07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.06 *Sat*

1月☆読書メーターまとめ(4)


も、もう一息…!!


風が強く吹いている 6 (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 6 (ヤングジャンプコミックス)
全6巻、一気に読みました。一言、素晴らしかったです!原作では選手達の心情を丁寧に描きながら、じわりじわりとクライマックスに達するのに対し、漫画版はとにかく熱い!登場人物達も、彼らが陸上にかける情熱も、最初から最後まで全力で突っ走っていました!これほどの名作を漫画版にするのはとても難しかったでしょうけど、独自のエピソードを絡めながら文句のつけようのない漫画に仕上げてくれました。三浦さん、海野さんに感謝感謝です!そして最後に一言。ハイジのエプロン姿がもう一度見たい(笑)
読了日:01月10日 著者:三浦 しをん,海野 そら太


風が強く吹いている 5 (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 5 (ヤングジャンプコミックス)
原作では、申し訳ないですが一番影の薄かった神童クン(笑)でもこの巻の主役はキミです!ボロボロになりながらもたすきを繋ぐ、その一心で全力で走り続ける姿に思わず涙しました。そしてユキは思いの外カッコイイな・・・!東体大のほうもついつい応援したくなるほど、相手チームの頑張りも丁寧に描かれていました。
読了日:01月10日 著者:三浦 しをん,海野 そら太


風が強く吹いている 4 (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 4 (ヤングジャンプコミックス)
ハイジー・・・キミの泣き顔にやられました。もうそれに尽きます。
読了日:01月10日 著者:三浦 しをん,海野 そら太



風が強く吹いている 3 (3) (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 3 (3) (ヤングジャンプコミックス)
榊の登場シーンは、何故だかいつも笑える。なんて可愛いキャラなんだー!!パゲ…じゃなくて藤岡の過去編まで、短いながらも丁寧に描かれていて素晴らしいです。相手チームにも、様々な挫折や挑戦があったんだという事を実感させてくれます。予選会のシーンはやっぱり圧巻ですね!
読了日:01月10日 著者:三浦 しをん,海野 そら太


風が強く吹いている 2 (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 2 (ヤングジャンプコミックス)
原作では、榊ってただひたすらイヤな奴じゃん!というイメージでした。でも漫画版ではカケルと榊の過去編なんかも描かれていて、素直になれないけど良きライバルという印象で良い感じです。アオタケの日常生活(ご飯のシーンとか)も細部までしっかり描かれていて、「ハイジの作った料理美味しそう〜」とニマニマしながら読みました(笑)「速さではなくて強さ」。原作でも胸を強く打ったこのハイジのセリフが、今となってはじわりと心に沁み込んできます。
読了日:01月10日 著者:三浦 しをん,海野 そら太


風が強く吹いている 1 (ヤングジャンプコミックス)風が強く吹いている 1 (ヤングジャンプコミックス)
原作がものすごく感動したので!迷わず漫画版も購入。カケルが原作よりもさらにツンツンした捻くれ者になっていますが少年漫画らしく勢いのある展開で、こちらも大好きです!どんな小さな事でも、走りに関しては絶対に手を抜かないカケルが最高にカッコイイ。ハイジは想像通りの美青年。そしてエプロンが妙に似合ってます(笑)
読了日:01月10日 著者:三浦 しをん,海野 そら太


閉じた本 (創元推理文庫)閉じた本 (創元推理文庫)
事故で眼球を失った大作家のもとへ、筆耕者として雇われた青年。二人の会話の中から徐々に明らかになってくる齟齬、青年に少しずつ不信感を抱き始める作家・・・ラストはどんでん返しというほどのものではなく、完全に予想範囲内だったのが残念です。けれど、ヘンリー・ジェイムズの小説のようにじわりじわりと、とらえどころのない不気味さとピンと張りつめた緊張感がすごく好み。ミステリーとしてよりも、雰囲気重視で読む小説だと思います。
読了日:01月08日 著者:ギルバート・アデア


風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
泣いて泣いて泣きまくった。もうとめどもなく涙が溢れてきて、中盤以降はとても人前では読めなくなりました。今年の1冊目にして、今年最高の1冊に出会えてしまったかもしれない!たった10人で箱根駅伝を目指す。言葉で言うのは簡単なのに、その下にはどれだけの重圧や厳しい訓練があったことだろう!初めて「駅伝」というものの素晴らしさを知りました。大切なのは「速さ」ではなくて「強さ」。竹青荘の住人達が、時には全力でぶつかり合いながら1本のたすきを通して絆を深めていく様には、どうしようもなく胸が熱くなりました。
読了日:01月08日 著者:三浦 しをん


* * * * *


三浦しをんさんの「風が強く吹いている」が素晴らしかった!!
素人集団が10人で箱根駅伝を目指すお話。もうラストは滂沱の涙でした。。。
あまりに良かったので、漫画版も全巻一気読み(笑)

    漫画版ハイジが好きだ!エプロン姿が好きだ・・・




関連記事

COMMENT

Re:1月☆読書メーターまとめ(4)(02/06)
nanaco☆さん、おつかれさま〜♪

こちらからは、風が強く吹いている、チェックさせていただきたいと思います〜♪



ちなみに箱根駅伝は、毎年わたしも涙、涙で見ています(^^;)

駅伝って、辛いんですよ〜。

マラソンと違って、団体競技ですからね・・・。なんて(^m^)
by 和音2009 #79D/WHSg
2010/02/06(土) 09:18 [Edit
Re:1月☆読書メーターまとめ(4)(02/06)
閉じた本 と ソフィー(積読でしたよねnanacoさん)が読みたいです。(*^_^*)

どちらも雰囲気がそそるのですよ〜
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/02/06(土) 11:24 [Edit
Re:1月☆読書メーターまとめ(4)(02/06)
四度こんにちはー☆

うん、わかったよnanacoちゃん。

こんなにもオススメするなら「風が強く吹いている」わたしも読みます。

そしてハイジのエプロン姿とやらをわたしも拝みますよ。

…ちなみにそれは、もっそれ羽田のエプロン姿となにか共通点はありますか?笑

by まる811 #79D/WHSg
2010/02/06(土) 15:25 [Edit
Re:1月☆読書メーターまとめ(4)(02/06)
「風が強く吹いてくる」、これもの凄く素敵な本みたいだね〜。^^

原作も漫画も傑作のようで、nanaco☆さんに今年最高の本と出会えたかもしれない、、、と言わせるほどのものとは、ちょっと興味深いです。^^

漫画の方は少年漫画の明るさと勢いがありそうですね〜。

うん、うん。漫画なら私でも読めるかも〜。



あ、「閉じた本」も良さそうですねぇ〜。

私だと、本当に「閉じた」ままの本になってしまいそうですけど。(笑)
by picchuko #79D/WHSg
2010/02/06(土) 22:31 [Edit
Re:1月☆読書メーターまとめ(4)(02/06)
「風が強く吹いている」・・・私も大好きです!

初・三浦しをん作品でした。それ以降 三浦さんにどっぷりはまっています☆



素敵なコミックも出ているんですね〜。映画もよかったみだいしですし 原作の力でしょうか。

by ♪ぴょん吉 #79D/WHSg
2010/02/06(土) 23:59 [Edit
和音2009さんへ
おぉっ和音さんは箱根駅伝、毎年ご覧になっているんですね〜(*^0^*)

今まで全く興味がなかったんですが、今年は初めてじっくりと観てみました。

そうですよね、自分の走りがチームに影響すると思うと、プレッシャーも違いますしねぇ…

観ているだけでこちらも胸が熱くなってきますね!



この本、絶対駅伝の季節に読もうと思っていたんです(^^ゞ

素晴らしい作品でしたよ。もう涙、涙でボロボロと泣きながら読み終えました。

それに読後の深い満足感……早くも今年のマイベスト本1位になるかもしれません。

和音さんにも是非ともオススメしたい作品です〜!!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/07(日) 09:19 [Edit
日向 永遠さんへ
「閉じた本」「ソフィー」どちらも日向さんのお好きな創元推理ですね♪

「閉じた本」は、どんでん返しというほどのものではなかったのですが、

読み終えて数週間経った今になって、じわりじわりと胸に沁み込んできました(笑)

盲目の老作家と若者だけの閉じられた空間…この不穏な空気がとても良かったです(^^)

「ソフィー」も近いうちに読んでみますね〜☆



そうそう!創元推理といえば…昨日の朝日新聞に、日向さんがこの間レビューUPされていた、

「心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿」が紹介されていましたよ〜(*^^*)

幽霊特集だったのかな…恩田さんの「私の家では〜」も一緒に載せられていました☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/07(日) 09:24 [Edit
まる811さんへ
まるさん、絶対ハイジのエプロン姿が好きだと思います!(キッパリ。笑)

小説は言うまでもなく感動するんですが、漫画版も是非ともオススメしたいです〜^^

小説で描かれなかった主人公カケルのライバルの関係だとかが、温かく描かれています。

それと美青年ハイジを絵で見られるってのは嬉しいものですよ。。。ふふふ。

まるさんのレビュー、今から楽しみにしていま〜す♪



>…ちなみにそれは、もっそれ羽田のエプロン姿となにか共通点はありますか?笑

えっと、えっと……ににんがし…じゃなくて…

あっ!美青年ってトコと、覚悟を決めて突っ走れるってトコでしょうか!

まぁ若干方向性は違うけど…(爆)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/07(日) 09:34 [Edit
picchukoさんへ
「風が強く吹いている」とてもとても素晴らしい本でした!!!

今年はこの本以上の作品に出会えるだろうか……と思ってしまうぐらいです〜(笑)

今まで駅伝って全く興味がなかったんですけど、これを読んで俄然興味が湧いてきました。

来年からはお正月はTVの前に陣取っていそうです(^^ゞ



コミック版は、少年漫画ならではの熱さと勢いがあって、これまた良かったですよ!

これを描かれた方、恐ろしい程筋肉の付き方とか勉強してるんだな、と思いました(*^^*)

picchukoさんも是非一度読んでみてください!原作を読んでいなくても大丈夫です〜♪





>私だと、本当に「閉じた」ままの本になってしまいそうですけど。(笑)

笑笑笑……

いえいえ、nanacoも人の事は言えません。

閉じたままの本が未だに100冊以上…一生このままなのでしょうか(* ̄m ̄)ニヤリ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/07(日) 09:41 [Edit
♪ぴょん吉さんへ
おぉっ、ぴょん吉さんはこの作品が初・しをん作品だったんですね〜( ^ ^ )/

あの分厚さに怖気づいてしばらく積読だったんですが、読み始めたら一気読みでした!

何と言ってもキャラが良いんですよねぇ。双子や王子もみんな魅力的で…

それぞれが走っている時に、過去を回想するシーンも大好きです(><)



漫画版もとても良かったですよ〜♪

1巻毎にしをんさんのコメントがついていたりして、楽しく読めました^^

そういえば、しをんさんって大の漫画好きなんでしたね…興奮度が凄かったです(笑)

映画版も機会があったら是非観てみたいです!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/07(日) 09:47 [Edit
Re:1月☆読書メーターまとめ(4)(02/06)
ハイジさんのエプロン姿!私も好きだー♪

運転姿も、他人事でなくて好きだけど(笑)

私、漫画版の最終巻が未読なんですよ><

原作とは結構違うって聞いてるんだけど、nanaco☆ちゃんが絶賛ってことは間違いなく面白いんだろうな〜早く手に入れなくちゃ^ ^



あ!光原百合さんの「扉守」!そうだ!!nanaco☆ちゃんのコメント読んで読みたい本に登録しようって思ったまま忘れてた〜^ ^;

by エンブレムT #79D/WHSg
2010/02/07(日) 16:24 [Edit
エンブレムTさんへ
あっ、やっぱりですか〜!!

ハイジほどエプロン姿が似合う男子っていませんよねぇ。

……羽田がいたか……しかも裸エプロン…(爆)

ハイジの運転姿、、、エンブレムTさん同じ匂いを感じました??(* ̄m ̄)プクク



原作も面白かったですけど、漫画版は全く別物の面白さでした〜♪

カケルのライバルの榊なんか、漫画版では可愛いキャラに描かれていて嬉しかったです(^^)

最終巻未読ですか!原作とは違う終わり方でしたけど、こちらのラストも好きでした。

なんだか、アオタケの皆にはずっと走り続けて欲しい〜〜って思っちゃいますよねぇ。

エンブレムTさんの感想、楽しみに待ってま〜す☆



「扉守」すっごく素敵なお話でしたよ(*^^*)

無口な美青年、中性的な美青年、女の子のような美青年…色々登場します。

…って、そっちかよ!ってツッコまないで下さいね(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/07(日) 20:07 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
816位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
21位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。