FC2ブログ
Welcome to my blog

上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆

ななこ


 


【獣の奏者(探求編)(完結編)】上橋菜穂子 rating_48.gif

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

あの“降臨の野”での奇跡から十一年後─。ある闘蛇村で突然“牙”の大量死が起こる。大公にその原因を探るよう命じられたエリンは、“牙”の死の真相を探るうちに、歴史の闇に埋もれていた、驚くべき事実に行きあたる。最古の闘蛇村に連綿と伝えられてきた、遠き民の血筋。王祖ジエと闘蛇との思いがけぬつながり。そして、母ソヨンの死に秘められていた思い。自らも母となったエリンは、すべてを知ったとき、母とは別の道を歩みはじめる…。



「闘蛇編」「王獣編」の続編です〜balloon_59.gif

  レビュー

もっと早くに読みたかったのですが、幼いエリンが頭から離れず…
既に結婚して子供を授かったエリンの姿を見るのが、ちょっとだけ怖かったんです(笑)

「王獣編」では、とても良い終わり方をしていたと思いますballoon_28.gif
登場人物達のその後や、世界の在り方を、読者各々の想像に委ねる形で終わった感じ。
今回は堂々の完結……という事で、嬉しさ半分、怖さ半分で読み始めました。


leaf_05.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 壮大なファンタジー  少女から母へ  号泣  闘蛇と王獣


読んで良かった。と、心から思います。
けれどその反面、もっと別の道はなかったのだろうか…とも頭の片隅で考えてしまう。

上橋さんは、皆が幸せになれるような安易な結末を書かれる方じゃない事は知っています。
児童文学であっても児童文学ではない…そう思わせる過酷さや理不尽さがあります。

そう分かっていても、、、割り切れないものがあるんですよねぇ。。。
ボロボロと泣きながら読みました。読了後、しばらく呆然としてしまいました。
なんだか上手くレビューがまとまりません〜balloon_89.gif


以下ネタバレなので、反転しておきますね!

bee_01.gif

エリンがイアルと結婚していたのは予想通り。あぁ、愛しのイアル…!!
イアルは職業柄(元<堅き楯>)、無口で淡泊。結婚生活で甘さは期待できないわ(笑)
でもエリンや息子のジェシに対する愛しさは、彼の態度から伝わってきます。

彼がエリンの最期を看取った時、一体どんな気持ちでいたんだろうか。
いつか3人で穏やかな暮らしができるように、と自ら戦いに赴いたのに…

「……それから四日、母は生きた」……
「父はふるえつづける身体で、それでも母の脇を離れなかった」(完結編P412〜414)
もう泣いて、泣いて、泣きまくりました。こんなひどい事って……!!

どんな辛い人生でもいい、例え逃げ回る人生でもいい。でも生きていて欲しかった。



bee_01.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事
Posted byななこ

Comments 22

There are no comments yet.
柊♪  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

闘蛇、王獣といった生き物と真摯に向き合おうとしたら、こういう結末しかなかったのかな…なんて思います。

柊もやっぱり読み終えた後しばらくは辛くて、泣いてしまったけれど。

児童文学という枠には収まりきらない、素晴らしい物語だと思います。

中高生はもちろん、その親の世代の人にも読んで欲しいと思います。

他の生物と、自分以外の人間と関わって生きていくということはどういうことか、きっと考えさせられると思うので。

2010/04/15 (Thu) 20:02 | EDIT | REPLY |   
タシガミ  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

私も最近「完結編」を読了しました。

あまりに過酷な展開にいまだに混乱していて、感想がまとまりません。

エリンという人間を考えるとこういった方向に走るのことを半分覚悟していて、それでももう半分は本当にどうにかならなかったのか!?と、思わずにはいられません。とにかく胸が苦しいですね。

2010/04/15 (Thu) 20:07 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

びっくりしました!

このような結末を迎えるのですね。

このへんが児童文学という感じがしませんね。



老若男女問わず沢山の方に読まれるすばらしい作品なのですね。

わたしはまだまだ1冊しか読んでないので、これから読んでいこうと思います。

2010/04/15 (Thu) 21:17 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
これは

前々から気になっている作品なんですよね。是非読もうと思っていますが、果たせずにいます。まずは第1作からですね。早くnanacoさんとお話ができるようになりたいです☆

2010/04/15 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

nanacoさん、こんばんは〜★



同じく読むのが怖いです。3巻だけ買いました。

エリンの前にどんな試練がまっているのでしょう?



気になります。なので反転部分はよみません。

2010/04/15 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   
♪ぴょん吉  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

今ちょうど「探求編」を図書館から借りています。

「完結編」は予約しているのですが もう少し先になりそうです。

過酷なストーリーにうちのめされないよう 心して読みたいと思います。

そして 早くnanaco☆さんの反転部分を読みたいです〜。

2010/04/16 (Fri) 06:50 | EDIT | REPLY |   
romance_holic  
これしかなかった

こんにちは♪ 私もこの作品のラストには泣いて、泣いて、泣きました。でも少し気持ちが落ち着くと、これしかなかったのではと感じました。



(児童文学なのに・・・ありですか???とは思いましたけど・・・)



○○○が、大人になってから純粋に幸せな時ってあったかな、と思うのです。少なくとも作品には書かれていない気がする。(あったとすれば丁度2巻と3巻の間あたりでしょうか)過酷な人生ですよね。でも生き様を書ききったのではと感じました。



命を大切にすること、生きるということ、生かされているということ、たくさんのことを教えてくれる作品だなと思います。息子が理解できる年齢になったら、ぜひ読ませたいです。

2010/04/16 (Fri) 11:04 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

こんばんは〜^^



感想、待ってましたよ〜(*^_^*)

割り切れないものが残る結末だなんて…何だか読むのが怖いような気がしてきました(><)

ということは、ハッピーエンドじゃないってことですもんね!?

エリンが結婚して子供がいる…ということは、

あの二人が結ばれたんだって想像して、

何だか嬉しくなってたんですけど。。。

大人になったエリンが、どんな人生を歩んだのか…

私もタオルを用意して読みたいと思いまーす!!

2010/04/16 (Fri) 18:04 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

なんか悲しい結末のようですね・・・。

こんな壮大な物語で児童文学とは、いやだからこそ児童文学であるべきか、、、。



で、本の内容とは全く違うのですが、以前から教えて戴きたいことがあって、、、、、

というのは、反転の仕方ってどうするんですか?

もちろん、見方は分かってますよ。(笑)

ネタばれされたくない人への心遣いもさすがだなって、いつも感心しております。^^

2010/04/17 (Sat) 00:00 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

こんばんわ☆



まだ未読なので、凄く楽しみです。

アニメを少し見ていたのですが、結末を思わせるようなシーンがあって、nanaco☆さんのレビューを読んで、納得しました。

文庫になったら読む予定です。

どれくらい待ったら、文庫になるかな・・・(^^;)

2010/04/17 (Sat) 00:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、おはようございます〜♪



読むのが辛かったですね……

エリンの置かれた状況を考えると、ハッピーエンドなんてありえないとは分かっていたのですが。

読了した時は、ただただ呆然としてしまって、時間が経つと怒りさえ覚えたほどで(><)

でも柊さんの仰るとおり、こういう結末しかありえなかったのかもしれませんねぇ。

悲劇を繰り返さないためには、必ず何らかの犠牲が必要になるのですよね。。。



>中高生はもちろん、その親の世代の人にも読んで欲しいと思います。

うちの親は、私以上の上橋ファンなんですよ〜(笑)

幅広い世代に読んで欲しい作品ですね!でも児童に読ませるのはちょっと酷かも……。

ここまで打ちのめされた作品は、もしかしたら初めてかもしれません(T_T)

探求編と完結編が文庫化されたら、また最初から再読してみようと思います☆

2010/04/17 (Sat) 10:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
タシガミさんへ

タシガミさん、おはようございます〜♪



おぉ、タシガミさんも読まれたんですね!(^^)

闘蛇編や王獣編も、とても児童書とは思えないくらい過酷な展開続きでしたけど、

この完結編は……読破してからしばらく何も手が付かないぐらい打ちのめされました(泣)

エリンの置かれた状況や、性格から考えると、そういう展開になる事は予想できたのですが、

守るべき存在ができたから、もしかしたら……とは思っていたんですけどねぇ(*_*)



今この本は、タイトルを耳にするだけで胸が苦しくなってしまうのですが、

またいつか自分の中で完全に消化できた時に、再読できたら良いなぁ…と思っています☆

今まで、「過酷な運命の主人公」というと、十二国記の陽子だったのですが、

今や陽子を超えてエリンが1位になりました(笑)

2010/04/17 (Sat) 10:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、おはようございます〜♪



この完結編、実は読んでから随分経つのですが、未だに自分の中で消化しきれていません^^;

過酷な状況で必死に頑張る主人公、という設定は実はあまり好きではないんですよねぇ。

つい「同情して!」と言っているように思えてしまう天邪鬼なnanacoです(笑)

でも、エリンは間違いなく誰かの助けを借りたいなんて思っていないから…だから切ない。

もっと周りの人達を頼って、助けを求めて!という気持ちでいっぱいになります(T_T)



老若男女、ファンタジー好きの方でも、そうでない方でも、楽しめる作品だと思います。

ただ…児童に読ませるのはちょっと酷のような気がするんですが〜(汗)

Cedieさんの感想も是非おうかがいしたいです。レビュー楽しみに待っています(*^^*)

2010/04/17 (Sat) 10:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

狼さん、おはようございます〜♪



この作品、きっと狼さんも楽しんでいただけると思います!( ^ ^ )/

大抵、ずっと心に残り続ける作品って、ちょっとモヤモヤが残る本だったりしますよね。

「獣の奏者」もそんな感じです。安易なハッピーエンドで終わらないんです。

だから、生死、信念、世界の在り方…色々と考えさせられます(><)



未だにこれが児童書だという事が信じられませんが(笑)

ファンタジー、児童書、そういう風に括らずに色んな方に読んでいただきたい作品です♪

狼さんの感想、今から心待ちにしております〜(*^v^*)

2010/04/17 (Sat) 10:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、おはようございます〜♪



そうそう、日向さん3巻既にGETされていましたよね(*^^*)

でも読まれる時は、3、4巻両方手元に置いて読まれる事をオススメします。

きっと、続きが気になって気になって夜も眠れないと思いますから〜!!(笑)



闘蛇編、王獣編でのエリンの過酷さが、さらに増していきます。。。

束の間の幸せがあるからこそ、どん底に突き落とされた時の苦しみは想像できない程です。

エリンがその後どんな人生を歩むのか、とくと見届けて下さいね!(^^)

日向さんの感想、今からとても楽しみにしています☆

読破したら反転部分読みにきて下さいね。いえ、大した事は書いていないんですが…(笑)

2010/04/17 (Sat) 11:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
♪ぴょん吉さんへ

ぴょん吉さん、おはようございます〜♪



おぉ、探求編借りて来られているんですか(*^O^*)

読んで完結編が手元にないと思うと、気になってウズウズしてしまうかもしれませんね(笑)

今からぴょん吉さんの感想をうかがうのを楽しみにしていま〜す☆



あまりに過酷な展開で切なくなってしまいましたが、読んで良かったと思います。

終始ハンカチが手放せませんでしたが……(笑)

今はまだ完全に消化できていないですが、いつか気持ちが落ち着いた時に再読したいです!

イアルの男らしさ、エリンの覚悟、しっかり見届けて下さいね〜(><)

そう、、、イアルはますます格好良くなりました。ここ数年の格好良い男NO1です。

2010/04/17 (Sat) 11:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
romance_holicさんへ

romance_holicさん、おはようございます〜♪



これだけ泣いたのは何年ぶりだろうってぐらい泣きました…(T_T)

エリンに感情移入していたせいもあると思うんですが、しばらく呆然としてしまいました。

実はこの本を読み終えてから随分経つのですが、未だに納得できない思いがあります。

この結末以外にはありえなかったのかな、と…。

でも、もしハッピーエンドで終わっていたらここまで胸に残らなかったかもしれません(><)



>○○○が、大人になってから純粋に幸せな時ってあったかな、と思うのです。

本当ですね!そういえば幸せな時期は描かれていなかったような気がしますねぇ。

でも個人的にはそのほうがかえって良かった気もします^^;

もし描かれていたら、あまりの落差にさらに打ちのめされていたかもしれません…(笑)



>息子が理解できる年齢になったら、ぜひ読ませたいです。

この本、どの世代でも楽しめますね!

自分にも子供ができたら読ませてあげよう…。(一体いつになるのやら〜笑)

2010/04/17 (Sat) 11:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、おはようございます〜♪



この本、読んでから色んな思いが心の中をグルグルしていて、なかなか感想が書けませんでした。

まだ割り切れないものがあるし、気持ちも安定していないのですが、

読んだ時そのままの感想を残しておこうと、精一杯頑張った結果がコレです(笑)

考えようによってはハッピーエンドとも取れるのですが…あまりにも過酷すぎます(><)

守り人シリーズもそうですけど、読んだ後にすごく考えさせられますよねぇ…。



>あの二人が結ばれたんだって想像して、

そう、きっとmiwaさんのご想像の通りです!(笑)

も〜〜エリンのお相手、大好きなので、ついニマニマしちゃいますねぇ。

彼くらい男気に満ちた人はなかなかいないと思います♪理想の人NO1です〜(* ̄m ̄)



これはハンカチでは涙は抑えきれないですね。。。

タオル2枚くらい準備しておいたほうが良いかもです^^;

miwaさんの感想、楽しみに待っていますね〜☆

2010/04/17 (Sat) 11:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、おはようございます〜♪



この厳しい内容で児童文学とは!と驚きました^^;

大人になった今でさえこんなに打ちのめされるのに、子供に読ませるのは酷な気が……

でも、こういう読み物こそ、もしかしたら子供に必要なのかもしれませんが。

自分が子供の頃は、基本誰もが幸せになれるハッピーエンドばかり読んでいた気がします。

可哀想な主人公の「小公女」だって、最後は幸せになれるのに、、、うぅ。



>というのは、反転の仕方ってどうするんですか?

反転は、文字色を白にしているだけですよ〜(*^^*)

もしかしたら、他にやり方があるのかな…?とりあえず背景が白の場合はこれでやってます☆

picchukoさんも、今度試してみてくださいね!

2010/04/17 (Sat) 11:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、おはようございます〜♪



アニメにもそんな事を匂わせる展開があるんですね!

今ちょうどアニメを観ている所なんですが、やっとエリンが王獣と心を通わせた所です。

結末を知っていると、なんだかエリンの努力全てが切なくなってしまいますねぇ。。。

アニメ版では、エリンと○○○が一緒になる所まで描かれているのかしら〜?(^^)



>どれくらい待ったら、文庫になるかな・・・(^^;)

最近は、単行本で出てから文庫に落ちるまでの間隔が短くなりましたよね♪

思いの外早く文庫化されるかもしれませんね!

文庫化されたら、1巻から通して再読しようかなぁと思います。

実は文庫のほうが装丁が好きなんです…(*^−^*)

2010/04/17 (Sat) 11:57 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:上橋菜穂子「獣の奏者(探求編)(完結編)」読了☆(04/15)

こんばんは〜♪



壮大な世界がたったの4冊の中に広がっていましたよね。

治世や戦争などを物語にからめて書くのが上橋先生はお好きなようです。ファンタジー一筋って感じの荻原先生いとの違いでしょうか?

児童ものと言うジャンルを超えて、広く多岐にわたる年代の人に読んで欲しい本ですよね。

上橋先生も依然、「ジャンルはどうでも良くなって、ファンタジーや児童文学と言う固定観念から解放された。本質は守り人(大勢の様々な人々が出会って、分かれて、織りあがったストーリー。私にとって、面白い物語、命を持った物語を考えるようになった作品。)。自分が面白いうことを書いていこうと思う。」とお話されていました。

2010/04/19 (Mon) 23:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

本当に壮大な世界が広がっていましたねぇ…☆

こんな素敵な本に出会えて嬉しいです(*^^*)とても考えさせられる作品でしたね。



完結編、読み終わってから物凄く肩に力を入れていた事に気付きました〜(笑)

エリンのこれでもかというぐらい過酷な運命に、思いっきり感情移入しちゃったようです。

どうしてこうなっちゃうの?と胸をえぐられるような気がしたものの、

時間が経ち皆さんの意見を伺っているうちに、だんだんと消化できるようになってきました!

探求編、完結編、文庫化されたらあらためて最初から再読してみたいと思います〜(^^ゞ



本当に!老若男女問わず沢山の人達に読んでもらいたい作品ですよね☆

今年に入ってから、上橋さんの本が児童書コーナーだけでなく、

一般書のコーナーにも並べられた事に気付いて、思わずニヤリとしちゃいました。

2010/04/20 (Tue) 18:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply