07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.19 *Tue*

木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

“人ならぬもの”の諍いを収める調停人の卵・ケン。見学先の東北の農村では狢と座敷わらしが一触即発。さらに富士の樹海でものっぴきならない騒動が!沈着冷静料理好きエージェント佐々木に超絶美少年系吸血鬼イサ、日本担当調停人でアニメオタクのロシア人・アレク…アクの強い「組織」の連中に囲まれて始まった新生活の行方は。



【鬼の哭く森-マルゴの調停人-】木下祥 rating_47.gif

先日読んだ「マルゴの調停人」の続編です。
前回のは美青年ノエルがイチオシだったけど、今回のも表紙&口絵ページが可愛いわぁballoon_75.gif


  前作「マルゴの調停人」レビューはこちら


アルゼンチンから日本へと舞台を移した二作目です。
今回はイギリス編?!と思っていたんだけどなぁ、どうやら次回へ持ち越しのようですballoon_89.gif

人と妖怪との調停人となった高校生ケン。(目下修行中……)
座敷わらしと狢(むじな)の調停やら、樹海の鬼達の調停やらに奔走します。
人の命が絡んでくることではないので、前作よりもほのぼのとした雰囲気ですねぇ。

相変わらず丁寧すぎるほどに、細かく登場人物の心情を描いています。
主人公ケンだけでなく、本当は孤独な吸血鬼イサとか、アニメオタクのロシア人とか(笑)
だからこそ、このシリーズはキャラが立っているんですねぇballoon_133.gif

樹海の鬼の調停、ケンのやり方があまりにもケンらしくてニンマリしてしまった。
続きが楽しみなシリーズです!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




関連記事

COMMENT

Re:木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪(01/19)
こんにちは〜♪

ホントこのシリーズ、続きが楽しみですよね♪

次回は、今度こそイギリス編だと信じてます。

木下祥さんは、10カ月ごとに今のところ刊行されています。次が読めるのは3月半ばあたりでしょうか?

天堂梨沙さんの新刊『桜花鬼譚』が25日に発売されるのもちょっと楽しみです♪

鬼という言葉にちょっと弱いです…。



by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/01/19(火) 17:34 [Edit
肩透かしでしたねぇ
こんにちは。

もう、すっかりイギリス、絶対ノエルと思ってた分、

がっかり度が大きかった巻です〜

それでもほかのキャラもいろいろ可愛かったんですよね。

「ナノレベルの誤差」っていう意味が、なんとなくわかった巻でもありました。

次こそ、ノエル・・・!!



茨木 月季さんのコメント読んで、ニヤリとしてしまいました。

3月に出るといいですね☆

by さくら #79D/WHSg
2010/01/19(火) 18:11 [Edit
Re:木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪(01/19)
イラストがいいですね☆(≧▽≦)☆

細かく登場人物の心情を描かれているといろんなキャラに感情移入しちゃいます。



舞台は世界をいろいろ転々としてるのですね。

それだけでも楽しめそうです。

by Cedie #79D/WHSg
2010/01/19(火) 18:40 [Edit
Re:木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪(01/19)
nanaco☆さん、こんばんは〜!

美少年イサは吸血鬼だったのですね!

私的にはロシア人だというアレクが気になります。

ロシア人ということは、さぞ美形なんでしょうね〜。(*^^*)



アルゼンチンから東北の農村ですか?!

情景が180℃も変わっちゃいますね。

イギリス編も楽しみ♪

イギリスといえば、もともと魔女なんかが居そうな雰囲気だから、もっと面白くなりそうですね。^^
by picchuko #79D/WHSg
2010/01/19(火) 18:46 [Edit
茨木 月季さんへ
ホント、続きが待ち遠しいですねぇ!!

ノエル〜♪と思って読み始めたんですが、今回はイギリス編じゃなかったのが残念です。

純和風の表紙を見て、何となくそんな気もしたんですが…^^;(笑)



>木下祥さんは、10カ月ごとに今のところ刊行されています。

おぉ、そうなんですか☆

月季さんの情報はいつもとてもためになるので貴重なんです〜(*^^*)

3月に出ると良いですねぇ。待ち遠しいです。



>天堂梨沙さんの新刊『桜花鬼譚』が25日に発売されるのもちょっと楽しみです♪

またまた嬉しい情報ありがとうございます!

早速先程C★NOVELSのサイトで確認してきたんですが、すっごく面白そうですねぇ。

文庫はチェックしてたんですがノベルスまでは確認してませんでした〜^^

早速読みたい本リストに追加しておきます!!「鬼」は美形が多いですよね…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/19(火) 22:17 [Edit
Re:木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪(01/19)
nanacoさんこんばんば〜★

妖怪調停人シリーズ?の2作目ですね。

ほのぼの・・いいですね。



シリーズの魅力はキャラで決まりますよ。

主人公だけなくて、色々な人物?妖怪?の心情までこまかく書かれているなんて、葛藤とか行き違いとかわかってやきもきしそうですね。(*^_^*)
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/01/19(火) 22:23 [Edit
さくらさんへ
そうそう、すっかりノエル気分で読み始めたので、ちょっぴり悲しかったです…(><)

あぁノエル…麗しい君はいずこへ……(完璧に妄想の世界)

でも、今回も口絵が可愛くてニンマリしちゃいました(*^m^*)

むじなってこんな可愛い顔してるんだ〜〜座敷わらしとのやりとりも可愛かったですね。

それと、アニメオタクのアレク!!どうかずっと眼鏡をはずしていてください…(笑)



ケンの成長っぷりも実感できて、物語に深みがついた巻でもありましたねぇ。

まぁノエルの前では、ほんの少しついてきた自信も打ち砕かれそうですけどね…(笑)

完璧に調停をやってのけるノエルにも、そんな初々しい時期があったのかしら〜^^;



ホント、続編3月あたり出ると嬉しいですよね(*^v^*)

春はノベルスのサイトチェックしなくちゃですねぇ。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/19(火) 22:25 [Edit
Cedieさんへ
イラスト、すっごい可愛いですよね〜♪

ノベルスって口絵ページがありますけど、それがまた良い雰囲気なんですよ(><)

初の作家さんとかって、結構本の装丁とかで購入決めたりしますからねぇ…絵は大事ですね。



このシリーズ、主人公ケン君の成長が丁寧に描かれていて、とても好感が持てます♪

超人的な能力で何でもこなせちゃう主人公も良いですが、

ケン君みたいに高校生なら高校生らしく悶々と悩んだり挫折したりして欲しいな、と(笑)

続編はおそらくイギリス編…今から待ち遠しいです☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/19(火) 22:34 [Edit
picchukoさんへ
そうなんです、イサは吸血鬼なんです!

吸血鬼=美形ってイメージがもう固定されちゃってますねぇ(笑)

でもnanacoは何故だかイサにはあまり興味がないんですよ…もっと大人の男性が良いです(><)



>ロシア人ということは、さぞ美形なんでしょうね〜。(*^^*)

さすがpicchukoさん(笑)良い所に目を付けられましたね〜!!

ロシア人アレクはメガネをかけたアニメオタクなんですけど、

メガネを外したらそれこそイサを超える超絶美青年なんですよね…ふふふ。



続きはイギリス編になることを願っています♪

そのうちハンガリー編とかも出ると良いですよね。ドナウ川に流されてきた謎の美青年!(笑)

…そんな展開、ないでしょうかね^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/19(火) 22:39 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ、日向さん覚えていてくださって嬉しいです♪

そうまさに「妖怪調停人シリーズ」なんですよねぇ(笑)

あれ、今回はイギリス編だったハズだけど、何だか和風なタイトル……??

と疑問に思っていたら、やっぱり日本編(しかも樹海^^;)でした。



>シリーズの魅力はキャラで決まりますよ。

ですよね〜♪キャラが立っていれば、些細な欠点は何でも許せる気がしますよね(笑)

すれ違い、葛藤…なんども壁に突き当たりながらも少しずつ成長する姿は気持ちが良いです^^

そういえばこの間読んだ「ミストボーン」も、主人公の少女に共感しまくっていました。



マルゴの調停人シリーズ、もしかしたら3月当たりにでるかも、とのこと。

今から楽しみにしていようと思います(^O^)/
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/19(火) 22:48 [Edit
Re:木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪(01/19)
こんばんは〜♪



このシリーズ、ホントに面白そうですねぇ(><)

美青年のノエルの“美青年”に

思わずビビット反応しちゃいました(笑)

妖怪が出てくるところも私好みかも(#^.^#)

細かい登場人物の心情描写…いいですねぇ^^

その方が、キャラに魅力を感じますよね〜♪

早速、読みたい本リストに加えておきますね〜(^_^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2010/01/20(水) 18:27 [Edit
miwa125さんへ
このシリーズ、サクサク読めて面白いですよ〜♪ヽ(*^^*)ノ

"美青年"&"妖怪"というワードにビビッとくるmiwaさんなら楽しめるんじゃないかと(笑)

ハッ…もしや美青年の形をした妖怪ならさらにストライクゾーンでしょうか!?(何かが違う)



その美青年ノエルが出てくるのは、前作の「マルゴの調停人」で、

今回の「鬼の哭く森」では、会話の中に名前がちらほらと出てくるくらいなんです(T_T)

あぁ、愛しのノエルにはいつ再会できるのか…とやきもきしていますよ〜(笑)

miwaさんも前作の口絵ページ見たら絶対惚れるハズなので、チェックしてみてくださいね♪

とにかくキャラがとっても可愛いのでオススメしたいです^^



そうそう、先日miwaさんが紹介されていた「生き屏風」買ってきましたよ!

本当は「魂追い」を買いに行ったんですが、続編と書かれているのを見て、

あぁやっぱ順番通りに読もうかなぁと思い直しました^^;

春までには読んで見ますね♪屏風というと、春を連想するのはnanacoだけでしょうか(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/20(水) 19:57 [Edit
ですね。
タイトルの割に、表紙が可愛い? 感じですね。

最近は、こういう本が多いのは知っていますが、なかなか手に取って読まなくなっちゃいましたね。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2010/01/20(水) 21:26 [Edit
Re:木下祥「鬼の哭く森-マルゴの調停人-」読了♪(01/19)
nanaco☆さん、こんにちは♪

マルゴの調停人を、先ほど読み終わり、こちらの本を数ページ読み始めてます〜(^▽^)

久しぶりに、一気に読めました(笑)おもしろいですね〜!



nanaco☆さん、ありがとです〜(^^)

というのは、この「表紙」のおかげで、まったく本に興味を持たなかった我が娘が、

初めて「私でも読める?」って興味を示してくれたんですよ〜♪

読める、読める。難しく考えなければ、10歳でも?なんて、私は思っているのですけど(^^;)



“調停人”って“陰陽師”みたいだ・・・と私は思ってしまいましたが・・・。

「鬼の〜」の続きが気になるので、この辺で・・・(^m^)

by 和音2009 #79D/WHSg
2010/01/21(木) 11:01 [Edit
浪漫的狼さんへ
表紙が可愛いんですよねぇ(*^v^*)

本屋さんで見かけたら、ついつい目がいってしまうような絵ですよね。

この本、表紙をペラッとめくったら現れる口絵が、これまた素敵なんですよ〜♪



ライトノベルも、そうでないものも、それぞれ全く違った魅力がありますね^^

最近はラノベとの境界線が曖昧になってきたなぁ…と感じることも多々ありますが。

軽くサクサク読める本は気分転換にもなるので、

狼さんも気が向いたら是非手に取ってみてくださいね!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/21(木) 20:07 [Edit
和音2009さんへ
おぉっ…おぉぉぉ!!!

和音さんもこのシリーズ、手に取っていただけたんですか〜(><)とっても嬉しいです☆

スピード感もあるし、キャラも可愛いので一気に読めちゃいますよねぇ。

で、で…和音さんはどのキャラがお気に入りですか?? …やっぱりノエル?(笑)

今回の「鬼の哭く森」はノエルが登場するものだとばっかり思っていたので残念^^;



それにしても娘さんも興味を持ってくれたとは!

嬉しいですねぇ、親子同じ本を読めるっていうのはとても良い事ですね。

これをきっかけに娘さん、本好きになっちゃうかもしれませんよ〜(*^m^*)



>“調停人”って“陰陽師”みたいだ・・・と私は思ってしまいましたが・・・。

おぉ、和音さん鋭い。確かに陰陽師に似ている気がしますねぇ。

そういえば調停人も陰陽師も、人と、人ならぬものの間に立つ存在のような気が…

「鬼の哭く森」も楽しんでくださいね♪読み終えたら是非感想聞かせてくださ〜い(^O^)/
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/21(木) 20:18 [Edit
読み終えましたよぉ〜(^0^)
こんにちは、nanaco☆さん!

いや〜、じつに、おもしろい!でした(^▽^)

この、2作目のほうがじっくり読んだ!と言う気になりました(笑)



>スピード感もあるし、キャラも可愛いので一気に読めちゃいますよねぇ。

>で、で…和音さんはどのキャラがお気に入りですか?? …やっぱりノエル?(笑)



→・・・なんで、わかっちゃったのですか?(^▽^)そのとおりですけどぉ〜(笑)



娘が、これをきっかけにどんどん、本を読んでくれるといいなぁって思っています。



次の作品が早くも待ち遠しい(^^)

本当に、面白い本を教えてくれてありがとうございます〜♪
by 和音2009 #79D/WHSg
2010/01/22(金) 08:48 [Edit
和音2009さんへ
和音さん、読破おめでとうございま〜す☆(*^0^*)楽しんでいただけたようで何よりです!

2作目は、前作よりもさらにキャラの心情が丁寧に描かれていましたよねぇ。

どんどんと魅力的な新キャラが登場するので目移りしちゃいますね(笑)



あっ……やっぱり和音さんもノエル好きでしたか!?

1巻目の口絵ページ、あまりの麗しさに紙に穴があくほど眺めました( ̄m ̄*)(爆)

外見だけでなく、あのちょっと捻くれた性格ももろ好みでした♪



本当に次の作品が楽しみですね!

新刊の情報をキャッチしたら、真っ先に和音さんにお伝えいたしま〜す(^O^)/
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/01/23(土) 08:04 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
816位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
21位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。