08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.03 *Sat*

3月☆読書メーターまとめ(3)


これでラストです〜

ONE PIECE 巻57 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻57 (ジャンプコミックス)
いや〜あ、面白い!待ちに待った新刊だから、大事に大事に読もうと思っていたのに・・・ルフィの勢いに乗せられてしまってあっという間に読了。戦いが半端ない事になってきました!過去に登場したキャラ達が一堂に会し、あれこの人も?この人まで来ちゃったの〜〜?と驚きの連続。あぁ、この場にゾロやサンジ達仲間がいない事が悔まれる・・・。エースの兄っぷりも格好良いよ!そして、この終わり方はイジメですか?(笑)続きが待ち遠しいです〜〜
読了日:03月06日 著者:尾田 栄一郎


ヴィンランド・サガ(8) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(8) (アフタヌーンKC)
な、何という急展開!クヌート王子を選ぶか、故郷を選ぶか。アシェラッドの選択は潔くてこの人こそ王の器だと感じる。彼と対決する事だけを支えに生きてきたトルフィンは、どうなるのだろう?・・・と思ったら、案の定抜け殻状態(笑)主人公のはずなのにちっとも目立っていなかったトルフィンですが、これから彼の本当の物語が始まるのだと思うとドキドキする。少年時代から青年時代へ。まずはこの抜け殻状態からどう立ち直っていくのか。トルフィン、お願いだから目覚めてくれ!!
読了日:03月04日 著者:幸村 誠


町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」に続く伊良部シリーズ3作目。あの「ぐふふ」に何やら癒しを感じてしまうようになったのは、伊良部センセに耐性ができてきたからか、それとも精神的に病んでいるんだろうか・・・(笑)患者にはとにかく注射!(そして鼻の穴を広げてじっくり観察)とても医者とも思えない荒療治だけれど、帰っていく患者は何故だか皆肩の荷が下りたように晴れ晴れとした表情。相変わらず自由奔放で、おデブで、マザコンで、金に流される伊良部の生き方は一種独特の清々しさがあります(笑)
読了日:03月03日 著者:奥田 英朗


黒猫館の殺人 (講談社文庫)黒猫館の殺人 (講談社文庫)
地元北海道ネタ(霧と熊の多いあの地方)だったので、所々「あれ?」と思う部分があり今回はわりと早く真相に気付く事ができました。勿論、結論は思いも寄らぬほどの大がかりなトリックだったのですが・・・。深い森に囲まれた「黒猫館」で起こる密室殺人。記憶を失った老人の謎めいた手記。真相を追う鹿谷と江南。これらが組み合わさった時に明らかになる真実。散りばめられた伏線と巧みな叙述トリックに舌を巻きました!余談ですがラストのほうで「時計館〜」のネタバレがあるので、未読の方は注意です。
読了日:03月03日 著者:綾辻 行人


卒業生-春- (EDGE COMIX)卒業生-春- (EDGE COMIX)
良かった!すごく良すぎました!胸がいっぱいでレビューがまとまらない。どこか危さを感じさせる佐条と、いつも全力でぶつかっていく草壁。いやぁ、こんなにバランスのとれた二人っていないですよね。サラッとした絵柄なのに、時々妙な色っぽさ(流し目とか)にドキッとします。佐条ママは素敵だ!息子のちょっとした変化も見抜いているんでしょうねぇ。シリーズ3冊あわせて永久保存版入り!何度も読み返したい素晴らしすぎる漫画。
読了日:03月03日 著者:中村 明日美子


卒業生-冬- (EDGE COMIX)卒業生-冬- (EDGE COMIX)
うわぁ、何だろうこの二人のピュアさは!!手を握るにも、キスをするにもドキドキ、ドキドキ。ゆっくりと心地よいペースで徐々に二人の距離が縮まっていく。心の脆さ、すれ違い、切なさ・・・そんな不安定さが何とも言えない色気を与えていて魅力的です!ハラセンは意外と本気だったんだなぁ、と思うとちょっと切ない。幸せになっておくれ・・・
読了日:03月03日 著者:中村 明日美子


ヴィンランド・サガ(7) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(7) (アフタヌーンKC)
アシェラッドがどんどん格好良くなってきました!少年時代を見てしまうと、彼の覚悟がどれだけ大きなものか少しだけ理解できた気がする。アシェラッドとビョルンの対決。甘っちょろい考え方だとは分かっているのだけど、闘う事でしかお互いを認め合う事ができなかったのだろうかと思うととても哀しい。本当の友達。失って初めて分かるのかもしれない。クヌートは驚くほど成長を遂げているのに、トルフィンは相変わらず(笑)故郷の人間との出会いで、少しずつ変わっていくと良いなぁ。
読了日:03月01日 著者:幸村 誠

読書メーター



この中では、何と言っても「ゲド戦記」シリーズ読破が大きかったですねぇballoon_59.gif
ファンタジーの金字塔と言われる所以が分かったような気がします。
映画を観て、「こんな駄作!」(失礼)と思った人こそ読んで欲しい作品だなぁ。

映画でも登場した王子アレンの成長っぷりには目をみはるほどです!
美しさ、豪胆さ、謙遜さ、優しさ…全てを兼ね備えた王になった時は、思わずウルッと…。


漫画は、何故だかジャンルがビミョーに偏っている気がしますが……
気付いてもツッコまないでくださいね〜(笑)
「卒業生」「ジンと猫は呼ぶと来ない」「NON Tea Room」どれも大好きですballoon_28.gif


関連記事

COMMENT

Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
「卒業生」読んでみたいです!

なんかすんごくほんわかした気分になれそうですねぇ〜。^^

「手を握るにも、キスをするにもドキドキ、ドキドキ。」

こんな感覚、とうの昔に忘れました。(笑)

って、実は2年半前にあったんですよ!

相手はアレックス☆(おぉ、暴露しちゃったわ!笑)

学生時代のような純粋なドキドキは、何歳になって体験しても、それはそれは素直に美しい気持ちだなって思います。^^

nanaco☆さんもダーリン君を大切にね。

って、優しく看病してあげてるものね。

最近のダーリン君の体調はどうですか?

春先は体調を崩しやすいので十分に注意してあげてくださいね。

あ、それと、nanaco☆さん自身も以前 病院で再検査が必要って言われてましたよね。

お二人とも、くれぐれもご自愛くださいませ。^^
by picchuko #79D/WHSg
2010/04/03(土) 17:14 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
ひーはー☆

うぅ〜ん、どれもこれも読んでみたくなる本ばかりなのは、

きっとnanacoちゃんのレビューの書き方が上手だからですね。

ゲド戦記、「こんな駄作!」と思った一人です。笑

そういえばアレン声の岡田くんに会いたくて必死で前売とろうとしたなぁあの映画…

ファンタジーを読んでいくならやっぱりいつかは読んでみたいですねぇ。



3ヶ月遅れでよければ薄桜鬼DVD送るからnanacoちゃん泣かないで…

by まる811 #79D/WHSg
2010/04/03(土) 17:33 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
こんばんは〜♪



『ゲド戦記』、映画はイマイチ?イマニ?でしたけど(^_^;)

原作は面白そうですねぇ(*^_^*)

映画の悪いイメージを忘れて、読んでみようかな。。。
by miwa125 #79D/WHSg
2010/04/03(土) 18:10 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
『ゲド戦記』読破!すごい!

柊は2巻目の途中で止まっています…^^;

映画は確かにうーん…な出来具合でしたね。

原作者が怒った、というのも頷けます。

手嶌葵さんの歌声だけは素敵でしたけど…♪

by 柊♪ #79D/WHSg
2010/04/03(土) 21:00 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
あはは〜^ ^;映画のゲド戦記、私もそのままの台詞を思った一人です。

でも、やっぱり原作読まなくちゃ!!ですよねー・・・。

nanaco☆ちゃんの感想読むとその気になるんですが、実物を前にすると手がでないのはナゼなんだろーか><



漫画についてはモチロン!ツッコミませんよー!!

うんうん!って大きく頷いてはいるけど(笑)

by エンブレムT #79D/WHSg
2010/04/03(土) 23:00 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
ゲド戦記読んでみたいです。

ジブリの映画は評価が分かれてるかもですが、個人的には岡田君スキ〜のわたしはアレンを観にいったような感じです。



ワンピースは未だにルフィの仲間達が出てくる気配がありませんね。長期休業って感じなので、一体何巻になったらでてくるのか不安にもなります。
by Cedie #79D/WHSg
2010/04/03(土) 23:29 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
ああ☆ここに来てやっと“同調”できる本が〜(^^)

そりゃぁ、ONE PIECEですよ、ええ。(笑)

毎度のことながら、大変なことになってますよねぇ〜(^^)

ここ最近のシリーズを見て、クロコって誰?ルフィとはどういうつながり?

っていうちびっ子も増えてきてることでしょう(フフフ)

その影響なのか、、DVDレンタルショップでは今、

どの店も「グランドライン突入編」あたりからずーっと貸し出し中〜

(びっくりです)

きっと、ロビンちゃんとの出会いに驚いてる人もたくさんいるんでしょうね〜(笑)

早くも次巻が待ち遠しいです♪
by 和音2009 #79D/WHSg
2010/04/04(日) 02:53 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
>映画を観て、「こんな駄作!」(失礼)と思った人

思いました、それも思いっきり!!(爆)

だってね、映画は何を伝えたいのかがボケボケだったんですもん。

読めば分かる??

by 珂音 #79D/WHSg
2010/04/04(日) 08:04 [Edit
picchukoさんへ
「卒業生」は甘酸っぱくて、とても良い漫画でしたよ〜^^

今となっては手を握るだけでドキドキ…という感覚は、もう忘れてしまいましたけど(笑)

だからこそこんなにも懐かしく、切なく感じられるのかもしれませんねぇ(^^ゞ



>相手はアレックス☆(おぉ、暴露しちゃったわ!笑)

え……えぇぇ!!あのアレックスさんとそんな事があったんですか!!(><)

picchukoさんったら、やりますねぇ〜☆★(爆)

イケメンアレックスさんだったら、手を握るどころか見つめられるだけでドキドキですね…

あぁ、一度そんな体験をしてしまったら、日本人とは付き合えないかも〜〜(*^^*)

もっともっとアレックスさんとの素敵なお話、聞かせて下さい!



そうそう、ダーリン君はもうすっかり落ち着いていますよ〜♪

相変わらず食事の前に注射は打たなくちゃいけないですけど、もうそれも慣れたみたいです。

ハッ…そういえばまだ自分が再検査行ってないんだった…(汗)

早めに行かないと、もう次の健康診断が来ちゃいますね〜(@_@)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 09:46 [Edit
まる811さんへ
ヒーハー!アリの次はイワさん来ましたね!(爆)

まるさん語録作ってみますか?

1美青年 2あおレ滅法 3アリ 4ひーはー! へへへ…



>ゲド戦記、「こんな駄作!」と思った一人です。笑

あ、まるさんもですか〜^^;

何だかよく分からない映画でしたよねぇ。。。

最後とか絵がめちゃくちゃだし、一体何を言いたいのかさっぱり分かりませんでした。

岡田くんのアレン声と、手嶌葵さんのテルーの唄だけはひたすら感動しましたけど!(笑)

原作のアレン、かなり萌えます。まさに「王子」と呼ぶに相応しい器の大きさ&美しさ☆

特に1〜3巻はかなり面白いので、まるさんもいつか挑戦してみてください〜♪( ^ ^ )/



>3ヶ月遅れでよければ薄桜鬼DVD送るからnanacoちゃん泣かないで…

えっえっ…マジッスか!!本当に期待しちゃって良いんですか!?(笑)

あぁ、3ヶ月遅れでも全然イイです!もう感激です!!(><)

それまでゲームをプレイして、ひたすら薄桜鬼を極めようと思います。きゃっ☆
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 09:55 [Edit
miwa125さんへ
あっ、miwaさんも映画のゲドはイマニでしたか〜(笑)

ジブリ系はどれも大好きなんですが、これは正直言いたい事が意味不明でした…^^;

アレンは格好良かったですけどね〜☆



でも、よく尊敬するファンタジー作家さんの「人生を変えた本」に、

ゲド戦記が頻繁に登場するので、「あれが〜?」とすごく訝しく思っていたのでした。。。

でも原作を読んで納得。あまりに壮大な世界観にひたすら圧倒されました!

あの作品を、映画で二時間に収めるほうが難しいんだと思います…(><)

きっと監督も思い入れがあったのでしょうけど、表現しきれなかったのが残念ですねぇ。



4〜6巻は抽象的な表現が多くて、若干読みづらい部分もあるんですけど、

最初の1〜3巻はとにかくワクワクするような冒険譚です!

3巻で登場するアレンもとにかく素敵なので、miwaさんも挑戦してみてくださいね〜(*^0^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 10:03 [Edit
柊♪さんへ
「ゲド戦記」ずっと読みたいと思いつつも、ハードカバーは手が出せなくて…^^;

やっとこさ文庫化されたので、思い切って挑戦してみる事にしました〜♪

予想以上に壮大な世界観でしたねぇ。もう圧倒されました。

この1ヶ月常にゲドを読んでいたので、すっかり心はアースシーに飛んでいます(笑)

名前の付け方が面白いですよね、カラスノエンドウとか、ハンノキとか。



>映画は確かにうーん…な出来具合でしたね。

最後なんか、もう投げやりになっちゃってるの?ってぐらいメチャメチャだった気が…

「ゲド戦記」というくらいだから、本来ゲドが主人公のハズなんですよね(><)

それが、脇役どころかよく分からない存在になっていた気がします(笑)



>手嶌葵さんの歌声だけは素敵でしたけど…♪

テルーの唄、素敵でしたねぇ(*^^*)

あの透き通った歌声を聴くと、訳もなく胸がキュッと締め付けられます。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 10:11 [Edit
エンブレムTさんへ
やっぱりエンブレムTさんも、そう思いましたか〜(><)

手嶌葵さんのテルーの唄はとても大好きだし、世界観に合っているので尚更残念です…

そして王子も格好良いのに!(これ大事です。笑)

きっと壮大な物語を短い時間で無理やり収めちゃったのが失敗だったんでしょうねぇ。

明らかにアースシーの世界の背景だとか、説明不足ですよね〜^^;



原作は若干小難しい所もありますが(笑)3巻ぐらいまではとにかく面白いです♪

4巻以降は作者さんが歳を取ったせいもあるのか、妙に哲学的な匂いを感じますねぇ。

でも原作を読んで、一気にゲド戦記の評価が上がりました(^^ゞ



>漫画についてはモチロン!ツッコミませんよー!!

>うんうん!って大きく頷いてはいるけど(笑)

エンブレムTさんなら分かってくれると思いました…♪

あぁ、最近の少女漫画って何が流行っているのかも全然分かりません!

そもそも少女漫画についていけなくなったから、こっち系に逃げたようなモノです(爆)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 10:21 [Edit
Cedieさんへ
ゲド戦記、映画は賛否両論ありますよねぇ…どちらかというと否のほうが多いのかな^^;

私も正直、ジブリにしては珍しい位、面白みのない作品だなぁと思いましたねぇ。

良い所は沢山あるんです!映像の美しさは言わずもがなだし、テルーの唄も素晴らしいし☆

肝心のストーリーと、登場人物の心情が描き切れていなかったのがとても残念です(><)

岡田くんのアレン声は、良かったですね!まさに王子の声ですよね(笑)



原作を読んで、本当に良かったと思いました。

アースシーの世界背景を理解して映画を再見したら、また違った印象を持つかもしれません♪

少し抽象的な表現が気になりましたが、壮大なファンタジーで大満足です(*^0^*)



>ワンピースは未だにルフィの仲間達が出てくる気配がありませんね。

寂しいですよねぇ…大好きなゾロが出てこないので、ホント悲しいです(泣)

インペルダウン編、もしかしたら映画になるかな〜?と最初は思っていたんですが、

ルフィだけの活躍ならやっぱり映画にはできないでしょうかねぇ(*_*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 10:28 [Edit
和音2009さんへ
>ああ☆ここに来てやっと“同調”できる本が〜(^^)

>そりゃぁ、ONE PIECEですよ、ええ。(笑)

あはは、もうワンピといえば和音さん!です(* ̄m ̄)

そもそも和音さんとの出会いがストロングワールドですものね〜(笑)



最近のワンピは、本当に大変な事になってきていますよねぇ。

この異常なほどの盛り上がり、、、尾田センセもこんなに期待されて大変でしょうね!

でも、50巻を超えても高いテンションを保ち続ける漫画って他にないですよね〜(*^^*)

まさかここにきてクロコが再登場するとは、全く思っていませんでした!

それにバギーだって、かなり初期の登場人物ですし…。うぅむ、ワンピは侮れん(笑)



>どの店も「グランドライン突入編」あたりからずーっと貸し出し中〜

>(びっくりです)

あのあたりも大好きです!あれが今の戦いに繋がってくるんですよね。

一体、尾田センセの頭の中はどうなっているんでしょ…

あぁ、ロビンちゃんもゾロもサンジも、早くルフィ達を助けに来て!って感じです^^;
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 10:38 [Edit
珂音さんへ
あっ、珂音さんもですか〜!^^;

ホント、失礼ですが駄作もいいところでしたよね。

ジブリってだけで無条件に期待してしまうから、ラストは怒りさえ感じました(笑)

何を伝えたいのか、全く伝わって来なかったですよね。

ただストーリーをそのまま追っているだけで、オリジナリティも感じられないですし…

なんだかジブリはハウルあたりから、少し落ち気味のような気がするんですが〜(><)



ゲド、映画と原作は全く別物だと思いました♪

4巻あたりから若干ストーリーが小難しくなってくるんですが、

まぁ3巻が出てから15年近く経つと作者さん自身も変わるでしょうし、仕方ないのかな…

とにかく壮大な世界観で、これぞファンタジー!と思わせてくれる作品でした。

珂音さんも、機会があったら是非読んでみてください〜(*^^*)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/04(日) 10:45 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
やっぱり、ゲド戦記でしたか。作者が何年もかけて書いた作品を1か月くらいで読むのは、ある意味贅沢ですね。ファンタジーの金字塔と言われれば読まないわけには・・・
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2010/04/04(日) 17:55 [Edit
Re:3月☆読書メーターまとめ(3)(04/03)
こんばんわ☆

「ゲド戦記」読まれていたんですね。

凄いです〜〜

何が凄いって、ストーリーを理解しているのが凄いと思いました。

私も数年前に読みましたが、後半になると、なんか難しくて・・・

凄く哲学的だな・・・と思った印象があります。

でも、あんな壮大な物語を一本の映画に纏めるのには、無理があったんだな・・・と思いました。
by ☆ちこ #79D/WHSg
2010/04/05(月) 00:20 [Edit
日向 永遠さんへ
ゲドはホント凄いですよね。

グインは数十年で100冊軽く超えましたけど、ゲドはたった6冊……^^;

リアルタイムで読まれていた方は、さぞややきもきさせられたんじゃないでしょうか〜(笑)

それをたった1ヶ月で読んでしまって、なんだか申し訳ない気分になります。



4巻以降は、もはや児童文学というより哲学書かと思いましたけどね…正直…(* ̄m ̄)

作者さんもかなり歳をとられたのだろうし、考え方も変わってきたのだと思います。

でも、とても壮大で素晴らしい世界観でしたよ!

今は文庫で読めるので、日向さんも機会がありましたら是非〜♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/05(月) 20:35 [Edit
☆ちこさんへ
はい!ゲド、気になっていたんですがとうとう読破できましたよ〜(*^0^*)

うんうん、分かります、哲学的な所があるんですよねぇ…

表現もどこか抽象的だったりして、何度か読み返さないといけなかったり^^;

でも個人的には3巻ぐらいまでは単純にファンタジーとして楽しめました♪

闇の墓所だとか、死者の街だとか、設定がすごくすごく好みなんです。



映画ではアレンが主人公みたいな感じでしたけど、

さすがに原作は「ゲド戦記」だけあって、ゲドが主人公でしたね(笑)

大賢人とはいえ弱い部分が沢山あって、彼も一人の人間なんだなぁとしみじみと思いました。

これで映画を再見したらまた印象が違うんでしょうか〜(@_@)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/05(月) 20:40 [Edit
ハラセンファンなので…
ああ、ビンボー人なので、nanacoさんのブログはみたくないですわッ。



卒業生は、ムシクイのように雑誌で飛ばし読みをしてました。

ハラセンが好きなんだもん…

でも佐条くんの、そんなことまでも生真面目なところが好きなのよねぇ。



「火の纏」2は本屋さんで穴があくほど眺めてきました☆

レビュー読んでるだけで幸せ気分ですね。

nanacoさん、ありがとうございます。

これからもたっぷり、がっつり読んでくださいね〜

by さくら #79D/WHSg
2010/04/06(火) 13:31 [Edit
さくらさんへ
おぉ、さくらさんはハラセンファンでしたか!(^^)

何だかハラセンの事を考えると切なかったですよねぇ。

結構大人の余裕を見せつけてるのに、佐条クンの事はかなり本気っぽかったし…

それにしても佐条クンのあの色気は反則ですね!鎖骨とか、かなり好きです(笑)



紹介いただいた「緋の纏」続きが楽しみな漫画になりました〜♪

一進のちょっと怪しい兄さん(しかも美形…!)が登場して、見事に一目惚れです(*^^*)

いつも面白い作品を紹介していただいて感謝感謝です☆

そうそう、今日本屋さんに寄ってきたんですが、

オススメいただいた「雪よ林檎の香のごとく」の在庫がありませんでした〜(泣)

なんとAmazonでも在庫切れ…人気の作品なんですねぇ。ますます気になります!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/06(火) 20:02 [Edit
どーも
昔のブログへのコメントでしつれいしますmm

ONE PIECE面白かったですね。もう、月曜日の楽しみがこれになってますw



あと、町長選挙も面白いですよねー

破天荒だけど、じつは患者さんを癒してしまう、じつは伊良部先生は名医だなと感心して読んだ記憶がw
by ごぅだい #79D/WHSg
2010/04/15(木) 14:58 [Edit
ごぅだいさんへ
ごぅだいさん、こんばんは〜♪

昔の記事へのコメント、大大大歓迎ですよ(*^0^*)



ワンピはますます盛り上がってきましたねぇ。

月曜日…という事は、ごぅだいさんはジャンプで読まれているんですね!

私も男の子達に混ざりたいのですが、OLがジャンプ立ち読みもどうかと思い…(笑)

次の巻が今から待ち遠しいです〜☆



伊良部センセは、最近何故だか癒し効果を得られる事に気付きました。

これぞ名医ですね!本人は全く自覚していないんでしょうけど…(笑)

あら、このシリーズまだ続きは出ていないんでしたっけ?ちょっと読みたいかも。。。(^^ゞ
by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/04/15(木) 19:23 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。