10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.30 *Fri*

勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪



著者:勝山海百合
出版社:メディアファクトリー
サイズ:文庫
ページ数:259p
発行年月:2008年08月
価格:\620(税込)


【竜岩石とただならぬ娘】勝山海百合rating_48.gif

大富豪・李大人の屋敷で働くことになった少年・李衛は、白家へ大事な書物を借りてくるというお遣いに出る。雨が降っているわけでもないのに、着ている物が濡れて重くなる。路地には蟹の鋏で首を挟まれた猫、人気のない白家では壁から一抱えもある魚が泳ぎ出て来て仰天。果たしてその魚は、白家のお嬢様?不思議な話の数々、中国志怪風の“怪しい話”20話。第2回『幽』怪談文学賞短編部門優秀賞作品の文庫化。

これは読書メーターで出会った作品です〜balloon_28.gif
これマイナーなのかなぁ。本屋さんで見つけるの超苦労しましたよ…(笑)

解説でもありましたが、まさに「幕の内弁当」のような一冊。
中国の志怪小説のような作品もあり、日本を舞台にした怪奇譚のような作品もあり…
これ一冊で、様々な味の"不思議で怪しいお話"を楽しめます。面白かったですよ〜balloon_59.gif

pen_01.gif


20話の短編・掌編が収められていますが、特に好みだったのは↓↓


point_21.gif 「楽師の息子」

ある盲目の楽師には幼い姉弟がいた。
その日も、ある金持ちの屋敷を訪問していたが、姉がそこの主人に見初められ…
姉を慕う小さな弟の気持ちで胸がいっぱいになります。こんなお話、本当にありそうだ。


point_21.gif 「流刑」

ある男は、旅の途中、城郭の外れの廃屋で美しい女と出会った。
毎晩廃屋に出かけては、精気を取られて戻る主人を見て、使用人はある晩そっと後を付ける。
そこで使用人が目にしたものは…


point_21.gif 「白桃村」

辺境警備に派遣された若かりし頃の祖父のお話。
たった2ページのショートショートなのに、じんわりと目頭が熱くなりました。
やっぱり中国=桃ってイメージが強いよねぇ(笑)


他にも表題作「竜岩石」「ただならぬ娘」や、「ひょうたん息子」「媚珠」も良いなぁ。
サラリとした文体なのに一度読んだら忘れられない、珠玉の短編集ですballoon_75.gif

近いうちに「十七歳の湯夫人」も読んでみよう。




bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

COMMENT

そうですか
私も漢文とか教えるので、唐代伝奇とか志怪小説とか(よくこういう言葉ご存知ですね)には興味があります。でも、聞いたことない本や出版社ですね〜。
by 浪漫的狼 #79D/WHSg
2009/10/30(金) 06:11 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
清代の「聊斎志異」や、日本の「宇治拾遺物語」みたいな感じですね。すごい面白そうです!中国もの好きなので気になります。

『幽』怪談文学賞受賞というのも、京極夏彦とその周辺が関わっているのが、さらに期待してしまいます。
by タシガミ #79D/WHSg
2009/10/30(金) 17:56 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
う〜ん、本の表紙は見るからにマイナーそう。(笑)

でも、それがかえって目を引く感じですね。^^

短編集なので読みやすそうだし、ちょっと怪しげな雰囲気がいいですね〜。

よくある話のようですが、その後どんな展開を見せるのか気になります。^^

「十七歳の湯夫人」、レビュー楽しみにしています♪^^
by picchuko #79D/WHSg
2009/10/30(金) 18:45 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
このお名前の方初めて見ました!発行年月が2008年8月ならそんなに古くもないのでゲットするのが大変だったなんてちょっと意外ですwマイナーなのかしら?(*≧m≦*)



中国の志怪小説のような作品っておもしろそうですね。封神演技とか西遊記とか好きなわたしにはいいのかもです。

by Cedie #79D/WHSg
2009/10/30(金) 21:10 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
わっ、面白そう。絶対読みます。

題名はなんだかな〜 ですがnanaco☆さんの感想をよんで俄然、興味がわきました。

中国怪異譚・・自分の好きな諸星さんの漫画に通じるところがいっぱいあります。

もう、なんか、ワクワクします。

でも本屋さんは毎週通うのですが見たことないな〜。ネットで注文しようかな・・・
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/10/30(金) 21:54 [Edit
吹いちゃった
こんばんは。

「ただならぬ娘」ってぇ〜

そんなタイトル反則な気がしますわ。

超興味津津です。

不思議で怪しいお話の幕の内弁当ですかぁ。

食いきれねぇって感じもしますが、とりあえず全部はつまんでみたいものですよねぇ。

うん、面白そうです。

by さくら #79D/WHSg
2009/10/30(金) 23:03 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
なにやら不思議な雰囲気の本ですね。

ページ数と話数からみると、かなり短編のようです。サクサクと読めそうそうな感じ(*^.^*)



問題点はマイナーな本というところか・・・・近くの本屋には置いてないかも(^-^;
by クラスタン #79D/WHSg
2009/10/31(土) 10:08 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
こんにちは〜♪



わっ!すごく綺麗で幻想的な表紙ですねぇ(^^)

本屋さんで見つけたら、間違いなく手に取っていたと思いま〜す♪

メディアファクトリ…聞いたことがあるようなないような…!?(笑)

幕の内弁当のような1冊ですか〜♪

いろんな味のお話が楽しめそうですね(*^_^*)

中国風の怪しい話…どんな風に怪しいのか、

すごく気になります^^

短編集って、すごく読みやすくて好きなので、

読みたい本リストに入れておきますね〜(^^)v



nanaco☆さんに報告でーす☆

nanaco☆がお気に入りのロイズのチーズ風味のポテチチョコ、

百貨店の「北海道おいしいもの市」で発見したので、

GETして早速食べてみましたよ〜♪

チーズ風味のホワイトチョコと塩味が絶妙にマッチしてて、

すっごく美味しかったです(*≧▽≦*)

nanaco☆さん、美味しいものの紹介、

ありがとうございま〜す(^O^)/
by miwa125 #79D/WHSg
2009/10/31(土) 17:35 [Edit
浪漫的狼さんへ
そうですよねぇ、狼さんはこういうお話よくご存じですよね♪

nanacoは昔から国語の中では漢文が大の苦手でしたが、、、

それでもお話の内容自体はすごく好きです。桃源郷のお話とか、色々妄想しましたねぇ^^;

今大人になってからもう一度勉強してみるのも面白いかもしれませんね〜♪

こんなダメダメな生徒ですが、狼さん…どうか教えてください(笑)



あ、確かにあまり聞かない出版社ですよねぇ。

本屋さんの片隅にひっそりと置かれていて、探すの結構苦労しましたよ〜(><)

出版社順じゃなくて、作家順に並べて欲しいものがです。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 07:38 [Edit
タシガミさんへ
おぉ、さすがタシガミさんはよくご存じですねぇ♪

「宇治拾遺物語」ってわらしべとか出てくるお話でしたっけ…

そう、まさにそんなちょっと不思議で面白いお話や、なんとも怪しいお話がたっぷりです(*^^*)

「聊斎志異」もそんなお話なんですか??(疎くてごめんなさい。笑)

それは是非一度読んでみたいですねぇ♪



そういえばこの賞、京極夏彦さんが選考委員になっているんですよね。

京極さん以外にも4人の選評が最後に載せられています^^

岩井志麻子さんの選評は、なんだかよく分からなくて2回も読んじゃいました(笑)

タシガミさんも機会があったら、この本是非読んでみてくださいね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 07:52 [Edit
picchukoさんへ
タイトルも表紙も、ホントマイナーな感じがプンプン漂ってきますよね!!

この本、本屋さんでもさっぱり見つからなくて、お店で聞いたんですよ。

「竜岩石とただならぬ娘ってありますか??」って。

店員さんに2回聞き返されました^^;うぅ、どんなタイトルだよ……(笑)



でも、これは皆さんにも是非是非読んでいただきたい素敵なお話でした♪

1つ1つのお話が2ページ〜10ページくらいと、すごく短いんですが、

どれも信じられないぐらい、しっかりとした世界観があるんですよねぇ(*^_^*)

「これ、長編にしても面白そう」っていうのが沢山ありました。



「十七歳の湯夫人」もこれまた変わったタイトルですよね……

見つけられるだろうか(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 07:58 [Edit
Cedieさんへ
nanacoもこの作家さんのお名前、今回初めて知りました〜!!

「かつはら うみゆり」って読むみたいです。

てっきり最初は「しょうさんかい ゆり」かと思ってました。

相撲取りみたいな名字じゃん、これじゃ…(笑)

出版社自体がちょっとマイナーなのかもしれませんねぇ。

ラノベとかも出しているみたいですが、今まで読んだ事がなかったので探すの苦労しました^^;



おぉ、Cedieさんは封神演技や西遊記、お好きなんですね♪

そういえば、藤崎竜さんの「封神演技」…昔随分ハマった記憶があります。

ちょっと前の中国って、本当に不思議な現象が起こりそうな国でしたよね。

今は偽装ばかりでまったくもって信用ならん国ですが(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 08:05 [Edit
日向 永遠さんへ
この本を読んでいて、真っ先に日向さんの事思い出しましたよ〜^^

確か日向さんは怪異譚が好きだったから、これも気に入ってもらえるかもしれない、って。

どの短編・掌編もあっという間に読み終えてしまうぐらい短いものなんですが、、、

どれもサラリとした文体なのに、容易に頭の中にその光景を思い描けるんです♪

諸星さんの漫画もこんなお話なんですか?? それは是非読んでみたいかも〜(*^v^*)



この出版社、ちょっとマイナーなのかもしれませんねぇ。

nanacoの行きつけの本屋では、かなり外れた所にひっそりと置かれていました(笑)

…そこだけ全く人気がないので、逆に気付かなかったです^^;

もし本屋に検索システムがなければ、ネット注文のほうが早いかもしれませんねぇ☆

日向さんの感想、楽しみに待っています!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 08:13 [Edit
さくらさんへ
あはは、ホント吹きますよねこのタイトル!!(笑)

本屋でどうしても見つからなくて…お店の人に在庫を聞いたんですよ。

そしたら、「え?? なんですか、何の娘ですか??」と2回聞き返されました。

恥ずかしいよ…後ろにお客さん並んでるのに…(泣)

次読む予定の「十七歳の湯夫人(マダム・タン)」も、同じ目に遭いそうで怖いですわ(* ̄m ̄)



幕の内弁当というと、とりあえずは一通りつまみたくなりますね♪

20個もおかずが入っていますから、中には好みじゃないのもありましたが、

全体的にこの値段でこの内容は、お得だと思います(><)

これからヒッソリと注目していきたい作家さんです。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 08:20 [Edit
クラスタンさんへ
これは読書メーターをしていなければ、きっと一生出会っていなかった本です〜^^;

作者さんもタイトルも、「これはマイナーだよ」という匂いがしますよね(笑)

『幽』怪談文学賞って、京極夏彦さんが選考委員になっているみたいですねぇ。

京極さんは未読の作家さんですが、こういう不思議なお話なのかなぁなんて思いました。

クラスタンさんなら、きっとさらに楽しめるのでは?!(*^0^*)



この作品、MF文庫らしいんですが、今まであまり聞いた事がなかったです(笑)

調べてみたらラノベとかも出しているみたいですね。

クラスタンさんも、もし見かけたら是非GETしてみてくださいね〜♪
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 08:28 [Edit
miwa125さんへ
miwaさんにも興味を持っていただけて嬉しいです〜♪

この作家さん、今回初でしたが(新人さんなのかしら…)、

これからの作品がちょっぴり楽しみになりましたヽ(*^^*)ノ

読んでいるうちに、すっかり日本人が書いたということを忘れてしまいそうになりましたよ(笑)

それぐらい、nanacoの中での不思議で怪しい中国のイメージとピッタリ重なりました〜♪

他にも現代や一昔前の日本を舞台にしたような短編もあるので、まさに幕の内弁当です。



本屋さんでは、もしかしたら見つけづらい所にあるかもしれませんが、、、

miwaさんももし見かけたら「お、ラッキー」と思って是非GETしてみてくださいね〜♪

1つ1つは短くてサクサク読めるので、オススメの作品です(*^m^*)



おぉ!! ロイズのポテチチョコGETされたんですね!!!!(⌒¬⌒*)

いやぁ、ホント美味しいですよねぇ。これだけは北海道にいて良かったと思うお菓子です(笑)

ほんのりチーズ風味のチョコと、あの絶妙な塩味がすごく合いますよね♪

スタンダードなチョコのほうも美味しいですが、やっぱりホワイトチョコが好きです☆

これ、食べ始めたらあっという間じゃないですか?? 一袋くらいペロリと…(笑)

いやぁ、miwaさんに気に入っていただけてホント嬉しいです!!
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 09:03 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
確かに変なタイトルですね〜。でも内容はとても面白そうです。

メディアファクトリーは、漫画読みにはお馴染みの出版社ですが、小説も出しているんですね。私も読みたい本に入れておこうかなあ。

しかし、読みたい本だらけなのに一向に追いつけないのが悩みの種です。



by てんてん(^^)/ #79D/WHSg
2009/11/01(日) 12:54 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
ただならぬ娘!?

タイトルからはどんな話か想像出来ないですwww

表紙も美しいんだけど・・・妙って言葉に近い不思議な感じがするわ(笑)



でも、面白そう♪

by エンブレムT #79D/WHSg
2009/11/01(日) 19:29 [Edit
てんてん(^^)/さんへ
ただならぬ娘って、どんな話か想像もできないですよね(笑)

本屋で在庫を聞いた時、このタイトル2回も「え?? 何の娘ですか??」と聞き返されました。

うぅ、自分だってこんなタイトル言いたくないやい。



タイトルはともかく、内容はすごく面白かったです♪

1つ1つのお話はごくごく短いものなので、あっという間に読めちゃうと思います。

寝しなに1話、なんて読み方も面白そうだなぁなんて思いました^^

てんてんさんも、この本見つけたら是非読んでみてくださいね♪



本当、読みたい本ばかりがどんどん増えていって、さっぱり読書が捗りません〜^^;

漫画だと休みの日は4、5冊読める時もありますけど、小説だとせいぜい2冊…

速読を身につけたらどれくらいペース上がるんでしょうかねぇ。。。
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 06:17 [Edit
エンブレムTさんへ
ふひひ…凄いタイトルですよね!!(笑)

この本を目にして、うちのダーリン君に「また凄い本読んでるね…」と言われました。

どんな本だと思われたんだろう。気になります。

どうでも良い話ですが、よく本棚をチェックされるんですよねぇ…

普通にBLとか見てると思うんだけど、それを口に出さないのは彼の優しさだろうか(爆)



…話がずれました^^;

タイトル、表紙のイメージ通り、なんとも不思議なお話がたっぷり詰め込まれています。

中国を舞台にした作品って、妖艶な美女が出てくるお話が多いんですねぇ。

で、男がそれに引っかかるパターンが多い気がします(* ̄m ̄)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/11/03(火) 06:26 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
読みました!



もう凄く面白くて、短いのだけれど味わい深くて大好き!!

ありがとうございました。

教えてもらえなかったら知らないままでした。絶対。



どの作品も甲乙つけがたい。どれもが良かったです。

恐いというのではないですが(なかには恐いのもあったけど)不思議で心地よいものばかりでした。

十七歳の湯夫人 も買いましたよ〜。

楽しみです。nanacoさんありがとうございました!!
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2009/12/20(日) 20:20 [Edit
日向 永遠さんへ
おぉ、とうとうレビューUPされましたか♪

TBありがとうございます☆後ほどゆっくり遊びにお伺いしますね〜ヽ(*^^*)ノ



日向さんに気に入っていただけて、なんだか嬉しくなっちゃいました!!

nanacoもこの作品、読書メーターをしていなければ絶対出合えなかったであろう本ですよ♪

まさに「珠玉の」という言葉がピッタリの短編集でしたよね^^

ひとつひとつはとても短いのに、なんとも言いようのない良い雰囲気が出ていますよねぇ。

あぁ、この感情を上手く表現できない自分の語彙の乏しさを呪いたい…!!!(笑)



「十七歳の〜」もすごく面白かったです☆

あっ、これまだレビュー書いていませんでしたね…^^;

こちらはやっぱり表題作が秀逸。妖艶さがじわりと滲みでてくるような作品でした。

こちらも日向さんの感想、楽しみにお待ちしております♪

装丁がカワイイですよね〜(*^^*)帯にはギョッとしますけれど…(笑)
by nanaco☆ #79D/WHSg
2009/12/20(日) 20:43 [Edit
Re:勝山海百合「竜岩石とただならぬ娘」読了♪(10/30)
こんばんは〜♪



気になっていたこの本やっと読了できました。レビューにリンクさせてくださいね。
by 茨木 月季 #79D/WHSg
2010/02/03(水) 00:07 [Edit
茨木 月季さんへ
おぉっ、月季さん読まれたんですね♪

何とも不思議なお話の数々で、とても好みの雰囲気でした。

レビューへのリンク、ありがとうございます〜( ^ ^ )/

早速遊びにお伺いしますね!!

by nanaco☆ #79D/WHSg
2010/02/03(水) 19:42 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。