように思いました。



nanaco☆さんは石田三成が好みでしたか〜。

私は酒巻靭負がよかったですねぇ*^^*。

by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:07 [Edit
クラスタンさんへ
この作品、TVでも紹介されていたんですね〜♪

本当にどこの本屋さんに行っても大量に平積みされているのでずっと気になっていました…

読書メーターでも絶賛レビューが多かったので、すんごく期待しちゃいました〜^^;

…というよりも、天邪鬼な読み方をしてしまったのかもしれません(笑)



でもキャラもとても魅力的だし、スピード感もあるしなかなか面白いですよ〜(*^^*)

この時代の日本史の知識があれば、もっと楽しめたかなぁと思うと残念ですが。。。

また時間を置いて再読してみたい作品です。

クラスタンさんの感想も、是非聞かせてくださいね♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:16 [Edit
picchukoさんへ
そうそう、このとぼけた表情ののぼう様…

とても表紙からは歴史を扱っている作品とは思えないですよね!(笑)

だからこそ、日本史が苦手な人も手を出しやすいのかもしれませんねぇ(*^m^*)



この作品、ちょうど姫路城に行く前に読んでいたので、何だか感慨深いものがありました。

教科書だけでなく、小説で想像を膨らませて、実際にその場所へ行って妄想する……!!

そうしたら、きっと日本史を学ぶのが楽しくなると思います(爆)



石田三成、、、nanacoこそ「ちんぷんかん」ですよぅ( ̄∀ ̄*)ニヤリ

この小説を読む限りでは、かなり生真面目な…でも度量が広い人物という印象です♪

…そしてもちろん細身・色白の美男子として頭にインプットされています(笑)

でも実際はどうだったんでしょうねぇ。タイムスリップして一度お会いしてみたいわ…^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:25 [Edit
Cedieさんへ
そうなんですよ〜読書メーター見たらビックリしますよ!

レビュー云々よりも、まずこの本を読まれている方があまりにも多い事にビビります(笑)

B型の哀しい性なのか、ベストセラーはついつい斜に構えて読む癖があるんです…^^;

なので、絶賛とまではいかなかったですがキャラがとても素敵だし、読みやすい小説でした♪



そうそう、学校の教科書は文章も堅いし、なかなか興味が湧いてこないですよね。

だから史実とフィクションを交えた歴史小説にしてくれると楽しく読めるんですよね〜♪

石田三成、、、教科書に出てきたかどうかも定かではありません(笑)

どちらかというと漫画とかゲームの印象のほうが強いんですよね…。はぁ、ダメねぇ(><)



最近は歴史小説も装丁が手に取りやすくなりましたよね。

和田作品、あと2冊積読なのですがどちらも表紙絵が可愛いんですよ〜(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:34 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
日本史が超苦手なnanacoにとっては、とても嬉しい小説でしたねぇ(笑)

忍城の攻防戦とか言われても、誰と誰が戦ったとか全然分からないぐらいですから…

かろうじて理解できるのは平安時代まででしょうか!(単に妖しい雰囲気が好きなだけ)

難しい歴史小説は苦手なのに、サクサク読めるのはどこか物足りない…なんて我儘な読者^^;



酒巻靭負、格好良かったですね〜(≧m≦)

長親の事を馬鹿にしながらも、実は物凄い気にかけているのが伝わってニマニマしました。

個人的にお気に入りだった三成の活躍も、もっと読みたかったですねぇ。



最近はとっつきやすい歴史物が増えて嬉しい限りです☆

これを機に、色々読み漁って日本史嫌いを克服してみようかな…

平安時代を脱出して、目指せ鎌倉!です(爆)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:44 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
こんばんは☆



nanacoちゃん、いろんなジャンルの

本を読むんだね〜。すごい!!

こういう本なら、歴史が苦手な私でも

楽しく読めそうな気がする〜w

そして、歴史大好きな彼なら

絶対はまりそうな気がする!笑

by ☆Yuri☆ #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:56 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
こんばんは〜♪



歴史物なのにライトノベル並みに読みやすかったですよね。レビュー楽しみにしてました♪

次は新潮社から出している『忍びの国』ですか?

この本も漫画化されていますね。驚きました…。



『小太郎の左腕』、図書館の順番がまだ回って来ません…。レビュー楽しみにしてます〜♪

by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/01/25(月) 22:57 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
nanacoさん、こんばんは〜★



この本、凄く評判いいですね。きっと面白いのでしょう・・

三成自分も大好きです。昔、司馬遼太郎の関ヶ原をよんで好きになりました!!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/01/25(月) 23:23 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
話題の本ですね。

柊は未読です…^^;

なんとなく…周りが一斉に読んでいるとタイミングを逸するというか…柊は天邪鬼かもしれません。

今は積読本が山をなしているので、そちらを先に読まないと(笑)

縁があったら手に取るかもしれません(*^^*)

by 柊♪ #79D/WHSg
2010/01/26(火) 08:59 [Edit
☆Yuri☆ちゃんへ
日本史は実は超〜苦手なんだけど、この作品は楽しく読めたよ♪

歴史小説というよりエンターテイメントに近いから、

もしかしたら歴史が苦手な人ほど楽しく読めるかもしれないねぇ…(*^^*)

重厚な歴史小説は読めない!と思うのに、軽い作品は物足りないって感じるなんて、

我ながら本当に我儘すぎる読者だなぁ、、、って思うよ〜(笑)



すごく人気のある作品みたいだから、Yuriちゃんも機会があったら挑戦してみてね。

そして是非ダーリン君にも教えてあげてくださいな(*^_^*)

普段アメリカで暮らしてたら、たまには日本の歴史小説も面白く読めるかもしれないしね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/26(火) 20:10 [Edit
茨木 月季さんへ
かな〜りレビューが遅くなってしまいました^^;

月季さんの仰るとおり、ラノベ並みに軽くサクサク読める作品で驚きました♪

日本史は苦手〜だったんですが、こういう小説だと手を出しやすいですねぇ。

キャラもとても良かったので、一冊のエンターテイメントとして楽しめました〜(^O^)/



次は「忍びの国」ですね。

タイトルからすると、忍のお話なんでしょうか…??

どんな世界が待っているのかワクワクします♪

月季さんも早く「小太郎の左腕」が回ってくると良いですねぇ。

やっぱり予約入れている人が沢山いるんでしょうか(><)

月季さんのレビュー、今から楽しみにお待ちしておりま〜す☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/26(火) 20:15 [Edit
日向 永遠さんへ
本当に、この作品驚くほど評判が良いですよね!

若干期待しすぎて肩すかしを食らった感はありましたが、それでもこの爽快感は素晴らしい♪

nanacoは日本史が超苦手なのですが、もっとこの時代の歴史的背景が頭に入っていれば、

さらに楽しめたのかなぁ…なんて思うとちょっぴり残念です^^;

日向さんはどんな感想を持たれるのかしら?? 機会があったら是非読んでみてくださいね☆



司馬遼太郎さんの作品、ドラマ化で気になりつつも未読です。

「坂の上の雲」とか、最近本屋さんでもよく見かけるようになりましたよねぇ。

重厚な歴史小説!というイメージがあるから、なかなか手が出せなくて〜(><)

でも「関ヶ原」は三成が素敵に描かれているならば、是非ともチェックしなくては!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/26(火) 20:22 [Edit
柊♪さんへ
ふふふ〜柊さんもB型ですものねぇ( ̄∀ ̄*)

その気持ち、良く分かります!(笑)ベストセラーってどうも食指が動かないですよね。

そろそろほとぼりが冷めた頃かなぁと思って、購入してみたのですが、、、

でも絶賛の嵐だと粗探しをしたくなる…こんな捻くれた性格をどうにかして欲しいです(笑)



重厚さはないけれど、テンポ良くお話が進んでいくのでとても読みやすかったです。

なんだかライトノベルを読んでいるような感覚…でしょうか(*^m^*)

それに愛すべき登場人物ばかりで、それがこの本の魅力にも繋がっているのだと思います。

柊さんがどんな感想を持たれるのか是非お伺いしたいです〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/26(火) 20:31 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
面白そうですね。のぼうの城ですか。最近は戦国時代ものも読むようになったので、読みます。

分かりますよ、三成はいい男らしいですからねー。
by happy-gai #79D/WHSg
2010/01/27(水) 18:35 [Edit
Re:和田竜「のぼうの城」読みました!(01/25)
こんばんは〜♪



えっ!のぼう」って、「でくのぼう」の意味だったんですか?

てっきり、「野妨」で、お坊さんなのかと思ってました(笑)(^_^;)

nanaco☆さんの感想をうががうと、

この作品、ストーリーを楽しむより

キャラ読みした方が良さそうですねぇ(!?)

nanaco☆さんが惚れちゃう石田三成…すっごく気になるわぁ〜♪

正直、読んでみようか迷ってたんですけど、

やっぱり読んでみることにしま〜す(^_^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2010/01/27(水) 18:42 [Edit
happy-gaiさんへ
この作品、キャラが立っているしスピード感があるので読みやすいですよ〜(*^^*)

正直期待していたほど……でしたが、続きがあるのならぜひ読んでみたいと思わせてくれます。

戦国の男達は格好良いですね!敵と真正面から立ち向かっていこうという心意気は天晴です。

happy-gaiさんも是非一度挑戦してみてくださいね♪



>分かりますよ、三成はいい男らしいですからねー。

おぉっ…そうなんですか(笑)

歴史上の人物に疎いので、実際に三成がどんな人柄だったのかは分らないのですが、

この本を読んでいる限りは素晴らしく頭の良い男だなぁと思いました^^
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/27(水) 19:23 [Edit
miwa125さんへ
おっmiwaさんも購入迷っていましたか!?それは是非とも読んでみてください♪

ストーリー自体はテンポ良く進んでいくし、何より登場人物が皆魅力的なんです(*^0^*)

レビューではのぼう様をベタ褒めしていますが、実際に好きだったのは周りのキャラです(笑)

なんとなく、miwaさんも敵方の三成のほうが好きなような気がします。。。

実際に三成がどんな人物だったのか、もっと色々知りたくなっちゃいます〜^^;

miwaさんの感想、今から心待ちにしております☆



>てっきり、「野妨」で、お坊さんなのかと思ってました(笑)(^_^;)

ハイ…実はでくのぼうからきているらしいですねぇ。

農民たちにでくのぼうって呼ばれるなんて、どんだけ見下されてるんだー!と思いましたが、

どうやら親しみを込めた「でくのぼう」みたいです(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/27(水) 19:34 [Edit
いまいちですか?
こんにちは。

これ、某コミュで「あなたは絶対読まないほうがいい」と言われました。

本屋では結構目立つ位置に、この方のコーナーがたくさんあって、手が伸びるんですけどね。



三成、BASARA3では結構でっかいですよねぇ。

公開されているカットはいまいち食いつけないんだけど、

美形っぽいですよねぇ。

声が誰なのか、決め台詞がなんなのか、楽しみですわ。



by さくら #79D/WHSg
2010/01/30(土) 16:57 [Edit
さくらさんへ
ふふふ〜そうなんですか(笑)

個人的には期待していたほどではなかったです^^;

キャラは可愛いし、ラノベ感覚でサクサク読めるんですけど、あまり記憶に残らない感じです。

もしかしたら読後が爽快な作品って、完全に消化しちゃうのかもしれませんねぇ…

ある程度もやもやしたものが残る作品のほうが、ずっと記憶に残っていたりします。



>三成、BASARA3では結構でっかいですよねぇ。

でっかいですねぇ!最近ファミ通やらいろんな雑誌で出てるので穴があくほど眺めてます(笑)

美形ですけど、表情からして既に復讐に燃えてる感じですね。うふふ。

長曾我部元親がかっちょいいです〜〜(><)



BASARAはいつもプレイしているのを見てるほうが多いんですけど、

なんだか今回のは自分でもやってみたいですねぇ…

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/31(日) 06:55 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
27位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。