FC2ブログ
Welcome to my blog

テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆

ななこ



著者:テリー・グッドカインド
出版社:早川書房
サイズ:文庫
ページ数:351p
発行年月:2001年08月
価格:\693(税込)



【魔道士の掟(1)探求者の誓い】テリー・グッドカインドrating_49.gif

父を惨殺された森の案内人リチャードは、悲しみに打ちひしがれていた。犯人の手がかりを求めて森をさまよううちに、魔法の国との“境”近くで偶然ひとりの女性の命を救う。彼女の名はカーラン。遠い昔に姿を消した偉大な魔道士を見つけるため、魔法の国からきたという。彼女とともに魔道士を探す途上、リチャードは父を殺した邪悪な魔王の恐るべき陰謀と、自らが持つ大いなる力を知った!新感覚ファンタジイ巨篇、堂々開幕。


何年ぶりかに「真実の剣」シリーズ再読しようと目論んでいます〜balloon_28.gif

このシリーズ、2001年にスタートしたんですがまだ続いてます。現在第八部まで。
nanacoが持っているのは第四部まで(約20冊)なので、まだまだ先は長いですねぇ。

イラストレーターは羽住都さん。とっても柔らかな絵を描かれる方ですよねぇballoon_75.gif
でもこのほんわかした絵とは裏腹に、このシリーズは結構ハードなファンタジーなの。
ザクザク人は死んでいくし、この手の小説には珍しくエロな場面もあった気がします…(笑)

でも、そんなこんなでビクついて、いつの間にか読まなくなったのも高校生の頃。
今20代半ばに差し掛かったnanacoは、色々と(笑)耐性も付いているでしょう、、、
との事で、少しずつ再読を始めようと思います。


003.gif


という訳で、第一部<魔道士の掟>1巻目ですballoon_34.gif

森の案内人リチャードがヴェンの森で出会ったのは、真っ白のドレスを着た美しい女性。
自らをカーランと名乗るその女性は、<四人組>の男たちに後を付けられていた。

彼女の命を救ったリチャードは、その日から彼自身が命を狙われるようになる。
どうやらそれは、彼の父が、昔何者かによって惨殺された事と関係があるようで…
カーランの正体とは一体何なのか?? <境>の向こうから来た恐ろしいモノとその陰謀とは??

昔読んだ時は、カーランが傲慢に思えてどうしても好きになれなかったんですが、、、
今読むと、そんな傲慢さは微塵も感じられず、とても美しく気高き女性に思われますballoon_123.gif
ほほっ…ワタクシもちょっとは成長したって事かしらねぇ(笑)

随分と忘れている部分も多いので、リチャードとカーランの今後の関係にも注目!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
Posted byななこ

Comments 16

There are no comments yet.
Cedie  
Re:テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆(09/18)

この方も未読だ(>_<)

結構シリーズ多く出てるんですね(#^.^#)

しかもハードな内容だww



イラスト、とってもステキです☆(≧▽≦)☆







2009/09/18 (Fri) 07:36 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  
Re:テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆(09/18)

私もこの絵好きかも♪色合いも素敵ですね。

この表紙だったら、内容を知らなくてもジャケ買いしそうです。

第四部で二十冊ですか・・・四冊じゃなくて・・・(^^;)

長いですね・・・

でも、もうグインも続かないし、また別の長編にチャレンジしてみようかな。



2009/09/18 (Fri) 10:33 | EDIT | REPLY |   
ジャイアント浜田  
Re:テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆(09/18)

昨日の「速読」の続きですが、読んだ本は気に入った本以外はネットで売って、次に購入する本の資金に回すそうです。どこかの会社の社長の話でした!

2009/09/18 (Fri) 11:54 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
Re:テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆(09/18)

こんばんは〜♪



わぁ〜♪素敵な表紙ですね〜^^

それだけでグッと惹かれちゃいます(*≧▽≦*)

ストーリーも、ハードなファンタジーなら

ますます興味津々です(*^_^*)

エロな場面…どれくらいエロいのかが気になるけど、

その辺はスルーして読んじゃおうかな(笑)

2009/09/18 (Fri) 17:56 | EDIT | REPLY |   
浪漫的狼  
すごいです。

nanacoさんってあれだけたくさんシリーズものがあってもしっかり頭に入っているんですね〜。尊敬します。やっぱり若くて賢いからできるんでしょうね。

2009/09/18 (Fri) 21:05 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆(09/18)

うわ。

面白そうだけど・・・これもシリーズなのか〜〜〜^ ^;

しかもまだまだ続きそうなの?

・・・・・

よし!nanaco☆ちゃんのレビューを楽しむだけにしておこう(笑)



昔読んだ時と印象変わってましたか!

傲慢に思えてどうしても好きになれなかったのが、美しく気高い女性に思えた・・・・と、いうと・・・女性観が変わったってことなのかしらん?

2009/09/18 (Fri) 22:11 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
Re:テリー・グッドカインド【魔道士の掟(1)探求者の誓い】再読☆(09/18)

ファンタジーってシリーズが多いのですね。

それは世界を丸ごと構築しているからなのでしょうか?



異世界と成長物語のドッキングがファンタジーなのかな・・なんて思ってしまいます。



このシリーズも面白そうですね。

エロな場面と言えば”クシェルの矢”もそうみたいですよね。実は一巻目を買ってパラパラ拾い読みしてみました。なんかこっちも面白そうですよ(*^_^*)

2009/09/18 (Fri) 22:39 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
おはようございます!

素敵な表紙の絵☆^^

積読本も驚きの量なのに、再読までされてるとは、さすがはnanaco☆さん!

どこにそれだけのエネルギーが隠されているのか!?



再読すると、登場人物の心の動きや性格の捉え方も変わってきて面白そうですね。

ホント、自分の成長具合も分かるのかもしれない。^^

色んな経験をすることで、以前は嫌な人に見えた人物にも同情したり共感を持てたりするのですね。

私が再読したことのある本っていったら、、、「赤毛のアン」と「フランダースの犬」くらいだわ。^^;

2009/09/19 (Sat) 04:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

この方の作品、きっと本屋さんのファンタジー・SFコーナーに行くと、結構目立つと思います♪

ベージュの背表紙がかなり場所を取ってずらりと並んでいますから…(*^m^*)

それにしても、このコーナーの前はいつも閑散としているのは何故だろう(笑)



イラスト、柔らかいタッチですごく素敵ですよね〜♪

乙一さんの作品の表紙(角川スニーカー文庫の)とかも手掛けられているみたいです。

…なのに内容はこのハードさ^^;このギャップがたまりません(笑)

2009/09/19 (Sat) 06:56 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

そう、ちこさんご想像のとおりジャケ買いしちゃった作品ですぅ(笑)

学生の頃は今みたいにがっつり本を買えないから、

毎月少ないおこづかいの中でやりくりしていたんですよね〜(><)

だから読みたい本は慎重に選ばなくちゃいけないのに……ジャケ買い(笑)

昔も今もnanacoの性格は変わっていないみたいです。



そうなんですよ〜〜一部で4、5冊あるから、

現在出ている第八部まで合わせると、かなりの長編になりますよね^^;

ま、グインでいったらまだ序章みたいなもんですけど…。

はぁ〜、、、グインがもう読めなくなるんですね。信じられないです。

あんなに素晴らしいシリーズは、今後も二度と現れないと思います(T_T)

2009/09/19 (Sat) 07:04 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
ジャイアント浜田さんへ

おぉ!速読のお話、大歓迎です♪

その社長さん、とっても理想的な読書をされていますよねぇ(*^v^*)

やっぱり速読を身につけていると、本の冊数も膨大になってきますから、

とてもとても全部を手元に置いておくなんてことができないんでしょうね^^;



nanacoも気に入らなかった本はネットで売る事も多いですが、

何年か後に急に再読したくなって「あの時売らなきゃ良かった…」と後悔する事もしばしば。

「気に入らない!もう絶対読まん!」という本と、

「今は気に入らないけど、いつか再読するかも…?」という本の見極めが難しいですねぇ(笑)

2009/09/19 (Sat) 07:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

このシリーズの表紙、みんなこういう柔らかいタッチの絵で素敵なんですよ〜♪

「完璧ジャケ買い」シリーズの一つです(笑)

あらすじだけ読むと、王道のファンタジーのようにも見えるんですけど、、、

意外とクセのある展開なので、好き嫌いが分かれそうな気もします〜^^;

主人公のリチャードとカーランが好きになれるかどうかにかかっていそうですねぇ。



エロな展開、、、きっと今再読したら大した事ないんだと思うんですが(* ̄m ̄)

でも当時学生だったnanacoには刺激が強くてドキドキした記憶があります(笑)

でも一部分だけだし、サラッと流せるのでmiwaさんもいつか是非挑戦してみてください♪

このシリーズ、ハマるとかなり面白いですよ〜んヽ(*^^*)ノ

2009/09/19 (Sat) 07:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
浪漫的狼さんへ

好きだったシリーズ物は、なんとな〜くですが覚えています。

でも、中途半端な作品は何故かどうでも良い部分ばかり頭に残っているんですよね。

「主人公の親友の髪の色」とか、「敵国の宰相の名前」とか(笑)

どんな基準で取捨選択しているのかは、さっぱり見当がつかないです…。



あ、でもこうやってレビューを残しておくのは良いですよね。

既にこのブログ、備忘録と化しています〜^^;

2009/09/19 (Sat) 07:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

一回、今読んでるシリーズ物全部読破してまっさらにしたい衝動に駆られます…(笑)

インパクトのあるシリーズなら、最後に読んだのが数カ月前でも覚えているんですけど、

ビミョーだった作品は主人公の名前さえ思い出せないのもあるんですよね〜(><)

でも途中で放棄する気にもなれなくて。。。



あっ!そうか!nanacoが成長したんじゃなくて女性観が変わっただけだったんだ!(笑)

今は、冷酷で賢くて味方も平気で切り捨てるような女性が好きです。(怖…)

たとえば麦海の理瀬みたいな…( ̄∀ ̄*)

2009/09/19 (Sat) 07:34 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

そうですねぇ、やっぱりファンタジーで一番大事なのが世界観ですものね〜♪

やっぱり1冊だけでは世界が大きく広がらないような気がします(><)

…あっ、「獣の奏者」と「狐笛のかなた」(これも上橋さんの)は別です。

この2作品は、それだけでその独特な世界観にどっぷりと浸れます♪

世界観に加えて、主人公の成長はまさにファンタジーの醍醐味ですよねぇ(*^^*)



そうそう「クシエルの矢」エロな部分があるみたいですねぇ(笑)

この間のSFマガジンでもちょこっと紹介されていましたね♪

表紙が超可愛くて…これだけで欲しくなっちゃいますね。今は2巻まで出てるのかしら??

例の誕生日の時に(笑)この本もGETしようかと思ってま〜す☆

日向さんも是非是非一緒に読みましょう!!(^O^)/

2009/09/19 (Sat) 07:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

あ〜^^;早く積読本も消化しなきゃいけないのに…

ふと「再読したい!」という気持ちに駆られると、もうその事ばかり考えていて…(笑)

誘惑に負けて手を出しちゃいました。これもこの表紙のせいですね(* ̄m ̄)



なんだかpicchukoさんのコメントを拝見していると、

再読して良かった!という気持ちになるから不思議です…(笑)

以前は全くもって感情移入できなかった登場人物の気持ちが、再読して良く分かったり、、、

これは成長したっていう証なんですかねぇ☆うぅっ…嬉しいです(ToT)

「赤毛のアン」と「フランダースの犬」nanacoも大好きです♪

「フランダースの犬」…もう何度泣いたか分からない!!

あまりにも不条理で可哀想な作品なのに、何故か大好きなんですよね。あ、また再読熱が…(笑)

2009/09/19 (Sat) 07:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply