FC2ブログ
Welcome to my blog

ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!

ななこ




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

イギリスの田舎町。病弱なマシューは、優しく利発な姉に守られ、幸せな少年時代を過ごした。秘密の隠れ処、化石探し、暗号の日記、子供に干渉しない両親、高い知能を隠す姉、死。そして今、二人は昏い密室で語り合う…。過去と現在が交錯する中で明かされる“真実”とは。12歳でW・H・スミス文学賞を受賞、22歳で本作を上梓した早熟の天才による、幻惑と郷愁の魔術的小説。



【ソフィー】ガイ・バート rating_50.gif


面白い、これは面白い!!

海外物でここまで自分好みの小説に出会えたのは久しぶりです〜balloon_59.gif
しかもこれが作者22歳の時に書かれた小説だとはね…世の中には凄い人がいるもんだ。

最近、自分の好みの傾向に気付いたんですが。 (え、聞きたくないですか?笑)
どうやら「秘密」に加え、「姉弟」と「知能が高い子供」というのが好きなようです(笑)
この本は、大好きなエッセンスがこれでもか!という程詰まってますballoon_85.gif


leaf_03.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ ミステリ  姉弟  秘密  隠された過去  日記


早熟で聡明な姉ソフィーと、姉の事が大好きな純真無垢な弟マティー。
幼い頃の二人だけの閉ざされた世界。廃坑や秘密の隠れ処、暗号の日記…

姉弟のフィルターを通すと、どんな些細なものでも美しくどこか禁忌を感じさせます。
壮大な自然を背景に語られるこの作品は、イギリスならではの匂いですねぇ。

弟マティーの淡々とした抑えた語り口が、不穏さを感じさせて恐ろしいballoon_89.gif

姉と過ごした子供時代の温かな日々の回想と、姉と思われる女性を監禁しているシーン。
この二つが交互に語られていき、徐々に過去のある出来事に迫っていきます。
全ての謎が明らかになった時の驚きといったら、筆舌に尽くしがたいです。

永遠に続くと思われた<楽園>の崩壊。
静かな哀しさとやりきれなさに包まれ、読了しました。。。balloon_73.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 24

There are no comments yet.
浪漫的狼  
ですか〜

これは今すぐにでも読みたいですね。王冠つき☆ですし。一度、nanacoさんの王冠つきばかりまとめてチェックしてアマゾンで買おうかなって思ってます。

2010/02/17 (Wed) 21:32 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

nanacoさん、こんばんは〜



絶賛ですね。これは積読から優先度あげて読みたいです。



秘密・・・このなかに秘密基地とか飛行機模型とかでてきませんでしたか?帯かなにかで見たような



聡明な姉妹の物語。ワクワクしてしまいます。

妖しい魅力、雰囲気が漂ってきますね。

2010/02/17 (Wed) 22:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

この本とても面白かったですよ!久々に海外の王冠付ききました(*^0^*)

じわりじわりと過去が明らかになるお話って大好きです。

最後がどこに行きつくのか、全く予測ができなくて。

この作家さん、「早熟の天才」という事ですが、あながち間違っていないかもしれません(笑)

オックスフォード大卒業後は教職に就いて、教え子の中にかのウィリアム王子もいただとか。



>王冠つきばかりまとめてチェックしてアマゾンで買おうかなって思ってます。

それはすっごく嬉しいです〜(><)

狼さんに気に入っていただけるかどうかドキドキですが、どれも自信を持ってオススメします。

お仕事が落ち着いたら、是非チェックしてみてくださいね♪

2010/02/17 (Wed) 22:29 | EDIT | REPLY |   
クラスタン  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

ここまで絶賛されると読みたくなりますね(;^_^A アセアセ・・・



先日「風が強く吹いている」を買ったし、図書館でも借りてきたし、今日も会社の本棚に面白うそうな本が4冊も・・・。読む時間あるかな・・・(@◇@;) ウ・・・

2010/02/17 (Wed) 22:36 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さんも積読になっているんですものね〜( ^ ^ )/

まだレビューを書いていない作品が沢山ありますが、

この興奮冷めやらぬうちに感想を残しておこう!と思いまして(笑)



決して派手なお話ではないんです。むしろ、淡々としていて地味なお話かもしれません^^;

けれど、語り手である弟がどうにも信用ならない(精神的に不安定な感じなので)からか、

今語っている過去は真実なのか、虚言なのか…と何とも不安を誘うんですよねぇ。

ラストに明らかになる真実、、、ある意味「閉じた本」よりもびっくりです(笑)



>このなかに秘密基地とか飛行機模型とかでてきませんでしたか?

出てきましたよ〜(*^^*)模型と聞いて、真っ先に日向さんの事を思い出しました☆

「秘密」という言葉は素敵な響きですよね。

日向さんのレビュー、今から楽しみに待っています。楽しんで下さいね!!

2010/02/17 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

あはは、ついついレビューが熱くなっちゃいましたねぇ(笑)

でもこの物語、自分の好きな要素ばかりが詰め込まれていてもう興奮しちゃいました!(^^ゞ

それほど起伏のある展開ではないし、弟の一人称で淡々と過去が綴られていくだけなので、

お世辞にもスピード感のある小説とはいえないかもしれません。

……が、伏線の張り方がとても巧いです。ラストで見事に収束するのが気持ち良いです!



>先日「風が強く吹いている」を買ったし、

おぉ〜クラスタンさん、早くもGETされたんですね♪

今から早く感想をうかがいたくてワクワクしてきます。レビュー楽しみに待ってます(*^^*)

本当に、時間はいくらあっても足りないですよね〜一ヶ月くらいヒキコモリたいです(笑)

2010/02/17 (Wed) 22:43 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

おおっ!王冠つき!

こ、これは読まなくては…。

「どーしよーかなー…積読本、山とあるしな…翻訳ものはなかなか進まないしな…」とぐだぐだ迷っていましたが(笑)

読書ペースをあげて、必ず読みたいと思います!

2010/02/18 (Thu) 09:09 | EDIT | REPLY |   
珂音  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

うわっ!

またまた面白そうな本。



読みたい本が増えるばっかりで消化が追いつきませ〜〜〜ん

2010/02/18 (Thu) 10:58 | EDIT | REPLY |   
和音2009  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

nanacoさん、こんにちは♪

ようやく、色々立ち直りつつある私です(笑)



nanacoさんの好みの傾向・・・

「秘密」に加え、「姉弟」と「知能が高い子供」。。。

「姉弟」は「兄弟」もアリ?ですか?(^^)

ワンピも兄弟ものですね〜。

あっ、すみません。また話がズレました・・・(^^;)



この本の作者、22歳って、ほんとですか?

私そのころ何してたかなぁ〜って思ってしまいました・・・。

読んでみたい本が次から次へとで、大変ですぅ〜(笑)

2010/02/18 (Thu) 11:26 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

おおっ王冠付き!ドンピシャだったんですね。

いや〜、それにしても、こんな方がいらっしゃるんですね。

12歳で文学賞を受賞ですか。凄い〜〜

こういう人って、頭の中がどうなっているのが、開いて見てみたいです(笑)

2010/02/18 (Thu) 15:01 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

こんばんは〜♪



うわっ!またまた面白そうな作品ですねぇ(*^_^*)

秘密の隠れ処、暗号の日記…すっごく興味をそそられちゃいます!!(*^^)v

「きょうだい」と「知能が高い子供」で、

ふっと『悪童日記』の3部作が頭に思い浮かんだんですけど、

第1部だけマイ積読本になっていまーす(^^)

3部ともGETしてから読んでみますね〜(^o^)丿

こういう3部作とかって、全部そろえてからじゃないと、

何だか安心して読み始められないんですよねぇ…(^_^;)



この作品も読みたい本リストの仲間入りさせておきますね♪

nanaco☆さんのところに遊びに来るたびに

読みたい本がどんどん増えちゃって、

ホント、嬉しい悲鳴状態です〜(#^.^#)

今回も素敵な本の紹介、どうもありがとう☆

2010/02/18 (Thu) 18:19 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

これ、すっごく自分好みの小説でしたよ〜(^^ゞ

弟の回想シーンが多いからか、ぼんやりとした夢の中の世界をふわふわと漂っているようで…

ラストは一気に現実に引き戻されるのですが、その真相がまた驚きでした!

読めば読む程、深い味わいが出てくる小説だと思います。



>読書ペースをあげて、必ず読みたいと思います!

柊さんに気に入っていただけるかどうかドキドキですが、個人的には是非お薦めしたいです♪

翻訳物ですが、小学生の視点から書かれているので、サクサク読み進められました(*^^*)

作者さんの他の小説も読んでみたくなりました!

(とはいえ、現在は主にドラマや映画の脚本を書かれているらしいです…)

2010/02/18 (Thu) 20:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
珂音さんへ

いやぁ、こういう閉ざされた雰囲気って大好きなんですよねぇ(*^m^*)

姉がしっかり、弟がぽわわんなので、小さい頃のリンダとレムスを思い出しました(笑)

でもその姉もどこか得体のしれない部分があって…読んでいるうちに胸がざわざわします。

自分の知能が高い事を隠していたり、自分自身の事さえ冷静に分析するのが恐ろしいです…。

結末には批判的な意見もありそうですが、なんとも言えぬ哀しい余韻がとても好みでした(^^ゞ



>読みたい本が増えるばっかりで消化が追いつきませ〜〜〜ん

同じくです〜〜!!

せめて1日に1冊ペースで読めたら、随分と消化できる冊数も増えるのにぃと思います^^;

この間珂音さんが読書メーターでレビュー書かれていた「高慢と偏見とゾンビ」が気になる!

しかも映画化決定……なんですね(笑)

2010/02/18 (Thu) 20:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
和音2009さんへ

>ようやく、色々立ち直りつつある私です(笑)

あらら、、、和音さん、どうされました!?(@_@)

もしかして、もしかして、ワンピの事でしょうか…??

実は今日、ネットでコミック情報の所を徘徊していたら、ついネタバレを読んでしまって。

エース?まさかエースが…?

うぅ、単行本を読む前に気持ちの整理が付いて、嬉しいやら嬉しくないやら。。。

でも読むのが怖くなってきました(T_T)



>「姉弟」は「兄弟」もアリ?ですか?(^^)

もっちろん「兄弟」も大好きですよ〜♪ついでに言うと「双子」というのも好きです(笑)

ルフィとエースの絆は、離れていても「兄弟」という言葉がぴったりきますよね。

ゾロに弟とかいたら、世界最強の兄弟なのにな〜^^;



>この本の作者、22歳って、ほんとですか?

そうなんです!今は歳をとられたかもしれませんが、この本は22歳の頃の作品らしく…

12歳で文学賞をとられていたというくらいだから、本当に稀に見る天才なんですね( ^ ^ )/

はぁ、その才能を少しでも分けて欲しいです…(笑)

2010/02/18 (Thu) 20:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

はい〜もう自分好みの要素がたっぷりと詰め込まれていて、まさにドンピシャでした!!(><)

まだレビューを書いていない作品が沢山あるんですが、ついこの興奮を伝えたくて…(笑)

でも大好きな作品ほど、語れば語るほど安っぽく聞こえてしまうのですよね〜^^;

ネタバレせずに感想を書くのが、ちょっぴり難しい本です。

地味な作品ではありますが、静かな回想シーンがたまらなく読者を不安にさせます。



>12歳で文学賞を受賞ですか。凄い〜〜

この作家さん、経歴を見るとかなり優秀みたいですよ、やっぱり…(笑)

現在は主に映画やドラマの脚本を書かれているそうなので、著作は少ないのが残念です。

本当に、この方はどんな子供時代を過ごされたんでしょうねぇ。。。

「ソフィー」の中で、姉が早熟聡明なキャラでしたが、まさにこの作家さんの事ですね(笑)

2010/02/18 (Thu) 20:47 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、この作品イチオシですよ〜ん♪(^^)

「秘密」と聞くだけで、miwaさんもワクワクしてきちゃうタイプですよね!?(笑)

薄いヴェールがかかったような過去が、少しずつ明らかになるにつれて緊張感が増します。

何故今女性は監禁されているのか?過去になにがあったのか…?

ミステリーとしてもサスペンスとしても、まさに一級品の作品だと思います(*^^*)

……とはいえ、回想シーンが多いのであまり派手さはないかもしれませんが。

再読をすると、さらに面白さが増すタイプの小説だと思います!



>ふっと『悪童日記』の3部作が頭に思い浮かんだんですけど、

おぉ、第1部が積読になっているんですか!(*^0^*)

もうなんていうか…色んな意味で衝撃的な小説ですが(笑)、とにかく大好きな作品です。

そうそうあれも知能の高い双子の兄弟が出てきたんですよねぇ。

続きが手元にないと、気になって気になってかなりウズウズすると思います…(笑)

miwaさんの感想を伺う日を楽しみに待っていますね〜♪



こちらこそ、miwaさんのブログにお邪魔する度に、どんどん積読が増えていきますよ!

そうそう、先日「生き屏風」を読んだので、近いうちにレビューUPしますね。

とってもとっても好みの小説でした〜( ^ ^ )/

2010/02/18 (Thu) 21:03 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

こんにちはー☆

あらすじを読んで、あぁこれはnanacoちゃんの好みど真ん中だわ…とクスリと笑えました。

そしたらやっぱり王冠付き!…で爆笑しました。笑

nanacoマスターに近づきつつありますね、わたしってば☆

12歳で文学賞!はわぁ…すごいですねぇ〜…

2010/02/19 (Fri) 17:46 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
これは、これは!

ちょっと最近、読書熱に目覚めた私ですので(いつ冷めるかは分かりませんが・笑)、私も早速チェックしてみます!

これって、けっこう長編なの?

今読んでる本が、460ページの上下巻なので、結構長いのです。

ちなみに、今は下巻の200ページ目です!

ね、頑張ってるでしょ?!(笑)



私は、物語自体が旅になってるもの、旅のように綴られているものが大好きです。

この本にも、少しニュアンスが違うかもしれませんが、そんな匂いもかすかにします。

隠された過去。。。それが暴かれていくのも、何かそこにある一種の旅を感じます。^^

2010/02/19 (Fri) 21:00 | EDIT | REPLY |   
和音2009  
nanaco☆さんへ(^^)

>実は今日、ネットでコミック情報の所を徘徊していたら、ついネタバレを読んでしまって。

>エース?まさかエースが…?

>うぅ、単行本を読む前に気持ちの整理が付いて、嬉しいやら嬉しくないやら。。。

>でも読むのが怖くなってきました(T_T)

- - - - -尾田さんもやってくれるわぁ〜って思いました。

 ネタバレ騒動も・・・。改めて凄いマンガですよね〜。



>ルフィとエースの絆は、離れていても「兄弟」という言葉がぴったりきますよね。

- - - - -そうですね〜(^▽^)



>ゾロに弟とかいたら、世界最強の兄弟なのにな〜^^;

- - - - -ゾロに弟・・・?!あんな人が二人もいたら大変?(笑)

 できれば、弟だとしたら、せめて方向音痴でないことを祈りたいものです(笑)



>12歳で文学賞をとられていたというくらいだから、本当に稀に見る天才なんですね( ^ ^ )/

>はぁ、その才能を少しでも分けて欲しいです…(笑)

- - - - -はぁ〜☆すばらしい才能ですね・・・。

 こういう方は、書くために生まれたんでしょうね〜(なんて)





2010/02/19 (Fri) 21:24 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

nanaco☆マスターのまるさん!(笑)

すごいですねぇ〜あらすじ読んだだけで好みとバレちゃいましたか!?(^^ゞ

どうして幼い兄弟とか、双子とか、そういうワードに惹かれちゃうんでしょうね…

今思えば、この好みはリンダとレムスから始まったものと思われます。

しっかりした兄ちゃんと、か弱い妹…という図よりも、その逆のほうが好きだわ^^;

この本は好みのツボがしっかり押さえられていて、自分のために書かれたかと思いました(笑)



>12歳で文学賞!はわぁ…すごいですねぇ〜…

ホント、世の中には凄い人がいるものですねぇ。

あの乙一さんだって、デビュー作を書かれたのは16歳でしたっけ??

12歳の時の作品、、、ちょっと怖いですが読んでみたい気もしますよね〜♪

2010/02/20 (Sat) 10:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさ〜ん、この本は是非読んでいただきたいです!

あくまでも淡々と語られていくので、それほど派手なお話ではないのですが、

じわじわと不安感を誘うような…得体の知れない空恐ろしさがあります^^;

何故今女性は監禁されているのか?と徐々に過去のエピソードから明らかになり、

ミステリーとしてもとても素晴らしい作品だと思いました〜(*^^*)これはイチオシです!!



>隠された過去。。。それが暴かれていくのも、何かそこにある一種の旅を感じます。^^

素敵な表現ですねぇ☆

過去が暴かれ、最終的に行きつく所が旅の終わりなのかもしれませんね。

だからこそ、ラストは一抹の寂しさを感じさせるのかもしれません。。。



>今読んでる本が、460ページの上下巻なので、結構長いのです。

あっ!分かりました!もしかして「ドナウの旅人」ですか!?(今チェックしてきました。笑)

そうそう、実はこの本nanacoの読みたい本リストにも入っているんですよ(^^ゞ

ハンガリー旅行の後にはピッタリの作品ですね。

下巻の200ページ目、あともう一息!読み終わったら感想を教えて下さいね☆

2010/02/20 (Sat) 10:43 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
和音2009さんへ

ネタバレ騒動、ビックリでしたよね〜(@_@)

でもそれほどに注目されている漫画という事なんでしょうねぇ。

自分が読む前にネタバレを見つけちゃうのはかなり切ないですが、、、

でも今回ばかりは事前に気持ちの整理ができて良かったのかなぁなんて思います(><)

あぁ、でも怖いよぅ。



>できれば、弟だとしたら、せめて方向音痴でないことを祈りたいものです(笑)

ハッ、そうだ。方向音痴が二人もいたら大変なことになりますね!

しかも兄も弟も自分の意見を曲げなさそうだから、意見が食い違ったら恐ろしい事になりそう。

……なんて、妄想し始めると止まりません(笑)

なんだか、ワンピまた1巻から再読したくなってきました(*^0^*)

2010/02/20 (Sat) 10:47 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:ガイ・バート「ソフィー」面白かった!!(02/17)

読んでから時間が経ってしまったのですが、感想アップしました!



とても面白かったですね。

ソフィーとマシュー・・・何故、監禁してるのか?

天才ソフィーの仕掛けにマシューは翻弄されているのでしょうか?

2010/03/26 (Fri) 22:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、TBありがとうございます!

ホント、この本面白かったですねぇ。こういう雰囲気の本ってなかなか出合えません(^^)



監禁しているシーンから始まり、最初はギョッとしたのですが、

淡々としたマシューの語り口に、知らず知らずのうちに呑み込まれていった感じです。

全ての謎が明らかになってから再読すると、また違った読み方ができそうな気がしますね♪

2010/03/27 (Sat) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply