FC2ブログ
Welcome to my blog

三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!

ななこ




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

箱根駅伝を走りたい―そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十人の個性あふれるメンバーが、長距離で走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ!「速く」ではなく「強く」―純度100パーセントの疾走青春小説。




【風が強く吹いている】三浦しをんrating_50.gif


実はこの作品、今年の1冊目だったりします〜(笑)(読了してから既に1カ月・・・)
読書家のお友達から「この本は駅伝の時期に読むと良いよ!」と言われていたので。

三浦しをんさんの作品なら間違いない、と思いつつもこの本の分厚さに怖気づき…
長い間積読の山の中に埋もれていましたが、やっとこさこの時期がやってきましたよ!!
もしかしたら、今年最初の1冊にして最高の1冊になっちゃったかもしれませんballoon_28.gif


本当に本当に、素晴らしい作品でした!!!



実を言うと、「駅伝」。今まで全く興味がありませんでした。
むしろ、あんな辛い思いしてまで走る人の気がしれない…そう思っていましたballoon_145.gif

けれど、この熱さ。このひたむきさ。この力強さ。
どんな言葉を並べても陳腐に聞こえてしまうようで、この感動を伝えるのが難しいです。
「駅伝」に対する見方が180度変わってしまった小説。本当に素晴らしかった!!


leaf_03.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ 青春  駅伝  共同生活  感涙


元駅伝の選手ハイジが、ある日天才ランナーのカケルと出会う所から物語は始まります。
カケルが菓子パンを盗んで逃げているのを、ハイジが目撃するという微妙な出会い(笑)
恐ろしいスピードで逃げるカケルの走りを見て、ハイジは一言。

「走るの、好きか?」

カケルはハイジの暮らす竹青荘(通称アオタケ)で暮らす事になり、、、
そこからたった10人での、箱根駅伝への挑戦が始まります。


ハイジやカケルはともかく、他8人は全くの素人だからさぞや大変だった事でしょうballoon_89.gif
特にマンガオタクの王子なんて、運動すらしたことないんだからねぇ。

優しい顔をして、鬼のような猛特訓を強いるハイジが素敵〜(笑)
それでもそれぞれに合った練習計画を立て、食事の管理までする献身ぶり。。。
次第に皆「ハイジのために頑張ろう」と思うから、こいつはなかなかやり手じゃのぅ。

ラストは滂沱の涙です〜〜balloon_131.gif
カケルの「走りたい」という情熱。ハイジの駅伝に対する恐ろしいまでの執念。
一人一人の隠された過去と努力が相まって、涙なしには読めませんでした…!!



あまりに良かったのでマンガ版も大人買いしてしまった(笑)
……ハイジのエプロン姿にやられました。マンガも素晴らしいです〜balloon_34.gif

     


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 26

There are no comments yet.
タシガミ  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

この作品、ラストのそれぞれの走行シーンがすごい感動ですよね!読んでいて胸がいっぱいになりましたよ!nanaco☆さんのレビューを見てちょっと「思い出し感動」が…!

人当たりのいい名指導者のハイジの中に潜む箱根駅伝への執念も伝わってきて泣けましたし。



そして、影響の受けやすい私、それまでは「駅伝ってかったるい催しモノだよね〜、とくに箱根駅伝って拘束時間長すぎ!」と思っていたのに、読了直後の箱根はじっくり見てしまいましたよ!(←めっちゃわかりやすい人種です)

2010/02/12 (Fri) 20:04 | EDIT | REPLY |   
柊♪  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

「走る」ことを文章で、とことん追求した小説だと思います。

長距離(駅伝)ならこの『風が強く吹いている』、短距離なら佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』が柊にとってのベストですー(*^^*)



2010/02/12 (Fri) 21:44 | EDIT | REPLY |   
♪ぴょん吉  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

箱根駅伝は この本を読むず〜っと前から大好きです!

いつかは箱根の温泉に泊まって 沿道から応援したいという夢をもっています☆



nanaco☆さんのアツいレビューを拝見して 再読したくなりました。

初読はもちろん図書館のお世話になったのですが 今度は文庫本を買ってこようかしらん〜。

2010/02/12 (Fri) 23:46 | EDIT | REPLY |   
てんてん(^^)/  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

は〜、面白そうですね〜。

スポーツっていうのは理屈じゃなく感動させられるからすごいですよね。



なかなか積読が減らないんですが(;^_^A 、いつか機会があれば読みたいです。

2010/02/13 (Sat) 01:07 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
おはようございます!

これ、これ!!!

詳しくnanaco☆さんの感想を聞きたかったんですよ〜!!><

なんか汗が飛び散る話って、いいですよね〜。

私も駅伝には興味がないのですが、「速く」ではなく「強く」というのが心に響いてきました。

そして、走ること=生きることなんですね。

これは、是非とも漫画を読むぞ!^^

(あ、ハイジって名前に笑っちゃいましたが、ハイジは男の子ですよね、で、日本人?)



「おススメpoint」を書いて下さるようになったんですね〜。

ふむふむ、これまで以上に分かりやすいです。^^

2010/02/13 (Sat) 05:38 | EDIT | REPLY |   
和音2009  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

こんにちは♪

これって、映画化もされてますよね(^^)

小出恵介さんでしたでしょうか?



駅伝は・・・ね・・・。

駅伝に限らず「走る」と言うことは、

いくら普段が調子良く、練習を重ねていても、

当日の天候、気温、体調、すべてが結局はぶつけ本番なんですよね・・・。

今、図書館から借りている本が山積みなのですが、

なんだか読んでみたくなってしまいましたよ〜(笑)

涙でちゃうんでしょうか・・・?(^▽^)

いつか、私も読んでみます〜♪

2010/02/13 (Sat) 12:02 | EDIT | REPLY |   
☆Yuri☆  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

こんにちは♪



確かに、駅伝の季節に

読みたくなりそうな1冊だね〜。

私も実は、駅伝ってあまり興味ないかも・・。

中高で体育の時間に毎年させられた

マラソンも大嫌いだったし・・・w

でもだからこそ、読んでみたいなって思いました☆

2010/02/13 (Sat) 12:49 | EDIT | REPLY |   
クラスタン  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

(・"・;) ウッ



これはもろにツボに嵌まりそう。

早速、明日買ってきます♪



最近、涙もろいので泣きそうだなぁ・・・(;^_^A アセアセ・・・

柊さんのコメントにもある、「一瞬の風になれ「も気になっている作品です(^○^)

2010/02/13 (Sat) 14:58 | EDIT | REPLY |   
さくら  
駅伝好きです

こんちは。

オリンピックとかサッカーとか、スポーツ観戦のほとんどが嫌いなんですけど、

駅伝だけは毎年見てますねぇ。

走っているだけの彼らに、背景が見えなくてもなぜかドラマチックなので一度見てみてくださいね。



なので、逆に私は時期を外して忘れたころに読みたい一冊です。

やっぱり桂望実の「RUN!RUN!RUN!」とは同じ題材でも、全然違うみたいですね。

2010/02/13 (Sat) 16:14 | EDIT | REPLY |   
まる811  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

こんにちはー☆

読書メーター見たときからレビュー楽しみにしてましたよ〜♪

なんだか「ザ・青春!!」な感じがいいですねぇ。あ〜なるほど〜だからエプロン姿なのか〜

それにしても「ハイジのために頑張ろう」と思わせるなんてスゴイ奴ですねぇ。



箱根駅伝は母校が出てるので毎年見てるんですがスゴイですよ!

最近は往路の5区、箱根の山登りが熱いです!ただ走ってるだけなのについ見ちゃいます!

辛いから自分で走る気は全くおきないんですが、辛いの知ってるからこそ見ちゃうのかもなぁ。

2010/02/13 (Sat) 18:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
タシガミさんへ

いっやぁ、すごい小説でしたねこれは!!

全く興味のなかった駅伝を、ここまで読ませてくれるとはやっぱりしをんさんって凄いです(^^ゞ



ラストの走行シーン、もう涙で文字が読めないほどでした。。。

あんな場面で皆の過去編を持ってくるなんてズルイ!泣けちゃうじゃん!と思いました。

レビューではハイジとカケルの事しか書いていませんが、実はユキもひそかにお気に入りです。

「カケル、お前はずいぶんさびしいところにいるんだね…」もう涙腺緩みまくりです(><)



>読了直後の箱根はじっくり見てしまいましたよ!

同じくです!(笑)本当に、バカにしててごめんなさい…と心の中で謝りました。

TVをじっくり観ながら、この人達にも辛い練習があったんだな…としみじみ感じましたねぇ。

来年からはTVの前に陣取っていそうな予感です。

2010/02/14 (Sun) 07:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さんのアドバイスで、駅伝の時期に読む事にしましたが正解でした〜(*^0^*)

ついつい、選手達とハイジやカケル達を重ね合わせて読んじゃいました(笑)

あの本の分厚さが気にならなくなるくらい面白い、という意味がよく分かりましたよ!

しをんさんって凄い作家さんだなぁ…と改めて実感しました。



>短距離なら佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』

おぉっそれは是非とも読んでみなくては( ^ ^ )/

今まで青春小説やスポーツ小説って苦手なジャンルだったんですが、

面白い小説はたとえ興味がないジャンルでも読ませてくれるんですねぇ。

「一瞬の風になれ」確か文庫で出ていましたよね?チェックしてみます〜♪

2010/02/14 (Sun) 07:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
♪ぴょん吉さんへ

おぉっぴょん吉さんは駅伝お好きなんですね〜♪

今まで興味のなかったnanacoでも、こんなにこの本にハマったぐらいですから、

きっとぴょん吉さんは読まれていてさらに感慨深いものがあったでしょうねぇ…(*^^*)

ちょうどこの本を読みながら、TVで駅伝も観ていたんですが、凄い興奮が伝わってきました。

沿道から応援されている方は、さらに盛り上がっているんだろうなぁ、と。

ぴょん吉さん、是非ともいつかその夢を叶えて下さいね!



>nanaco☆さんのアツいレビューを拝見して 再読したくなりました。

それは光栄です〜〜(><)

この本は永久保存版で本棚に並べておきたいですよね!

再読をすると、また新たな発見がありそうですね。

今回は勢いで読んでしまったので、再読する時はじっくり噛み締めながら読みたいです。

2010/02/14 (Sun) 07:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
てんてん(^^)/さんへ

てんてんさん、これすっごく面白かったですよ〜♪

駅伝?何それ?みたいなド素人のnanacoでも、ちょっとだけ詳しくなった気がします(笑)

駅伝ってきっとものすごく奥が深いのでしょうね。

にわかの知識で語るのは申し訳ないのですが、俄然興味が湧いてきました(*^-^)

この興奮を文章で表現できるしをんさんって、本当に凄い作家さんだなぁ…と思います。



てんてんさんも、機会があったら是非挑戦してみてくださいね!感涙間違いナシですよ(^^ゞ

あぁ、それにしても積読本…耳が痛いです(笑)

昨日、またガッツリ買ってきちゃいました。。。

2010/02/14 (Sun) 08:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

きゃぁ、ありがとうございます!(*^m^*)

実は青春物、スポーツ物が大の苦手なんです。(捻くれているだけかもしれませんが…笑)

皆で頑張って、苦難を乗り越えて、達成!その事に抵抗を感じちゃうんですよ〜^^;

どうせこういう展開になるんでしょ?と斜に構えて読んでしまうクセがあるので。



でも、この小説はスッキリ爽快な大団円で終わらせる事なく、余韻が残るお話でした。

辛い所、触れたくない所がしっかりと描かれていたと思います(^^)

漫画版もとても面白かったので、是非是非picchukoさんにも読んでいただきたいです〜♪

あっ、ハイジは男の子ですよ!アルプスの少女じゃないですよ!(笑)

漢字をあてると灰二となるみたいです。とてもとても素敵な青年です(*^^*)



>「おススメpoint」を書いて下さるようになったんですね〜。

気付いていただけましたか!?

パッと見てどんな作品か分かるように、書いてみました。

オススメpointというより、キーワードみたいな感じですかね〜(^^ゞ

2010/02/14 (Sun) 08:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
和音2009さんへ

そうそう、小出恵介さんがハイジ役で映画化されていましたよね!(*^0^*)

普段あまり邦画って観ないのですが、これはちょっと興味があります。

原作が素晴らしい作品って、映像化されてガッカリすることが多いのですが、

これはどうやら評判が良いようなので、観てみたいです。4月にDVDが出るみたいですね♪



>当日の天候、気温、体調、すべてが結局はぶつけ本番なんですよね・・・。

おぉっもしかして和音さん、陸上されていたりしました!?(^^)

色々な要素が絡み合ってその日に出せる力が変わってくるんですねぇ。

nanacoのような素人から見れば、「運」も関係しているんじゃないの?と思いますが、

きっと実際に走っている方はそれも実力の内だ、と思うのでしょうねぇ。。。



和音さん、この本は涙なくしては読めないですよ〜〜(T_T)

どうしようもなく胸がいっぱいになります。満ち足りた気分で読了しました。

是非是非読んでみてください。オススメです!!

2010/02/14 (Sun) 08:43 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

駅伝、なんであんな辛い思いまでして走るんだろうって思ってたんだよね〜(><)

でもこの本を読んで駅伝に対する感じ方が180度変わりました♪

もしかして、山登りする時の感覚に似ているのかな…って、ちょっと思ったり。



>中高で体育の時間に毎年させられたマラソンも大嫌いだったし・・・w

ふふふ〜マラソンはきついよね!

たった1キロ走るだけでも辛くて、将来何の役に立つのか真剣に考えてたよ〜(笑)

駅伝はたすきを繋がなくちゃいけない団体競技だから、プレッシャーも凄いだろうね^^;



涙なくしては読めない作品なので、Yuriちゃんもハンカチ片手に挑戦してみてね♪

心からオススメできる本です!!

2010/02/14 (Sun) 08:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
クラスタンさんへ

クラスタンさん、この作品本当にオススメです〜♪(^^)

もう中盤からラストにかけては、涙で文字が見えなくなるぐらいでした。。。

バスで読んでいたのですが、涙をこらえられなくなり一旦本を閉じて心を静めました(笑)

で、家に帰って思う存分泣きながら、満ち足りた気分で読了です。。。

人前で読む時は、ある意味要注意な作品です!

クラスタンさんの感想、今から楽しみに待っていますね(*^0^*)



「一瞬の風になれ」も素敵な作品のようですね。

青春もスポーツも、実はものすご〜く苦手なジャンルなのですが、

今回「風が強く〜」を読んで認識を改めたので、こちらも是非挑戦してみたいです☆

少しこの捻くれた性格が変わるかしら…と、淡い期待を抱きながら(笑)

2010/02/14 (Sun) 08:59 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
さくらさんへ

おぉっ姉さまは駅伝お好きでしたか♪(*^^*)

今回、この本を読みながら初めて駅伝をじっくりとTVで観てみたのですが、

若干ルールが分かってきた事もあり、じんわりと胸が熱くなりながら観ていました。



>背景が見えなくてもなぜかドラマチック

本当にそうですね!この選手は並々ならぬ努力をしてきたんだろうな、と思うと…(><)

そして今この瞬間、何を考えながら走っているのかな、と考えてしまいますね。



桂望実さんの「RUN!RUN!RUN!」感想を伺って興味があったのですが雰囲気は違うのですねぇ。

これを機に駅伝を題材にした作品を色々読んでみようかなぁという気になりました(^^)

あ、そんなにないのかな…?

2010/02/14 (Sun) 09:06 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる811さんへ

「ザ・青春」!!まさにそんな感じでしたよ〜(笑)

青春物やスポーツ物の青臭さが苦手だったんですが、こんなにハマるとは思ってませんでした。

これはやっぱり魅力的なキャラのおかげだと思います♪

ハイジ、ハイジ、とにかくエプロン姿のハイジの格好良さ、可愛さ…それに尽きます(o^-^o)

……若干オススメポイントがずれているでしょうか…。



おぉっ箱根駅伝にまるさんの母校が出ているんですか!凄いっ!!

それはTVにかじりついて応援したくなりますよね〜(^^ゞ

最近は往路の5区、箱根の山登り……あぁ、本を読んであの部分かと分かるのが嬉しい(笑)



まるさんも是非是非読んでみてくださいね♪

原作、漫画版、どちらも自信を持ってオススメできます!!

2010/02/14 (Sun) 09:14 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

こんにちは〜♪



おぉ、そんなに感動できる作品なんですねぇ(*^_^*)

実際の箱根駅伝は、ときどき観て感動してるんですけど、

小説や映画で、そこまで感動できるのかな?って思ってたんですよね(^_^;)

ちょっと偏見だったかしら(^^ゞ

nanaco☆さんの王冠付き5つ星の永久保存版だし、

そろそろ感動作品も読みたいと思っていたので、

この作品もマイ読みたい本リストに入れておきますね(^_^)/



※『活字倶楽部 冬号』、きのう無事にGETできました☆

これからじっくり読んでみたいと思いまーす(^o^)丿

nanaco☆さん、情報ありがとネ(^_-) 感謝です♪

2010/02/14 (Sun) 16:28 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

nanacoさん、こんばんは〜

まだ、三浦しをんさん、読めてませ〜ん。



最高の一冊・・・涙なくして・・・どうしよう、どうしよう・・・



運動音痴の自分ですが、大丈夫でしょうか?ちょっと不安です。

2010/02/14 (Sun) 18:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、この作品超超オススメですよ〜!!(><)

nanacoもmiwaさんと同じで、スポーツ青春物ってどうも敬遠しがちだったんです。

それに、この作品は今まで全く興味のなかった駅伝だったし。。。

でも、文章でこんなにも素晴らしさを表現できるものなんだ!と驚きましたよ〜(^^ゞ

初っ端からカケルやハイジ達にこれでもかというくらい感情移入していました。

しをん作品は、キャラの描写も丁寧なので、その点も軽くクリアですね♪



もしかすると、この作品が2010年のBEST1になってしまうかもしれません。

それぐらい、とにかく熱く感涙必至の本なので、是非miwaさんにも読んでいただきたいです!

自信を持ってオススメできますよ〜〜♪



>※『活字倶楽部 冬号』、きのう無事にGETできました☆

おぉっ無事にGETされましたか(=^0^=)

今回のは2009年のベスト本やアンケートもあるし、面白いですよね。

また読みたい本が一気に増えるので、かなり危険ですが…(笑)

2010/02/14 (Sun) 20:00 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、この作品は本当にもう、是非是非読んでいただきたいです!(*^0^*)

多分、一番最初に読むしをん作品としても最適かと思います。

(といっても、nanacoもそれほど読んでいるわけではないのですが…笑)



たとえ運動音痴でも(笑)全然問題ないですよ〜♪

むしろ、駅伝についてまっさらな状態で読むほうがすんなり頭に入ってくるかもしれません。

もしかすると実際に駅伝をされている方は、素人集団がこんな短期間で成長するはずない…

なんて思うのかもしれませんけど、nanacoは単純に成長物語として楽しむ事ができました。



とても素晴らしい小説なので、日向さんも機会があったら是非是非〜♪

思う存分泣けるように、ハンカチを用意して一人でこっそりと読んで下さいね(笑)

2010/02/14 (Sun) 20:06 | EDIT | REPLY |   
かをる。  
Re:三浦しをん「風が強く吹いている」読みました!(02/12)

この作品も、良さそうですね〜w

実は、文庫版が出てから積読したままでした^^;



そんなに面白いなら読まねば!!って考えただけで興奮してきちゃいました(爆)

2010/02/17 (Wed) 20:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
かをる。さんへ

おぉっかをるさん、この本積読でしたか!?

すごくすご〜く良かったです♪もう自信を持ってオススメできる一冊です(*^0^*)

今年のベスト本(早すぎ。笑)は、この本が少なくともベスト3には入る事確実です。



ついでに言うと漫画版も素晴らしくて、合わせて読むと感動が2倍になります!

最初は漫画版の主人公が、捻くれすぎ〜〜と思ったんですが、そういえば少年漫画だし(笑)

逆にハイジは王子様タイプでかなりの美青年なので、興奮すること間違いナシです(* ̄m ̄)

2010/02/17 (Wed) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply